トラウマ 克服 方法。 トラウマを克服する最高の方法|トラウマは克服の方法によって運命まで変わる

トラウマの原因と治療、克服方法

トラウマ 克服 方法

トラウマの原因としては、 災害・犯罪・事故などに巻き込まれたり、虐待・暴力を受けたり、病気・ケガ・周囲の人の死などが挙げられますが、 自我 が目覚める前の乳児期では、育児放棄や厳しい環境の中での育児などでも強い精神的ストレスを受ける事がありますし、 自我が目覚め始める乳児期では、親の不仲や無関心でも強いストレスを感じてトラウマになる事があります。 トラウマが理解されにくいのは、体の傷のように目に見える傷ではなく目に見えない心の傷だという事がありますし、 人それぞれ価値観の違いで、ある人にとっては「何でも無い」出来事が、ある人にとっては深い心の傷になる事もあります。 そして、トラウマに対しての周囲の理解・関心の低さがPTSDなどの精神障害へ追い込む事もあります。 トラウマを消そうとしてはいけない? ボストン大学医学部精神科主任教授であり、トラウマセンター医療主任のベッセル・A・ヴァン・デ・コーク医学博士の研究論文では、 トラウマの原因となった過去の出来事に焦点を当ててトラウマを消そうとするより、 今の自分の感覚や行動に目を向けて、新しい自分を創り出す方がトラウマを克服できると語られています。 つまり、トラウマを克服するためには、 トラウマになっている記憶を無理に消そうとするより、トラウマになっている記憶を整理した上で、 トラウマを乗り越える体験を積極的に実行して、今の自分がトラウマを乗り越えた時に感じた喜びや楽しみを味わって、 トラウマになっている記憶を書き換える方が治療効果があると語られています。 トラウマを克服する為には記憶を書き換える? 同じ体験をしても、人それぞれの価値観で記憶の残り方は変わります。 例えば・・・ 入院して見舞客が一人も来なかったとします。 寂しがり屋で人恋しいAさんは、 ・子供の頃イジメにあった 空白 ・彼氏にひどいフラれ方をされた 空白 という感じです。 私が初めて実行した時は、辛かった出来事を細かく書こうとしたために、当時の辛かった感情まで呼び戻してしまって、 途中で書けなくなって数日間は立ち直れませんでした。 感情や細かい状況まで思い出す必要はありません。 実際にあった出来事だけを無機質に箇条書きしてみて下さい。 それと、この作業は非常に辛い作業になりますので、 途中で辛くなったらすぐに中止した方が良いですし、書き出す前に「ヤバいかも…」と思ったら迷わず延期して下さい。 心も体も調子が良い時に実行する事をオススメします。 Step2:トラウマを乗り越える体験を積極的に実行する トラウマを乗り越える体験を実行するというのは、 辛かった記憶を違う角度から見直して、 「あの出来事があったから私の今がある」 という記憶に書き換える作業です。 具体的には、メモに書いたトラウマになっている記憶の文の下に 「あの出来事があったから私の今がある」 という思いを書いていきます。 そして、必ずあの時の自分を褒めてあげて、お礼を言ってあげて下さい。 例えば、 ・子供の頃イジメにあった あの時イジメにあって辛い思いをしたおかげで、心を傷つけられる人の気持ちが分かった。 だからこそ、他人を傷つけるような事をしなくて済んでいるし、困っている人に優しくしてあげられる人間になれた。 あの時の私、苦しかったけどよく頑張ったね。 おかげで優しい人になれたよ。 ありがとう! ・彼氏にひどいフラれ方をされた あの時あの人と別れたからこそ今の優しい彼氏と出会う事ができた。 あの時は死にたくなるほど辛かったけど、ひどいフラれ方をされたおかげであの人を憎む事ができた。 きっと優しくされていたら、いつまでもあの人への想いを引きずって今の彼氏に出会っても付き合う気になれなかったはず。 あの時の私、辛かったのによく耐えたね。 おかげで今の優しくて素敵な彼に出会えたよ。 ありがとう。 という感じです。 私は自分のメモを書きながら泣いてしまいました。 辛かった当時の記憶が蘇ったからではありません。 当時の私の頑張りを今の私に認めてもらえたからです。 あの当時の私に 「本当に頑張ったね!ありがとう!」 って心の底から感謝できました。 そして、あれだけ憎かった相手を少しだけでも許す事ができたような気がしました。 Step3:トラウマを乗り越えた時に感じた喜びや楽しみを味わう Step2まで出来たら、自分の心に注目して下さい。 あの辛かった記憶は、違う感情の記憶に変わっているはずです。 何だか少し暖かい気持ちになっていませんか? あなたはもうトラウマを乗り越える事ができたんです。 その今の暖かくなった気持ちをよく味わって下さい。 ただ、その心の暖かさは一時的なものです。 このままトラウマが消えてしまう訳ではありません。 何かの拍子に、また辛い記憶としてあなたの心を冷たく凍らせようとします。 その時は、またこのメモを読み返して下さい。 そしてまた、少しでも心の暖かさを感じて下さい。 これを「もう立ち直れたかな?」と思えるまで、ずっと繰り返していきます。 私の場合、自分で「立ち直れたかも…」と自覚できるまでに、6か月ほどかかりました。 始めたばかりの頃は毎日辛くなってメモを読み返していましたが、 だんだんと2日に1回になり…3日に1回になり…一週間…10日…一ヵ月… と、少しずつ辛い記憶が蘇ってくるスパンが長くなっていきましたので、 心配せずに続けてみて下さい。 私の経験上、諦めずに続ける事がすごく大事だと感じています。 まとめ 私の場合、PTSDを治すために心療内科に通っていました。 服薬とカウンセリングと認知行動療法で治療していましたが、あまり効果はありませんでした。 もし、この記事を病院に通っていらっしゃる方も読んで下さっていたら、 病院の治療と並行してやってみると良いかもしれません。 少なくとも私は、この方法を知って実行してから少しずつ変われたような気がしています。 私が実行したこの方法に限らず、必ず突破口はあります! 諦めないで本当のあなたを取り戻して下さいね!.

