ソフトバンク アイフォン。 iPhoneで留守電を設定する方法!利用方法を解説【ソフトバンク】

ソフトバンクを解約する方法は?タイミングや注意点まとめ

ソフトバンク アイフォン

ざっくりとした流れ スマホを使っている場合はSIMロックを解除します。 必要な場合は格安スマホも購入します。 スマホやガラケーを使っている場合は、この間も普通に使えます。 開通手続きをすると、少ししてソフトバンクのスマホやガラケーが使えなくなります。 用意したスマホに届いた格安SIMを挿入して、届いた書類に記載されているAPNの設定を行います 所要時間3分程度。 開通手続きから30分〜1時間ほどで手続きが完了して、スマホが使えるようになります。 主要な格安SIMはもちろん、ドコモ、au、ソフトバンク、ポケットWiFiまでカバーしています。 一人だけ乗り換えるのはもちろん、家族も含めて乗り換える場合にも対応しています。 誰も選んでいないマイナーな格安SIMは不人気なプランは除外しているので、比較的わかりやすくなっているかと・・。 このサイトの管理人が作成しました。。 MNP 乗り換え をするかどうかで手続きが少し変わる MNP 乗り換え は、今使っているスマホやガラケーの電話番号のままで、格安SIMに乗り換える手続きです。 ソフトバンクから格安SIMへ移るとき、大雑把に2つの方法があります。 1つはMNPをする方法、もう1つはMNPをしない方法です。 MNPをするとMNP転出手数料が3000円かかりますが、今まで使っていた電話番号を格安SIMでも使えます。 MNPをしない場合は、MNP転出手数料はかかりませんが、今まで使っていた電話番号が失効され、格安SIMでは新しい電話番号になります。 一般的にはMNPをするのが多いので、ここではMNPをする前提で説明していきます。 MNPをしない場合は、MNP予約番号なしに格安SIMを申し込みます。 開通手続きなしで格安SIMを入れてAPNを設定するだけで使えるようになります。 最後にソフトバンクで解約手続きすれば完了です。 違約金を確認する 2019年10月以降、ソフトバンクの違約金はなくなりました。 ただし、2019年9月以前に新規契約している場合で、新規契約から2年経過していない場合は違約金が1万円かかります。 2019年9月以前に機種変更している場合は、スマホの2年間の月額割引がある場合があります。 スマホやiPhoneを分割払いで購入していた場合で、分割払いがまだ終わっていない場合、格安SIMへ乗り換えるときに残りの分割払いの全てを支払う必要があります。 ソフトバンクは4年間の48分割を行なっていますが、分割代金を全て支払うまでソフトバンクを契約するのは経済的ではないです。 ステップ1:必要に応じてポイントを使い切る ソフトバンクからMNPする場合や解約する場合に、残っていたポイントも消滅するのでその前までに使い切ります。 ポイントはケータイ料金の支払いに使うことができます。 Tポイントを使い切る ソフトバンクのガラケーやスマホを使っている場合、Tポイントが溜まっています。 Tポイントはがあるのでそれで使い切ってしまってください。 すでにTカードと連携している場合は、そのTカードのTポイントを引き続き使えますが、連携以前のTポイントはソフトバンクの解約とともに消失するらしいので、とりあえずソフトバンクに残っているTポイントはキレイさっぱり使い切ることをオススメします。 ステップ2:SIMロックを解除する 2015年5月以降に発売されたソフトバンクのスマホはSIMロックを解除します。 SIMロックの解除には条件があります。 ソフトバンクユーザはMy SoftBankから無料でSIMロックの解除ができます。 ソフトバンクユーザではない場合は、ソフトバンクショップへ行って3000円支払ってSIMロックの解除を行うことができます。 ソフトバンクのiPhone6s以上のモデルはSIMロック解除を絶対行う ソフトバンクのiPhone6s以上のモデルを使っている場合は、SIMロックの解除を行ってください。 ソフトバンクのiPhone 6以前のモデルはSIMロックの解除はできません iPhoneはSIMロックを解除しなくてもが使えますが、SIMロックを解除すればとでも使えるようになります。 ソフトバンクのAndroidスマホは、SIMロックを解除すればドコモ系の格安SIMで使えますが、電波の受信が少し悪くなる可能性があります。 かなりの田舎や山間部の場合はソフトバンクのAndroidスマホでドコモ系の格安SIMは使わない方が良いです。 都市部や少し田舎程度ならおそらく大丈夫です。 いずれにせよ、ソフトバンクのスマホやiPhoneはSIMロックを解除することを強くオススメします。 2015年5月以降に発売されたソフトバンクのAndroidスマホもSIMロック解除を絶対行う SIMロック解除をしないと格安SIMで使えなくなったりするので、とにかくSIMロックを解除します。 ステップ3:ソフトバンクからMNP予約番号をもらう ソフトバンクに電話をかけてMNP予約番号をもらう 必要に応じてポイントを処分して、ソフトバンクのスマホを持っている場合はSIMロックの解除をして、次にソフトバンクでMNP予約番号をもらいます。 MNP予約番号を使えば、同じ電話番号を格安SIMで引き続き使うことができます。 MNPをせずに新しい電話番号でもいい場合は、MNP予約番号をもらう必要はありません。 MNPをする場合は、追加でMNP転出手数料3000円がかかります MNP予約番号はソフトバンクへ電話するか、ソフトバンクショップへ行くか、またはガラケーユーザの場合はネットからでももらうことができます。 電話をしてMNP予約番号をもらう おすすめ オススメの方法が電話をしてMNP予約番号をもらうことです。 ソフトバンク携帯電話から:「*5533」(通話料無料) 一般電話から:「0800-100-5533」(通話料無料) 受付時間は9時から20時までになります。 ソフトバンクショップでMNP予約番号をもらう 近くのソフトバンクショップの受付時間を確認してからソフトバンクショップへ行きます。 本人確認があるので契約者本人が身分証明書を持って行きます。 正直待ち時間もあり面倒なので、ソフトバンクに電話をしてもらった方が良いです。 ガラケーユーザはネットからMNP予約番号をもらうことができる Yahoo! MNP予約番号をもらうときの注意点 ソフトバンクに電話をかけて、MNP予約番号をもらうとすると、オペレーターから引き止められる場合があります。 