ファーストピアス 痛い。 ファーストピアスを開けて耳が腫れたときの対処法│ピアスラボ

ファーストピアスをつけて寝るときの注意点と耳が痛い時の対処方法

ファーストピアス 痛い

ピアスによる外傷性耳垂裂• 市販のピアスは、金属アレルギーを起こしやすい。 また体質によっては、ピアスをつけられない人もいる。 さらには耳たぶの厚さなどによって、ファーストピアスを付けている期間などに、個人差が生じてしまう。 だから、ピアスの穴開けに関しては、 医療機関で行う方が良いよ。 それに、ピアスホールの ケアについても、しっかりと聞けるからね。 だから、これから ピアスホールを作ろうと考えている場合は、なるべく医療機関に行こう。 医療機関でピアスホールを作るステップ 医療機関で相談した場合、どのような手順でピアスホールを作るのか? その手順は医療機関により多少の違いがあるけど、基本的には以下のような感じになる。 医療機関でのピアスホールの作り方の一例• カウンセリングを受ける• 消毒をする• 穴を空ける• 完成 ピアスホールを医療機関で開けたら ピアスホールを、医療機関で開けたら、ファーストピアスを付けることになる。 ファーストピアスというのは、穴を安定させるのが目的のピアス。 このファーストピアスを、付けている期間にもトラブルが生じることがある。 例えば、耳たぶが熱を持っていると感じる場合は腫れ上がっている事が多い。 だから、ファーストピアスを付けている間も油断はできない。 ファーストピアスのトラブルの原因 ファーストピアスのトラブルの原因は、いくつか存在する。 例えば アフターケア(お手入れ)を、あまりしなかった場合は、熱が出たり化膿したりしやすい。 だから医療機関でピアスホールを作ったのなら、しっかりとケアの方法を聞いておこう。 できれば メモ帳なんかを用意してから、ピアスホールを開けてもらった方が良いかもしれない。 もっとも多いファーストピアスのトラブル この ファーストピアスのトラブルだけど、特に多いとされるのが触りすぎて腫れること。 ファーストピアスが気になって触りまくって、ピアスの刺激によってトラブルが生じる。 この場合は、腫れたり汁が出たりすることが多い。 ファーストピアスの ケアは大切。 でもケアをする時以外は、なるべく触らないようにする必要がある。 トラブル時には医療機関にすぐに行きたい場合も ピアスホールを作った後には、些細な事でトラブルが生じる。 だから 本なんかを片手に、自分でトラブルを解消する方が、かなり多いとされている。 ただ、耳たぶが腫れたり熱があるときなどに、痛みがある場合は注意が必要。 化膿が進行している可能性がある。 化膿が原因の痛みは、自力での対処が難しい。 だから痛みを感じる場合には、早めに医療機関に行こう。 ファーストピアスでの化膿 ピアスホールを、作ったばかりの頃の話。 別の言い方をするのなら、 ファーストピアスを装着している時期。 この時期に化膿をした場合、治療の為にピアスを外すことになる。 すると稀にピアスホールが塞がってしまった! などというトラブルが生じることも。 ピアスホールが塞がるのを防ぐには? 治療の為にピアスホールが塞がるのを防ぐには、 病院選びが重要となる。 ピアスホールの維持に無頓着な医療機関もけっこう多いから、その点には気を付けて病院を選ぶ必要がある。 治療中にも装着可能なシリコンピアスを扱っている皮膚科を探そう。 またピアスホールを開けている皮膚科なら、穴を塞がずに治療してくれる事もある。 この辺りは、医療機関と事前に相談するようにしようね。 ピアストラブルのまとめ 今日は、 ピアス穴に関するトラブルをまとめたよ。 ピアスはファッションアイテムなんだけど、少しのミスで危ない症状に繋がってしまう。 もしもピアスでおかしな症状が出たら、早めに病院で診てもらおう。 ……… …… … 耳に穴を開けるピアスなんだけど、英語では イヤリングって呼ばれているんだ。

