ろく お み キングダム。 キングダム ネタバレ

【キングダムナナフラ】星6録鳴未(ろくおみ)

ろく お み キングダム

昭王 しょうおう 時代に六大将軍に任命され、戦場で猛威を振るった大将軍。 昭王 しょうおう ・ 孝文王 こうぶんくん ・ 荘襄王 そうじょうおう ・ 嬴政 えいせい と4代に渡り秦国に仕える。 昭王は戦の神と呼ばれ、中華統一を夢見る人物。 その昭王が亡くなると、王騎は自ら戦の第一線からは外れる。 昭王と同じ中華統一を夢見る嬴政と重ね合わせ、戦場への復帰を決める。 しかし趙との戦いで復帰したのは、もう一つの理由がある。 それは、妻になる予定だった六大将軍の摎を討った 龐煖 ほうけん との因縁の戦い。 復帰戦と思えぬ戦いを見せる王騎ではあったが、龐煖との一騎打ちに邪魔が入り、討ち取られる。 王騎亡き後も信や残った王騎軍に影響を与え続ける。 王騎関連: 騰(とう) 長年にわたり 王騎 おうき の側近として王騎軍を仕えた副官。 王騎の遺言として、他の軍長と王騎軍を託される。 王騎の側近時代は常に隣でふざけていたが、実は王騎にも劣らない実力を持つ。 騰が剣を振ると「ファルファル」という独特な音を鳴らす。 才ある人物を見抜く能力があり、若き将の活躍を望む。 合従軍では 王賁 おうほん ・ 蒙恬 もうてん に、軍の生命線と言える立場に抜擢。 奢雍 ちょよう での対 魏 ぎ 戦では、飛信隊と 玉鳳 ぎょくほう 隊を招集。 王賁 おうほん の策を採用し勝利する。 奢雍 ちょよう の勝利した騰は 張唐 ちょうとう ・ 蒙驁 もうごう の二人の大将軍失った秦国に数少ない大将軍となる。 よく王騎のものまねをする癖があり、 蒙武 もうぶ には「悪趣味な男」と呼ばれる。 録鳴未(ろくおみ) 元王騎軍の第二軍長。 騰 とう 軍では参謀も務めるもその後、 録鳴未 ろくおみ と同様に将軍に昇格される。 最前線に立つタイプではなく、戦況の全体を見て的確に判断する才を持つ。 その能力を買われ、 蒙武 もうぶ から蒙武軍への誘いを受けるほど。 王騎が致命傷を負い、趙軍から逃げる王騎を決死隊となり退路を作る。 王騎の遺言で騰が王騎軍を率いる証人となる。 奢雍 ちょよう の戦いでは 河了貂 かりょうてん から援軍の依頼を受ける。 「 刻 とき を見計らって援軍を」という困難な要求も「 隆国 りゅうごく 将軍なら容易い」と 河了貂 かりょうてん は言い切る。 性格は真面目で細かく規律を重んじるタイプ。 大ざっぱ性格な飛信隊メンバーからは好かれていない。 羌瘣 きょうかい が頭角を現し三千人将になると、飛信隊と常に共に行動するのは「おかしい」と指摘する。 羌瘣からは「細かっ」と陰口を言われる始末。 干央(かんおう).

次の

本格焼酎 伊佐錦キングダム

ろく お み キングダム

ad 王騎軍の第1軍長 録嗚未は王騎軍の第1軍長として登場します。 これは王騎と同じヒゲなので、王騎をリスペクトしてるのかもしれません。 たくましい眉毛に、ギラギラとした目も印象的です。 軍長の中でも最も大きな軍を率いてますから、王騎軍の中では騰の次に当たる地位でしょう。 王騎軍のNo. 3ということですね。 そして録嗚未といえば黒いマントのようなものを見に付けている点も印象的です。 なんか無骨で格好良い見た目です。 頭がキレて勘が鋭い 録嗚未は王騎軍の第1軍長を任されるだけあって、頭もキレます。 さすが最強の王騎軍のNo. 3を任されるだけの事はあります。

次の

本格焼酎 伊佐錦キングダム

ろく お み キングダム

配下の兵は2万と、王騎軍の中で最も多い軍勢を抱えています。 1万人を超えると将軍と一般に呼ばれるようになることから、このときからすでに将軍級だったと言えるでしょう。 最初の活躍こそ蒙武の影に隠れて地味でしたが、王騎の死後は万極軍に対して奮闘しその力を見せつけました。 結果から言えばこのときの録嗚未が1番輝いていたような、そんなこともないような。 録嗚未 ろくおみ の史実での情報・実在したかどうか 録嗚未は実際に史実ではどのような将軍だったのでしょうか。 結論から言うと、録嗚未は史実での情報がかなり少ないようで得られる情報はほとんどありません。 仕える将軍である王騎 おうき や騰もキングダムの登場人物にしてはかなり情報が少ない将軍なので、その配下である録嗚未についてもあまり情報がないのは納得できます。 飛信隊のメンバーと同じように、ほとんどフィクションだと考えて良いでしょう。 録嗚未 ろくおみ の来歴と活躍 録嗚未の来歴と活躍について振り返っていきます。 録嗚未自体はかなり序盤の方から登場しているキャラクターのひとりです。 王騎の死後、騰の配下となり、楚の将軍 りんぶくん と一騎打ちを行います。 臨武君の武の前に録嗚未は重傷を負ってしまい、危機一髪のところで騰に助けられます。 他の楚の軍を蹴散らして突入したところまではかなりかっこよかったんですが、勝負としてはかなり早く決着がついて、完全に録嗚未負けてしまいました。 録嗚未は王騎軍最強と言われていたんですが、あっさり負けてしまって残念がった読者も多いことでしょう。 王騎軍には少なくとも騰と王騎がいるので、最高でもNo. 3止まりですね笑 録嗚未の直近の登場は「著雍編 ちょよう 」 その後録嗚未は重傷を負った身でありながら奮闘し、その後の著雍編では将軍となって再登場します。 ここでは主人公信やの息子、とともに3方向からの同時攻撃の一角を担うこととなります。 詳細はネタバレになるので詳しくは書きませんが、録嗚未軍は何とか仕事を果たします。 しかし、騰には「見事にやってのけたようだな 玉鳳隊と飛信隊は」と録嗚未を完全にスルーする対応をされてしまいます。 下で詳しく解説していますが、騰は合従軍編でも録嗚未をスルーする対応を見せています。 録嗚未 ろくおみ の名シーン 録嗚未の1番の名シーンとしてはやはり、合従軍編での騰からのイジりでしょう。 臨武君と戦った録嗚未は重傷を負ってしまい、代わりに騰に助けられることになりました。 騰からすると、「王騎軍最強と呼ばれていた録嗚未がそんな簡単に負けてんじゃないよ」という喝だったのかもしれません。 一見、不謹慎のようですが、戦友だからこそのユーモアかもしれないですね。 録嗚未は騰に対してはタメ口を聞くことからも、2人の仲は相当深いものなのかもしれません。 王騎軍にずっといたら、仲良くもなりますね。 録嗚未 ろくおみ は強さとユーモアを兼ね備えたキャラクター 録嗚未はイジられキャラとして表現されることが多いですが、確かな実力者です。 騰や王騎に比べれば戦力的にはだいぶ見劣りがしますが、現時点の信よりは強いと言えるレベルだと考えられます。 原先生は録嗚未の実力者としての側面と、ユーモア溢れるいじられキャラの両方として描くのが非常に上手ですね。 録嗚未は以前健在なので、今後の活躍に期待したいところです。 問題があれば削除いたしますのでご連絡ください。

次の