ソフトバンクの月額料金の割引やら、お得に機種変できる特典を提示されたりとか・・。 最近では、ソフトバンクの大規模障害が起きて、それを理由に乗り換えようとすると、結構な額の月額料金の割引がもらえたそうです。 うまい話には裏がある場合と、裏がない場合があります。 オペレーターの口車に乗らずに慎重に判断してみてください。 基本的にはソフトバンクの料金はかなり割高なので、何を言われてもさっさとMNP予約番号をよこしやがれで良いと思います。 ワイモバイルを契約させようとする場合 ソフトバンクとワイモバイルは同じ会社なので、MNP予約番号をもらおうとすると、その場でワイモバイルを直接契約させようとする可能性があります。 基本的にはそういうのは公平な競争上問題があり、してはいけないのですが、ソフトバンクなので・・。 そもそもソフトバンクからの乗り換え先で、ワイモバイルはそこまでおすすめではないので、口車に乗らずに、自分でよく考えてからワイモバイルを検討することをおすすめします。 ワイモバイルはネット経由で申し込む場合でも簡単に申し込めます。 LINEモバイルを契約させようとする場合もあるそうな 最近ではソフトバンクでMNP予約番号をもらおうとするとワイモバイルに加えて、LINEモバイルへの勧誘も受ける場合があるらしいです。 LINEモバイルはオンライン経由で申し込むと、お得な特典がもらえたりするので、ソフトバンクのオペレーターの勧誘があった場合でも無視してMNP予約番号だけもらうことをおすすめします。 LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。 さらに最大1万円相当 実質7300円相当 のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。 キャンペーン終了日は未定です。 LINEモバイルは格安スマホセールを行っていますが、格安スマホは割安ではないので注意してください。 LINEモバイルでは、SIMのみを申し込むのがおすすめです。 MNP予約番号を発行してから2日以上経過すると何かしらの問題が発生する可能性があります。 すでに発行してしまって2日以上経過してしまっている場合は、ソフトバンクに電話をかけて再発行してもらいましょう。 ステップ4:格安SIMを選ぶ、スマホは必要に応じて購入する MNPする場合や新規番号で申し込む場合は、音声通話機能つきの格安SIMを選びます。 音声通話機能つきの格安SIMの呼び方には、音声SIM、通話SIM、音声通話SIM、デュアルタイプなどがあります。 違いはありません。 ソフトバンクのiPhoneを使っている場合 ソフトバンクのiPhone6s以上のモデルなら、SIMロックを解除すると全ての格安SIMで使うことができるようになります。 そのためを参考にSIMロックを解除してください。 SIMロックを解除した場合、おすすめの格安SIMは、SNS系アプリをデータ消費なしに使えるのソフトバンク回線、通信速度最速の、Youtubeが見放題のなどです。 ソフトバンクを使っている人はを選ぶ傾向が高いです。 そのほか、を参考に自分にあった格安SIMとプランを選んでみてください。 ソフトバンクのiPhone6以下のモデルを使っている場合 ソフトバンクのiPhone 6以下のモデルを使っている場合は、SIMロックを解除することはできません。 のみ使うことができます。 のソフトバンク回線がおすすめです。 2015年5月以降に発売されたソフトバンクのAndroidスマホの場合 2015年5月以降に発売されたソフトバンクのAndroidスマホは、SIMロックを解除すればのソフトバンク回線で使うことができます。 他のソフトバンク系の格安SIMは少し微妙なので、ソフトバンク系の格安SIMはLINEモバイルのソフトバンク回線を選ぶことを強くオススメします。 SIMロックを解除すれば、ソフトバンクのAndroidスマホでもである程度使うことができます。 ただ、ソフトバンクのAndroidスマホをドコモ系の格安SIMで使うと、対応バンドの違いから、電波が少し悪くなる可能性があります。 ワイモバイルなら電波的に問題なく使える ソフトバンク系の格安SIM、もSIMロックを解除したソフトバンクのスマホが使えます。 電波も問題ないです。 ただし、強制的に10分かけ放題が付いてきます。 余ったデータの繰り越しもできず、データを使い切ると100kbpsの低速に制限されてしまいます。 ワイモバイルは電波の問題を解消するために使うのではなく、ヤフーショッピングでもらえるポイントを増やすために選ぶ感じが無難です。 基本的にはのソフトバンク回線を選んだ方が良いです。 iPhoneを使っている場合で速度を重視する場合はUQモバイルがおすすめです。 ガラケーユーザ、スマホを持っていない人、2015年4月以前のAndroidスマホを使っている場合 ガラケーユーザ、スマホを持っていない人、2015年4月以前のAndroidスマホを使っている場合は、新しいスマホを買います。 ドコモ系の格安SIMを選ぶ場合 どれがドコモ系の格安SIMなのかは、を参考にしてみてください。 ドコモ系の格安SIMは、ほぼ全てのSIMフリーのスマートフォンで使うことができます。 ただし、au系の格安SIMと比べると通信速度が少し遅くなりがちです。 特に平日の昼はドコモ系の格安SIMはストレスになるくらい遅くなるのに対して、au系の格安SIM、UQ mobileなら平日の昼でも快適に使える通信速度が出ます。 平日の昼でも快適に使いたい場合は、基本的にUQ mobileが唯一の選択肢になります。 平日の昼の時間帯くらい少し我慢できる場合に、ドコモ系の格安SIMを選んでください。 ドコモ系の格安SIMを選ぶ場合、おすすめは格安スマホが安く買える、、です。 どんなスマホがあっているかはを参考にしてもらえれば、だいたいわかるかと思います。 全ての格安SIMで一番速度が出ます。 au系の格安SIMを選ぶメリットは通信速度が超速いUQ mobileを選ぶことができることです。 BIGLOBEモバイルのタイプAの通信速度も結構速いです。 ソフトバンク系の格安SIMを選ぶ場合 ソフトバンク系の格安SIMを選ぶ場合は、月額料金が他のソフトバンク系の格安SIMより安く、SNS系アプリをカウントフリーで使えるのソフトバンク回線を優先して検討することを強くオススメします。 に掲載している格安スマホならソフトバンク系の格安SIMで使えます。 