次の

福田萌子の事故の内容は?大ケガから復活できたのは高級愛車のおかげ!

トラウマ 克服 方法

トラウマとは何か? まずトラウマを克服するためにはトラウマとは何かを理解することからしないと克服する方法にたどり着けませんのでトラウマとは何かを説明させていただきます。 トラウマとは日本語で言うと心的外傷と言いまして、身に危険を感じるような出来事に遭遇した時に、本来は次にそうした事を避けるための学習機能が強く働きすぎて、長い間それに囚われてしまう状態、または身の危険を感じたものを想起させるようなものにまで否定的な感情や思考を持っている状態を指します。 命の危険にかかわるような戦争や自然災害、犯罪被害や事故などであるほど一般的にはトラウマになりやすいと言えますが、児童虐待や性的暴行、いじめ、暴力などからパワハラ、セクハラ、モラハラなどでも本人が強く危機感を抱いた場合はトラウマの原因となります。 トラウマとただの嫌な思い出の最大の違いは脳や身体に及ぼす強制力です。 例えば記憶の忘却。 特定の事がなぜか思い出せないがすごく嫌だとか、トラウマになったであろう出来事がどうしても思い出せないなどがこれ。 他にも身近なところで言うと反射的に体が動き大げさな行動に出たり、アレルギー反応のような蕁麻疹が出たりするケースもありますし、無意識のうちに異常なヒステリーを起こしたり、攻撃行動に出ると言うケースもあります。 もっと酷くなるとトラウマが突如として記憶に蘇りフラッシュバックした時など、特定の症状が起きて持続的に著しい苦痛を伴えば急性ストレス障害、それが1か月以上の症状の持続が見られると心的外傷後ストレス障害 PTSD になります。 このようにトラウマは精神の仕組みである防衛機制が、耐え難いことを何とかしようと抗うことで過剰な反応をしてしまうものなので、軽度で特に社会生活に支障がないのならアレルギーと同じで絶対に克服しないといけないものではないとも言えます。 トラウマ克服方法は本人の意思が大事 トラウマの克服方法のどれについても言える事ですが、例えどんなトラウマであろうとも、どんな克服方法であろうとも、本人にまず克服したいと言う意思や克服しようとする気持ちがなければ克服することは非常に難しく、誰かを無理矢理にトラウマの克服させたいと言うのであれば投薬や場合によっては行動制限を必要としますので、絶対に専門的な知識を持った医師の指導の下行ってください。 これはカウンセリングが効果を上げられないというわけではなく、カウンセリングが与えられる効果を超えた強制力が本人にトラウマ克服の意思がなければ必要になってくるからです。 どうしてそこまでの強制力が必要になるのかと言いますと、トラウマというのは脳の問題であると同時に心の問題であり、肉体的な損傷と違い本人以外、むしろ本人でさえもそれがどの程度の傷なのか?どの程度自分の生活に影響を及ぼすものなのか?と言うことさえも分からないものであり、そのため最低でもトラウマを持つ本人が「自分には心に傷がある」と言うことを認識していなければ手の施しようがなくなるからです。 そのためトラウマを持つ本人の何とかしたい意思抜きでトラウマで起こるものを何とかしたいと周りの人が思うのならば、トラウマを持つ人物の脳分泌物や行動や反応を無理矢理変えざるを得なくなるのです。 もちろんカウンセリングが心理的な変化を及ぼすことで「トラウマを克服したい」またはあきらめている人には「克服できるかもしれない」と本人に思わせることも非常に大事なこと。 これが出来ないと強制的に変えたとしても本人がトラウマを克服したい意思よりも、危険から身を守りたい意志のほうが強ければトラウマによって生じる行動の変化押さえ込んでいるだけに過ぎませんから長期に亘り病院と薬のお世話になる必要が出てきます。 そのためトラウマを克服するための方法の話をする前に、トラウマを持つ本人の意思が最低でも必要だと言うことを知っておいていただきたいです。 慣れによるトラウマ克服方法 軽度のトラウマを克服するならば慣れによるトラウマを想起する範囲の制限や、トラウマにより起こる状態の変更をするという方法が効果を持ちます。 専門的治療で言うところの催眠療法に近いような物ですが、暗示による上書きはもっと単純な物であり、トラウマの原因となった物と過剰反応してしまっているものとの関係が薄いと再認識させることを反復で行ったり、トラウマが引き起こす心身への状態変化の方向性を変えていくと言うもの。 