ゲーム カタログ。 メインページ

ゲーム機カタログ&CAD

ゲーム カタログ

ゲームカタログとは、で開設された、あらゆるを紹介するの・である。 概要 元々はである「まとめ」「」に氾濫したをまとめる意向で作成された経歴を持つ。 本での掲載要項としては、に以下が存在する。 内外問わず、据置機・機・・のを扱う• 発売3ヶ過していない作品は執筆してはならない• はなどからパッされたものであれば可• とは対外• ・用買い切りは以前は執筆対外だったが、から執筆解禁• 者を含む内容は扱わない• 編集に具体的な制限はないが、極端に内容が薄い記事は執筆しない• 個人的な評価ではなく、極大衆評価を元に作成すること• 必ず評価点と問題点を書くこと 評価点または問題点が特徴に見受けられるもある 当初は長い間名にがついていたが、は取り払われた。 かつては並~ゲーが対であったが、統合にあたり、まとめ、の記事が全て本に移行となった。 判定について の特徴によって、独自の「判定」を設定する。 作品によっては複数の判定を持つが、併用できない組み合わせも存在する 定義そのものがする良作・・など。 判定は「発売当時の基準」で判断する。 なお、判定基準が曖昧なためか名にもなっている「判定」は存在しない。 判定を変更する際は必要な手続きを経た後、専用ので必ず1週間の期間を設けた上で決定する。 結論が出ない場合は期間を延期し、それでも結論が出なければ裁定となる。 判定を断で変更することは即の対となる。 以下、採用されている判定についての大まかな特徴や傾向を記載 例で挙げている作品の判定は時点のもの。 判定の詳細なについては内のや各判定を参照。 良作 度やの高い作品。 万人受けする、総合的に見て立った欠点がなく丁寧に作られているなど。 的であっても必ずこの判定になるとは限らず、良作と呼べない問題があれば別の判定になることもあり得る。 特に形式の の良作判定基準は他とべて厳しく、が良いだけでなく他評価できる部分がないと良作として認められない。 全判定の中でも特に該当作が多い。 例:、、 等• するのが苦痛になる、あるいはまともながなほど出来の悪い作品。 上の欠陥 ・長時間頻発・の著しい不備など が多過ぎるもの、が酷過ぎてに不快感を与えるもの、そもそも中身がまるでないものなどが該当する。 ただし、問題点が多いから付けられる判定という訳ではない。 また、作品だからとはならず、とは切り離して評価する。 良作や判定なしほどではないが、該当作は多め。 例:、、 等• ゲー ・作にのみ付けられる判定。 元の作品とべてが低下している、内容的に悪と呼べるような変更が加えられたものが該当する。 ゲーであっても、単体の作品としての出来が良ければ良作判定との併用は可。 例: 、、 等• から不評 旧「」判定。 「シリ不」。 物であることが前提。 内容が作としての魅を潰している 度を売りにしているなのに度が低いなど 、や設定が既存と、または悪されているなど。 から非難される、なかったことにされるような作に付けられる。 