次の

初めてのピアス穴を開けるのはどのくらい痛い?そんなに痛くない

ファーストピアス 痛い

ピアスホールが小さくなっている• ピアスホールが塞がっている• ピアスホールからズレている では一体なぜなのか… ピアスホールが入らなくなってしまう 3つの原因を詳しく見ていきましょう。 ピアスホールが小さくなっている ピアスホールは安定していれば、塞がることはほぼありません。 とはいえ、しばらくピアスをしていないと穴が小さくなってしまい、ピアスが入らない!という状態になってしまうことも… その理由は、 ピアスホールは傷と同じ状態といえるからです。 人の体は皮膚が傷つくと、治そうとして傷がある場所にかさぶたを作り、その後新しい皮膚を作ろうとします。 ピアスホールも傷と同じですから、 元の状態に戻そうとして穴が埋まってしまうワケですね。 ピアスホールが塞がっている ピアスが入らない!という時、すでに穴が塞がっている可能性もあります。 しばらくピアスを着けていないと穴が小さくなると説明しましたが、それ以上に着けていないと 完全に穴が塞がってしまいます。 安定している場合には、1年くらいならば大丈夫な方も多いですが、5年、10年とつけない期間が長いと自然にピアスホールが塞がってしまう可能性も。 長い時間をかけて傷を治すと同じように、ピアスホールも塞がってしまうので要注意ですよ。 ピアスホールからズレて入れている ピアスが入らない原因として考えられるのが、ピアスを上手く入れられていないということ。 ピアスホールは本来まっすぐ開いていて、その通りに入れられれば痛みはなくスルッと入ります。 しかし、しばらくピアスを入れていないと、ピアスホールがわかりにくくて穴からズレたところに入れている場合もあります。 焦らずまっすぐ入れる• 後ろから入れてみる• 指に水を付けて少しもむ では具体的にどのような手順でするのか、詳しく見ていきましょう。 焦らずピアスをまっすぐに入れる ピアスを入れる時に一番大切なのが、 焦らずゆっくり入れること。 穴が開いているからといって乱暴に通してしまうと、ピアスホールからズレてしまう可能性も! しっかりとピアスホールの前と後ろがどこにあるのかを確認して、前から丁寧に通しましょう。 トラブルが起きていない限りはピアスホールはまっすぐな状態ですから、前から後ろまでを平行に通すことが大切ですよ。 後ろから入れてみる ピアスが入らない時には、後ろの穴から入れてみるといいですよ。 逆転の発想です! 「でも後ろの穴なんてわからない…」なんて思う方も多いのでは? 確かに、一人で後ろのピアスホールから入れるのは難しいため、 他人にやってもらうのがベストですね。 自分一人で後ろの穴から通そうとしても、鏡でも上手く見えないため失敗の可能性があります。 傷と同じく繊細なピアスホールを傷つけないためにも、友達や家族に手伝ってもらうといいですね。 指に水を付けて少しもむ 長期間ピアスを付けていなかった場合は、 ピアスを入れる前に水を少しつけて軽くもむと良いですよ。 入りずらかった穴でも、水でもむだけでスッと入りやすくなります。 水がピアスホールに入り込み滑りやすくなるので、痛みもなく入れることができると口コミでも話題。 コストもかからず試せるこの方法は、試す価値ありですね。 やってはいけないピアスの入れ方 ピアスを入れる時にしてはいけないのは、ホールを傷つけるような入れ方です。 スポンサーリンク 久しぶりにピアスを付ける時にはファーストピアスを 久しぶりにピアスを付ける時には、痛みを伴い入れにくくなりますよね。 私も1か月以上付けていないと、ピアスが入れにくくなってしまい苦労した思い出があります。 そのような時には耳に水やワセリンを塗って少しなじませた後に、 ファーストピアスを入れましょう。 ファーストピアスは市販のピアスよりも肌に良い素材であり、なおかつ入れやすい形状なので久しぶりにつける時にはぴったり。 普通のピアスより少し大きいので痛みを伴う場合もありますが、ワセリンなどで滑らせればその心配もありません。 久しぶりにつける場合には金属アレルギーなどを発症しないためにも、ファーストピアスを使用するのがおすすめですよ。 久しぶりでピアスが入らない時は病院へ ここまで紹介してきた方法を試してもピアスが入らない場合は、病院を受診しましょう。 無理やりピアスを入れると膿んでしまう原因になったり、最悪の場合ピアスを開けられない状態にもなりかねません。 私は入りにくいピアスホールに無理やり入れたら、膿んでしまいその膿によってピアスホールは塞がってしまいました。 常に痛みもあり、かなり膿が出て汚らしい状態に! 痛い思いをする上に見た目的も汚くなり、さらにしこりが残ってしまうという 三重苦でした。 金属アレルギーを発症してしまう可能性もあるので、入らない場合には無理やり入れようとしないで病院を受診しましょう。 実際に私は受診しなかったために金属アレルギーを発症してしまい、今ではネックレスもつけられません。

