マツコ 崎陽軒。 マツコデラックスいったい何をやったのでしょうか?崎陽軒がスポンサーで買わ...

【マツコ騒動】崎陽軒の「シウマイ」購買キャンペーンが発火!仕掛けたのはダルビッシュのつぶやきを煽った「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表

マツコ 崎陽軒

高須クリニック院長の高須克弥氏(74)が15日、自身のツイッターを更新。 NHKから国民を守る党の立花孝志党首(52)が、タレントのマツコ・デラックス(46)に「侮辱された」として抗議を続ける騒動を批判した。 マツコは7月29日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」でN国について「気持ち悪い人たち」「ふざけて入れた人も相当いると思う」「宗教的」と否定的な見方を示した。 立花氏はその後、マツコに「侮辱された」として、生放送が行われている同局に押しかけるなど抗議。 高須氏は「アポイントなしのお邪魔はいけません。 営業妨害ではありませんか」「不快です」などと投稿。 ほかにも「立花孝志先生に申し上げます。 僕は日本では言論の自由が認められていると信じております。 不快な言論に対する抗議も自由です。 しかし営業中の仕事場にアポイントもなく押し掛け妨害する自由までは認められないと存じます。 僕がマツコさんの立場なら迷わず警察に通報します。 間違っておりますか?」とツイート。 その後も「マツコさんはN党を支持しない有権者の声なき声を代弁していると思います。 僕はマツコさんのコメントを支持します」「静観しません。 理不尽な攻撃を受けているマツコさんと崎陽軒さんを守ります。 僕は何にも恐くないです」と主張した。

次の

マツコ・デラックス批判や崎陽軒不買について等 メンタリストDaiGoさんがN国党や立花孝志代表を心理学的に考察

マツコ 崎陽軒

出展:崎陽軒 にわかに横浜名物・崎陽軒のシウマイの購買キャンペーンが盛んになっている。 当初は「マツコ・デラックス」のテレビ番組において発言に「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表に対する「気持ち悪い」発言に対して、立花氏が「マツコを『ぶっ壊す!』」と批判したことが発端だった。 その後その番組のスポンサーへ話が飛び、立花代表がスポンサーの商品の不買運動を起こしたのだが、その中の崎陽軒の「シウマイ」の綴りを間違えたのが飛び火し、アンチ「不買運動」として、著名人を中心としたネットでの拡散となった。 結果として、横浜市民を中心に、崎陽軒のシウマイのリバイバル購買キャンペーンの様相を呈してきた。 せっかくなので本サイトも崎陽軒の「シウマイ」拡販キャンペーンに加わりたく、その事件の前後関係を洗いながら、さらに拡販に貢献してみたい。 「崎陽軒」マツコのTV番組のスポンサーの商品名に「マツがい」が! N国党党首 立花孝志党首 立花氏が2019年8月13日、「崎陽軒のシュウマイは買いません。 マツコ・デラックスが謝罪するまでは・・・」と題した動画をアップした。 動画の中でのホワイトボードでは、 「崎陽軒 シューマイ」と書かれていた。 TOKYO MXの「5時に夢中!」の番組スポンサーである崎陽軒などの名前を挙げ、「マツコ・デラックス」が謝罪するまでは、 その動画を見た神奈川県民から怒りのツイートが拡散した!! 「いいか!シウマイだ!横浜をなめるなよ!」 「なんで崎陽軒がぶっ壊されなきゃいけないんですかね?今後もシウマイ弁当は買います」 「崎陽軒を愛する横浜民がブチ切れ」 「崎陽軒のシウマイをシュウマイとかシューマイとかいうやつは何をやってもダメ」 「シウマイ弁当は売り切れだった」「立花さん多くの人を敵に回したね」 「シウマイ弁当命の神奈川県民を敵に回すのだな。 崎陽軒はシューマイでもシュウマイでもなくシウマイだからな」 カンニング竹山が火を付けた「崎陽軒購買」キャンペーン…「シウマイ弁当を意識的に買う」 タレントのカンニング竹山が2019年8月14日、ツイッターに「崎陽軒のシウマイ弁当を意識的に買う」新規投稿した。 崎陽軒のシウマイ弁当を意識的に買う。 — カンニング竹山 takeyama0330 また、旧芸名・ほっしゃん。 の星田 英利は「良かったな〜!やっぱり一生懸命に真心込めて作ったものは、気持ちの悪い奴じゃなくまともな人に食べてもらいたいものね。 」と投稿。 ラサール石井は「明日あたり、みんな崎陽軒のシウマイ弁当でもどうだい?」と、不買運動を逆転させて購買キャンペーン。 ダルビッシュも崎陽軒愛をつぶやく「崎陽軒に罪はない気がするな」 米大リーグ・カブスのダルビッシュ有投手が15日、「崎陽軒に罪はない気がする笑 てかよく新幹線乗るとき買ってたなー。 また食べたい。 」とツイート。 崎陽軒に罪はない気がする笑 てか良く新幹線乗るとき買ってたなー。 また食べたい。 著名人らが崎陽軒を続々と応援 ダルビッシュ有「また食べたい」 ダルビッシュ投手は、タレントのカンニング竹山さんが崎陽軒について言及した記事を引用する形で このツイートに対する返信では、「おっしゃる通り」「確かに崎陽軒は悪くない」など、ダルビッシュ投手に賛同する声や立花氏への批判が多くが寄せられた。 立花氏の崎陽軒の商品の不買運動を巡っては、ダルビッシュ投手以外にも著名人が言及している。 立花氏は結局「崎陽軒購買キャンペーン」の発起人となってしまった。 立花氏自身のyoutubeでのコメントでも揶揄されるのだが。 「崎陽軒、逆にバカ売れしている件」 「迷走したこのオッサンに喜んでるのはNHK」 「崎陽軒のCMみたいになってしまってるね。 行くなと言われたら余計に食べたくなるという、逆効果。 」 「あなたとダルビッシュが宣伝するとか崎陽軒ウハウハじゃないか」 中には、立花氏が予め「崎陽軒が売れることを予想していた」という意見も、ネットの中で表れている。 発端となるのマツコのN国に対するコメントの帰結は「彼らの思うつぼ」 あの、これからじゃないですか。 この人たちが本当にこれだけの目的のために国政に出られたら、これで税金払われたら、受信料もそうだけど、そっちのほうが迷惑だし、一体これから何をしてくれるか判断しないと、今のままじゃね、ただ気持ち悪い人たちだから。 さあ…なんだろう、冷やかしじゃない?もちろん受信料払うことに対して疑問を持っている、真剣にそう思ってる人もいるだろうけど、ふざけて入れている人も相当数いるんだろうなと。 逆に言うと(政見放送で)真面目にNHKの受信料問題について語ったとして、そしたらここまで話題になったかとなると難しいから。 あの気持ち悪い政見放送で効果が出たという意味もある。 ちょっと宗教的な感じもあると思うんだよね。 NHKぶっ壊す票みたいな。 ちょっと気持ち悪い、この人も気持ち悪いんだけど、女性がやる、何人かすごい人もいた。 結局こうやって、楽しんで見ちゃってる側面もある。 騒いじゃってる時点で彼らの思うつぼなのでは。 扇動することによって、人々が騒いで、楽しんじゃって、崎陽軒のシウマイが売れる。 結局、いい人たちなのかなぁ、という不可思議な疑念も出てくるのは確かである。 しかし、崎陽軒が売れることと、NHKをぶっ壊すことは、関係あるのか、ないのか? ともあれ、話が随分それてきた。 肝心のマツコは、すでにカヤの外、のような。