単体の作品評価とは別に考慮されるため、他全ての判定と併用可。 を怒らせる内容でも自体が高であれば良作判定にもなる。 逆に、判定でもそれが単純な作品としての出来の悪さに起因するのであればシリ不は付かない。 例:、、 等• が不安定 的に見てが著しく悪い作品。 大別すると まともな方法がない・外部にしている・一握りのしか不可など 、ヌルゲー 作業感が強い・遊んでいる気にならないなど 、ゲー 対戦が悪い・ハメ技や限の横行など に分けられる。 良作判定とは併用不可。 これは、不安定であることは面で大きな問題を抱えており、純な良作と呼べるに達していないという考えに基づいているため。 高難度に付けられることが多いが、単に難しいというだけでは不安定とはならない。 例:、、3 等• 悪 、、アドで発売当初から評価が下がった作品。 判定が変化していることが条件で、適用前後の判定を記載する必要がある。 続編、、は対外。 時点では以下の1作品しか該当しない。 例: 猛将伝• 正当な評価が困難で、人によって良作にもにも成り得る作品。 ここで言う「」とは「単にごとに評価が分かれる」程度の意味ではなく、「良く見れば良作、悪く見れば、あるいはその両方の要素を持つ」くらいの内容であることがめられる。 具体的には「演出やは魅的だが、がなまでに高過ぎる」「を抱えているが、それを度外視すれば総合的に良作と言える出来」「が非常に難解あるいは人を選ぶ結末だが、受け入れられれば楽しめる」「的ながあまりにも特殊」など。 なお、物において、否定的意見が体で、新規からは好評と呼べる場合はに該当しない。 例:、、 一章 等• ゲー 初めの内は面さが伝わりにくい、を理解しにくいなどの問題があるが、それを乗り越えることで楽しむことができる作品。 強いを持っていることが多い。 面いと感じるまで時間が掛かるのは、複雑または特殊な、高難度などが原因で、大なり小なり人を選ぶ要素を持つ。 良作判定とは併用できないが、作品として大きな魅を含んでおり、「癖の強い良作」とでも言うべき判定。 例:、、 等• 善 、、アドで発売当初から評価が上がった作品。 判定が変化していることが条件で、適用前後の判定を記載する必要がある。 続編、、は対外。 例: 、、 ION 等• の笑いを誘う要素が強い作品。 最初からをして作られたものは論、面に作ったはずだが結果的にになってしまったものも該当する。 評価の高低には関係であり、全ての判定と併用可。 例:、、 等• 怪作 や作があまりにも奇抜・奇怪で、常人には理解なの作品。 ただし、や、要素が強いというだけで付けられる判定ではない。 評価の高低には関係であり、全ての判定と併用可。 特殊な作品にしか付かないため、該当作は少ない。 例:、、 等• なし 上記いずれにも含まれない作品。 その上、良作手前から手前まで、様々な評価の作品が幅広く該当する。 「佳作・作判定」「の」などと言われる場合があるが、これは誤り。 良作と並んで該当作が多い。 なお、設定を他にするという意味で使う者もいるが、その場合は対となる。 関連項目• まとめ• 関連リンク•

