新年 の 挨拶 ビジネス。 新年に送るビジネス挨拶文まとめ

新年の挨拶で使えるビジネスメール例文集!社内・社外向けの書き方やマナーも紹介

新年 の 挨拶 ビジネス

もうすぐ新年が始まります。 気を引き締めて、普段の生活に戻っていかなくてはいけませんね? 新年、年明けといえば、必ずすること・・・それは「新年の挨拶」です^^ これは、普段の生活でもそうですし、ビジネスなどでも必ず必要になってきますね? この毎年何気なくしている、新年の挨拶ですが、マナーがあることを知っていますか? それはどんなものなのでしょうか? そこで、今回の記事では、 新年の挨拶のマナーについてと、ビジネスやメールでのマナーについて詳しくご紹介していきます。 円滑な人間関係を築くためにも、新年の挨拶は必要です。 新年の挨拶の マナーとは? では、まず新年の挨拶をする上でのマナーについてご紹介します。 新年の挨拶は、松の内(1月7日)までにするようにしましょう。 しかし、 家族以外に挨拶する場合は、元旦は避け、他の日にしましょう。 元旦から三が日は、だいたいの家庭がゆっくり家族と過ごしますよね? そんな時にお邪魔するのは、失礼ですし、相手にも気を使わせてしまいます。 そして、訪ねる前には必ず 「事前に訪問してもよろしいですか?」と、確認の電話をしておきましょう。 突然の訪問は、相手も驚きますし、留守の場合もあります。 訪問する時間については、「ごはんどき」は避けてください。 そして、あまり長居をせずに大体30分~1時間くらいで帰るようにしましょう。 そして、手土産ですが、 事前にお歳暮を贈っていたら、基本的には必要ありません。 しかし、持っていきたい場合は、 のし紙「赤金の蝶結び」に「御年賀」(おねんが)と書いて渡します。 手土産ですが、食品や日用品が好まれます。 私は、前までは日用品で洗剤なども考えていましたが、今は各家で好きなものを使ったりすることが多いので、おせんべいや、焼き菓子などの、お使い物によい、箱入りのものを手土産にすることが多いです^^ こちらはあなたの考え方次第なので、自由に選んでみてください。 ただ、 形に残るものは相手もどうすればいいか・・・^^;と困ってしまいますので、避けた方が無難です。 「使ったり食べたら消えるもの」として、食品や日用品にするといいですよ! 子供がいる家庭でしたら、少しでもいいので、お年玉を用意しておくとさらに喜ばれます^^ 自分が喪中の場合は、年末までに喪中はがきを送っていれば、訪問は要りません。 相手が喪中の場合は、「喪中を見舞う」という名目で、挨拶だけするようにしましょう。 その際の手土産は、のし紙ではなく 短冊に、「寒中お見舞い」と書いてお渡ししましょう。 新年の挨拶 ビジネスでのマナーとは? 次に、ビジネスでの新年の挨拶のマナーについてご紹介します。 ビジネスでも基本は同じで、 松の内(1月7日)までに挨拶するようにします。 たとえ挨拶だけとはいえ、 事前にアポイントメントは必ず取りましょう! 仕事始めは忙しいですし、突然の訪問は相手も戸惑います。 取引先の方と年始を円滑に始めるために、 「ご挨拶に伺いたいのですが、よろしいですか?」など、電話で連絡を入れておきましょう。 どうしても、 松の内にアポイントメントが取れなかった場合は、「明けましておめでとうございます」ではなく、 「今年も一年宜しくお願いします」という挨拶にします。 また、話が盛り上がってしまっても、なるべく長居をするのはやめましょう。 新年の挨拶をして、必要最低限の連絡と「本年も宜しくお願いします」ということを、心をこめて伝え、なるべく早めにお暇してください^^ 手土産があるときは、「いつもお世話になっております」という言葉と共に、お辞儀をしっかりしてから渡してください。 また、もし忙しくて相手に会えない場合もあるでしょう。 そんなときは、別の方や受付の方に、朱印を入れた名刺を渡しておくとスマートです。 「ご挨拶に伺いました」という気持ちが伝わります。 手土産も同時にお渡ししても構いません。 メールでの新年の挨拶のマナーは? 最後に、メールでの新年の挨拶のマナーについてご紹介します。 まず、本来は直接伺って、相手に会って挨拶をすることが一番ですが、遠方の方への挨拶やどうしても時間が取れない方への挨拶の場合は、年賀状かメールで挨拶をしましょう。 年賀状の方が、メールより丁寧な気持ちの表し方と言われていますので、おすすめです^^ また、 目上の方へ新年の挨拶をする場合は、メールは避け、対面か電話、または年賀状での挨拶にしてください。 そうすることで、相手も丁寧に感じられるでしょう。 だからといって、メールがダメということはありませんのでご安心ください^^ メールでも、きちんとした文面であれば、気持ちはしっかりと伝わります。 あるいは、始業日にメールを送信してもいいです。 旧年中は、大変お世話になり、誠に有難うございました。 メールにて恐縮ではございますが、貴社の益々のご発展をお祈り申し上げ、年始のご挨拶とさせていただきます。 昨年は大変お世話になりました。 本年もお力添えの程、何卒宜しくお願いします。 新年、最初の挨拶です。 再度まとめると、 新年の挨拶は、松の内(1月7日)までに行いましょう。 その際は、 事前のアポイントメントを取り、長居をしないように気を付けてくださいね! メールの場合も、 新年の挨拶は松の内(1月7日)までに送信します。 昨年の感謝の気持ちと、「本年も宜しくお願いします」という気持ちを込めて、文章にしましょう。 新年の挨拶が上手くいくと、気持ちよく一年のスタートが切れます。

