出雲 伊波 比 神社。 出雲伊波比神社 口コミ・写真・地図・情報

【追記あり】埼玉の猫スポットとして有名な出雲伊波比神社で期待通り数匹の猫に会えた

出雲 伊波 比 神社

出雲祝神社の概要 出雲祝神社は、入間市宮寺にある出雲祝神社です。 出雲祝神社は、日本武尊が東夷征伐のとき、当地小手指ヶ原で、天穂日命、天夷鳥命を祭祀創建した出雲伊波比神社の論社(延喜式内社論社)だといい、当社の存在により宮寺郷と呼ばれる地名が起ったといいます。 戦国時代には出雲祝神社と称していたといいますが、江戸期には寄木明神社と称し、天正19年徳川家康より社領10石の御朱印状を拝領したといいます。 明治2年出雲祝神社と改め、明治5年村社に列格していました。 出雲祝神社の概要 社号 出雲祝神社 祭神 天穂日命・天夷鳥命・兄多毛比命 相殿 菅原道真公、他7柱 境内社 八雲神社、護国神社 祭日 例大祭 住所 入間市宮寺1 備考 旧村社• 出雲祝神社の由緒 出雲祝神社は、日本武尊が東夷征伐のとき、当地小手指ヶ原で、天穂日命、天夷鳥命を祭祀創建した出雲伊波比神社の論社(延喜式内社論社)だといい、当社の存在により宮寺郷と呼ばれる地名が起ったといいます。 戦国時代には出雲祝神社と称していたといいますが、江戸期には寄木明神社と称し、天正19年徳川家康より社領10石の御朱印状を拝領したといいます。 明治2年出雲祝神社と改め、明治5年村社に列格していました。 新編武蔵風土記稿による出雲祝神社の由緒 (中野村)寄木明神社 御朱印社領十石を賜はる神名帳に載たる国渭地祇神社是なりと、口碑に傳へたれど、させる證跡はなし、祭神は素盞嗚尊を祀ると云、本社幣殿拝殿等備りて前に木の鳥居を建、矢寺・萩原・小谷戸・大森・中野・坊・二本木等七村の鎮守なり、此邊を宮寺郷と號することも、當社に権與せしならんと云。 神主、栗原左衛門兼て司どる。 (新編武蔵風土記稿より) 「埼玉の神社」による出雲祝神社の由緒 出雲祝神社 <入間市宮寺一(宮寺村字寄木森)> 当社は、狭山丘陵の北麓、不老川の流域にある。 氏子区域宮寺は古くから人々の居住した所で、縄文中期の石塚遺跡、古墳後期の元狭山久保地坑遺跡がある。 当社創建を語る社伝も古く、景行天皇の代、日本武尊が東夷征伐のとき、当地小手指ヶ原に至り、天穂日命、天夷鳥命を祭祀して出雲伊波比神社としたという。 所蔵の棟札(六二.八センチメートル)に「伊都毛伊波比再造 牟射志入間臣宇助 大寶二年壬寅九月廿九日」がある。 当社は式内社、出雲伊波比神社の論社とされているが、他に毛呂の、、などの論社がある。 『風土記稿』に寄木明神社とあるのが当社で「御朱印社領十石を賜はる神明帳に載たる国渭地祇神社是なりと、口碑に伝へたれど、よせる証跡はなし、祭神は素盞鳴尊を祀ると云、本社幣殿拝殿等備りて前に木の鳥居を建、矢寺・荻原・小谷戸・大森・中野・坊・二本木等七村の鎮守なり、此辺を宮寺郷と号することも、当社に権与せしならんと云」とあり、また『武蔵野話』に「寄木宮とて素盞鳴尊を祀る、恐らくは出雲伊波比神祠ならんか、此に依て此地を宮寺といえるなるべし」とある。 これによって江戸期当社を寄木宮、祭神を素盞鳴尊としていたと思われるが社蔵文書の北条氏康朱印状には「出雲祝神社中、棟別之事、指置之畢横合之儀不可有候、依如件、弘治三年丁已十一月廿七日、狩野大膳亮、庄式部少輔奉之」とあり、天正一九年徳川家康朱印状は「大明神」名であり、様々な名称で呼ばれたことがわかる。 地名にも残る「寄木」については、社記に「この辺の氏族は出雲系で、出雲の国杵築湾に漂う木を取りあげ造られたのがであり、天穂日命が東国に下ったとき杵築湾に漂い寄った樹種を携えてきて播種したのが、当寄木の森」と伝えている。 現在、祭神は天穂日命・天夷鳥命・兄多毛比命の三柱を主神に、菅原道真公を始め一一柱を相殿に奉斎している。 道真公については、三男道武が全国行脚の途次、当社に参詣、持参の菅原像を再拝して社の牛寅の方向に祀り、松・梅・桜を植えたという古記録があり、「松ノ木ヶ谷」「梅ノ木ヶ谷」「三本桜」の地名が現存している。 当社には石棒があり、社記に「当社の神体は(以前)一個の石であった。 長さ七寸(二三センチメートル)ほどの石棒の断片で、上半分は出雲大社に、下半分は当社に天穂日命が持参されたもの」とある。 大宝二年の棟札のほかに、「正安三歳辛丑三月再開 武蔵入間郡宮寺郷入間重太度利宮寺中」とある鳥居棟札(七〇センチメートル)も保存され、古社であることを物語っている。 明治二年、出雲祝神社と社名を一定し、同五年に村社となる。 (「埼玉の神社」より)  出雲祝神社所蔵の文化財• 重闢茶場碑 出雲祝神社の周辺図 出雲祝神社 参考資料• 新編武蔵風土記稿 .

