ごはん 処 あだち。 東京都・秋葉原の大盛りメシ頂上決戦! 「ごはん処あだち」VS.「昭和食堂」

『大盛りごはんは7kg!』by ヨオ : ごはん処 あだち

ごはん 処 あだち

秋葉原でメガ盛りの定食を食べるなら「ごはん処あだち」がオススメです。 このお店の売りは、なんといってもその常軌を逸したボリューム。 定食のごはんは普通盛りで1升(約3. 5kg)、大盛りで2升(約7kg)という常識では考えられないデカ盛りなのです。 もちろんおかずもデカ盛りで、名物の「あだちサービスセット」(980円)では、おでん、コロッケ、唐揚げ、天ぷらなどがテンコ盛り。 ネギトロ丼(海鮮丼)もスゴいです。 見ただけでお腹いっぱいになりそうなメニューに加え、店主のキャラもどっぷりと濃いです。 マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてくるという副次的な効果もあります。 (・) で安くてお腹いっぱい食べることができるお店を探したことはありませんか? 実際にあるんです! 知る人ぞ知る安くてのお店が! そのお店の名は「ごはん処あだち 」 このお店のごはん盛りは尋常ではありません。 ・普通盛りで1升(約3. 5kg) ・大盛りで2升(約7kg) すいません、数字だけではイメージつかないですよね。 このあとたっぷりとお見せします。 ちなみに、おかずのっぷりもハンパなし。 これでもかというほどから揚げやが詰め込まれたランチセットやチョモランマを思わせるタワーもあるようです。 コスパ&好きな方はぜひご一読ください! 店はの一角にある「ごはん処あだち 」 見慣れている人はここがどの辺りかわかるはず。 店頭には絶対見逃さない「アキバでボリュームNo. 1」と宣言した看板が。 これでもかというほどをアピール 入り口にもメニュー写真が所狭しと貼られ、入る前から満腹になってしまいそうです。 これが名物の「あだちサービスセット」980円 表には「あだちランチセット」と書いてありますが、同じモノです。 から揚げ、コロッケ、などなど、まあの店なら想定内の品数ですね。 ただし下の「ごはん量目安」を見ると、上記で触れたように大盛り2升、普通盛り1升のほか、少なめ8合もありました。 店主に止められる 何も知らずにうっかり「普通で」と言うと、店主がすかさず「うちの普通はこれなの!」と、頼むとどういう目を見るかを丁寧にレクチャーしてくれます。 ちなみに店主は話好き。 「大盛りはねえ……プロでも無理!大食いタレントのAが一応食べたには食べたけど」「おかずだけでも1kgあるからねえ。 大盛りだと総重量10kgくらいになるんじゃない」とニコニコしながら話し出します。 何度行っても同じトークなので、前菜だと思ってこれを聞くか、心を鬼にして大声で遮り、注文を強行しましょう。 ようやく店主と妥結して あだちサービスセット大盛りを注文。 ちなみにこの店では料理を注文してから出てくるまでなかなか時間がかかります。 次の3つのことを注意しておけば、待ち時間は大幅に減らせます。 ~『あだち』で待たない3原則~ (1)「あんた来たことあるよね」と言われたら嘘でも「ハイ」と言っておく。 (2)調理中に店主に話しかけない。 明らかに揚げ物放置でこっちがヒヤヒヤ。 から揚げが固くならないか心配。 (3)急に店主がテレビの話題について話を振ってくるので身構えておくように。 深い議論になるとまた厨房から出てきてしまうので、そうですねと軽く流すこと。 不気味な音が・・・ 「ぺしぺし、ぺしぺし」…… 何やら不気味な音がすると思って見ると、店主が無言で米の山を作っています。 ひとすくいで茶碗一杯分ぐらいありそうです。 