セイカツ おさる の うた 歌詞。 アイアイ 童謡 歌詞情報

「君がいない日々生活毎日は」おさるのうたの歌詞と声がカップル写真にマッチしててエモい

セイカツ おさる の うた 歌詞

君がいない日々セイカツ毎日は 僕は越えられそうにないから きっといつかの日を思い後悔して また嫌になってしまうから この歌を聴いて、主人公のまさるくんが(おさるくんをもじってポワっとでてきた名前。 漢字は『優』)スーツを着て日々を奮闘するなかで唇を噛み締めていたんだけど、ふと顔をあげると間抜けにナポリタンを頬張っている、疲れた自分を見せることにためらいのない愛おしさのにじみ出ている彼女の姿がふわりと見えた。 ちょっぴり生き方のヘタクソなまさるくんだけど、そんなまさるくんのカメラのファインダー越しに見る世界はとっても優しい。 あまりはっきりとしない色彩で、ISO値をあげすぎて光が飛びすぎちゃっているような、淡くも明るい世界の中で、一緒にビールを飲む友達の姿や、電車でLINEを開いたまま寝落ちているサラリーマンの姿。 そのLINEには子供の写真が送られてきているのに気づくまさるくん。 おいしそうにおにぎりを頬張っていたり、約束していたけど仕事で間に合わなかった夏祭りの日に、コンビニで買ったペヤングを公園で食べて笑う彼女を愛おしそうに見つめるまさるくん。 そして後半には、ビールを飲んでいた友達のファインダー越しにみるまさるくんの姿、寝落ちていたサラリーマンが寝落ちる前に見ていたファインダー越しのまさるくんの姿、彼女のファインダー越しに見る世界が描かれる。 そこにはまさるくんの不器用で優しさに満ちた瞬間がたくさん切り取られている。 仕事じゃないっていうのに、みんなのグラスの空きを気にかけていたり、 イスに座ってPCを開き仕事をしていたのに、数駅もいかずに勢いよく席をゆずった直後も片腕にPCを乗せて作業を続ける姿や、 おいしくご飯を頬張る姿を見つめる優しい目とかが映し出される。 『構想』というにはありきたりなのかもしれない。 でも、ちょっとしたことで崩れてしまいそうなのに、まさるくんはまさるくんのことが好きな人たちに支えられていて、支えている側もまさるくんの存在が愛おしい、そんな世界が広がっている。 なにか特別なことがおきるわけではないけれど、 今日もまさるくんはベッドから起き上がってカーテンをあける。 朝、出社するとまた山積みの仕事があるんだけれど、 彼女から送られてきた「今日の朝ごはん」と送られてきたカレーライスの写真に肩の力が抜ける。 「おはよう!なぁ、さっき自販機でもう一本ってやつ当たったからこれやるよ」と同僚に缶コーヒーを渡された。 「すっげぇ、ああいうのって当たるんだ。 俺当たったことない」 「俺もだよ。 はじめて当たった。 人生に何が起きるかわかんねぇな」 「大げさなんだよ」 と笑ってまさるくんは缶コーヒーをプシュッとあけて画面はブラックアウトして歌は終わる、そんなまさるくんのセイカツをイメージしたMV。 こんな物語をひらめかせてくれたこの歌がまた、誰かにも届け。

次の

さくら・さくらんぼ保育のリズムと歌を教えて!: Sakura Days

セイカツ おさる の うた 歌詞

index さくら保育園・さくらんぼ保育園、あるいはさくら系列の保育園で実践されている(かもしれない)、リズムとうたのタイトル一覧です。 (沖縄わらべうた)• オキクルミ• (ロシア民謡)• (わらべうた)• (わらべうた)• (ドイツ民謡)• (フランス民謡)• (朝鮮民謡)• (ベトナム舞踊曲)• (ドイツ民謡?)• 唐船ドーイ• 徳利小(とぅっくぃぐゎ)• (フランス民謡)• (ドイツ民謡)• (ドイツ民謡)• (ドイツ民謡)• ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 第1楽章• モーツァルト:2台のピアノのためのソナタニ長調• バッハ:G線上のアリア• モーツァルト:キラキラ星の主題による変奏曲 ハ長調 K265• ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」第1楽章• デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」• ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」より「プロムナード」•

次の

アイアイ 童謡 歌詞情報

セイカツ おさる の うた 歌詞

どうぶつえんへいこう 作詞 海野洋司 作曲 T. Paxton 唄 坂田おさむ Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! Zoo! All Rights Reserved 「 」では、著作権保護の観点より歌詞の印刷行為を禁止しています。 坂田おさむさん『どうぶつえんへいこう』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 坂田おさむさん『どうぶつえんへいこう』の歌詞 ドウブツエンヘイコウ words by ウンノヒロシ music by パクストン Performed by サカタオサム.

次の