次の

瀬戸大也選手サイン入り絵馬も!埼玉「出雲伊波比神社」の見どころ

出雲 伊波 比 神社

本殿 重要文化財(国指定) [ ]• 本殿(附:棟札2枚) - 一間社流造、銅板葺、大永8年(1528年)建立 流鏑馬 [ ] 当社の流鏑馬は6年()にが奉納したものが発祥とされる。 2010年代現在では春秋の2回開催されるが、春は7歳未満の男児が騎乗して1度だけ矢を射る儀式(願的)をおこなうものである。 本格的な騎射(夕的)が実施されるのは秋の本祭りで、こちらは15歳程度の少年が騎乗し、3頭の馬(祭礼区ごとに1頭)による3回の騎射がおこなわれる。 開催日時(本祭り):毎年() 朝的 午前9時ごろから10時30分ごろまで 夕的 午後2時30分から5時ごろ その他 [ ] 2016年に、境内に多くのが住みつき、問題になっていると報じられた。 所在地 [ ] 〒350-0465 埼玉県入間郡毛呂山町岩井西5丁目17-1 交通アクセス [ ]• から徒歩5分• から徒歩10分• またはより車で約15分 脚注 [ ]• 2016年11月13日時点のよりアーカイブ。 2017年5月21日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

出雲伊波比神社。毛呂山町岩井西の神社、旧郷社

出雲 伊波 比 神社

【延喜式神名帳】出雲乃伊波比神社 武蔵国 男衾郡鎮座 【現社名】出雲乃伊波比神社 【住所】埼玉県熊谷市板井 824 北緯36度6分24秒,東経139度19分4秒 【祭神】武甕槌命 『神名帳考証』『神祇志料』『大日本史』大己貴命 延経『神名帳考証』『武藏の古社』天穂日命 【例祭】4月17日 例祭 【社格】旧村社 【由緒】創立年代不詳 文明年間鹿島明神を合祀 明治4年10月村社 同28年8月社号を出雲乃伊波比神社改称 同40年10月神饒幣帛料供進指定 【関係氏族】 【鎮座地】移転の記録はない 【祭祀対象】 【祭祀】江戸時代は「氷川社・鹿島社」と称していた 【社殿】本殿破風流造鱗葺 拝殿・社務所 【境内社】氷川神社・八坂神社 平安末期に長命寺の支配を受け、室町時代の文明年間、同寺の法印良恭は、当社に鹿嶋明神を合祀した。 江戸時代、旗本の牛奥氏は鹿島明神の信仰厚く、出雲乃伊波比神社の社号は隠滅した。 中古、神道陵夷仏法隆盛の世に遭遇し、本社もまた本山修験聖護院宮御下正年行事職長命寺開山源阿法印別当たりしより、明治元年に至るまで、四十三世、法嗣継続にて奉仕せり。 その二十七世良恭法印文明の頃、鹿島明神を合祀し、旧幕府時代、旗本 牛奥新五左衛門の采地となり、牛奥氏、鹿島明神を最も信仰し、鹿島の神威高く、出雲乃伊波比神社の名は終に隠滅するに至れり。 然れども氏子信徒は旧社たる事を確信したるも、『武蔵風土記稿』に載する文書、及び出雲乃伊波比神社の社号を記載せる古板の経巻、及び古文書等、社内別当に所蔵せるも、大政維新 神仏混淆分離の秋、仏に係るを以て悉皆灰燼と為し、現に残れるは、長明寺古記録に「男衾郡三座の内出雲乃伊波比神社」と記載せる一本のみ。 また伴信友『神名帳考証土代二式考』に「伊多村に在り」、信友之兼永本朱書入に云ふ「大己貴命也」、また『武蔵風土記稿』に「本村氷川社を出雲乃伊波比神社とせしは本社の誤りにて氷川社は本社の縁故あるを以て摂社に祀りし」といふ。 