ゆで 卵 の 殻 の きれいな 剥き 方。 めちゃくちゃ剥きやすい!ゆで卵の作り方

【ゆで卵の剥き方】もう失敗しない!簡単なゆで卵の殻剥き3選|困った時の15秒動画 soeasy

ゆで 卵 の 殻 の きれいな 剥き 方

ゆで卵の剥き方の方法 1. 卵を水を入れた鍋に入れる。 鍋に火をつけ、茹でる 3. 火をつけて15~20分ほど、お好きなゆで時間茹でる。 卵を水にさらして冷ます。 密閉できる容器を用意し、水を容器に入れる。 水の量は容器の半分くらいにします。 いっぱい入れすぎると、よく振れません。 私の家の場合は大人数ではないので、ジャムが入っていた瓶を使いました。 たくさんのゆで卵を使いたい時は、大きいタッパーを使ってください。 密閉できる容器がない場合は、コップに水を入れて手を塞げばOK! 7. その水の入った容器に卵を入れる。 容器をシャカシャカとよく振る。 卵を取り出し、殻を剥きます。 卵の殻が剥きにくいものがあったら、その卵だけ容器に残し、もう少しシャカシャカ容器を振ります。 卵の破片が残るようだったら、水を流している下で洗い流します。 はい、これで出来上がりました!! な~んだ、簡単ではないですか! 今まで何で苦労していたのでしょう。 たくさん、殻に身がついて、無駄にしていた卵がたくさんありました。 でももうこれからは無駄にしないですみます。 スポンサーリンク ゆで卵の殻の剥き方で失敗する原因 なんで卵の殻が剥きやすいものと剥き難いものがあるのでしょうか。 卵白の中にある 炭酸ガスの量に関係があります。 産みたての卵には炭酸ガスがたくさん含まれています。 ゆで卵にすると、この炭酸ガスが細かい気泡が一度に気孔を通って外へ出ようとするため、卵殻膜や卵殻に固まってしまい、殻が剥がれにくくなってしまいます。 また、 新鮮な卵よりそうでない卵の方がゆで卵には適しています。 なぜなら、ゆで卵の黄身には炭酸ガスのため、目には見えないほどの小さな穴が空いた状態で固まってしまうからです。 小さな穴が空くと、スポンジ状になり、美味しくないのです。 卵の殻の色と栄養の違い スーパーなどで売られている卵には、白いタイプと赤っぽい褐色のタイプがありますね。 「 白玉」とか「 赤玉」とも言われています。 これって、栄養的にみたら、どう違うのでしょう? 私は見た目、赤っぽい褐色の卵の方が栄養があるのかな、って思ってました。 しかし、内側の卵の身は、白いものと 栄養や成分は変わらないそうです。 な~んだ、そうなのか、と思った私でした。 卵の殻の厚みの違い いろいろな卵を買ってみていると、卵の殻がしっかりとしたものとそうでないものがあります。 殻が薄くて、すぐに破れてしまうような卵もあり・・・。 これって、栄養的にどうなのでしょう? 調べてみると、 栄養的には変わりないようですが、 卵の殻の薄いものは傷みが早いということです。 厚い卵の殻が中の身を守っているのですね! だから、卵の殻は厚いものの方が長くもちます。 卵白の中には炭酸ガスが含まれていて、日がたつごとに一日約9gずつ減っていくそうです。 それを守っている殻が薄いと、守る力が弱いということになります。 卵の黄身の色 濃い方が栄養的にいいの? 見た目で、濃い色をしていると栄養価が高いように感じてしまいます。 ですが、飼料に黄身の色を穀なるようなものを混ぜてあるものもあるので、一概には栄養価が高いとは言いきれません。 飼料の色素によって黄身の色を調整できるんですね。 黄身の色だけでは判断できないということです。 卵の保存 いつまでも新鮮に 卵は 冷蔵庫で保存するのが一番です。 保存温度は5~10度が適温となります。 卵は水を嫌うので、湿度が高いと傷みやすくなります。 ですから気温が低くても湿度のあるところでは品質の低下になります。 まとめ 卵の関してここではまとめてみました。 簡単に卵の殻が剥ければ、億劫にならずにいろいろな調理が楽しめます。 卵のことを知って、栄養価の高い卵をおいしく食べていきましょう。

次の

伊東家の食卓!ゆで卵の殻をきれいに剥く方法が凄い!

