遺人形。 みんなのお焚き上げ|人形供養、写真供養、遺品生前整理、お焚き上げ

【遺人形】3Dプリンターで写真から故人のフィギュアを作成│想葬の詩

遺人形

3Dフィギュアとは? 1 3Dフィギュアとは、世界に一つだけの、オーダーメイドのリアルな人物ミニチュア・フィギュアです。 特別な3Dプリンターで出力します。 材質は石膏粉末製です。 色は3Dプリンターでフルカラーで自動着色します。 2 サイズは、高さ10cm~30cmまで1cmきざみで指定できます。 標準は高さ15cmとなります。 1cmきざみで料金が変わります。 4 納期は1ヶ月~2ヶ月。 混雑の具合により納期が変動する場合がありますので、結婚式等の記念日の日取りに合わせて作成される場合には、2ヶ月程度前にご連絡ください。 5 そのままプレゼントできるように、梱包は特製の紙箱(ブラウン)に緩衝剤を入れてお届けします(無料)。 展示用ケースは別途オプションで有料で販売しております。 ニュース/メディア掲載 ネット 2019. 7 雑誌 2019. 16 イベント 2018. 19 テレビ 2018. 03 テレビ 2018. 17 テレビ 2018. 20 テレビ 2018. 18 テレビ 2018. 07 テレビ 2018. 22 新聞 2018. 20 テレビ 2017. 07 テレビ 2017. 10 テレビ 2017. 19 テレビ 2017. 18 テレビ 2017. 19 テレビ 2017. 09 テレビ 2017. 20 新聞 2016. 31 2016年10月31日放送 日経MJにて、発泡スチロールI'ce BLOCKが紹介されました テレビ 2016. 19 テレビ 2016. 14 新聞 2016. 17 雑誌 2016. 15 テレビ 2016. 17 WEB 2016. 03 新聞 2016. 11 河北新報にて、遺影の写真から3Dフィギュアを製作する弊社の「遺フィギュア」製作サービスについて記事を掲載頂きました。 WEB 2016. 10 テレビ 2016. 08 2016年4月8日放送の 読売テレビ ytv かんさい情報ネットten. にて、弊社の遺人形・遺フィギュアサービスをご紹介いただきました。 WEB 2016. 01 WEB 2016. 29 AFP通信社に、弊社の遺人形サービスについて取材頂き、全世界にニュース配信されました。 カナダのメディアに記事にしていただきました。 雑誌 2016. 01 月刊誌『特選街』2月号 目からウロコ!の「神サービス」徹底研究に、弊社の遺フィギュアサービスをご紹介いただきました。 新聞 2016. 01 1月1日元旦の朝日新聞・全国版・社会面にて、『永遠の「命」残したい』特集記事で、遺影の写真から3Dフィギュアを製作する弊社のサービスについて記事を掲載頂きました。 イベント 2016. 1~2 イベント 2015. 31 2015年10月31日 土 11:00~20:00 守口市駅前にて開催されました『第30回守口市民まつり』に3Dプリンター展示及び3Dスキャン体験ブースを出展し、120体の子供たちのミニフィギュア像を作りました。 テレビ 2015. 22 テレビ 2015. 28 テレビ 2015. 19 テレビ 2015. テレビ 2015. 01 テレビ 2015. 25 新聞 2015. 25 新聞 2015. 29 イベント 2015. 27~28 テレビ 2015. 04 テレビ 2015. 21 イベント 2015. 1~2 展示会 2014. 11~12 雑誌 2014. 28 テレビ 2014. 30 5月30日(金)放送の関西テレビ「スーパーニュース アンカー」金曜日のギモン??で、弊社3Dフィギュア製作サービス・心斎橋Dスタが紹介されました。 リポーターの寺西源太さんを3Dスキャンさせて頂き、3Dフィギュアにしました。 展示会 2014. 28~30 中小機構主催インテックス大阪にて開催される「中小企業総合展2014 in Kansai」に出展します。 ブースは、特別展示コーナー K25です。 新聞 2014. 25 テレビ 2014. 10 テレビ 2014. 08 5月8日(木)放送の関西テレビ放送「スーパーニュース アンカー」にて、3Dプリンターに関する取材に協力・出演しました。 新聞 2014. 11 4月11日(金)の産経新聞・社会欄にて、弊社3Dフィギュア製作サービスに関する記事を掲載頂きました。 テレビ 2014. 23 展示会 2014. 13~14 現代最強の職人が住むマチの「大阪ものづくり博」(OCAT)に出展しました。 イベント 2013. 15~16 百貨店の天満屋様とコラボで、心斎橋Dスタが岡山に出張しました。 イベント会場でご来場いただいた方々を3Dスキャンし、3Dフィギュアを作成しました。 WEB 2013. 30 テレビ 2013. 14 テレビ 2013. 09 ラジオ 2013. 28 テレビ 2013. 27 8月27日放送の朝日放送「おはよう朝日です」で、心斎橋Dスタが紹介されました。 リポーターの福原歩さんを振袖の着物姿で撮影させて頂き、3Dフィギュアにしました。 雑誌 2013. 30 WEB 2013. 24 WEB 2013. 11 WEB 2013. 11 WEB 2013. 10 産経新聞 関西版WEBで、心斎橋Dスタが紹介されました。 WEB 2013.