かかる証拠に依り、社号復旧改称を出願し、明治18年8月15日、許可相成りたり。 本社は遠近信徒多く、殊に痲疹の流行の時は平癒を祈り参詣する者夥しく、社前 和田吉野川の架橋を八雲橋といふ。 神詠とて「八雲橋 かけてそたのめ あかもかさ あかき心を 神につくして」この御詠を唱ひつつ架橋の下を潜りまた渡れば、必ず軽症にして平癒すと、参詣者 群をなせり。 本社宮殿は、小なりと雖も、壮篭にして本郡中 著名にして並ぶなし。 明治4年10月、村社に列せらる。 里老口碑に曰く、天平年中の創立にして、延喜式神名帳に載する所の本郡三社の内 出雲乃伊波比神社にて、祭神或いは大己貴命といふ。 社名は北足立郡官幣大社氷川神社と同神なるを以て誤り伝へらるべし。 当社旧別当 長命寺の古文書に曰く「往時 本村及び柴、千代、塩等の四村は、篠場、また篠場庄篠場原といふ 畏くも伊波比神の鎮座を以て伊波比村と称せしを 愆て伊多井村と云ふ」とあり、因てこの村名も伊波比神社より起れりといふも、敢て付会の説にはあらず。 また『新編武蔵風土記』 該社別当長命寺の条を閲するに曰く、「別当長命寺 本山修験聖護院末にて正年行事職を勤め 本郡及び上比企郡 幡羅郡内甕尻 榛沢郡田中 菅沼 瀬山等の村村の修験等この配下に属す 開山は法印元阿円長 近衛天皇の御代にて凡七百三十余年<中略>開山塔の傍に古木の桜あり 俗に長命寺桜といふ 樹は枯て今の木は植継したるものなり」といふ。 また天文・天正・慶長の古文書、今なほ該寺に存在せり。 別当長命寺は七百三十余年、世襲して隆盛を極めし事は往古この『新篇風土記』板井の条に「氷川社 村の鎮守なり 延喜式神名帳に載する出雲乃伊波比神社なりといふ 社地老杉の繁茂せるさま神古くしとたしかなる証拠なり 口碑のみ残れり」とあり、また『考証土台』に曰く「出雲乃伊波比神社」、『式考』に「板井村にあり 大己貴命なり」とあり、これを以て考ふれば、延喜式内の古社といふも敢て疑を容れず。 社殿は寛永6年10月の造営にして、明治4年村社に列せらる。 社掌 森本三作 氏子惣代 飯嶋良七 吉野道之進 吉野昆一郎 宇治川彦次郎 長倉良八 柴崎惣吉 出雲乃伊波比神社 所在地 江南町大宇板井 本社は、もと鹿島神社といわれていたが、明治28年に出雲乃伊波比神社と改称された。 祭神は、武甕槌命である。 境内には、氷川神社、八坂神社、龍田神社、稲荷神社、天満神社、神明神社、山神社、富土浅間神社などか合祀されている。 本社の祭神武甕槌命は、神話時代の高天原で、国土平定役の白羽の矢が、まず経津主命に立てられたとき、力に自信の溢れている武甕槌命もその役を希望して二神が協力して国土平定の大役を果したという。 武勇絶倫しかも協力性に燃えた国づくりの華々しい勲功の神である。 また、社前の和田吉野川に架けられた太鼓橋は、昔から八雲橋といわれ、この橋をくぐって子供のはしか平癒を祈頼するものが多く、昭和の初め頃まで「はしか参り」が列をなしたものである。 境内に祀らている神々の祭日のうち、特に7月15日の八坂祭りは、昔から「板井の天神様」として近在に知られ、明治4年からば太鼓の「ヒハリバタシ」を載ゼた屋台か「みこし」と一緒に板井区内をにきやかに一巡するようになった。 昭和和56年3月 埼玉県 社頭掲示板.

次の