ステップ5:格安SIMを申し込む 格安SIMを申し込む前に、まず最初に下記を確認してください。 そのため、購入前にで新しくメールアドレスを作成して、メールアドレスの変更を家族や友人に知らせましょう。 Gmailのメルアドでガラケーユーザへメールするとブロックされる場合があるので、キャリアメールが使えなくなる前に、キャリアメールからメルアドの変更を家族や友人に知らせるのが無難です。 相手がガラケーの場合は受信許可アドレスに追加してもらえるように連絡しておくと完璧です。 親兄弟のクレジットカードでもダメです。 本人名義が必要です。 すでに自分のクレジットカードを持っていればそれを使えばいいです。 持っていない場合はヤフーカードがオススメです。 口座振替に対応している格安SIMも極少数ですがありますが、選択肢が大幅に少なくなるので、基本的にはクレジットカードを使って支払ったほうが良いです。 本人名義のクレジットカードではないクレジットカードを使ってしまった場合、申し込み自体ができないか、申し込みが一応完了しても、審査時に申し込みがキャンセルになります。 MNP予約番号をもらったらすぐに格安SIMの申し込み手続きを行う MNP予約番号の有効期限は15日ですが、格安SIMの多くはMNP予約番号の発行から3日以上経つと、申し込みを受け付けなくなります。 MNP予約番号を発行した日、もしくは翌日には格安SIMの申し込み手続きを行うことを強くオススメします。 月末近くは要注意 月末近くになると手続きに時間がかる場合があります。 当月中に乗り換えたい場合は25日までに手続きをすることをおすすめします。 極一部の格安SIMで1〜2日電話やネットが使えなくなる ほとんど全ての格安SIMはスマホやガラケーが使えなくなる期間なしに手続きができますが、TONEモバイルとイオンモバイルだけ1〜2日電話やネットが使えなくなります。 本人確認書類 運転免許証、パスポート、健康保険証、住民基本台帳カード、個人番号カード マイナンバー 運転免許証がある場合、それだけで本人確認書類になります。 運転免許証がない場合、格安SIMによって本人確認書類に加えて補助書類が必要になる場合があります。 補助書類 発行日より3ヶ月以内 住民票、公共料金領収証 免許証がない場合、格安SIMごとに必要な本人確認書類が若干異なるので、申し込みを検討するときに事前に必要な本人確認書類を確認してください。 本人確認書類や補助書類をスマホ、ガラケー、デジカメ等で撮って、その画像を格安SIMの申し込み時にアップロードします。 あまり高画質で撮ると容量をオーバーして申し込み時にエラーが出るので、低画質で撮ります。 本人確認書類の住所と格安SIMの申込者の住所も一致させておく必要があります。 何かしらの理由で住所が一致していない場合は、住民届けや公共料金の領収書などの追加書類が必要です。 準備完了、格安SIM・格安スマホを申し込む! 上記のことを確認して準備ができたら、さっそく格安SIMの購入手続きに進みましょう! 格安スマホが必要な場合は忘れずに購入しましょう。 格安SIMを申し込んだら3日程度待つ 格安SIMを申し込んだら、あとは待つだけです。 だいたい申し込みから3日程度で届きます。 ただし、状況によっては少し届くのが遅れる場合もあります。 大半の格安SIMは、格安SIMが届くのを待っている期間でも今使っているスマホやガラケーはそのまま使うことができます。 電話もネットもできます。 イオンモバイルとTONEモバイルだけ、MNPをする場合にスマホが使えなくなる期間が発生します。 ステップ6:格安SIMを設定する 格安SIMが届いたら同封されている書類に従って設定を行います。 MNPの手続きをした場合と、新規番号での手続きとではやり方が少し異なります。 MNPの場合の設定の仕方 1. 回線の切り替え手続き MNPの手続きをした場合、まず最初にやるのは回線の切り替え手続き 開通手続き です。 格安SIMのコールセンターやマイページから回線の切り替え手続きをすることができます。 回線の切り替え手続きはSIMカードに同封されている用紙に記載されています。 たまに、この回線切り替え手続きをせずに、APNの設定だけして、ネットが繋がらないと悩む人がいるので気をつけてください。 回線の切り替え手続きをして、少しすると今使っているスマホやガラケーで電話やネットが使えなくなります。 格安SIMによって違うのですが、回線の切り替え手続きをして数分〜1時間程度で新しく届いた格安SIMが使えるようになります。 18時以降は翌日の10時以降に開通になります。 スマホからSIMカードを取り出して格安SIMに入れ替えたいけど、入れ替え方がわからない!といった場合は、ネットで調べればやり方が載っています。 調べるのを含めても、数分あれば入れ替えられると思います。 格安スマホを買った場合は、ちっこい説明書にSIMカードの取り出し方くらい書いてあります。 ネットで調べてもやり方は載っていると思います。 APNの設定をする 格安SIMを挿入したら、APNの設定を行います。 自動的にAPNの設定をしてくれるスマホもありますし、手入力で設定する場合もあります。 手入力で設定する場合でも、APNの設定は1分くらいでできます。 届いた格安SIMの説明書を見ながらやってもいいですし、気になる場合は、事前にネットで調べてもやり方は載っていると思います。 これで準備完了です。 あとは、回線の切り替え手続きの完了を待つだけです。 だいたい切り替え手続きをしてから1時間くらいすると格安SIMを入れたスマホで電話やネットが使えるようになります。 楽天モバイルだと遅い場合があるので、切り替え手続きにどのくらい時間がかかるかはを参考にしてみてください。 回線の切り替え手続きの完了とともに、ソフトバンクの契約は自動的に解約になります。 わざわざソフトバンクへ行って解約手続きをする必要はありません。 何もしない場合は、1週間程度で自動的に回線の切り替わってソフトバンクの契約も解約になります。 新規番号で申し込んだ場合の設定の仕方 新規番号の場合は、回線の切り替え手続きは必要ありません。 届いた格安SIMをスマホに挿入して、APNの設定をすれば格安SIMを入れたスマホで使えるようになります。 その場合は、申し込みメールや届いた書類等にその旨が記載されています 1. SIMカードの入れ替え方がわからない場合は、ネットで「機種名 SIMカード 入れ替え」と調べればやり方が出てきます。 調べるのを含めても、数分あれば入れ替えられると思います。 