月 城 かな と。 宝塚歌劇団「月城かなと」ご紹介ページ |株式会社 加美乃素本舗

月城かなとの実家が医者って本当?年齢や本名もチェック!

月 城 かな と

====================== プラスアクトで連載中の「self produce stage」 タカラジェンヌの裏側を一足早くご紹介します。 プラスアクト7月号:雪組・月城かなとさん 連載8回目を飾って頂くのは雪組・月城かなとさんです。 取材を終えての感想をちょっとだけご紹介致します。 取材の感想は? 「『自由にやって!』と言われるのが少し苦手なんですが、今日の撮影は『こういう表情で』『こういう仕草で』と細かく指示して下さったのでとてもやりやすかったです。 指示して頂いたら、よし、完璧に演じるぞ! という気持ちになるので、こういう撮影はとても好きです(笑)。 陽が沈んでから撮影したのに、こんな素敵になるなんて……写真マジックは凄いですね!」 マイブームを教えて下さい。 「美術館や映画館などに行って、色んなモノに触れることを意識しています。 テレビもよく見るんですが、そんな中ハマっていたのが朝ドラ。 『あさが来た』は毎朝の楽しみで、元気を沢山もらっていました」 月城さんのインタビューが掲載されるプラスアクト7月号は、6月11日(土)発売。 お楽しみに! プラスアクト7月号 7月11日発売! 表紙巻頭は玉木宏さん。 全国書店、各ネット書店でご予約出来ます。

次の

月城かなとの年齢や本名は?実家が医者って本当?彼氏も調査!

