リブート 歌詞。 miwa/リブート 【フル】(ドラマ『凪のお暇』主題歌)

【miwa/リブート】の歌詞の意味を徹底解釈

リブート 歌詞

この記事の目次• remake(リメイク) 日本語でもおなじみの「リメイク」は、映画などで古い作品を違う俳優や新しい特殊効果、映像技術を使って作りなおすことです。 ストーリーは基本的に同じ内容であるか、ちょっと新しい要素が加えられていたりします。 またホラー映画の『リング』のハリウッド版『The Ring』や、ゴジラのハリウッド版『GODZILLA』のように版権を買ってその国のキャストやストーリーなどを調整したものもリメイクと呼ばれます。 こちらは 単発の映画などに用いられることが多いです。 (『チャーリーとチョコレート工場』は1971年の『夢のチョコレート工場』のリメイクだ) The remake of Total Recall had Colin Farrel instead of Arnold Schwarzenegger. (『トータルリコール』のリメイクは、シュワルツェネッガーの代わりにコリン・ファレルが出演した) reboot(リブート) ストーリーは前回の作品とはちょっと違う内容、全体を通して別の解釈になっているケースがけっこうあります。 また 単発作品ではなく続き物に使われやすい言葉です。 『スーパーマン』や『バットマン』なども、なぜスーパーマンは地球にいるのか、ジョーカーはどうやって生まれたのかなど、みんな知っていることでも最初からやり直してシリーズ化していきます。 Superman and Batman have been rebooted several times. (『スーパーマン』や『バットマン』は何度もリブートされている) スーパーマンの古い映画に対して、『マン・オブ・スティール 』がリブートにあたります。 バットマンも古くから実写化されていますがクリストファー・ノーランの三部作『バットマン ビギンズ』などがリブート作品にあたります。 (『ヤング ブラック・ジャック』は手塚治の名作『ブラック・ジャック』のリブートだ) 『ヤング ブラック・ジャック』は手塚治の『ブラック・ジャック』の若き日を描いた作品ですが、これもリブートとして考えてもいいみたいですね。 手塚治虫は若い時代の『ブラック・ジャック』のエピソードを断片的にオリジナル作品の中で触れていますが、そこを膨らませた物語が『ヤング ブラック・ジャック』です。 手塚治虫はもちろん関わっておらず、新しい監督、漫画家によって解釈されたリブート作品と呼んでも差し支えないそうです。 アニメの『エヴァンゲリオン』が4部作の映画として公開されていますが、これもストーリーを最初からやり直した珍しいアニメのリブート作品です。 2016年の春に配信したニュースで、アメリカの人気ドラマ『プリズン・ブレイク(Prison Break )』の続編の撮影がはじまるといった内容に「リブート」が出てきました。 シリーズは終了していますが、ここで新作が「リブートではない」といった形で紹介しました。 『プリズン・ブレイク』も、もう一度最初から「なぜ死刑が宣告されたのか、なぜ刑務所に入るのか」から似たような配役でやればリブートになりますが、今回は続編にあたるのでリブートではありません。 This is not a reboot of the series, but a 10-episode continuation of the original story featuring all of the original cast. (これはリブート版ではなく、オリジナル・キャストによる新たなストーリーで全10話の続編になる予定だ) revival(リバイバル) 上の2つに比べるとそこまで使われませんが、続編を指すケースが多いです。 劇場などの公演でストーリーの続きをやる場合に用いられます。 今回の『プリズン・ブレイク』も時系列はオリジナルの続きなので、この言葉が使われています。 カタカナだと同じ公演、古い映画などをもう一度同じ内容で復活するようなイメージがありますが、ストーリー的な続編、その後を描く言葉にも使えます。 ただカタカナで使われている「同じ内容を劇場でもう一度公演する」の意味で使っても間違いではないみたいです。 Ken Watanabe is in a revival of The King and I on Broadway. (渡辺謙はブロードウェイの『王様と私』のリバイバル公演に出演している) prequel (プリクエル) 最近、リブートほどではないですがprequelも見かけることがあってこれは「前日譚」のような意味です。 ある物語があって主人公の若い頃や子どもの頃を描いたようなものを指します。 英単語としては以下のように使われます。 Monsters U. is a prequel of Monsters Inc. (『モンスターズ・ユニバーシティ』は『モンスターズ・インク』の前日譚だ) Indiana Jones and the Temple of Doom was a prequel of Raiders of the Lost Ark. (『インディ・ジョーンズ・魔宮の伝説』は『レイダース・失われたアーク』の前日譚だ) The Star Wars Prequel trilogy is not as good as the original trilogy. (『スターウォーズ』のプリクエルの三部作は、オリジナルの三部作ほど良くはなかった) 『スターウォーズ』は例としては分かりやすいようにも感じますが、実際は最新の三部作(789)にとったらオリジナルの三部作(456)が前日譚にあたり、公開順も変則的なのでどれを指すのか非常に混乱します。 記事カテゴリー• 1,369• 131• 113•

次の

映画のリブート(reboot)とリメイク(remake)の違いってなに?