APNの設定をする 格安SIMを挿入したら、スマホでAPNの設定を行います。 自動的にAPNの設定をしてくれるスマホもありますし、手入力で設定する場合もあります。 手入力で設定する場合でも、APNの設定は1分くらいでできます。 届いた格安SIMの説明書を見ながらやってもいいですし、気になる場合は、事前にネットで調べてもやり方は載っていると思います。 APNの設定が完了したら、数秒くらいでスマホでネットが使えるようになります。 電話はAPNの設定をしなくてもできるはずです 3. ソフトバンクショップへ行って解約する MNPの場合は、回線の切り替えとともに契約は自動的に解約になるのですが、新規番号で手続きした場合は、ソフトバンクの契約は自動で解約になりません。 ソフトバンクを解約したい場合は、ソフトバンクショップへ行って解約手続きをとる必要があります。 これで完了です! ソフトバンクから乗り換えるのにオススメの格安SIM LINEモバイル:ソフトバンクの料金の3分の1!SNS系アプリをデータ消費なしに使える LINE、Twitter、Facebook、インスタグラムをデータ消費なしで使えます。 LINEの年齢認証もできるのでLINEのID検索が使えます。 LINEモバイルのソフトバンク回線は通信速度も結構速く、料金はワイモバイルと比べると3分の1くらいになります。 ソフトバンクから格安SIMへ乗り換える場合は、LINEモバイルが一番おすすめです。 ただ、速度はワイモバイルやUQモバイルと比べると遅いので、平日の昼や夜にスマホを快適に使いたい場合はワイモバイルやUQモバイルがおすすめです。 LINEモバイルの3GB以上の通話SIMを申し込むと初月と翌月の2ヶ月間、月額料金が0円で使えるキャンペーンを行なっています。 さらに最大1万円相当 実質7300円相当 のLINEポイントまたはLINE Pay残高が追加でもらえるキャンペーンも行っています。 キャンペーン終了日は未定です。 LINEモバイルは格安スマホセールを行っていますが、格安スマホは割安ではないので注意してください。 LINEモバイルでは、SIMのみを申し込むのがおすすめです。 ワイモバイル:ソフトバンクからの乗り換えの定番、ヤフーショッピングをよく使う場合にオススメ ソフトバンクからの乗り換え先の定番はワイモバイルです。 ソフトバンクの料金と比べて半額くらいで使うことができます。 ワイモバイルの実際に出る通信速度はソフトバンク並みに速いです。 ただ、LINEモバイルのソフトバンク回線と比べると、料金が少し高く、余ったデータの繰り越しもできず、データを使い切ると128kbpsの低速に制限されてしまいます。 データの使い勝手は悪いです。 基本的にはLINEモバイルのソフトバンク回線を使ったほうがいいですが、ヤフーショッピングでもらえるポイントが増えるので、ヤフーショッピングでよく買い物をする場合にワイモバイルを検討してみてください。 UQモバイル:SIMロックを解除したソフトバンクのiPhoneに最適、通信速度が超速く満足度も高い UQモバイルのスマホプランなら速度が超速いので、スマホをいつでも快適に使えます。 月3GB〜14GBのプランがあり、余ったデータを繰り越すこともできます。 ギガを使い切った場合でも、低速は300kbpsなのでそれなりにスマホが使えます ワイモバイルや大手キャリアと比べると3倍くらい速いです。 こんにちは! 先日、お礼のメールをさせていただいた者です。 今回、LINEモバイルを契約するにあたって、ソフトバンクの事で告げ口したいことがあったので、参考になればと思いご連絡いたしましたwww 本日ソフトバンクにMNP予約番号を発行してもらおうと電話した時のことなのですが、案の定、どこの電話会社にするのかいくらくらいのプランにするのか、お得な情報があるけどいいのか、解約するとオプション割引が無効になるがいいのか、など延々とまくしたてられなかなか番号を発行してくれませんでした。 ずっとこちらからは詳しいことは話さず(あまり情報を提供したくなかったので)ただ、はい、か、いいえで受け答えしてたのですが、あまりにも長かったので「とりあえず、もう決めているので番号を発行してもらえませんか?」と少しイライラ気味に言ったら、慌てて「ソフトバンク経由で「Y! mobile」か「Lineモバイル」をご契約なら1万6千円割引になるお得なプランがありますが、、」と言ってきました。 でもちょっとウンザリしていたので「結構です。 番号の発行をお願いします」と言って発行してもらい、電話を切りました。 少し経って、1万6千円ってどんな割引なんだろうと気になったので、もう一度電話して聞いてみたら、「MNP予約番号を発行したお客様には情報は教えられません」と言われ、では、予約番号をキャンセルしたら教えてもらえるのか?と聞いたところ「そういう問題ではありません」と言われました。 なんともいやらしい商売をしてるんだなあと、嫌な気分になり、ソフトバンクとトットと手を切りたくなりました。 こんなことがあったというネタに使ってくだされば幸いです。 あっ!!後、管理人さん!!!! このサイト経由で電話会社に申し込んだら管理人さんに紹介料が入るなんて今知りましたよ!!! なんでもっと上の方に大きく書いといてくれなかったんですか!! わかってたら、ここから申し込んだのに、、、、、、、、、 何かお礼をしたかった、、、、、、 多分私みたいに気がつかずに別から申し込んでる人はいっぱいいると思いますよ。 ぜひ上の方に書いておいてください!! こんなに助けてもらったのに、本当に申し訳ない、、、、 アフリエイトの事よく理解してなかったので、すみません、、、、 本当にごめんなさい!!!! 告げ口大好きです! メモメモ:「MNP予約番号を発行したお客様には情報は教えられません」 1万6000円ですが、おそらくソフトバンク側のMNP転出手数料3000円が無料、LINEモバイル側の初期費用3000円が無料、それとLINEモバイルの月額料金の1万円引きの合計だと思われます。 違うかも・・ ソフトバンクは他社へ乗り換え時に結構暗躍していますね・・。 auも若干している可能性があり、ドコモは何もない感じ。 とにもかくにも、サイトが参考になって良かったです。 いつかまた他社へ乗り換えるときがきたら思い出してくれるだけで大丈夫です。 格安SIMに乗り換えた人の7〜8割くらいは、そのままずーと契約を続けたりですけど・・。 アフィリエイトを敵視する人もいて、あまり目立つところに記載すると、あまり良くないことが起きそうなので、下の方にこそっと書いてあったりします。。 ともあれ、ソフトバンクの情報提供ありがとうございました。