ゆで 卵 の 殻 の きれいな 剥き 方

ゆで卵って、簡単なようでいて、じつは難しい料理だと思いませんか。 何よりも、きれいに剥くのが。 というか、きれいに剥くのが。 ひどいときは白身の半分ぐらいが殻にくっついて持っていかれてしまった、ぼろぼろのゆで卵は本当にしょんぼりしますよね。 よほどとろっとろのギリギリな半熟卵をめざしているのでない限り、ゆで卵の苦労の大部分はきれいに剥けるかどうかに集約されています。 ゆで卵がきれいに剥けない理由と、簡単で完璧なゆで方をご紹介しましょう。 ゆで卵がきれいに剥けない理由 ゆで卵がきれいに剥けない理由はなんでしょうか。 端的に言えば殻の内側に白身がくっついてしまっているからですよね。 白身が殻にくっついてしまわないように、みんな知恵を絞っているわけです。 少し時間のたった卵がいいと言われる理由 よく、卵が新鮮だと殻がうまく剥けない、少し時間のたった卵のほうがゆで卵には向いている、と言われます。 これは事実で、その理由は、二酸化炭素にあります。 卵の白身には、二酸化炭素が含まれています。 卵の殻には微細な穴がたくさんあいていますので時間が経つと抜けていくのですが、産卵からあまり時間がたっていない卵にはまだ二酸化炭素が多めに含まれています。 この二酸化炭素が膨張して、白身を殻に押しつけてしまい、白身が殻からはがれなくなってしまうのです。 また、二酸化炭素の膨張によって白身にスポンジのような小さな穴が無数にあいてしまい、ぼそぼそした食感の白身になってしまう可能性もあります。 二酸化炭素が抜けたあとのほうが白身のアルカリ性が強まり、白身が固まった時ぷりんぷりんになります。 二酸化炭素が抜けるには、冷蔵庫で5日程度、常温なら3日程度といわれています。 卵の消費期限は2週間程度。 これは、生食可能な期間ですので、火を通すゆで卵ならさらに何日かは大丈夫。 買ってきたばかりの卵も、十分おいしいうちに剥きやすい状態の卵になります。 殻を剥く前にゆで卵作り とはいえ、ゆで卵を食べたい、と思った時に買ってから数日経った卵があればいいですが、買ってきてから卵がゆでられるようになるまで5日も待ってはいられません。 毎日食べる人は別として、食べたくなるかもしれないから、とゆで卵を作りおきしておくのも、あまり現実的ではありません。 卵の賞味期限は2週間程度ありますが、ゆで卵は4日程度しかもちません。 大量に作りおきしてしまうのは不安です。 新しくても絶対にきれいに剥けない、ということはありませんので、やはり食べたい時にゆでるのが一番ですね。 簡単完璧なゆで卵の作り方 水からゆでる、お湯がぐらぐらにわいてから卵を入れる、お湯にお酢を入れる、塩を入れる、先に卵にひびを入れる(尖ったほうと丸いほう両方の意見があるようです)、室温に戻してからゆでたほうがいい、冷蔵庫から出してすぐゆでるのがいい。 ゆでる時間は水から12分、沸騰してから6分、ゆで終わったら流水にさらす、氷水につける、など、ゆで卵をじょうずにゆでるコツはレシピによってじつにさまざまです。 ですが、私としては、どうもどれもこれだ、とは思えませんでした。 お湯が沸くまで台所で待っているのは手間だし、 待ってる間に忘れてしまって空焚きしかねないし(かなり近いところまでやったことがあります)、 冷蔵庫から出した卵がどのくらいで常温に戻るか知らないし。 常温に戻そうとしているのを忘れてしまいそうだし。 あと、私はついついお湯をたっぷり入れてしまうので、ゆでている途中でお湯が吹きこぼれてしまうのもひそかな悩みでした。 そんなこんなでいろんなレシピを探しては試した結果、このレシピにたどりつきました。 冷蔵庫から卵を出す• 水深1~2センチ水を入れたフライパンに入れてフタをする。 (レシピにある水大さじ5では、うちではすこし水が足りませんでした)• 強火にかけて3分• 3分たったら弱火にして3分。 弱火で3分たったら火をとめて、3分~6分放置でゆで具合を調節 冷蔵庫から出してすぐゆでられる、水もそんなに使わず、途中で弱火にするのでちょっぴりエコ。 黄身のゆで具合もある程度自分で調節可能。 強火にかけたあとタイマーかけて3分で一度台所へ戻らないといけないのがちょっとだけ手間ですが、その程度ならあまり障害には感じません。 私は一人暮らしで、多くてせいぜい3つぐらいまでしかゆでないので、フライパンではなく小さな片手鍋を使っています。 また、ヒビも入れていません。 (面倒) (ほぼ)完璧な剥き方 さて、卵がゆであがりました。 フタをずらしてお湯を捨て、水道水を少しだけ入れて、軽くなべを振って、卵同士をお互いと鍋のふちにぶつけて、殻にひびを入れます。 有名な伊東家の裏ワザの応用です。 強く振り回すと卵までへこんでしまって、きれいに剥けません。 そっと、でもしっかり殻にひびや穴があいているのがわかるぐらいには振ってください。 穴があいたら、たっぷりの流水にさらします。 卵をつるんときれいに剥くためには、殻と白身の間に空間を作ることが大事です。 そのために殻に穴をあけ、水で内側の白身をきゅっと締めるというわけです。 しっかりと、最低1分以上流水で冷やし、水を流したまま、殻の破れ目からそっと殻を剥いていきましょう。 この時期水が冷たいので流水ではなく水をためた中に漬けて剥けばいいのではと思ったのですが、あまりうまく剥けませんでした。 直接卵に流水があたっていなくても、水流が殻を剥きやすくしてくれるのかもしれません。