次の

ファーストピアスをつけて寝る時の注意点とは?痛い場合はどうすれば良い?

ファーストピアス 痛い

ファーストピアスをつけて寝るときの注意点 ファーストピアスを付けて寝るときの注意点は以下の3つです。 ピアスホールに触れないようにして寝る• 横を向いて寝るときは枕やタオルを清潔にする• 柔らかい枕・タオルを使う ファーストピアスをつけて寝るときは、ピアスやピアスホールに刺激を与えないことがベストです。 なので寝るときの体勢としては仰向けが1番いいでしょう。 仰向けで寝ることによってピアスに当たるのは髪の毛のみになります。 髪の毛程度の刺激だったら、ピアスホールを傷めたりすることが無いので、トラブルが起こることも少なくなります。 寝るときはできるだけ仰向けで寝ることをおすすめします。 この記事を読んでいる方の中には、仰向けでは全く眠れない方もいると思います。 無理に仰向けで寝て、寝不足になっては元も子も無いのでそのようなときは横向きで寝てしまいましょう。 横向きで寝るときは、枕やタオルを清潔に保つようにしましょう。 枕は週1回ぐらい干すのがベストです。 枕にタオルを掛けている方は、毎日変えることをおすすめします。 人間は寝ている時に汗をたくさんかいてしまいます。 そのままタオルを放置しておくと雑菌が繁殖してしまい菌が傷口に入ってしまう可能性があります。 最悪の場合、膿んでしまってファーストピアスを取らざるを得ない状況になってしまいます。 ピアスホールは清潔にしていることがとても大事です。 寝具も清潔に保つようにしましょう。 横向きで寝る方は、枕・タオルにも気を使いましょう。 横向きで寝る場合、頭の重さが耳に集中するので、硬い枕や質の悪いタオルを使っているとピアスホールが痛くなりやすくなってしまいます。 頭の重さと枕の硬さに挟まれて痛くなってしまうんですね。 柔らかい枕・タオルを使えば、枕側が頭の形に変わってくれるので押されることもなく、痛くなりにくくなります。 ピアスを開けたときは寝具にも気をつけるようにすると、トラブル無く安定してピアスホールを作ることができます。 ピアスを開けたときは気をつけて枕・タオルを選んでみてください。 ファーストピアスが寝るときに刺さって痛い時の対処法 ここからは、ファーストピアスが寝る時に刺さって痛いときの対処法をご紹介します。 痛いときにはぜひ参考にしてみてください。 痛いところを冷やす ピアスホールは冷やすと痛みが引くと言われています。 やり方は以下の通りです。 保冷剤を用意する• 保冷剤をガーゼで撒く• 患部に当てる 冷やす時は、直接保冷剤を当てるのはやめましょう。 低温やけどの原因になってしまいます。 必ずガーゼで撒いてから冷やすようにしてください。 患部に当てる時は強く押さえずに優しく置くようにしましょう。 ピアスホールに刺激は厳禁です。 新たな傷口を作る原因にもなるので優しく対処するようにしましょう。 殺菌作用のあるボディーソープで洗う 殺菌作用のあるボディーソープで洗うのも効果があります。 ピアスホールが痛い原因は雑菌がいるからかもしれません。 殺菌効果のあるボディーソープで洗えば菌を減らすことができるのでおすすめです。 洗って流す時は、ボディーソープの成分が残らないようにしっかり洗い流すようにしましょう。 残った菌が繁殖する原因になってしまいます。 そうするとまた痛みが再発してしまうのできちんと洗い流すようにしてください。 鎮痛剤を塗る どうしても痛みが治らない場合は鎮痛剤を塗りましょう。 