次の

ソフトバンク料金プランおすすめはこれだ!料金プラン変更・確認方法も解説

ソフトバンク アイフォン

「メリハリプラン」への加入が必要です。 ・48回払いで購入し、25カ月目以降のソフトバンクでの買い替え時に旧機種回収で最大24回分の旧機種の分割支払金・賦払金(頭金は対象外)のお支払いが不要になるプログラムです。 ・お申し込み状況等によって時期が前後にずれることがあります。 お客さまの特典受付開始日は、ソフトバンクのホームページ上で案内するタイミングから、My SoftBankでご確認いただくことができます。 ・旧機種は、買い替え日の翌月までにソフトバンク指定の回収・査定条件を満たす必要があります。 査定条件を満たさなかった場合、回収に加えて20,000円(不課税)のお支払いが必要です。 特典受け取りまでの流れ• のウェブ・電話購入でクーポンをご利用いただけます。 ウェブでお申し込みの場合 本ページでクーポンを取得した後、から機種を選択して、各機種の詳細ページ内の「ウェブから申し込む」ボタンよりご購入いただくとクーポンが適用されます。 電話でお申し込みの場合 下記の電話番号から購入ください。 本企画クーポンのご利用意思とクーポン番号をオペレーターにお伝えいただくと、クーポンが適用されます。 お申し込み前の準備 必要な書類などについてはをご確認ください。 クーポンを使える契約の種別• 有効期限は付与日から60日です。 PayPay公式ストアでも利用可能。 特典クーポン <特典クーポン取得の対象条件> クーポンページ上でログインをするYahoo! JAPAN IDを「前月末時点」で取得していること。 ただし、有効期限内の特典クーポンがあるYahoo! JAPAN ID、本企画にて1年以内に特典を進呈しているYahoo! JAPAN IDは対象外です。 <取得方法> クーポンページまたは上で特典クーポン取得の対象条件を満たすYahoo! JAPAN IDにてログインすると取得可能です。 <クーポンのご利用方法> 契約時にクーポンを以下の方法でご利用ください。 ソフトバンク取扱店でお申し込みの場合 クルーにクーポンを提示ください。 クルーがクーポン番号をご契約時に登録します。 本企画クーポンのご利用意思とクーポン番号をオペレーターにお伝えいただくと、クーポンが適用されます。 店舗にてお申し込みください。 <クーポンの注意事項>• お申し込み時に有効な特典クーポンのご利用がない場合、特典対象外です。 特典対象ID 特典クーポンを取得し、適用条件を満たしたYahoo! <B> ご契約回線がソフトバンク指定の以下「対象料金サービス」に加入していること。 特典除外条件 以下条件のいずれかに合致した場合は特典進呈の対象外です。 特典クーポンの有効期限内に特典クーポンを利用してソフトバンクの新規契約(のりかえ、ワイモバイルからの番号移行を含む)、契約変更を完了しなかった場合• 本特典と併用不可のソフトバンクキャンペーン、プログラムへお申し込みになった場合• 特典対象のYahoo! 不正な行為を行っているYahoo! JAPAN IDであると当社が判断した場合• 特典の受け取りまでに特典対象のYahoo! JAPAN IDに対して付与します。 特典の受け取り状況はよりご確認いただけます。 実際に特典を利用するには、特典対象のYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携が必要です。 お申し込みいただいた月の翌々月20日から末日ではありません。 PayPayボーナスライトについて• 付与されるPayPayボーナスライトは、PayPay残高を送る機能やわりかん機能では利用できません。 付与されるPayPayボーナスライトは、銀行口座への出金はできません。 付与されるPayPayボーナスライトは、PayPay公式ストアでも利用可能です。 Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウント連携が済んでいない場合、PayPayボーナスライトは未連携残高となります。 未連携残高はよりご確認ください。 なお、未連携残高の状態ではPayPayボーナスライトは利用できません。 60日を過ぎると失効します。 未連携残高からPayPay残高への移行が完了すると、未連携残高だったときの移行期限が、移行したPayPayボーナスライトの有効期限になります。 すでに連携済みのYahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントの連携を解除された場合、既存のPayPay残高はPayPayアカウントに残りますが、新たに付与されるPayPayボーナスライトは未連携残高となり利用できません。 Yahoo! JAPAN IDとPayPayアカウントを連携後、システム上の都合等により、付与されたPayPayボーナスライトを利用できるまでに時間がかかる場合があります。 お客様のご利用状況やシステム上の都合等により、PayPayボーナスライトの付与に時間がかかる場合があります。 その他ご注意事項• 特典の提供主体はヤフー株式会社です。 特典の受け取りは、回線契約者ご本人様に限ります。 なお、回線契約者に対して、ソフトバンク株式会社より本特典利用に関しての通知をお送りいたします。 特典およびソフトバンクのご契約は個人が対象です。 法人は対象外です。 JAPAN IDで、本特典クーポンを重複して発行はできません。 「対象者限定クーポンでソフトバンク契約特典」においては1つのYahoo! JAPAN IDにつき、特典受け取りは1年に1回のみです。 特典の内容および適用条件は、予告なく変更する場合があります。 本企画は予告なく終了する場合があります。 クーポン取得後、特典対象のYahoo! JAPAN IDに登録のメールアドレスあてにYahoo! 携帯ショップからのお知らせメールが届くことがあります。 keitaishop-info-master mail. yahoo. jpからのメールを受信できるよう設定ください。 本特典以外にも、同時期または提供期間終了後におトクな特典を提供することがあります。 ご契約後に特典対象のYahoo! JAPAN IDでログインできるように、パスワードを使ったログイン認証に変更してください。 2020年6月11日改訂.

