足 が よく つる 原因。 よく足がつる!これって病気!?原因から予防法までを大解説!

足がつる原因と治し方|睡眠中に足がつってしまう人へ

足 が よく つる 原因

「ここ数年、寝ている時によく足がつります。 足裏のこむら返り的なものから、ふくらはぎにかけての激痛のものまで、さまざまです。 痛くても動くことができず、妻を起こさないよう声も出さず、暗闇のなかで、ただただ痛みに耐えていることしか出来ません。 原因や対処法はあるんでしょうか?」(ラジオネーム:ナイス・トゥ・ミート) これに対し、東京衛生病院 医局長 外科部長の佐々木啓成先生が解説した。 「足がつるというのは、筋肉収縮が過度に起きている状態。 おもにふくらはぎが多く、いつ何時でも起こるものです。 時間帯で言うと就寝中や、朝方に多いようです。 主な原因は3つあります。 「冷え」、「疲労や運動不足」、そして「脱水、電解質異常」です。 それぞれの予防策です。 「冷え」は、ふくらはぎを冷やさないよう下着をつける、温めること。 「疲労や運動不足」は、普段から適度な運動とストレッチ体操をする。 「脱水、電解質異常」は、バランスのよい食事と水分補給が大切です。 また、急に起きた場合は、過度な筋肉収縮が原因ですので、筋肉を伸ばすと直ぐに改善します。 ふくらはぎの場合は、ふくらはぎを伸ばすように足を伸ばしたまま、足先をオヘソに近づけるようにしましょう。 予防策にて改善がなければ、内科的疾患が隠れている場合もありますので、あまりにも頻繁に起こる場合は、医師に相談ください」.