次の

ビジネス英語(挨拶編):新年の挨拶、年末の挨拶で使える例文フレーズまとめ【2020年版】

新年 の 挨拶 ビジネス

年始の挨拶をする場合は相手の都合を伺った上で、事前にアポイントを取る• 滞在時間は30分以内にする• シンプルに挨拶と感謝の気持ちを伝える• 同じ会社で働く仲間には「今年も1年一緒に頑張っていこう」という気持ちを込めてメールを送ろう 新年・年始の挨拶アポイントメントを取る際の注意事項 特にお世話になっている取引先へは、できれば直接足を運ぶことをおすすめしたい。 しかし、仕事始めは先方も忙しいはずだ。 年始の挨拶をする場合は相手の都合を伺った上で、 事前にアポイントメントを取ることを忘れないでほしい。 面会の日程を決める際は、 仕事始めの1週間以内の日程で都合を聞いてみよう。 年始の挨拶を目的としたアポイントメントを取る際には 「新年の挨拶のみで、すぐに失礼いたします」と添えると、丁寧な印象になる。 取引先に出向いて新年・年始の挨拶をする際の注意事項 新年・年始の挨拶では、 滞在時間を30分以内に収めることを意識してほしい。 年始の挨拶のみであれば、さほど時間を要さないはずだ。 バタバタと忙しい年始の時期に、相手にとって気遣いのある行動ができてこそビジネスパーソンといえよう。 新年・年始の挨拶はシンプルな言葉で伝える 年始の挨拶は、新たな1年の案件獲得にもつながる重要なもの。 しかし、堅苦しい年始の挨拶でなくても、シンプルに挨拶と感謝の気持ちを伝えるだけでも相手には十分気持ちが伝わるはずだ。 年始の挨拶は、通常の営業シーン以上に気を引き締めた上で挨拶に出向こう。 【取引先向け】新年・年始の挨拶例文• 件名:年頭のご挨拶 明けましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。 今年も引き続き、業務改善推進プロジェクトでお世話になります。 この大きなプロジェクトの総仕上げの年となりますので、 気持ちを引き締めて、更に努力するつもりでおります。 一層のご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。 またお目にかかれますことを楽しみにいたしております。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 新年・年始は社内の上司や同僚はもちろん、取引先などへの挨拶をメールでする機会が多数ある。 挨拶メールだけで貴重な1日が潰れてしまった……という事態を避けるためにも、本記事を参考に事前に年始の挨拶メール文面などを準備しておこう。 お互い気持ちよく新年を迎えられるようにするためにも、年始の挨拶を礼儀正しく行なってほしい。 関連記事.