次の

マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ (2019年8月18日)

マツコ 崎陽軒

気持ち悪い 宗教的な感じ ふざけて投票している人も多い といった何の根拠もない批判を、NHKから国民を守る党および立花孝志代表に対してテレビで行ったマツコデラックス批判まではよかった。 にもかかわらずマツコ批判だけしていればいいものの、ほとんど無関係のマツコ出演番組のスポンサーの崎陽軒不買宣言とその呼びかけは立花氏の完全なる大失態だ。 崎陽軒は関係ない。 そもそも崎陽軒は横浜のソウルフードだ。 私も横浜市民だからわかるが、小さい頃からともにしてきた ソウルフードを何の落ち度もないのに不買や不買運動を起こすなど、横浜市民を敵に回してしまった。 立花氏はああみえて非常に緻密な選挙戦略や発言戦略でのしあがり、99万票もの票を獲得した。 ふざけて投票されたんじゃない。 彼の完全な勝利だ。 そこまでは素晴らしかったのに、マツコデラックス批判はその通りだったのに、何の関係もない崎陽軒批判で「あーやっぱりN国立花代表って残念な人だったのね」と印象付けてしまった。 今からでも遅くない。 立花氏は崎陽軒に謝罪し、崎陽軒のシウマイを100個買ってみました動画をYoutubeであげたらまだ救われるかもしれないが、このまま崎陽軒批判を続けると正当性のあったマツコ批判やNHK批判すら誰も聞いてくれなくなる。 崎陽軒不買は筋違い批判。 今すぐ撤回・謝罪、そして崎陽軒シウマイを買って食べておいしかった動画をあげた方がいい。 ただ! 皮肉なことだが立花氏のおかげで、崎陽軒の売上は激増すること間違いなし。 横浜市民にとって崎陽軒はソウルフードすぎて、いわば空気のようにあたりまえの存在で、昔食べた思い出が強すぎて意外と最近買ってないな、という人に「あー久々に買って食べるか!」と思い出させてしまったからだ。 不買を呼びかけたのに、かえって売上がアップする。 その事実だけみても、崎陽軒を今回の件で批判するのは大きな間違い。 ぜひ立花氏は今からでも遅くないので崎陽軒批判はやめて、マツコデラックス批判だけにすべき。

次の