月 城 かな と

東京宝塚劇場雪組新人公演「Shall we ダンス?」-1 いったい、今までどこにいたの?と言いたくなるぐらい、月城かなと君は、正統派宝塚男役でした。 これが正しい宝塚の男役!という要素がつまっていて、感動。 これだったんだ! 私が求めていたものは!! 私が最初に月城くんを意識したのはいつだろう……。 大劇場では、歌も目立つ台詞もなかったから、最初は美形さんとして。 どの公演からだったかはどうもよく覚えていないんだけど……。 彩凪翔君のバウ「灼熱の彼方へ(コモドゥス編)」より前だったことは確か。 で、「灼熱の彼方へ」のときは、主人公コモドゥスの妻の浮気相手?だったよね。 でも、それ以降も本公演ではあまり目立つ役をもらっていなかったような印象が……。 「仁」の新公は見たのだけれど、実は、月城くんのやった中岡慎太郎はあまり印象に残っていない……。 そして、評判の良かった「ベルばら」新公ベルナールは見ていなくて……。 確かにベルナールは路線の役だけど、それまでの新公の役付きもそんなによくなかったので、劇団推しじゃないのかな……でもこれで波にのってゆくゆくは新公も……なんて思っていたら、はやくも次の「Shall we ダンス?」で新公主役! で、本公演を見に行ったら、急に露出が増えているし、ショー「CONGRATULATIONS 宝塚!! 」でも扱いがぐーんとよくなり若手8人口などにも入るようになって眼福眼福。 しかも、なんだかキラッキラぶりが加速しているような……。 これはやはり無理してでも行くしかないか……となんとかチケットを手に入れたのです。 とはいえ……。 歌は上手いと聞いていたけれど、そんなに台詞の多い芝居もやったことないうえでの初主演だから、正直、ちょっと大変かな……などと思っていたのです。 それが……、いやいやいや……。 すてきでした。 期待以上。 まず美しい!! 正統派美形! 美しいことは正義です(キッパリ)。 そして、ただ顔がキレイなだけじゃなく、表情もキレイなんですよね。 芝居をしていても決して汚い表情にならない!! これはとても大切なことだと思います。 台詞も聞き取りやすいし、正直前半は、不器用な演技なのか地なのかちょっとわからないところもなくはなかったですが、総じて芝居もかなり安定していました。 それにちゃんとオトナの男に見えるのがいいですよね。 それに加えて、宝塚の二枚目男役としての居方ができている。 いや、技術的にはまだまだかもしれないけど、その方向性が間違っていない。 今回つくづく思ったのですが、真ん中に立つ人って、すごく演技や歌がうまい必要があるのかというとちょっと違う。 「上手い」って思わせるんじゃなくて、存在自体がカッコイイ、とかステキに見えることが大事なのでは、と。 彼女の場合、上手さが「適度」で、やりすぎていないように見えるところが、イイ。 彼女より歌の上手い人はいるだろうし、演技だってもっと上手い人はいるかもしれない、だけど、彼女にはセンターに立つべき資質が備わっているんじゃないでしょうか(美形だってことだけじゃなくてね)。 そんなことを、体をこわばらせてダンスを踊るところや、帆風成海君のドニーにからまれているときの遠慮しがちな様子や、ちょっとしたしぐさなどにも感じました。 ちょっと硬く見えるのはもしかしたら持ち味なのかもしれませんが、何をやっていてもちゃんと品があって王道をはずしていない、と言いますか……。 かといって、決して木偶の坊じゃない、ほかの人が台詞と言っているときにも、ちゃんとイロイロ小芝居しながら踊っていたし……。 しかし、「やりすぎない」のです。 この加減がなかなか上手いのではないかと (ファン目線入ってます。 すんません)。 そもそも、平凡で常識的なサラリーマンであるこのヘイリーという役は、宝塚の主役としてはかなりやりにくいタイプだと思うんですが(そういう意味で本役の壮一帆はすごい)、それが意外と違和感なかったんですよね。 もちろん、冷静に考えて会社にあんな超絶美形上司(同僚)がいたら卒倒しちゃいます、というビジュアルなんだけど、フツー(というか、あんなにおっとりした会社員は私の周りにはいませんけどね)のサラリーマンとして、「そんな、大したことありません」とか「いやいや」などと言っている姿に違和感がなかった。 やさしくて、家族思いで、ちょっとおっとりしているけど、どこにでもいそうな「常識人」に見えました。 本人のキャラに合っていたこともあるとは思いますけどね……。 そういう意味で、初主演でこの役はラッキーだったのかもしれません。 私が思うに、宝塚では、特に下級生の頃は元気で明るくてカワイイタイプが重用されることが多いような……。 キャピキャピ(死語です)系といいますか。 まあ、いろんなタイプがいていいと思いますが、ちゃんとオトナの男を演じられるか、ということをもうちょっと重視してほしい気がするんですよね…… (大空祐飛の例からもっと学ぼうよ)。 そういう意味で、美しくて歌も歌えるうえに、今の段階で大人の男の落ち着きが出せる月城かなと君は、なかなかの逸材ではないかと。 なんで、こんなすごい男役をいままで隠していたの? 劇団のバカバカバカ……と思いました (今気づいたんですが、もしかして、今まで温存していたとか? 新星登場を演出するために。 だったらすごいけど……)。 月城くんにはどうか、変な癖をつけないでこのまま王道を進んでいってもらいたいですー。 ちなみに、今日の新公、大劇場で泣いてしまったという挨拶も、きちんとやっていましたね。 センターが正しい男役として存在できるようにこの芝居を盛り上げたほかの出演者たちについては次の更新で。 (だいぶとっちらかっていたので、26日に一部修正しました).

次の

月城 かなと(Kanato Tsukishiro)