次の

【ゆで卵の剥き方】もう失敗しない!簡単なゆで卵の殻剥き3選|困った時の15秒動画 soeasy

ゆで 卵 の 殻 の きれいな 剥き 方

朝は洋食派という人は、真っ白なゆで卵で気分をリフレッシュし、おだやかな1日を始めたいもの。 ところが、実際に自分でゆで卵を作り殻を剥いてみると、なかなか上手く剥けず、イライラする人も多いはず。 にものように、ゆで卵が思うように上手く剥けないとの質問がいくつか寄せられている。 この質問に対して「ヒビを入れてから茹でる」(peapoppoさん)、「出来た後すぐに水につける」(the845sさん)、「水をかけながらむく」(chewaisenさん)など、さまざまな回答があり、単にゆで卵と言っても作り方は人それぞれなようだ。 ここ最近では「物価の優等生」と呼ばれていた卵までが値上げされるなか、卵一つも無駄にはできない! そこで、ここでは簡単にゆで卵の殻が剥ける秘訣を紹介しよう。 まず、冷蔵庫で冷やしておいた卵を沸騰している熱湯に入れ、好みの固さまでゆでる。 7分ぐらいが半熟、一般的には10分、固めがいい人は15分以上ゆでてもOK。 好みの固さにゆで卵ができ上がったら、鍋からお湯を捨てるのだが、ココからがポイント! お湯を捨てたら、ゆで卵は出さずに鍋の中で卵の殻に細かいヒビを入れるようにゴロゴロと転がそう。 そして、卵が冷えるまで、3~4回水をとりかえながら冷やす。 つるんとキレイに殻が剥けた時の気分は爽快だ。 することは鍋の中でゴロゴロと転がすだけ。 卵の殻に細かいヒビが入り、あとで剥くのが簡単になるのですね。 なんと言っても栄養満点の卵。 江戸時代には薬としても珍重されていたほど。 最近ではダイエット食品としても注目され、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが役作りのため「ゆで卵ダイエット」に挑み、5キロ以上の減量に成功して話題となっていた。 実はゆで卵にゴマ油やオリーブオイル、さらにアンチョビなどを乗せれば、簡単にオシャレな料理に変身してしまう。 今日にでもこの方法を試し、友人や家族を驚かせてみてはどうだろう。

次の