次の

ゲーム機カタログ&CAD

ゲーム カタログ

ゲームカタログとは、で開設された、あらゆるを紹介するの・である。 概要 元々はである「まとめ」「」に氾濫したをまとめる意向で作成された経歴を持つ。 本での掲載要項としては、に以下が存在する。 内外問わず、据置機・機・・のを扱う• 発売3ヶ過していない作品は執筆してはならない• はなどからパッされたものであれば可• とは対外• ・用買い切りは以前は執筆対外だったが、から執筆解禁• 者を含む内容は扱わない• 編集に具体的な制限はないが、極端に内容が薄い記事は執筆しない• 個人的な評価ではなく、極大衆評価を元に作成すること• 必ず評価点と問題点を書くこと 評価点または問題点が特徴に見受けられるもある 当初は長い間名にがついていたが、は取り払われた。 かつては並~ゲーが対であったが、統合にあたり、まとめ、の記事が全て本に移行となった。 判定について の特徴によって、独自の「判定」を設定する。 作品によっては複数の判定を持つが、併用できない組み合わせも存在する 定義そのものがする良作・・など。 判定は「発売当時の基準」で判断する。 なお、判定基準が曖昧なためか名にもなっている「判定」は存在しない。 判定を変更する際は必要な手続きを経た後、専用ので必ず1週間の期間を設けた上で決定する。 結論が出ない場合は期間を延期し、それでも結論が出なければ裁定となる。 判定を断で変更することは即の対となる。 以下、採用されている判定についての大まかな特徴や傾向を記載 例で挙げている作品の判定は時点のもの。 判定の詳細なについては内のや各判定を参照。 良作 度やの高い作品。 万人受けする、総合的に見て立った欠点がなく丁寧に作られているなど。 的であっても必ずこの判定になるとは限らず、良作と呼べない問題があれば別の判定になることもあり得る。 特に形式の の良作判定基準は他とべて厳しく、が良いだけでなく他評価できる部分がないと良作として認められない。 全判定の中でも特に該当作が多い。 例:、、 等• するのが苦痛になる、あるいはまともながなほど出来の悪い作品。 上の欠陥 ・長時間頻発・の著しい不備など が多過ぎるもの、が酷過ぎてに不快感を与えるもの、そもそも中身がまるでないものなどが該当する。 ただし、問題点が多いから付けられる判定という訳ではない。 また、作品だからとはならず、とは切り離して評価する。 良作や判定なしほどではないが、該当作は多め。 例:、、 等• ゲー ・作にのみ付けられる判定。 元の作品とべてが低下している、内容的に悪と呼べるような変更が加えられたものが該当する。 ゲーであっても、単体の作品としての出来が良ければ良作判定との併用は可。 例: 、、 等• から不評 旧「」判定。 「シリ不」。 物であることが前提。 内容が作としての魅を潰している 度を売りにしているなのに度が低いなど 、や設定が既存と、または悪されているなど。 から非難される、なかったことにされるような作に付けられる。 単体の作品評価とは別に考慮されるため、他全ての判定と併用可。 を怒らせる内容でも自体が高であれば良作判定にもなる。 逆に、判定でもそれが単純な作品としての出来の悪さに起因するのであればシリ不は付かない。 例:、、 等• が不安定 的に見てが著しく悪い作品。 大別すると まともな方法がない・外部にしている・一握りのしか不可など 、ヌルゲー 作業感が強い・遊んでいる気にならないなど 、ゲー 対戦が悪い・ハメ技や限の横行など に分けられる。 良作判定とは併用不可。 これは、不安定であることは面で大きな問題を抱えており、純な良作と呼べるに達していないという考えに基づいているため。 高難度に付けられることが多いが、単に難しいというだけでは不安定とはならない。 例:、、3 等• 悪 、、アドで発売当初から評価が下がった作品。 判定が変化していることが条件で、適用前後の判定を記載する必要がある。 続編、、は対外。 時点では以下の1作品しか該当しない。 例: 猛将伝• 正当な評価が困難で、人によって良作にもにも成り得る作品。 ここで言う「」とは「単にごとに評価が分かれる」程度の意味ではなく、「良く見れば良作、悪く見れば、あるいはその両方の要素を持つ」くらいの内容であることがめられる。 具体的には「演出やは魅的だが、がなまでに高過ぎる」「を抱えているが、それを度外視すれば総合的に良作と言える出来」「が非常に難解あるいは人を選ぶ結末だが、受け入れられれば楽しめる」「的ながあまりにも特殊」など。 なお、物において、否定的意見が体で、新規からは好評と呼べる場合はに該当しない。 例:、、 一章 等• ゲー 初めの内は面さが伝わりにくい、を理解しにくいなどの問題があるが、それを乗り越えることで楽しむことができる作品。 強いを持っていることが多い。 面いと感じるまで時間が掛かるのは、複雑または特殊な、高難度などが原因で、大なり小なり人を選ぶ要素を持つ。 良作判定とは併用できないが、作品として大きな魅を含んでおり、「癖の強い良作」とでも言うべき判定。 例:、、 等• 善 、、アドで発売当初から評価が上がった作品。 判定が変化していることが条件で、適用前後の判定を記載する必要がある。 続編、、は対外。 例: 、、 ION 等• の笑いを誘う要素が強い作品。 最初からをして作られたものは論、面に作ったはずだが結果的にになってしまったものも該当する。 評価の高低には関係であり、全ての判定と併用可。 例:、、 等• 怪作 や作があまりにも奇抜・奇怪で、常人には理解なの作品。 ただし、や、要素が強いというだけで付けられる判定ではない。 評価の高低には関係であり、全ての判定と併用可。 特殊な作品にしか付かないため、該当作は少ない。 例:、、 等• なし 上記いずれにも含まれない作品。 その上、良作手前から手前まで、様々な評価の作品が幅広く該当する。 「佳作・作判定」「の」などと言われる場合があるが、これは誤り。 良作と並んで該当作が多い。 なお、設定を他にするという意味で使う者もいるが、その場合は対となる。 関連項目• まとめ• 関連リンク•