次の

足がつる原因と治し方|睡眠中に足がつってしまう人へ

足 が よく つる 原因

タグ 2型糖尿病 死亡リスク 硫酸マグネシウム 目安 症状 特徴 片頭痛 炭酸マグネシウム 測定方法 海藻類 治療法 治療 水酸化マグネシウム 比率 検査方法 糖尿病 有病率 月経前症候群 摂取量 摂取方法 摂りすぎ 慢性筋肉痛 心筋梗塞 心不全 対処法 対処 実験データ 妊婦 妊娠高血圧腎症 種類 糖尿病、インスリン抵抗性、インスリン感受性、マグネシウム、全身性炎症 妊娠糖尿病 足がつる 高血圧 食材 食品 食事 食べ物 静脈注射、サプリメント、経皮マグネシウム吸収 鉄分 重要性 酸化マグネシウム 遺伝 過剰摂取 運動能力、マグネシウム 足のつり 論文 細胞内遊離マグネシウム濃度検査 計測方法 解消 血中イオン化マグネシウム濃度検査 舌下マグネシウム検査 臨床試験 腓返り 脳卒中 脂肪肝 肝臓病 線維筋痛症 経皮吸収 経皮マグネシウム吸収 経皮 妊娠高血圧症 妊娠中 ATP産生 けいれん、しゃがみ、排泄、予防、治療 マグネシウムの効果 マグネシウムの働き マグネシウム プロゲステロン ビタミンD ドーパミン デキサメタゾン データベース データ セロトニン こむら返り コホート研究 クロロフィル マグネシウムの重要性 クエン酸マグネシウム カルマグ比 カルシウム エストロゲン インスリン抵抗性 インスリン感受性 インスリン代謝 インスリン アミノ酸キレート アデノシン三リン酸 RLS PMS BMI マグネシウムの特徴 マグネシウム不足 塩化マグネシウム 体重増加 吸収率 吸収、エプソムソルト、ライフフロー、マグバルム、マグネシウム、マグネシウムバーム、マグネシウムバスソルト、マグネシウムクリーム、マグネシウムスプレー、皮膚、経皮マグネシウム吸収 合併症 原因 効能 効果、エプソム塩、塩化マグネシウム、硫酸マグネシウム、サプリメント、経皮マグネシウム吸収 効果 副作用 兆候 働き 偏頭痛財団 偏頭痛 体重管理 体重 マグネシウム負荷量検査 予防法 予防 乳酸マグネシウム 不足 不眠症 不整脈 下肢痙攣 下剤 メトクロプラミド メタ分析 メカニズム むずむず脚症候群 ミトコンドリア 高血糖• ミネラルのバランスが悪い方• 妊娠女性• 中高年の方• 糖尿病患者とその予備軍• 腎不全・透析患者 こむら返り (腓返り)・足がつる症状の原因・メカニズム こむら返り(腓返り)・足がつる症状の原因は様々ですが、筋肉の酷使によって起こるケースを除くと、その 7~8割以上は筋肉中のミネラル(カルシウムとマグネシウム)のバランスが崩れて筋肉が過剰に収縮することにより起こります。 カルシウムとマグネシウムの比率(カルマグ比)は、理想的には2:1とされていますが、特に マグネシウム不足によりカルマグ比が大きくバランスを崩し、筋肉が過剰に収縮を起こします。 一般的に、筋肉細胞に含まれる カルシウム、マグネシウム 、ナトリウム、カリウムなどのイオンのバランスによって筋肉の状態の良さ が決まりますが、通常健康な人は過剰なイオンは尿や汗などから排出され、反応性がちょうどいい範囲内におさまるよう調節されています。 ところが、 睡眠時は意外に汗を多くかいており脱水傾向にあります。 さらに全身をほとんど動かさないため、 心拍数も減り、血行が低下しています。 夏場に冷房をつけっぱなしで寝たり布団をかけずに寝ると、 足の筋肉が冷え血管も収縮し、血行はさらに悪くなります。 こういった悪い状況でイオンのバランスが崩れているときに、たまたま寝返りをうったりすることで筋肉に刺激が加わると、筋肉の細胞が過剰に反応し収縮が発生しやすくなってしまいます。 特に、 寝ているときは自然と足のつま先が伸び、ふくらはぎの筋肉は縮んだ状態になりやすいですが、この状態が続くとこむら返り(腓返り)・足がつる症状が起きやすくなります。 中高年に多く、 足の指や土踏まず、太ももなどに起きる場合もあります。 腕の長さ分だけ離れ、壁に面して立ちます。 目の前の壁に手を置きます。 右足を後ろに踏み出します。 かかとを常に床に置き、右膝をまっすぐに保ちながら左膝を曲げます。 右のふくらはぎの筋肉の伸びを感じるように、左膝を曲げたままにします。 最大30秒間押し続けます。 必要に応じて脚を切り替えます。 脱水症状に陥ると、重度のこむら返り(腓返り)・足がつる症状を引き起こす可能性があります。 特に夏場は寝ている間も汗で水分が失われますので、毎日8~11杯の水を飲むよう心がけてください。 十分な水分補給は重要ですので、しっかり実践してください。 攣りや痙攣を和らげることにも役立ちます。 冷えが大きな要因にもなっていますので、なるべく体を冷やさないようゆっくり 湯船に浸かったり、蒸しタオルなどで温めたり、膝掛けなどを使用したりと工夫してみてください。 ふくらはぎをケアできるレッグウォーマーや、電子レンジで温められるタイプのもの、カイロのようなもの、何でも構いませんので、ご自身に合うものを探してみてください。 また、血行を改善するため、こむら返り(腓返り)・足がつるのを防ぐことにも繋がります。 ふくらはぎを軽く揉み解すマッサージをそれぞれ5分程度してあげると効果的です。 マッサージしやすい経皮マグネシウムアイテムもおすすめです。 ミネラルの補給(特にマグネシウム)• 寝る前のストレッチ• 適切な水分補給• ふくらはぎを温める• マッサージ• 適度に運動する こむら返り(腓返り)・足がつる症状の対処 もし、急にこむら返り(腓返り)が起こったとしても、 一過性のものですので落ち着いて筋肉のこわばりをほぐすことが大切です。 まずは、 膝を伸ばしたまま座り、つった方の足の爪先をつかんで、ゆっくりと手前に引っ張ってふくらはぎをしっかり伸ばしてあげてください。 アキレス腱を伸ばす要領で足を前後に開き、つった方のふくらはぎをゆっくりと伸ばすストレッチも効果的です。 また、血行を良くするために、 ふくらはぎ全体をほぐすようにやさしくマッサージしてあげてください。 患部を お湯や蒸しタオルなどで温めるのも効果的です。 経皮マグネシウム吸収させる マグネシウムクリーム・ローションなども即効性がありますので、ぜひ試してみてください。

次の

土踏まずがつる7つの原因!しっかり予防して痛みをなくそう!