まるで子どもがお手伝いしているかのような微笑ましい光景ですね(汗)。 具材はその時によって変わります。 汁物が揚げ物と一緒に盛られているとか、この店ではそんな小さいことは気にならなくなります。 ・コロッケ 中身は日によって変わります。 メンチ系だったりクリーム系だったり。 自家製とは信じられないくらいの完成度です。 ・ 巨大すぎる獅子唐と、茄子。 これもその時によって変わります。 ・厚焼き卵 甘めでこれもごはんが進みます。 自家製だそうです。 ・春巻 自家製かは別にして、味がいいアクセントになります。 ・漬物 ごはん処理班として大活躍してくれそうですが、明らかにごはんに対しては足りません。 ・から揚げ このから揚げを目当てに来る人もいるそうです。 というのも…… 名物のカレーから揚げは10cmほどのデカさ。 しかも4個! 特製のカレー風味に仕上げてあり、鶏モモ肉の柔らかさとカリッと揚がった衣の食感がたまりません。 味付けは濃い目で、から揚げ1個につきごはん1合はいけそうです。 赤子の顔ぐらいある 放置しても長年の勘でベストな揚げ加減に。 冷めてもカリカリのままです。 しかし巨大です。 もはや麻痺しているのです。 店で一番少ない量(でも茶碗3杯分) この「11軽」というサイズが最小だそうです。 店主は普段からこんなに量を食べていないと思いますが、他人の胃ならいくらでも入ると勘違いしているのでしょうか。 どうしてこんなに盛り始めたのか 実は昔、駅前には青果市場がありました。 『あだち』は先代が50年前に始めた店で、当時は市場で働く人のための食堂だったそうです。 市場で働く人はたくさん食べる上に舌が肥えており、ここは「味と量の店」として美味しさとボリュームを売りに繁盛していました。 市場が大田市場に移った今も店主の安達政則さんが暖簾を守り、と美味しさをアキバの人々に提供し続けています。 ちなみに看板の「江戸神輿」とは、安達さんが江戸神輿愛好会「安達會」を主宰しているためPRしているようです。 これについて訊くとまた話し始めてしまうので、時間のある時にぜひ。 産コシヒカリが秘密の安いルートで手に入る! 「こんなにごはんを盛れるなんて、どうせ安い米使ってんだろ」なんて邪推はヤボ!! ここの米はのコシヒカリで、米問屋とは先代から築いた信頼があるため安く仕入れることができるそうです。 正直、本当にお米は甘くふっくらしていて美味しい。 おかずがなくなっても食べ続けてしまうのはそのためなんですね。 ネギトロ丼の威力もハンパない(なぜか別の日にまた来てしまった) 別の日にネギトロ丼も注文してみました。 ネギトロ丼とは言うものの、マグロ、サーモン、タコなどが乗り普通にです。 一面に張り付いたシラスは釜揚げ系の柔らかいものではなく、塩気の効いた乾物系なのでこれまたごはんが進みます。 以上に店主のキャラがスゴかった 昼休みの1時間に訪れるより、ゆっくりしたい休日や誰かにかまってほしい寂しい日などに行くのが良いでしょう。 お腹もいっぱいになりますが、マイペースで江戸っ子な店主のキャラに「悩むなんて馬鹿らしい」と謎の開き直りマインドがわいてきます。 ちなみに夜は居酒屋として営業していて、ランチセットを同じ内容で1000円で提供しています。 夜の定食は高い店も多いですが、たったの20円アップでお酒とともに楽しめるので、会社帰りにいかがでしょう。 紹介したお店 ごはん処あだち 住所:都千代田区外3丁目11-6 時間:11:30~15:00(L. )、17:00~23:00(L. )、土・日曜の昼は~16:00(L. ) プロフィール 猫田しげる と食べ放題を求めて津々浦々。 おいしいものもおいしくないものも大好きです。