月 城 かな と

pinterest. 周りからは「れいこ」と呼ばれているそうですよ。 芸名である「月城かなと」の由来は分かりませんでした。 また、月城かなとさんの生年月日ですが、誕生日しか公表されておらず、産まれた年も分かりませんでした。 しかし、宝塚音楽学校に入学するには中学卒業または高等学校卒業か高等学校在学中の方と年齢制限があります。 月城かなとさんの宝塚音楽学校の前の学歴が高等部なので、月城かなとさんは1988年~2000年の間に産まれている可能性が高いです。 ということで月城かなとさんは 今現在で30才前後の可能性が高いです。 月城かなとさんは出身が田園調布学園とお金持ちである事は分かりましたが、 宝塚音楽学校に入学するには、幼少期からの教育も大事でレッスン等にもお金が必要になってきますよね。 なので、月城かなとさんの ご両親の職業は立派なお仕事に就いているでしょう。 月城かなとさんは、 実家がお医者さんのようですね。 代々お医者さんをやっておられるお家のようです。 月城かなとさんのお父様は整形外科の先生のようです。 お母さまは看護婦さんだったようですね。 そんな月城かなとさん。 本当ならばお医者さんの道を志したと思います。 月城かなとさん自身も高校まではお医者さんの大学、つまり 医学部を受験するつもりで大学受験のために勉強していたのだそうです。 そんな月城かなとさん。 医学部を受験するも落ちてしまったそうです。 一浪するか、別の道を選ぶかという時に、宝塚受験の道を志したそうです。 当時は両親から大反対にあったとのことです。 代々お医者さんの一家でしたから、芸能界の道を娘が志すと聞いたらそれはご両親ともにびっくりしますよね。 月城かなとさん自身もこのことでかなり悩んだそうです。 そんな時にあとおししてくれたのが、お爺さんだそうです。 本人がとても悩んでいたときに、 「自分のやりたい道を行きなさい。 」と言ってくれたのだそうです。 もともと長男の方もいたみたいで跡継ぎには困ってなかったという面もあったそうですね。 当然一番反対していたのはお父様のようですが、 お爺様の意見に押されて宝塚受験を許したのだそうです。 また月城かなとさんはインタビューでご両親のことを聞かれたときに 「私の母は料理が得意で、父はおいしいコーヒーを淹れてくれます。 東京公演は実家に帰ることができ父の淹れたコーヒー飲み放題なところが大好きです」と答えていました。 家族の仲が良いのが分かるエピソードですね。 月城かなとさんは兄弟がいなく一人っ子なので、とても大事に育てられたのかも知れませんね。 jp 月城かなとさんは宝塚95期生です。 95期生は黄金期とも呼ばれるくらい大スターが勢ぞろいしています。 そんな中、月城かなとさんの 宝塚歌劇団入団時の成績は45人中17番と好成績での入団となりました。 月城かなとさんの同期を入団時の成績順にまとめてみました。 礼真琴(現星組2番手) 2. ひろ香祐 3. 水美舞斗(花組男役) 4. 実咲凜音(元宙組トップ娘役) 5. 妃海風(元星組トップ娘役) 6. 晴音アキ 7. 愛すみれ 8. 彩花まり 9. 花瑛ちほ 10. 涼華まや 11. 桜路薫 12. 桜木みなと(宙組男役) 13. 楓ゆき 14. 愛希れいか(元月組トップ娘役) 15. 紫りら 16. 実羚淳 17. 月城かなと(月組3番手男役) 18. 真鳳つぐみ 19. 真みや涼子 20. 柚香光(花組2番手男役) 21. 輝月ゆうま 22. 七生眞希 23. 星乃あんり(元雪組娘役) 24. 朝美絢(雪組男役) 25. 愛羽ふぶき 26. 凰津りさ 27. こと華千乃 28. 天月翼 29. 伶美うらら(元宙組) 30. 早桃さつき 31. 美里夢乃 32. 白峰ゆり 33. 朝央れん 34. 妃桜ほのり 35. 和城るな 36. 逢月あかり 37. 美蘭レンナ 38. 雪華さくら 39. 真衣ひなの 40. 瀬央ゆりあ(星組男役) 41. 麗奈ゆう 42. 優ひかる 43. 留美絢 44. 蓮珠こうき 45. 萌吹まほろ これだけ実力のある人が集まった95期生ですが、皆仲も良いみたいです。 