次の

新年の挨拶》年頭の挨拶/挨拶文/新年の言葉/ビジネス/会社/方法/文例/例文/社長

新年 の 挨拶 ビジネス

「新年の挨拶」押さえるべきポイント 「新年の挨拶の言葉」の基本 新年の挨拶は、新年を祝い、旧年中お世話になったことに感謝し、今年一年のお付き合いを願う言葉や今年の抱負を述べるのが基本です。 直接の挨拶やスピーチ、メールや年賀状で書く挨拶ともに基本の内容は同じです。 また、相手がビジネスの取引先であったり、上司や同僚などでも基本的な内容は同じですが、相手に適した言葉づかいや慣用句を用いるようにします。 「年賀状」は松の内までに届くように出す 年賀状は1月7日まで(関西は1月15日までのところもある)の松の内までに届くように出します。 松の内を過ぎてしまったら「寒中見舞い」を出します。 「寒中見舞い」の書き方はで紹介しています。 「メール」は松の内までに出す メールで新年の挨拶を送る場合も松の内までに送ります。 「新年の挨拶」文例(例文) 新年の挨拶を、年賀状とメールの文例で紹介します。 年賀状の文例 一般的な文例 あけましておめでとうございます 皆様には、幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中は大変お世話になりまして、まことにありがとうございました。 本年もよろしくお付き合いいただけますよう、お願い申し上げます。 〇〇年一月一日 ビジネス(取引先)文例 謹賀新年 昨年中は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 本年も皆様のご要望にお応えし、いっそう社業に精励いたす決意です。 なにとぞ変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 〇年元旦 ビジネス(お客様)文例 あけましておめでとうございます 旧年中は格別のお引き立てをいただき、誠にありがとうございました。 当店は本年も、皆様により一層ご満足いただけるサロンをめざします。 今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 なお、新年は〇日より営業いたしております。 皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。 旧年中はひとかたならぬお世話になりまして、誠にありがとうございました。 本年も御社のご発展に寄与できますよう、業務に精励いたす所存でございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 (メール署名) 上司へ送る文例 上司への新年の挨拶は直接行うのが基本ですが、直接会えない場合はメールを送ることがあります。 また、近年は年賀状を出さずに年始の休暇中にメールを送ることもあります。 件名:新年のご挨拶 〇〇部長 新年あけましておめでとうございます。 昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。 おかげさまで家族一同、元気に新年を迎えることができました。 新たな年を迎え、気持ちを引き締めて業務に臨む所存です。 今年も引き続き、変わらぬご指導ご鞭撻をいただければ幸いです。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 (メール署名) 「新年の挨拶」に使える慣用句を紹介 新年の挨拶に使える慣用句を紹介します。 先に紹介した文例にアレンジして使ってみてください。 漢語調の「新年の挨拶」• 謹賀新年• もちろん親しい人へ使うのは問題ありません。 口語調の「新年の挨拶」• 謹んで新春のおよろこびを申し上げます• 謹んで年頭のご挨拶を申し上げます• あけましておめでとうございます• 新春の御祝詞(ごしゅくし)を申し上げます 健康と幸福を喜ぶ言葉• 幸多き新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 年頭にあたり、皆様のご健康とご多幸をお喜び申し上げます。 〇〇様にはお健やかに新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 旧年中お世話になったお礼の言葉• 旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、厚くお礼申し上げます。 昨年中は格別のお引き立てを賜り、まことにありがとうございます。 旧年中はひとかたならぬご愛顧(ご高配)を賜り、厚くお礼申し上げます。 旧年中は格別のご厚誼にあずかり、心からお礼申し上げます。 今年のお付き合いを願う言葉・結びの言葉• 本年も変わらぬご交誼のほど、お願い申し上げます。 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 本年もよろしくお付き合いいただけますようお願い申し上げます。 本年もご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いいたします。 本年もご期待にかなうよう努力する所存です。 なにとぞ倍旧のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 新しき年、皆様のご要望により一層お応えできるようさらに精励してまいります。 本年もご厚誼のほどお願い申し上げます。 本年もお引き立てのほど宜しくお願い申し上げます。 「喪中」の場合の新年の挨拶の仕方 喪中の人へは「年始状」または「寒中見舞い」を出す 相手が喪中で新年の挨拶状を出せない場合は「年始状」または「寒中見舞い」を出します。 「年始状」は最初の挨拶文を「新年のご挨拶を申し上げます」「謹んで年頭のご挨拶を申し上げます」などとします。 祝う言葉は避けます。 寒中見舞いは「寒中お見舞い申し上げます」という挨拶文で始め、「寒の入り」(毎年1月6日頃)から「立春」(毎年2月4日頃)までの間に届けます。 自分が喪中の場合は「喪中はがき」を出しておく 自分が喪中に服している場合は、12月上旬までに喪中欠礼のはがきを出しておきます。 喪中の連絡が間に合わずに年賀状を頂いてしまった場合は、年賀状を出せない理由を添えた返事を「寒中見舞い」として出すこともできます。 まとめ 「新年の挨拶」は、まず新春を祝う言葉を述べ、続いて相手の健康と幸福を祈り、旧年中のお礼や、今年のお付き合いを願う言葉を述べるのが基本です。 本記事で紹介した、相手や状況にふさわしい慣用句を選ぶとともに、具体的なエピソードも簡潔に盛り込むことで心のこもった挨拶を行うことができます。

次の