次の

【ごはん処 あだち/秋葉原】 桶にドッサリ盛られたメガ盛り定食が千円以下で食べれる! 1/2頁

ごはん 処 あだち

インターネット お店はJR秋葉原駅から徒歩3分くらい。 外観は決して綺麗とは言えませんが、しっかり地元に根付いている感じで、親近感が沸きます。 筆者がお店に着き、店内に入ると、すでに満席。 すると店内から「ちょっと待ってな。 今、(お客さんが食後に)お茶飲んでっからよ。 1分くらい待てるだろ?」と、江戸っ子感全開でお店の大将が話しかけてきました。 大将の勢いに圧倒されながらも待つことを選択した筆者。 待っている間、お店の外に掛けられていたメニューを見てみると、ご飯がまるでマンガ飯のように、こんもり盛られた写真と、「御飯目安表」という聞き慣れない言葉が……。 大盛り:2升(約7kg)鉢 普通盛り:1升(約3. 5kg)鉢 少なめ:8合(約2. 8kg)鉢 擦り切れ:11軽(約600g)桶 なんと、一番少ないと思われる擦り切れですら600gもある……。 普通のお椀一杯は約150gです。 つまり普通の約4倍の量ということ。 とはいえ、さすがに食べきれない人が多いのか、御飯目安表の横には「通常の茶碗でのご飯の提供も行っております。 店主まで申請下さい」の文言が注意書きのように添えられていました。 席が空き、筆者が店内に入ると、筆者の顔がビビっていたのか、大将が「心配すんなって!ご飯の説明、あとでちゃんとするから!」と肩を叩きながら席に案内してくれました。 言葉は少々荒っぽいですが、あだちの大将はめちゃくちゃ優しくて良い人です。 その証拠に待っていた間も常連客が何人か来て、店内が混んでいる様子を見ると「大将、また来るよ」と声をかけたり、すでに店内でご飯を食べていた人の中にも何人か常連客がいて、大将と仲良く話をしたりしていました。 かと言って、初めての人が来づらいという雰囲気もありませんでした。 注文をする時も、「何かで見てきたの?ネット?から揚げが美味しいって書いてあっただろ?これ(あだちランチセット)オススメだから」と教えてくれたり、ご飯の量も写真付きで見せて紹介してくれたりと、とにかく大将が気を遣ってくれます。 筆者はオススメの「あだちランチセット」(980円/税込)にしたのですが、料理中でさえも「テレビで有名な大食いの人が来たみたいなんだけど、食べられなかったよ」と、番組のロケで来た某有名女性フードファイターの写真を見せてくれたり、ラブライバーの人たちもよく来店するらしく、毎月集会が開催されたり、「お店の売り上げの3割はラブライバーだよ」なんていう情報も笑いながら話してくれました。 ちなみに、お店には「ラブライブ!」で星空凛の声を担当した飯田里穂さんのサインも飾ってありました。 あまりにも話しかけてくるので、ちゃんと料理はしているのか?と疑いかけた頃、注文した「あだちランチセット」が運ばれてきたのですが……デカい!!おかずが盛られている桶には、こぶしくらいの大きさのから揚げがデーンと盛られています。 その下には、春巻きやコロッケ、煮物やだし巻き卵、肉団子や佃煮など、多くのおかずが隠されていました。 写真を撮る時、横に置かれている七味唐辛子は、「置いた方が分かりやすいだろ」と、大将が置いてくれました。 ちなみに、ご飯がこぼれんばかりに盛られている桶ですが、これでも擦り切れよりも少なめに盛ってもらっています。 大将が初めてだからと気を遣ってくれたのですが、とても気を遣ってくれた量とは思えないところも凄いです。 から揚げはカレーの風味がして、外はカラッと中はジューシーと、ご飯にとてもよく合う味付けになっていて、もう止まりません。 筆者はおかわりをしようとしたのですが、ここでも大将から「さっきと同じくらいって言わない方が良いからね」と注意が入ります。 店内に貼られている御飯目安表の下をよく見てみると「おかわりの量にご注意ください!『さっきと同じ』だとそれ以上の量が出てきます。 基本『さっきの1/5』で半分位ですが店主の気分で増減します」という注意書きが……。 常連客のおかわりの仕方を観察してみると、「耳かき1杯」や「米粒1つ」など、いろいろな言い方があるようですが、大将のご飯を盛る量を見てみると、注意書き通り気分次第という感じがします。 そして、筆者はオーソドックスに「さっきの1/5くらい」と言ったのですが、大将が盛ったご飯の量は確実に半分以上ありました。 なんとか完食した筆者ですが、この記事を見ている方で、おかわりをする人がいたら、自身の胃袋とよく相談することをオススメします。 Twitter上で話題になっているからと、気楽に行った「ごはん処あだち」ですが、とんでもないデカ盛のお店でした。 ちなみに、「ごはん処あだち」は開店して53年くらい経つそうで、大将は「そこらへんにあるラーメン屋なんかができる前からやっていて、秋葉原で一番古い。 俺は三代目だけど、日本一のデカ盛りの店だから」と、誇らしげに話していました。 そんな大将に「記事にしても良いですか?」と聞いたら、「別に良いけどよ~。 上手く書けよ!おめぇ!」と言われてしまいました。 大将……上手く書けているでしょうか? 取材協力:ごはん処あだち (取材・撮影:佐藤圭亮).

