セブン バス チー。 大手コンビニ3社チーズケーキランキング!No.1チーズケーキはコレに決定

ローソンvsセブン「バスチー」はどっちがおいしい? 食べ比べしてみた

セブン バス チー

2019年に話題となり、すっかり人気スイーツの仲間入りをした「バスクチーズケーキ」、通称「バスチー」。 コンビニ各社もこぞって取り扱いをはじめ、一時は品薄で手に入れるのも困難な状況になりました。 今や定番スイーツとなりつつあるバスチーですが、どこのコンビニの商品が1番美味いのでしょうか……? 今回はそんな疑問を解決すべく、コンビニ3社のバスチーを食べ比べ。 値段や味はもちろん、現在の販売状況はどうなのかも調査してみました。 コンビニ3社の「バスクチーズケーキ」を食べ比べてみた そもそも「バスチー」ってなに? 「バスクチーズケーキ」は、スペインのバスク地方が発祥とされるチーズケーキ。 本場では"チーズケーキ"を意味する「tarta de queso タルタ・デ・ケソ 」という名前で呼ばれているそうです。 普通のチーズケーキと大きく異なり、バスクチーズの特徴なのが、表面の黒い部分。 この正体は「焦がしカラメル」で、高温で時間をかけて焼くことでカラメルを焦がし、チーズケーキにはない香ばしさを作っているんです。 販売当初から大人気のバスチーですが、現在はどこのコンビニで手に入るのでしょうか。 バスチーを買うならローソン、セブン-イレブン 筆者が調べたところ、バスクチーズケーキを取り扱っているコンビニは次の5社でした。 というわけで、今回はいくつかのコンビニを回り、どの店舗にもバスチーが置いてあった「ローソン」「ローソン100」「セブン-イレブン」の3社を食べ比べたいと思います。 コンビニ各社の「バスチー」の違いは? ローソン「BASCHEE バスチー - バスク風チーズケーキ - 」199円 税別 ローソンのバスチーは、濃厚さがNO. レアのまったり感とベイクドのさっぱり感、両方のいいとこ取りとも言える新食感に、カラメルのほろ苦さとチーズの甘みがしっかりと味わえる一品です。 この濃厚な甘さは、仕事などで疲れた体に染みわたること間違いなし。 残業している先輩や後輩にあげたら喜ばれそうですね。 ・エネルギー 推定値 熱量:244kcal たんぱく質:4. 1g 脂質:15. 8g 炭水化物:21. 9g 食塩相当量:0. ローソン100「ばすCHEES こんがりカラメルソースと濃厚ななめらかチーズ」100円 税別 コンビニ3社の中ではもっともお手頃価格でサイズも小ぶりなローソン100のバスチー。 カロリーも低めなので、ちょっとしたおやつや、ダイエット中だけど甘いものが食べたい! という方におすすめです。 味はカラメルもチーズも濃すぎずあっさり。 甘すぎるのは苦手という方も食べやすい、バランスのとれた一品です。 ・エネルギー 推定値 熱量:208kcal たんぱく質:3. 5g 脂質:13. 0g 炭水化物:19. 2g 食塩相当量:0. 28 g• セブン-イレブン「史上最高においしいチーズケーキ BASQUE CHEESE CAKE」238円 税別 お手頃だけど贅沢な気分を味わいたいという方におすすめなのがセブン-イレブン。 他社よりもボリューム大のバスチーは、見た目こそスフレっぽいですが、カラメルの苦みをしっかりと感じられるのが特徴です。 全体的に甘さは控えめで、カラメルのビターな苦みがチーズのさっぱりした甘さを引き立てた大人な味わいとなっています。 コーヒーのお供にもぴったり、個人的には1番好きな味でした。 ・エネルギー 推定値 熱量:338kcal たんぱく質:4. 9g 脂質:26. 4g 炭水化物:20. 1g 食塩相当量:0. 27g• コンビニスイーツで求めるのは、専門店より気軽に味わえる「価格帯」と「お味」。 しかし、今回コンビニ3社のバスチーを食べ比べてみて、「一つになんて決められない……! 」と思うほど、どれもおいしく大満足でした。 しっかり完食しました ちなみに、食べ比べにあたり筆者は3つを一気に完食しましたが、胸焼けなどなかったです 笑。 仕事で疲れた日や自分へのご褒美など、それぞれ特徴が違いその日の気分で選べるコンビニのバスチー、まだまだその人気は続きそうです。

次の

ローソンインスパイア!? セブンが “最強のバスチー” で下克上!!

セブン バス チー

バスクチーズケーキ バスクチーズケーキ、バスク地方のチーズケーキ。 外側を黒く焦がした濃厚な風味があり、スペインのサン・セバスティアンにある料理店ラ・ビーニャのレシピをもとにしたもの。 日本では2018年頃から「バスクチーズケーキ」という名前で広がったケーキだが、日本での言い方。 表面にあえて シッカリと焦げ目をつけて ほろ苦さと濃厚さを 楽しむチーズケーキ。 セブンイレブン-バスクチーズケーキ・大きさ 手に持つとチョット重たい。 ローソンのバスチーより 少し大きい感じがします。 これは 食べ応えがありそうな大きさ! しかし上から見てみると・・・ 焦げ目が薄いような??? いや、あきらかに薄い。 クリームはチーズがたっぷり。 本場のフランス産クリームチーズ使用• 北海道産生クリーム使用• 卵はエグロワイヤル使用 今回、気になる添加物は。。。 セブンイレブン-バスクチーズケーキ・私の口コミ! 半分に切ってみると そんなに中はトロトロしていない。 きめ細やかで、 なめらかな口どけ。 コックリしているのかな? と思ったけど 思いの外、あっさりめで ギャップあり。 甘さも控えめで卵の味が 少し濃いめな気もする。 そういえば、 バスクチーズケーキの要 「焦げた苦味」が感じられない。 でも 普通にチーズケーキとしては とっても美味しい。 セブンイレブン-バスクチーズケーキ・食べ方 どうしても バスクチーズケーキならではの 焦げ目が欲しくて オーブントースターで ちょっとベイクドしてみた。 でも焦げる前に 全体的に ドロドロになりそうだったから 結局あわてて出してしまい 焦がすことなく トースターから出してしまった。 食べてみると エグロワイヤルの 卵の風味が増して ふわふわスフレみたいに! ほわほわ柔らかくなって ちょっと違うケーキみたい。 でも、 冷やしてor半解凍くらいが 私は好きかな。