足 が よく つる 原因

「足がつる(ふくらはぎがつる)原因とは?」• 1、筋肉疲労• 2、運動不足• 3、水分不足• 4、ミネラルやビタミンの栄養不足• 5、ストレスが溜まっている• 6、身体の冷え これら6つの原因について簡単に説明していきますね。 1、筋肉疲労 足がつる原因というして主な原因は筋肉疲労と言われています。 激しいスポーツをすると運動中に筋肉を酷使することとなります。 ランニングを伴うスポーツだとふくらはぎへの負担が過度にかかるので、あしがつる原因となります。 疲労物質の乳酸がたまり、足の疲労となります。 スポーツをしている学生や外回りの営業をされている方は筋肉疲労によるものでしょう。 2、運動不足 過度な運動で足がつることもありますが、その反対で 運動不足でも筋肉が疲労し足がつることがあるんです。 運動不足の人は、足の筋肉が弱まっている可能性があります。 足の筋肉は「第二の心臓」とも呼ばれており、血液を促進するポンブの役割があります。 運動不足の人は、足の筋肉が衰えていて、ポンブの動きが弱まり、血液の流れが悪くなります。 そうすると血行不良が起きるので、筋肉疲労につながります。 歳を重ねるにつれて、筋肉の衰えによる足がつることとが多くなります。 3、水分不足 普通に睡眠ができている場合は、夜に寝てから朝までずっと寝ている状態ですよね。 1日の水分が足りない場合や寝る前に水分補給せず寝てしまうと、その間に身体は脱水症状となっています。 この結果、血液循環が悪くなるので、神経けいれんが起きることもあります。 4、ミネラルやビタミンの栄養不足 ミネラル不足も足がつる原因と言われています。 ミネラルは5大栄養素のひとつとして有名ですよね。 特に運動をしている人は足の筋肉疲労と一緒に水分やミネラルが排出されます。 ミネラルの中にはマグネシウムがあって、このマグネシウムは筋肉をゆるませる力があるんです。 つまり、マグネシウム不足だと収縮した筋肉をゆるませることができなくなり、足がつる原因となります。 また、ビタミンB1が不足していることも考えらえます。 ビタミン不足だと筋肉が疲労しやすくなりますし、神経の働きも悪くなります。 5、ストレスが溜まっている 神経質な方が足をつる人も多いです。 ストレスを感じると人間は筋肉を収縮させてしまったり、血行が悪くなります。 強いストレスを感じることで筋肉が萎縮し、足がつる原因となります。 ストレスを感じているのであれが、リラックスできるようなことをしていきましょう。 6、身体の冷え 女性に多いのが身体の冷えです。 冬場だけでなく、夏場も足がつるという方は多いのではないでしょうか。 ショッピングセンターやオフィスは冷房でキンキンに冷えていることが多いです。 また、オフィスでデスクワークをしていると、座りっぱなしの姿勢となり、余計に血液循環が悪くなります。 身体の冷えには注意が必要なので、下半身を温めるような対策をとるようにしてくださいね。 Sponsored Links ふくらはぎの対処法や予防法はコレ! ここまでは足やふくらはぎがつる原因をお伝えしてきました。 ここからはその対処法や予防法について紹介していきたいと思います。 対処法は日々の生活において、それほど難しいことではありません。 ぜひ、生活習慣の中で取り入れてもらいたことです。 では、こちらをチェックしてください。 水分補給をしっかりと行う 足がつる原因としては血行不良という点が多かったですよね。 日頃から水分を摂取を心がけることで予防することができます。 水分不足は血中濃度が高まり、血がドロドロになってしまいます。 ドロドロの状態だと血行不良となり、身体の冷えを引き起こしたり、筋肉疲労を回復できずに、足がつってしまうことになります。 スポーツをしている方は汗と一緒に水分とミネラルが排出されるので、スポーツドリンクと飲むと良いでしょう。 私はスポーツドリンクは糖分が多いので、スポーツドリンクにミネタルウォーターで薄めて飲むようにしています。 ペットボトルだと1:1の比率で半分に割っているのですが、この方法はオススメです。 また、食事でも気をつけるようにして欲しいことがあります。 ミネラルやビタミンが多い食品を摂取する 日々の食生活において少し心がけておけば、足やふくらはぎがつることを予防することができます、 ミネラル、ビタミンが多い食材はこのようなものがあります。

次の