次の

ソフトバンクで新規契約するメリット|機種変更・乗り換えとの違い

ソフトバンク アイフォン

・ワイモバイル ・mineo(Sプラン) ・LINEモバイル ・b-mobile ・nuroモバイル 料金プランは大きく分けると「データ通信専用プラン」と「音声通話対応プラン」の2つに分類され、それぞれで比較していきます。 データ通信専用プランの料金を比較 ワイモバイル mineo LINEモバイル 500MB — 790円 600円 1GB 1,980円 — — 2GB — — — 3GB — 990円 980円 6GB — 1,670円 1,700円 7GB 3,696円 — — 10GB — 2,610円 — 12GB — — 2,700円 13GB — — — 15GB — — — 20GB — 4,070円 — 30GB — 5,990円 — b-mobile nuroモバイル 500MB — — 1GB 480円 — 2GB — 980円 3GB 850円 — 6GB 1,450円 — 7GB — 2,100円 10GB 2,190円 — 12GB — — 13GB — 2,980円 15GB 3,280円 — 20GB — — 30GB — — データ通信専用プランにおいては、 b-mobileが最安値であることが分かります。 b-mobileは従量制プランなので、月ごとに利用するデータ量が変わりやすい人には最適です。 mineoは、20GB以上の大容量プランも提供しているので、動画視聴やゲームをよくする人にはおすすめです。 会社ごとで提供しているプランの容量に違いがあるので、自分の利用頻度に応じて必要となるデータ量をしっかり見極めておきましょう。 ワイモバイルは料金は少し高めに設定されていますが、後述する 通信速度がソフトバンク回線の中ではダントツで速いというメリットなども考慮すると、コスパは非常に高いです。 また、LINEモバイルは上記の料金で、 LINEのデータ消費量がカウントフリーで利用できるという点も見逃せません。 自分の使い方に応じて、何を重視するべきかを意識することで、適切なプランを選択していくことができます。 ソフトバンク回線の格安SIMの通信速度を比較してみた 格安SIMは大手キャリアの通信の一部を借りて通信提供を行っている関係上、利用が混み合う時間帯や場所によって通信速度が変動しやすい傾向にあるので、格安SIM選びにおいては重要な検討材料となります。 そこで、大都市(東京・大阪・愛知・福岡)と言われているエリアで計測したほうが、格安SIMを利用するユーザーも多く、実際の通信速度に近い形で計測できるためモバレコでは東京都千代田区周辺で計測を実施しています。 詳しい、調査条件や方法は以下の通りです。 調査機種 ASUS ZenFone 3シリーズ 調査方法 OOKLA SPEED TESTアプリを使用し、朝、昼、夜で上り・下りを5回ずつ計測しその平均を調査。 調査対象のMVNO OCN モバイル ONE(ドコモ回線) BIGLOBEモバイル タイプD(ドコモ回線) IIJmio タイプD(ドコモ回線) U-mobile LTE使い放題(ドコモ回線) 楽天モバイル(ドコモ回線) LINEモバイル(ドコモ回線) mineo Dプラン(ドコモ回線) nuroモバイル(D)(ドコモ回線) スマモバ(ドコモ回線) LIBMO(ドコモ回線) BIC SIM タイプD(ドコモ回線) exciteモバイル(ドコモ回線) UQ mobile(au回線) mineo Aプラン(au回線) IIJmio タイプA(au回線) BIGLOBEモバイル タイプA(au回線) BIC SIM タイプA(au回線) LINEモバイル A(au回線) Y! mobile(ソフトバンク回線) nuroモバイル ソフトバンク回線(ソフトバンク回線) mineo Sプラン(ソフトバンク回線) LINEモバイル S(ソフトバンク回線) 計22プラン 以下、モバレコで実施した格安SIM通信速度比較2020年3月時の測定結果を掲載します。 画像左にはMVNO名が記載されていますが、「赤=ドコモ回線」「黄色=au回線」「灰色=ソフトバンク回線」の通信回線ごとの実施結果です。 注意事項:この調査はモバレコ独自のものであり、必ずしも実効速度を保証するものではありません。 通信環境により結果が異なる場合があります。 ソフトバンク回線の格安SIMのキャンペーンを比較してみた 格安SIMは料金の安さだけでなく、キャンペーンを加味した実質負担額を考慮しておくと、よりお得に利用することが可能です。 以下、ソフトバンク回線格安SIMでお得度が高いキャンペーンの早見比較表です。 2020年3月現在は、各社キャンペーン内容が盛り上がる時期なので、このお得なタイミングにぜひ契約してみることをおすすめします。 おすすめのソフトバンク回線の格安SIM(スマホ)を紹介 2017年3月、MVNO老舗の日本通信(b-mobile)からソフトバンク回線を利用した「b-mobile S 開幕SIM」が誕生。 同時に、日本通信より回線の提供を受けたU-mobileからもソフトバンク系格安SIM「U-mobile S」の提供が始まりました。 その後も、現在に至るまで続々とソフトバンクの通信網を利用したMVNOが登場してきました。 今回はその中でも、 知名度や料金・通信速度・サポート体制などの複合的に評価した上でのおすすめのソフトバンク回線格安SIMを厳選してご紹介します。 ワイモバイル ソフトバンクのサブブランドとして2014年8月からサービスが開始された格安SIM回線です。 また、SoftBank光やSoftBank Airなど、 ソフトバンクの提供する固定回線とセットにする割引サービス「おうち割光セット(A)」やPayPayボーナス得点などを継続利用できるため、ソフトバンクからの乗り換えには最適です。 おうち割を適用することで、ワイモバイル回線の利用料金が最大1,000円割引されます。 この割引は最大10台までが対象となっているため、家族でまとめて乗り換えるとさらにお得です。 また、データ容量を増やす「データ増量オプション」が1年間無料になるというキャンペーンも開催されています。 これらのキャンペーンを適用した場合、以下の金額で利用できますよ。 一部例外を除き、ソフトバンクで使用しているiPhone・iPadやAndroid端末をSIMロック解除することなく利用できるようになりました。 これでmineoは、ドコモ・au・ソフトバンクの全キャリアに対応することに。 TVCMでの露出も増えてきており、大手MVNOとしての安心感があります。 格安SIMのなかでも 顧客満足度の高さに定評のあるmineoだけに、ソフトバンク回線にも期待ができそうです。 なお、 音声通話対応SIMでも解約事務手数料は0円なので、格安SIMを試してみたいという人も安心して使い始められます。 その最大の特徴は、 どの回線を選んでも同じ料金プラン・サービスを提供していること。 他社ではソフトバンク回線プランが少し割高に設定されていますが、LINEモバイルでは同一価格なので選択しやすくなっています。 