リブート 歌詞

Contents• 凪のお暇:• miwaさん: 2019年7月19日からスタートの22:00~22:54 TBSドラマ『凪のお暇』の主題歌がmiwaさんの新曲『リブート』に決定しました! このリブートはmiwaさんがドラマの為に書き下ろした新曲で、場の空気を読みすぎるあまり人自身を見失ってしまい、再起を掛けて人生をやり直す凪にぴったりの曲となっています。 主人公が28歳のOLであり、物語は再起を掛けた内容なので、曲も明るく元気と活力が湧き出てくるようなメロディーとなっているんですね! こちらの曲に対して主演の黒木華さんも コメント『miwaさんの力強い歌声と歌詞が、凪のお暇を後押ししてくれているようでした。 この主題歌と共に、皆さんに元気を届けられればと思います。 』 とコメントを残しています。 ロック調のメロディーで明るいのも主人公が再起を掛けて1からスタートするという人生に掛けているんですね。 歌詞の中には1人の女性に呼び掛けたり、本能的に勇気づけ背中を押す歌詞となっています。 この楽曲を聴いた黒木華さんも絶賛している歌詞とメロディーは、同じように悩んでいるものの、もう1歩が踏み出せない女性に強く刺さる歌詞なんですね。 私も実際に楽曲に何度も救われた経験があります。 やっぱり歌詞ってとても大切ですし、miwaさんの書き下ろしということで期待しかありませんでした。 実際に聞いてみて凪のお暇とのリンクが素晴らしく、ドラマの楽曲にピッタリという声は私だけでなく色々な所で上がっているようですね! miwa『リブート』の意味は? リブートは日本語で『再起動』という意味。 上記でも触れていますが主人公の人生の再起動を明るく力強い楽曲で、背中から後押しするような意味も込められているそうです。 miwaさん自身も様々な困難に立ち向かってきたそうですが、この作品を見た際に勇気や力をもらったそうですね。 主人公と同世代のmiwaさんが書き下ろしたという事で更にリアルな相関性が生まれています。 扇情的な衝動ではなく大人の女性が放つ理性的で前向きな表現。 タイトルもかっこいいですし、かなり話題になる事間違いないでしょう。 miwa『リブート』の発売日やカップリングは? リブートが凪のお暇の主題歌に決定していますが、現在のところCDの発売日や、その他同じく収録される楽曲については発表されていないようです。 こちらについては詳しい情報が入り次第、こちらで追記させて頂きますので少々お待ち頂ければと思います。 ドラマの楽曲に選ばれその曲が新曲の場合は、だいたい1か月~2ヵ月後に発売されるケースが多いので、リブートもそうなるのではないでしょうか。 ただし音楽番組に出演した際や、USENなどで頻繁に流れるので楽曲を耳にすることは難しくありません。 まさに今の自分だな。。。 前述している通り凪のお暇は1人の女性が人生を再スタートする物語。 miwaさんが凪のお暇の原作を読んで書き下ろした新曲には、もう一度頑張ろうとする女性の背中を後押しするようなメッセージがたっぷり込められています。 この楽曲を聞いて自分自身に照らし合わせる事が出来る歌詞と、アップテンポで気持ちが前向きになるようなメロディーは本当に多くの方を勇気づけるでしょう。

次の

miwa 『リブート』歌詞の意味を考察・解釈

リブート 歌詞

解説 [ ] タイトル楽曲「リブート」は系 「」の主題歌として書き下ろされた。 「リブート」では著名な演奏者を迎え、またカップリング「すべて捨てても」では近年のライブバンドメンバーを多く迎えてレコーディングが行われている。 初回生産限定盤はAとBに分かれておりそれぞれ収録曲が異なる一方、通常盤には全曲収録となっている。 また、シングルとしては珍しく初回生産限定盤が三方背ケースとなっている。 収録曲 [ ] トラックは通常盤。 CD [ ]• リブート [4:03]• 系 『』主題歌。 歌詞、、。 作曲・ボーカル・Aギター・コーラス、。 アレンジ・Eギター、。 ベース、。 レコーディングのマイクにはmiwaの作品としては初めて製の「」が使用された。 デビュー時から同じくNEUMANN製の「M149 Tube」を使用していたが、2017年『』以降は製「C-800G」に変更していたため、約2年ぶりにNEUMANN製に戻したことになる。 すべて捨てても [3:55]• 歌詞・作曲・ボーカル・Aギター・コーラス、。 Eギター、• ベース、。 ピアノ、。 ドラム、。 タイトル [3:45]• 日本テレビ『』エンディングテーマ。 RUN FUN RUN [3:55]• 「」公式応援ソング。 リブート Instrumental [4:02] トラックリスト タイトル 作詞・作曲 編曲 プロデュース 時間 1. 「リブート」 miwa、 4:03 2. 「すべて捨てても」 miwa Quatre-M 3:55 3. 「タイトル」 miwa 3:45 4. 「RUN FUN RUN」 miwa、NAOKI-T NAOKI-T 3:55 5. 「リブート Instrumental 」 miwa、杉山勝彦 akkin 4:02 初回限定盤A [ ]• 「RUN FUN RUN」が収録されない。 「リブート」「タイトル」のPVが収録されたDVD付属。 初回限定盤B [ ]• 「タイトル」が収録されない。 「リブート」「RUN FUN RUN」のPVが収録されたDVD付属。 脚注 [ ] []• 公式サイト 2019年8月15日閲覧。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 音楽ナタリー. 2019年8月15日閲覧。 公式ブログ 2019年8月15日閲覧。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 音楽ナタリー 2019年8月15日閲覧。 2019年8月15日閲覧。 2019年8月15日閲覧。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 2019年8月15日閲覧。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 通常版 歌詞カード P. 6 2019年8月15日確認。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ソニー・ミュージックエンタテインメントによる紹介ページ•

次の