次の

写真から故人をフィギュアに ㈱ロイスエンタテインメント

遺人形

故人が帰ってくる・・・ お父様やお母様であれば、生前いつも自分を愛し、見守り、叱ってくれたでしょう。 恋人であれば自分を理解し、認めてくれたでしょう。 お子様であれば自分のことのように情熱を注ぎ、愛情を注いだことでしょう。 それが自分の生きる目的になっていた。 そんな、大切な方がいなくなる・・・どんなに寂しく、心細く、前に進むことができず立ち止まってしまうでしょう。 昨日いた人が、今日はいない。 Family scene(遺人形)は、埋めることができない、行き場のない哀しみを抱える遺族の方に、寄り添い、慰め、安心を与えてくれます。 故人は、生前と同じように、Family scene(遺人形)として、自分の生きがいや励みとなってくれるのです。 思い出をデザインに込めることができる Family scene(遺人形)は日本初の縮小蝋人形専門店です。 専門店ならではの ご遺族の好みに合うように制作させていただきます。 また、見るたび触れるたびに、故人の日常を感じられ、寂しさを越えて、故人の温かさを、笑顔すらも感じられるよう、家族の思い出のものや故人がいつも身につけていたネクタイや好んでいた絵柄などをあしらい、制作することも可能です。 大好きだった故人がいつもの姿で帰ってくる。 世界で一つしかないつながりを感じられるでしょう。 姿・形にこだわることはもちろん、遺族のお気持ちに添えるよう、まごころを込めてFamily scene(遺人形)をお作りしています。

次の

【遺人形】3Dプリンターで写真から故人のフィギュアを作成│想葬の詩

遺人形

これは「サービス」という視点を持たない寺社が多いことが理由と考えられます。 寺社はお祈りに専念いただき、お客さまのお申込みの受付やご連絡、アフターフォローを企業が担っているのが「みんなのお焚き上げ」です。 お焚き上げをこなすだけで終わらず、神社とともにご利用者のご安心やご満足を最終ゴールとしております。 ご利用者のご安心やご満足のために、私たちは厳しい基準をクリアした寺社のみと提携します。 コールセンターも設置し、丁寧なサポートやお焚き上げの素晴らしさを伝える役割も担います。 お客さまが安心してご利用でき、お気持ちが少しでも軽くなれば幸いです。 みんなのお焚き上げのお約束• きちんと丁寧に行います 「みんなのお焚き上げ」は、大切なお品を由緒正しい神社にて感謝とともにきちんとご祈祷します。 郵送型の場合、お品を箱から取り出さずご祈祷や読経行ったり、簡易で済ませてしまう寺社も少なくありません。 お任せいただいたご信頼を重く受け止めて、責任をもって対応いたします。 受け入れるお品を制限しません ご利用者のお品への想いは様々でそれぞれにストーリーがあります。 燃やすことができないお品、燃えないパーツを含むお品など想いのお品は多岐に渡ります。 「みんなのお焚き上げ」は受け入れるお品を限定することなく、ご依頼者の「想いをまるごと」お受けいたします。 毎月お焚き上げいたします 想いの品を手放すには、依頼者の決して軽くないご決断があります。 予定がずいぶん先だと落ち着かずにご決心が揺らいだり、保管環境が気になったりと様々なご心配が生じます。 「みんなのお焚き上げ」は、迅速なお焚き上げがご決断に報いることだと考え、毎月お焚き上げを実施いたします。 お祈りが行き届きます テレビやネットで何百体、何千体の人形供養の映像を見かけることがあるかと思います。 一見すると壮観ですが、果たして一体一体にお祈りは届いているのでしょうか。 「みんなのお焚き上げ」ではお祈りがお品にきちんと行き渡るようにお焚き上げを少量での行います。 見えないからこそフォローも大切にします 「きちんとやってくれているのかな?」こんなご不安を安心に変えていただけるようご祈祷の後もご祈祷と同じように大切に考えています。 「みんなのお焚き上げ」ではメールでの完了報告、ご祈祷ごとのダイジェスト動画、神社発行のお焚き上げ証明書発行などご祈祷後のフォローも万全に行います。

次の