例えば前者なら犬にトラウマを持つ人が、パニックやヒステリーを起こす状態を、全ての犬に過剰反応してしまって起こすならば「この犬ならば大丈夫」「あの犬も大丈夫」と無理矢理トラウマを持つ本人が症状を起こしても、問題ないということを脳が認識するまで繰り返し少しづつしていくわけです。 後者の場合は対象となるトラウマに対したときにどうするかと言う行動をあらかじめ決めておき、これを刷り込むと言うわけです。 これの場合はかなり難しい話なのですが、主に無意識の行動をとってしまうようなタイプの人に一部に効果を出せます。 例えばトラウマ対象を目にした時に大声を上げてしまったり、その場から逃げ出すと言った行動をしてしまう人にその行動をとるよりも先に別の行動、例えば大声をあげる前にハンカチなどをかみ締めるとか、逃げ出そうとするよりも何かに隠れると言った行動を学習させるやり方です。 念のため、ここまで読んだ方にはもうお分かりかと思いますが、トラウマの反応が強い人にこれをやると悪化するどころか、肉体的な反応の強度によっては病院搬送されることもありうる危険な方法ですから、絶対に軽度の人に限りますし、本人の克服すると言う気持ちがよほど強い場合でないと絶対にやってはいけません。 成功体験によるトラウマ克服方法 トラウマの克服方法で精神的な異常を起こしやすい人や、ストレス性の症状が体に出る人には成功体験を積み重ねることでのトラウマの克服方法もあります。 もっと詳しく言うならば、トラウマの原因は主に身の危険から生じたものであり、今後その危機に対処するためにと過剰な反応を体がするのが問題なのですから、トラウマの原因を「身の危険ではない」と上書きしてしまうような発想です。 これが効果を発揮するのは主に「予期していない」「一人で対処し切れなかった」「どう対処すべきかわからなかった」などのことが原因でトラウマになったものであり、トラウマの原因となったことに近いことや、トラウマそのものに対してうまく対処できるようになると、精神的な防衛反応をする必要がなくなり、トラウマにより起こる反応が弱くなったり、場合によってはなくなったりするのです。 例えば事故で車の運転がトラウマになっている人がまずは運転席に座ることから初めてみて、トラウマによる体の異常が起きないように慣らし、何度も運転していくうちに普通に運転できるようになったりするのがこれです。 自分のミスや対応できないことも時間がたてばいつの間にか問題としなくなることって非常に多く、「乗り越えた」と言う表現が最もしっくり来るトラウマの克服方法がこれになります。 脳や心理学以外からのトラウマ克服方法 現代脳医学においてのトラウマ治療や、心理学的知識によるトラウマ克服方法以外にも実はトラウマ克服のための方法はネットなどでは取り上げられています。 一つはオカルト的な話。 特定の宗教の万病に効く聖水や、霊験あらたかな存在に触れることでトラウマは癒されるとか、パワースポットで過ごすことによりトラウマは軽減されていくと言った話もあります。 胡散臭く思う人もいると思いますが、トラウマは日本語での文字通り、心的外傷ですから心の問題であることが多く、「もう大丈夫」と言う思いから実際にトラウマが軽減されたり解消されたりする事だって実際にあるのです。 薬学的なアプローチも当然されています。 脳の判断が異常と言うことは脳分泌物の異常であり、その脳分泌物を薬によって調整したり、トラウマに対したときの体の反応を鎮静剤などで正常にしてトラウマという心からの影響を体が受けないようにすると言うわけですね。 他にもいろいろとトラウマの克服方法は言われていたりするのですが、やはり心身に大きな影響を与えるような心理学的な観点から見た心的外傷後ストレス障害(PTSD)を誘発させるような意味でのトラウマは専門的な診断からの治療が絶対にオススメです。 そしてまた本当の意味での軽いトラウマなんて存在しているわけもないので、自力で克服したいと言う強い意思のある方だけが今回ご紹介したことを参考にしていただきたいと思いますし、トラウマを持つ本人以外は他人のトラウマに対してのアプローチを専門知識なしにはしないことをオススメします。