上から塗る場合でも十分効果は得られますが、できればファーストピアスを少し抜いて塗ることをおすすめします。 上から塗ると鎮痛剤が浸透しにくいです。 少し抜いてファーストピアス自体にも塗るようにすれば確実に傷口に薬が浸透するので、早く痛みが引きやすくなります。 塗る時は刺激をあまり与えたくないので、優しく塗るようにしてください。 膿が出た場合は消毒をする ファーストピアスを付けていると膿んでしまったなんて方もいると思います。 ピアスホールが膿んでしまう原因としてはほとんどの場合雑菌が原因です。 雑菌が傷口に入ったことで膿が出てきてしまいます。 膿が少し出ているようなら、消毒をきちんとしてピアスを抜いて抗生物質が入った軟膏を塗るようにしましょう。 消毒液は擦り傷用のもので問題ありません。 もし膿がひどい場合は、病院に行ってお医者さんに見てもらうようにしましょう。 無理して自分で治そうとするともっとひどくなってしまう可能性もあります。 膿は早めに対処することが大切なので、不安を感じたら病院にいくように心がけてくださいね。 ファーストピアスを外す時の注意点 ファーストピアスを抜くタイミングは1〜3ヶ月がベストと言われています。 しかし、傷が治る速さにも個人差があるので注意して外すようにしましょう。 判断の目安としては、ファーストピアスを手で優しく回してくるくる回るようなら、安定している証拠です。 ファーストピアスを外す手順は以下の通りです。 肘をテーブルに置いて固定する• ピアスのヘッドをつまむ• キャッチを逆の手でつまむ• ゆっくりずらしていく• 取れたら終了 ファーストピアスは簡単に外れないようになっています。 なので、なかなか外れないでイライラしてしまう方も多いかもしれませんね。 もし外れなくてもイライラせず落ち着いて上記のやり方を試してみてください。 肘をテーブルに置いて外すと安定するのでぐっと外しやすくなりますよ。 変に力も入らないのでピアスホールを傷つけること無く外すことができます。 あとは、ピアスのヘッドとキャッチをつまんで引き抜くようにしましょう。 ファーストピアスには溝があり、キャッチがそこに引っかかると抜けにくくなる仕様になります。 溝の部分までキャッチが来たら少し力を入れて引き抜くようにしてください。 この時にテーブルに肘をしっかり付けておくようにしましょう。 強く引っ張るとぶれてしまいがちなのでピアスホールに傷がつきやすいです。 きちんと肘を置いてできるだけぶれないように引き抜きましょう。 取ることができれば完了です。 自分の好きなピアスを付けてファッションを楽しんでください。 最後に 今回は、ファーストピアスを付けて寝る場合の注意点についてお伝えしました。 最後にもう1度おさらいします。 ファーストピアスを付けて寝るときはできるだけ仰向けで寝ましょう。 横向きで寝る場合は寝具を清潔にして、柔らかい枕・タオルで寝るのがおすすめです。 ピアスホールが痛いときは、冷やしたり軟膏を塗ったりしてみましょう。 痛みが引かない場合は病院にいくことも検討してください。 ファーストピアスを抜くときは、力を入れて抜くとブレやすくなります。 新たな傷口を作る原因になるので注意しましょう。 肘を置いて固定して抜くことで上手に引き抜くことができますよ。 この記事を参考にして痛いときはきちんとケアできるようになりましょう。 きれいなピアスホールを完成させてファッションを楽しんでくださいね。

次の