次の

ローソン「バスチー」とセブン「バスクチーズケーキ」を食べ比べ!【どっちがおいしい?】

セブン バス チー

もくじ• セブン・イレブン「バスクチーズケーキ」の概要 セブン・イレブンの「バスクチーズケーキ」は 税込257円と、スイーツとしては手ごろな価格です。 ただ、 ローソンの「バスク風チーズケーキ」は 税込215円なので、42円高い設定ですね。 パッケージは中が見えるようになっていて、食欲をそそります。 さっそく食べたいところですが、その前にまずは裏をチェック。 比較のため、ローソンの 「バスク風チーズケーキ」のスペックも記載しておきます。 原材料 セブン・イレブン「バスクチーズケーキ」 ローソン「バスク風チーズケーキ」 チーズ、クリーム、砂糖、卵、牛乳、コーンスターチ、小麦粉/キシロース、安定剤(増粘多糖類)、pH調整剤、(一部に卵・乳成分・小麦を含む) ナチュラルチーズ、卵、砂糖、牛乳、生クリーム、カラメル類粒、でん粉、カラメルパウダー、トレハロース、糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、カラメル色素、(一部に小麦を含む) 一番味に違いが出ているのは、セブンに無くてローソンにはある 「カラメル」と 「ナチュラルチーズ」 味にも食感にも違いが出ています。 セブンとローソン、どっちがウマいかについては最後に説明していますが、その前に栄養成分も見てみましょう。 栄養成分 セブン・イレブン「バスクチー ズケーキ」 ローソン「バスク風チーズケーキ」 カロリー 360kcal 260kcal タンパク質 5. 3g 5. 2g 脂質 27. 1g 16. 1g 炭水化物 糖質23. 7g 食物繊維0. 0g 糖質23. 4g 食物繊維0. 2g 食塩相当量 0. 27g(推定) — カロリーを比較すると、セブンの「バスクチーズケーキ」の方が100kcalも高いです。 ただ、糖質の量はどちらもさほど変わらないので、食べるなら同じかもしれません…。 糖質が気になるなら、1日で食べるのは半分だけにしましょう。 セブン・イレブン「バスクチーズケーキ」を食べた感想 セブン・イレブン至上最高においしいチーズケーキとのことですが、正直な感想としては期待外れ・・・。 そこまで濃厚な感じもありませんし、可もなく不可もなくといったところ。 見た目がシンプルなだけに、物足りない感じがあります。 一つ257円というのも気になります。 スイーツを食べたいだけなら、別のを買うかな・・・ ただ、「どうしてもチーズケーキを食べたい!」という時にはオススメです。 オフィスとかフォークを使えないシーンでも手軽に食べられますし、ワインやコーヒーにも合いそうです。 ローソンの「バスク風チーズケーキ」とどっちがウマイ? 味と食感 まず一番大事なのは味ですよね。 使用しているチーズに違いがあるので、味や食感に少し違いがあります。 セブンはベイクド感があるバスチーで、ローソンはレア感があるバスチーでした。 また、ローソンの「バスク風チーズケーキ」はカラメルを使用している分、プリンのような味がします。 食べやすさ どちらも皿に盛り付けて食べるなら食べやすさに違いはありませんから、 手で持って食べる場合の食べやすさを比較します。 セブンの「バスクチーズケーキ」を手で食べる場合、少しボロボロとこぼれる感じはありますが食べられないというほどではありません。 ただ散らかるだけです(笑) ローソンの「バスク風チーズケーキ」は、手で食べるのはオススメできません。 理由は、めっちゃベタベタするから。 カラメルのべたつきはハンパありません…。 どっちがウマい? 味だけでいえば個人的には、 ローソンの「バスク風チーズケーキ」の方が美味しいと思いました。 値段も 税込215円でリーズナブルです。 ただ、手ではとても食べる気にはなりません…。 食べたい時は家でゆっくり食べるのが良いでしょう。 でも仕事の合間とか疲れた時に食べたくなることもあるかもしれません。 そんな時は、 セブン・イレブンの「バスクチーズケーキ」ということになります。 お試しあれ。 — MIRO MIRO24181952 セブンイレブンの方が好きと言う方の声。 あなたはどっちですか? どうしても気になったからローソンとセブイレのバスチー食べ比べしたけど味濃いめでチーズ感でてるんがローソン、生クリーム?でなめらかに食べやすくしてるんがセブイレ。 ただ、コーヒーに合うのはセブンイレブンかも。 試してみる価値ありですね。 まとめ セブン・イレブンの「バスクチーズケーキ」は、 ローソンの「バスク風チーズケーキ」より42円高いですが、食べやすくて安定感があるバスチーでした。 僕はローソンのバスチーの方が好きですが、味の感じ方は人それぞれです。 あなたもチーズケーキ好きなら、 セブン・イレブンの「バスクチーズケーキ」も食べてみてくださいね。 ローソンの「バスク風チーズケーキ」についてはコチラ 76分で1,000個販売したという神戸の半熟チーズケーキはコチラ スポンサーリンク.

次の