次の

『ご飯の量がハンパないって』by tmgfc347 : ごはん処 あだち

ごはん 処 あだち

インターネット お店はJR秋葉原駅から徒歩3分くらい。 外観は決して綺麗とは言えませんが、しっかり地元に根付いている感じで、親近感が沸きます。 筆者がお店に着き、店内に入ると、すでに満席。 すると店内から「ちょっと待ってな。 今、(お客さんが食後に)お茶飲んでっからよ。 1分くらい待てるだろ?」と、江戸っ子感全開でお店の大将が話しかけてきました。 大将の勢いに圧倒されながらも待つことを選択した筆者。 待っている間、お店の外に掛けられていたメニューを見てみると、ご飯がまるでマンガ飯のように、こんもり盛られた写真と、「御飯目安表」という聞き慣れない言葉が……。 大盛り:2升(約7kg)鉢 普通盛り:1升(約3. 5kg)鉢 少なめ:8合(約2. 8kg)鉢 擦り切れ:11軽(約600g)桶 なんと、一番少ないと思われる擦り切れですら600gもある……。 普通のお椀一杯は約150gです。 つまり普通の約4倍の量ということ。 とはいえ、さすがに食べきれない人が多いのか、御飯目安表の横には「通常の茶碗でのご飯の提供も行っております。 店主まで申請下さい」の文言が注意書きのように添えられていました。 席が空き、筆者が店内に入ると、筆者の顔がビビっていたのか、大将が「心配すんなって!ご飯の説明、あとでちゃんとするから!」と肩を叩きながら席に案内してくれました。 言葉は少々荒っぽいですが、あだちの大将はめちゃくちゃ優しくて良い人です。 その証拠に待っていた間も常連客が何人か来て、店内が混んでいる様子を見ると「大将、また来るよ」と声をかけたり、すでに店内でご飯を食べていた人の中にも何人か常連客がいて、大将と仲良く話をしたりしていました。 かと言って、初めての人が来づらいという雰囲気もありませんでした。 注文をする時も、「何かで見てきたの?ネット?から揚げが美味しいって書いてあっただろ?これ(あだちランチセット)オススメだから」と教えてくれたり、ご飯の量も写真付きで見せて紹介してくれたりと、とにかく大将が気を遣ってくれます。 筆者はオススメの「あだちランチセット」(980円/税込)にしたのですが、料理中でさえも「テレビで有名な大食いの人が来たみたいなんだけど、食べられなかったよ」と、番組のロケで来た某有名女性フードファイターの写真を見せてくれたり、ラブライバーの人たちもよく来店するらしく、毎月集会が開催されたり、「お店の売り上げの3割はラブライバーだよ」なんていう情報も笑いながら話してくれました。 ちなみに、お店には「ラブライブ!」で星空凛の声を担当した飯田里穂さんのサインも飾ってありました。 あまりにも話しかけてくるので、ちゃんと料理はしているのか?と疑いかけた頃、注文した「あだちランチセット」が運ばれてきたのですが……デカい!!おかずが盛られている桶には、こぶしくらいの大きさのから揚げがデーンと盛られています。 その下には、春巻きやコロッケ、煮物やだし巻き卵、肉団子や佃煮など、多くのおかずが隠されていました。 写真を撮る時、横に置かれている七味唐辛子は、「置いた方が分かりやすいだろ」と、大将が置いてくれました。 ちなみに、ご飯がこぼれんばかりに盛られている桶ですが、これでも擦り切れよりも少なめに盛ってもらっています。 大将が初めてだからと気を遣ってくれたのですが、とても気を遣ってくれた量とは思えないところも凄いです。 から揚げはカレーの風味がして、外はカラッと中はジューシーと、ご飯にとてもよく合う味付けになっていて、もう止まりません。 筆者はおかわりをしようとしたのですが、ここでも大将から「さっきと同じくらいって言わない方が良いからね」と注意が入ります。 店内に貼られている御飯目安表の下をよく見てみると「おかわりの量にご注意ください!『さっきと同じ』だとそれ以上の量が出てきます。 基本『さっきの1/5』で半分位ですが店主の気分で増減します」という注意書きが……。 常連客のおかわりの仕方を観察してみると、「耳かき1杯」や「米粒1つ」など、いろいろな言い方があるようですが、大将のご飯を盛る量を見てみると、注意書き通り気分次第という感じがします。 そして、筆者はオーソドックスに「さっきの1/5くらい」と言ったのですが、大将が盛ったご飯の量は確実に半分以上ありました。 なんとか完食した筆者ですが、この記事を見ている方で、おかわりをする人がいたら、自身の胃袋とよく相談することをオススメします。 Twitter上で話題になっているからと、気楽に行った「ごはん処あだち」ですが、とんでもないデカ盛のお店でした。 ちなみに、「ごはん処あだち」は開店して53年くらい経つそうで、大将は「そこらへんにあるラーメン屋なんかができる前からやっていて、秋葉原で一番古い。 俺は三代目だけど、日本一のデカ盛りの店だから」と、誇らしげに話していました。 そんな大将に「記事にしても良いですか?」と聞いたら、「別に良いけどよ~。 上手く書けよ!おめぇ!」と言われてしまいました。 大将……上手く書けているでしょうか? 取材協力:ごはん処あだち (取材・撮影:佐藤圭亮).

次の