全プランLINEのデータ消費が0で使える点や、主要SNS(Twitter、Facebook)を通信量を消費せずに使える「SNSデータフリーオプション」、LINE MUSIC・Instagram+主要SNSがデータフリーになる「SNS音楽データフリーオプション」といったLINEモバイルならではのサービスの魅力も健在です。 データ通信容量を最大で12GBまでしか選択できませんが、データフリー対象サービスを頻繁に使う人には非常におすすめです。 2017年8月には、ソフトバンク系格安SIMとしては初の音声通話機能付きプラン「b-mobile S スマホ電話SIM」の提供が始まりました。 待望の通話定額にも対応しており、音声通話対応SIMでありながら最低利用期間や解約金の設定がないのが特徴です。 さらに、通話・データ通信・SMSが990円から利用できる従量課金制プラン「990ジャストフィットSIM」、月額190円から利用できるiPad・iPhone用の「190PadSIM」と続々と新プランが登場するなど、サービスを拡大しています 「使用頻度がそもそも少ない」または「毎月のデータ使用量が定まっていない」という人におすすめです。 こちらは音声通話機能付きとデータ通信専用を選択できます。 nuroモバイルの大きな特色として挙げられるのが、 2017年8月以降にソフトバンクブランドで発売されたAndroid端末に対応していること。 b-mobile SやU-mobile Sなど、ソフトバンクのAndroid端末の動作確認を明記していないMVNOも多いので、希少な存在といえます。 2018年10月1日から大きく料金プランをリニューアル。 「S(2GB)」「M(7GB)」「L(13GB)」の3種類から好みの容量を選べるようになり、選択肢の幅が広がりました。 また、nuroモバイルを実際に試したい人に向けて、気軽にスタートできる「お試しプラン(0. 2GB)」を利用できます。 【nuroモバイル(ソフトバンク回線)定量型】 プラン名(データ容量) 月額料金 お試しプラン S (0. モバイル 旅行代理店であるH. Sが提供している格安SIMサービスです。 提供されている「ビタッ!プラン」には音声通話とSMS機能がついているものとデータ通信のみのプランの2種類があります。 また、ビタッ!プランは従量課金性のプランですが、データ通信量の上限を100MB・2GB・5GB・10GB・15GB・30GBのそれぞれ任意のものに設定可能で、想定以上の使いすぎを防止できます。 この上限の変更は会員ページからいつでも変更できます。 また、運営元が旅行代理店なので、海外通信に特化している部分も特徴的です。 ビタッ!プランとは別の商品ですが「変なSIM」という、1度購入すれば以降そのSIMカードを使って割安の地域別海外利用プランを必要な期間だけ契約して利用できる海外用SIMも販売しています。 Sモバイル(ソフトバンク回線)従量型】 容量 月額料金 音声通話つき データ通信のみ 100MB 1,150円 180円 2GB 1,670円 700円 5GB 2,170円 1,200円 10GB 3,070円 2,100円 15GB 4,070円 3,100円 30GB 6,920円 5,950円 リペアSIM SIM契約にiPhoneの修理代金還元サービスが含まれているというユニークな格安SIMサービスです。 ソフトバンク回線とドコモ回線の2種類があり、ソフトバンク回線には「データ通信のみ」と「データ通信+音声通話+SMS」があります。 リペアSIMの最大の特徴であるiPhone修理代金のキャッシュバックですが、画面割れや消耗電池の交換などであれば、かかった修理費用の全額がリペアSIMより返金されます。 2回目以降の修理は、リペアSIM契約中であれば何回でも10%OFFの料金で修理を受けられます。 ただし、このサービスは音声通話機能付きのプランで契約している場合に限られます。 回線料金が抑えられるだけでなく、無料修理により同じiPhoneを長く使うことができるため、端末の購入費用を節約できる格安SIM事業者です。 容量 月額料金 データ通信専用 データ+音声通話 SMS付 1GB 500円 1,280円 3GB 900円 1,780円 5GB 1,580円 2,180円 7GB 1,980円 2,780円 10GB 2,480円 3,480円 20GB 3,980円 4,980円 スマモバ(ソフトバンク回線) スマモバにおけるソフトバンク回線プランは、データ通信専用のみとなっており、音声通話・SMSは利用できません。 また、このプランの通信容量は月単位の上限設定ではなく「1日あたり3GBまで」と1日単位での設定になっています。 月単位のデータ通信上限がないため、ソフトバンク回線のプランは、プランLLのみです。 1日で3GBを超える通信を行った場合、上り下り200kbpsまで通信速度が制限されます。 この制限の解除は制限がかかった日の翌日0時です。 1日3GBまで利用できると、1ヶ月で約90GBまで通信可能ですから、高画質の動画やゲームなど、頻繁に大容量の通信を行う人におすすめです。 また、スマモバでは1年間500円の月額料金割引が無条件で受けられる「開始割」のキャンペーンを行っていますから、プランLLは、初めの1年間は3,980円で利用できます。 【スマモバ(ソフトバンク回線) データ通信専用】 プラン名 容量 月額料金 プランLL 3GB/日 4,480円 QTmobile 九州電力が提供する格安SIMサービスですが、日本全国どこでも契約・利用ができます。 データ通信量は、1GB・3GB・6GB・10GB・20GB・30GBの6種類。 月額利用料金は1年目と2年目以降で料金が変わります。 「データ+通話コース」「データコース」ともに、割引キャンペーンにより3GBと6GBの1年目の料金が同額に設定されています。 まずは割安で使える6GBからの契約がおすすめです。 また、月額850円で毎回初回10分、月額2,500円で無制限での通話かけ放題のオプションをつけることができます。 毎月の通話が多く、通話料がかさむ人は、オプションを活用してみてください。 格安SIMを運営するMVNOは、大手キャリアから回線を借りる際にMVNO接続料を支払っているのですが、この接続料はドコモ・au・ソフトバンクで金額が異なります。 ソフトバンクが提示する金額が、ドコモやau回線と比べて約3倍と高額だったため、回線を安く提供することが難しかったのです。 現在では接続料が見直され、ドコモやauと同程度の金額に値下げされています。 また、格安SIMの普及を牽引するソフトバンクのサブブランド、Y! mobile(ワイモバイル)の存在も大きな理由の1つです。 旧ウィルコムが前身であるワイモバイルの訴求により、ソフトバンク契約者の中で格安SIMを求めるユーザー層の取り込みにも成功しているという背景があります。 SIMロック解除非対応のiPhone 6以前の機種にも対応しており、SIMを挿し替えて設定を行えば、すぐに利用できます。 ソフトバンクのAndroidに対応しているMVNOも増えてきているので、iPhone以外を使っているソフトバンクユーザーも見逃せません。 