次の

いじめのトラウマの克服方法

トラウマ 克服 方法

過去のトラウマはつらいものですね。 フラッシュバックしてしまったり、不安でたまらなくなったり、 過呼吸のような辛い状態になってしまうこともあります。 私は最近ある程度解消したトラウマに似たことをまた再現してしまって、不安でたまらないし、うつ状態になりかけていました。 日中も布団で横になる時間が増えて、 不安と心臓バクバクと戦っていました。 なにしろ「死にたい」ばっかり考えるようになっちゃってたので、下手したらそのまま鬱になったり生活にも影響したかもしれませんが、 不安や鬱への対処法をやっているうちに落ち着いてきました。 まだ寝起きや、ふとした瞬間に思い出すこともありますが嫌なことを思い出しフラッシュバックしてしまうことは、ほとんどなくなってきています。 生活いつもどおりできています。 実はトラウマを克服する方法は単純だったります。 その方法のうち一つを紹介します。 これが、トラウマを克服する方法 ネガティブな感情を ひたすら紙に書きます。 これは 「筆記開示」という方法でもあり心理療法の一つです。 よく「 紙に文字を書くと良い」って聞くと思いますが、それは科学的に認められていることでもあります。 筆記開示のやり方 やり方は、 「自分が思ってることを隠さずひたすら書く」ってだけです。 日記でもいいし、適当な紙でもノートでもいいです。 誰にも見せないプライベートなものがオススメです。 プライベートな日記がオススメなのは、 「感情や思考を隠さず書く」ことができるからです。 そうすると、自分視点だけじゃなく、相手や環境を外から見れるようになってきます。 見つかったとしても、一時的なものになりがちです。 そうすると、似たようなことがあった時に再度繰り返してしまうことが増えてしまいます。 「紙に文字を書く」と、• 自分の感情が言語化される• もやもやした気持ちが整理される• シンプルに考えやすくなり 精神的に心が落ち着く• 自分を 客観的な視点で考えられる• 新しい発見がみつかる• 不安からの出口がみつかる といった効果が実際あります。 「筆記開示」では、 最低4日間、1日20分は書き続けると効果があるとの研究結果があります。 私も毎日20分ほど書いています。 ノートもペンも100円で売ってるもので十分です。 ついでに漢字の勉強になるかもしれません。 普段漢字を書かなくなるとすっかり忘れちゃったりするのは私だけでしょうか 笑 紙に思ってることを書いているうちに自分でも気づけるくらい不安やトラウマへの考え方が楽になってくると思います。 オススメです。 こちらも合わせてご覧ください: 参考:.

次の