糸魚川 姫川 ライブ カメラ。 姫川須沢ライブカメラ(新潟県糸魚川市須沢)

【糸魚川】姫川港の概要を紹介します

糸魚川 姫川 ライブ カメラ

目当ては勿論「金華石」と「川ヒスイ」。 結果から言うとどちらもFMMでの鑑別ではハズレでしたが、 知識の収穫が多くあり、次回に結構活かせそうな感触を得られました。 あと、福光友石会の皆さんが探しておられるような 山水の水石も1つ見つけることができましたよ! 乾いても黒いままで、山の谷間から滝が流れています。 なぜかその水石とパッタリ目が合ったんですよね。 での 学芸員さんが無料でヒスイ等の糸魚川地域産の岩石を肉眼鑑別してくださるサービスについて。 これまでは大きな石でも カウンターに置いてあるダンボール箱のサイズに収まる程度であれば 10個まで鑑別していただけていたのですが、 これからは『握りこぶし大』までのサイズの岩石10個までに変更になるそうです。 つまり、実質的に姫川等の川の大きな石は対象外となり、 海岸ヒスイ等の小さな石のみが対象となります。 今週末も晴天との予報があり、また姫川に行こうかと思っているのですが、 金華石はきっと大きなサイズばかりだと思うので鑑別していただけなくなることになりました。 しかし冒頭で書いたように知識面の収穫があったので、 金華石に関してはFMM学芸員さんの鑑別に頼らなくてもこれまでよりは大幅にハズレを引くことはなくなると予想しています。 川ヒスイに関しては、もし大物を見つけることができた時に 今まで通り鑑別していただきたいのですが・・・無理でしょうかねぇ・・・。 いよいよ後編です。 前編では出発前の心境を、中編ではヒスイに関して書きました。 後編では他の探石結果について画像たくさんでお送りします。 土手を歩いて河原へ出陣する先輩方の足元。 先頭にはIさん(画角から外れちゃって映っていません)、会長、Kさん、Tさんの順です。 みなさん、利き手にバールのような物を持っておられます。 バールといっても今は軽い製品があるそうです。 帰宅後調べてみると色々種類があることを知ったのですが、皆さんのものは先端が平らでした。 なので多分バールというより金テコ(カナテコ)かパイプテコの類じゃないかなーと思います。 グリップ付きで簡単な杖としても利用でき、杖として持つときに軽く腕を曲げたくらいの長さ。 なので600-750mmくらいの物かな?店頭で現物に触れて買うのが一番かも。

次の

国道8号 糸魚川市姫川大橋のライブカメラ

糸魚川 姫川 ライブ カメラ

国道8号線は、新潟県新潟市を起点に南西の京都府京都市までつづく一般国道。 国道は日本海沿いに新潟を横断。 南下途中には、群馬県へアクセスできる国道17号や、長野県へアクセスできる国道18号と接続しています。 国道8号線は北陸自動車道とほとんど並走するかたちで富山県へ続いています。 県境の最西端は糸魚川市市振。 新潟の交通量は非常に多く、市街地を経由するバイパスがいくつもあり交通インフラは非常に充実しています。 しかし気候的に豪雪地帯となるため、冬季期間中の降雪量は多く、大雪の日の交通渋滞は珍しくありません。 これらの幹線道路は、厳冬期間の通行には注意が必要であるため、交通・道路状況(積雪・渋滞・事故)の確認もふくめて、新潟県の国道8号をふくめ他の地域の道路には多数のカメラが設置してあります。 業務・観光ドライブの情報収集に活用してください。 新潟 上越地方 上越地方(じょうえつちほう)は、新潟県の南西部に位置する。 中心都市は上越市で、ほかに糸魚川市・妙高市があります。 他県との接続道路は国道8号・国道18号があり、近畿・東北・甲信・東海・関東の各地を結んでいます。 国道8号線のルートは北東の日本海に面している日本海側気候で、全国屈指の豪雪地帯です。 国道8号 上越市• 国道8号 糸魚川市• 新潟 中越地方 中越地方(ちゅうえつちほう)は、新潟県の中央部に位置しており中心都市は長岡市。 国道8号線をふくむ接続道は、中越地方、群馬県、埼玉県とつながっており、関越自動車道・国道17号などでアクセスできます。 中越地方は豪雪地帯で、とくに山間部の雪の多さは日本有数。 国道8号 三条市• 国道8号 見附市• 国道8号 長岡市• 国道8号 柏崎市• 新潟 下越地方 下越地方(かえつちほう)は、新潟県の北東部に位置する。 都市部のある新潟市が県庁所在地になっており経済流通が盛んな地域。 国道8号線をふくむ接続道は、中越地方、群馬県、埼玉県とつながっており、関越自動車道・国道17号などでアクセスできます。 国道8号 新潟市• 国道8号 三条市• 投稿者 投稿日: カテゴリー タグ このポストに関連する記事• 投稿ナビゲーション.

次の

姫川平岩ライブカメラ(新潟県糸魚川市大所)

糸魚川 姫川 ライブ カメラ

河口部の砂の付き方は年によって変わる。 上記写真の右岸と左岸は別の時期に撮ったもの。 ・キスは良型の実績がある。 また、マゴチやスズキも掛かれば大抵大型であり、仕掛けはしっかりとしたものを用意したい。 ・右岸のAへは橋をくぐって河口部へ進めば適当なところに車を停められる。 以前ここを訪れたとき、4WD車で河口付近まで乗り付けている車がいて驚いた。 ・左岸のBは川の土手沿いに小道があり、河口近くに駐車すればよい。 ・左手には須沢海岸を経て青海方面に延々と海岸が広がる。 キスの盛期には釣り歩きにもってこいだろう。 ルアーマンもよく見受けられる。 ・サンラインの投げ釣りテスター、力石一穂(ちからいしかずお)さんがサンラインのHP内で書かれている姫川河口(須沢海岸)の釣行リポートはです。 Copyright c B・Y. All rights reserved.

次の