もちろん対応周波数が合えば、SIMフリーのスマホやSIMロック解除をした他社端末であっても利用可能です。 メリット2. ソフトバンクと比べて料金が安い 2019年9月からソフトバンクの料金プランが改定され、以前よりも安く利用できるようになりましたが、それでも格安SIMの月額料金と比べると格安SIMの料金のほうが安いです。 ここで、ソフトバンクの従量課金プラン「ミニモンスター」とminoの音声通話つきプランの料金を比較してみましょう。 しかしこの金額の差は、サポートの手厚さや通信品質などの差にもつながるため、一概にソフトバンクでの契約に料金面でデメリットがある、というわけではありません。 メリット3. テザリング機能に対応 2018年4月のb-mobileを皮切りに、ソフトバンク系格安SIMもテザリングに対応しました。 これまで格安SIMでテザリングを使えるのはドコモ回線のみだったため、大きなサービスの向上といえるでしょう。 デメリット1. 月額料金が割高な場合がある ソフトバンク回線の格安SIMは、ドコモ系やau系の格安SIMと比べると料金が割高になる傾向があります。 例えば、高速データ通信量が同じ3GBのデータプランだとしても、ドコモ系が980円に対してソフトバンク回線のU-mobileは1,580円です。 そのため、b-mobileでは990円のお手ごろ価格から使い始められる従量課金制プラン「990ジャストフィットSIM」(音声通話+データ通信+SMS)を展開するなどの対応を行い、月々の使用量が少ないユーザーは手を出しやすくなりました。 LINEモバイルでは、ドコモ回線と同じ料金プラン・サービスでソフトバンク回線プランを提供しています。 サービスの拡充により、ドコモ・au回線との料金差がなくなってきているようです。 デメリット2. プランやオプションがまだまだ充実していないことが多い 格安SIMでは、余ったデータ通信量の繰り越しや追加チャージなどに対応していないものや、支払い方法がクレジットカードに限定されていることなど、オプションやサービスに不満が残ることもあります。 この辺りにはまだまだ改善の余地が残されていそうです。 ・利用金額の安さを見て選ぶ ・希望に合ったプランを選ぶ ・通話料金を節約できるところを選ぶ ・契約期間を見て選ぶ 早速見ていきましょう。 利用料金の安さを見て選ぶ 格安SIMを選択する最大のメリットは、「利用料金が安くなる」という点です。 そのため、まずは今の料金と比べてどのくらい安くなるのか、利用料金に注目しましょう。 希望に合ったプランを選ぶ 格安SIMには音声通話つきのプランと、データ通信のみのプランの2種類が主流です。 データ通信のみのプランでは、月額料金が安く設定されています。 しかし、音声通話やSMSが使えない状況は、2段階認証が使えないなど、ネット回線端末として用途が大幅に制限されます。 したがって、ご自身の利用用途と必要な機能、不要な機能を明確にし、希望に合ったプランを選択しましょう。 通話料金を節約できるところを選ぶ 電話番号での通話を頻繁に利用するのであれば、通話料金についても気を配らなくてはなりません。 毎月のデータ通信料金が安くなったとしても、通話料金が高くなるようでは正しい選択とはいえないでしょう。 mineoやLINEモバイルなどは月額850円で初めの10分間は何度でも通話料無料になる10分かけ放題のサービスを展開していますし、ワイモバイルであれば10分かけ放題に加え、月額1,000円で時間・回数無制限で通話が無料になる完全かけ放題サービスを提供しています。 毎月の通話頻度や通話時間なども、格安SIMキャリアを選ぶ基準において大事な要素です。 契約期間を見て選ぶ 通信契約には、最低利用期間が設けられていることが多く、自動更新期間も注目しておくべきポイントです。 一般的に契約期間を設けているサービスのほうが月額料金を安く設定していますが、解約時に違約金が発生すると、トータルの金額がかえって高くなることもあります。 mineoやH. Sモバイルなどは、契約期間は一切ないので、どのタイミングで解約をしても追加料金を請求されることはありません。 LINEモバイルには、1年の最低利用期間があるため、1年以上利用すれば以降いつでも違約金不要で解約できます。 もし、短期解約の可能性がある場合は、これら契約期間と解約時の費用についても詳しくチェックしておく必要があります。 キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換える方法 キャリアから携帯番号を継続して乗り換えるためには、必ず「MNP予約番号」と呼ばれる13桁の番号を取得する必要があります。 そして、MNP予約番号を使って乗り換え先の格安SIMで契約を行います。 新しいSIMカードが到着したら、スマホに差し込み、初期設定を完了させるとすぐに利用できます。 ただし、キャリアで使っていたスマホをそのまま継続して利用したい場合には、同じキャリア回線を使った格安SIMを選択するか、SIMロック解除という手続きが必要です。 スムーズに乗り換えを進めたい場合は、今契約しているキャリアと同じ回線を使用する格安SIMのプランを選択しましょう。 それでは、各キャリア元でMNP予約番号を取得する方法を紹介します。 ドコモでMNP予約番号を取得する方法 1. 電話にて取得する場合の連絡先 <ドコモインフォメーションセンター> ・携帯からの場合:151 ・一般電話からの場合:0120-800-000 ・受付時間:9:00〜20:00 2. MNPを行う場合には、どの窓口から取得する場合でも、一律2,000円の手数料が発生します。 店頭窓口でも受付できますが、電話のほうがスムーズに取得できるのでおすすめですよ。 auでMNP予約番号を取得する方法 電話にて取得する場合の連絡先は、以下です。 <au MNP予約受付窓口> キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から乗り換える際の注意点 格安SIMへの乗り換えを行う場合、格安SIM契約以外で発生する費用にも注意しておかなくてはなりません。 契約更新月を確認しておく 乗り換え元のキャリアで解約時に高額の違約金がかかってしまう場合が考えられるため、契約更新月については必ず確認しておきましょう。 更新月が近く、乗り換えのタイミングを調整できる場合は、更新月まで待ったほうがよいでしょう。 逆に更新月が遠い場合、かかる違約金よりも格安SIMへの乗り換えで節約できる金額が上回るケースもあります。 安くなる金額の総額と違約金を比べてみることで、乗り換える時期を判断しやすくなりますよ。 端末の支払残高がないか確認しておく 現在のキャリアで購入した端末の割賦残債があるのか、確認しておきましょう。 残っている場合は、現在のキャリアの解約後も残債を支払い続けていく必要があるため、残債の金額を加味した料金で、通信費用を計算しましょう。 とくに、格安SIMキャリアで端末購入を伴う乗り換えをする場合は、端末料金の支払いが重複してしまうため、注意が必要です。

次の