次の

ゲームボーイパーフェクトカタログ (G

ゲーム カタログ

概要 [ ] (当時)のテレビゲーム情報誌『』が監修していた番組の1つで、毎回テーマを設けてはその内容に沿ったゲームや関係者などを紹介していた。 だけでなく、当時はまだ馴染みの薄かったも紹介するなど、当時放送されていた子供向けのゲーム番組とはまた違う本格的な内容の番組だった。 番組は途中、『ファミ通』で連載の「」をそのまま放送するコーナーも設けていた。 番組のラストでは、前日に発売された『ファミ通』のを紹介していた。 基本的にはとして放送されていたが、土曜朝の時間帯に放送されていた時期もある。 番組表上では「ゲームII」「ゲームカタログ」あるいは単に「ゲーム」とだけ表記されていた。 ファミ通ゲームカタログ 1994年4月、木曜日深夜枠で『ファミ通ゲームカタログ』というタイトルでスタート。 司会はとが抜擢された。 しかし彼らは特にゲームに詳しいというわけでもなく、わりと淡々と番組に参加しており、あまりやる気が見られない場面も数多く見られた。 また二人は当時、同じ木曜深夜帯にTBSで放送されていた『』にもレギュラー出演しており、さらに放送時間帯も一部であるが重なっていたため、に「お前ら、深夜のゲームの番組なんや?」「俺らにバレへんと思ってたんか?」とツッコまれる場面があり、またフジテレビ『』の「ザ・対決」のコーナーオープニングのトークでもに「わけのわからんファミコン番組やめや。 顔が素やで、あん時」とアドリブで突然話題に出され、今田はつい素で「のゲーム業界進出のためにになっている」と必死に返す場面があった。 ゲームカタログII 1994年10月、番組名が『ゲームカタログII』に改題され、放送枠も深夜帯から朝6時に移動となった。 今田・東野は1995年3月をもって降板し、同年4月からは替わってが司会を務めるようになる。 伊集院は芸能界きってゲーム好きであり、放送内容も通常のスタジオ収録のみならずロケも数多く行われ、取り上げられる内容もゲーム界全体の幅広いテーマが扱われるようになった。 1996年4月より放送時間が深夜帯に再び移動となると同時に企画構成も伊集院が自ら担当し始め、以降伊集院は番組が終了するまで司会・企画構成を務め上げ、その後もでファミ通との提携番組『』でも司会に起用されることになった。 放送時間 [ ] いずれも。 木曜 26:10 - 26:40 (1994年4月 - 1994年9月)• 土曜 06:00 - 06:30 (1994年10月 - 1996年3月)• 火曜 25:40 - 26:10 (1996年4月 - 1996年12月)• 月曜 26:10 - 26:40 (1997年1月 - 1997年3月) - 『』月曜第3部の番組として放送。 水曜 27:30 - 28:00 (1997年4月 - 1997年9月)• 水曜 26:40 - 27:10 (1997年10月 - 1998年3月) 出演者 [ ] 司会 [ ]• 、(1994年4月 - 1995年3月)• (1995年4月 - 1998年3月) アシスタント [ ]• (1994年10月 - 1995年9月)• (1995年4月 - 1995年9月)• (1995年4月 - 1996年3月)• (1995年10月 - 1998年3月) コーナー出演者 [ ]• () - 「光くんと瀧くん」のコーナーに出演。 「自腹で買った『』をどうすれば高く売れるのか?」という企画で、「直筆サインを入れたらどうか?」とサインをしたら「落書きは買い取れません」と店員に言われて憤慨した。 「秋の公園でしょうゆで靴を煮染める」や「公園でひとりぼっちでカラオケをする」という企画もあった。 不定期出演者 [ ]• ファミ通編集部の編集者 - 放送全話において出演。 初期は主に当時の編集長・とアシスタント枠でチャイルド秋恵が出演。 または中期から後期にかけてスタジオからロケ、VTRにも登場するなど出演回数が特に多かった編集者である。 ナレーター [ ]• (1995年4月-1998年3月) スタッフ [ ]• 企画監修:浜村弘一、ファミ通• 企画構成:伊集院光• 構成:鈴木しげき、井出尚志、(臨時)• TD:千葉孝、野原隆司• 美術:• ディレクター:鬼塚慎二(J. プロデュース)、佐取あつし• プロデューサー:森岡茂実(テレビ朝日)、東田眞一(J. プロデュース)• アシスタントプロデューサー:湯田坂由美(ジャパン・ヴィステック)、小坂聡美(J. プロデュース)• 協力:プラスエージェンシー、スタジオドールアップ• 制作協力:J. プロデュース• 制作:テレビ朝日、ジャパンヴィステック テーマ曲 [ ] オープニングテーマ [ ]• 550を捜せ! Everybody go! 縮刷版・縮刷版 平成6年3月号 - 平成10年4月号 外部リンク [ ]• (インターネット・アーカイブ保存データ) 木曜26:10枠 前番組 番組名 次番組.

次の