95期生のOGでもある涼華まやさんが結婚した時には、皆で結婚式に参列もしたみたいですよ。 他にも、95期生の初舞台の千秋楽後には舞台袖で手を繋ぎながら最後を惜しんだそうです。 実力がある人ばかりで 「合唱はよくできる期」とも言われていたとのことです。 同期で仲良く過ごせるのは凄く大事なことだと思います。 月城かなとさんは仲間にもライバルにも恵まれていたんですね。 mato. media 男役で有名な月城かなとさんですが、私生活では彼氏がいるのか気になりますね。 調べてみたところ何も情報がありませんでした。 月城かなとさんにはお付き合いをしている男性はいない可能性が高いです。 しかし月城かなとさんと2ショットを撮った方もいるみたいです。 モデルとしても大活躍している道端アンジェリカさんです。 今は消されてしまい見ることが出来ませんが、お仕事で一緒になった時に、道端アンジェリカさんが月城かなとさんのファンということで、一緒に写真を撮ってもらったみたいです。 その 写真を公開したら炎上してしまい削除したとのことです。 宝塚の大スターである月城かなとさんなので、写真も厳しいのですね。 そのことも踏まえるとやはり月城かなとさんには、彼氏がいないのかなと思います。 30代になる女性として、素敵な男性と素敵な恋愛をして欲しいですね。 月城かなとさんの恋愛事情にも注目していきたいと思います。 tokyo-np. 月城かなとさんは幼少期から顔が整っていて、ファンの間では小さい頃から美少女だと有名とのことです。 高校生の時に朝海ひかるさんの「Romance de Paris」を見たことをきっかけに宝塚に興味を持ち、両親を説得し宝塚音楽学校を受験したそうです。 受験時には「1回だけならいいけれど、ダメだったら諦めなさい」という条件を両親から出された月城かなとさん。 有名スクール「川路真瑳バレエスタジオ」や「トゥインクル」に3ヶ月通いレッスンをして見事、一回の受験で合格することが出来ました。 幼少期からレッスンをしていたのではなく、受験直前でのレッスンだったのですね。 受験時のエピソードから朝海ひかるさんは一度決めたこと最後まで全力でやる性格みたいです。 厳しい条件の元、最後まで気を抜かずに頑張れたのは朝海ひかるさんだからなのかも知れませんね。 naver. 月城かなとさんや 男役のタカラジェンヌは露出の多い服やスカート、ミュールやパンプス等がNGとなっています。 なので男役のタカラジェンヌは季節問わずブーツやスニーカーを履いているそうですよ。 また、 下着も「胸押さえ」という着物を着る時に使うような下着を付けて胸を抑えているとのことです。 舞台に立っている時だけでなく、普段から身に着けているのは痛くて大変そうですよね。 NGの服も多く、着る洋服を選ぶのも大変なのですね。 常に男役としてカッコよさを追い求める姿勢が本当にカッコいいです。 宝塚受験のための学校に通うようになったそうです。 寮に入り1日のほとんどを宝塚受験のためについやしたそうです。 そんな月城かなとさん。 そのほかにも 芸能オーディションなども受けていたとのことです。 やはり芸能界にはかなり魅力があったのでしょうね。 もともとそういう面が好きだったということもあるようです。 芸能オーディションもいくつか合格していたようで、もし宝塚受験がダメだったらそちらの道に進むということも考えていたようです。 月城かなさんはもともと演劇に向いてはいたようですが、それでも宝塚受験の学校ではかなり厳しい指導があったようですね。 基本からやり直すということもかなりあったようです。 そんな月城かなとさん。 一時はつらくてやめてしまおうとも思ったとのことです。 まあなんせあの天下の宝塚ですからね。 簡単には入れませんよね。 むしろ入れたらかなりすごいでからね。 そんな月城かなとさんは 宝塚受験をして無事合格したそうです。 このときはご両親もとても喜んだそうです。 口うるさい面はあったご両親だったそうなのですが、一番心配していたのはなんだかんだでご両親だったそうですね。 とにかく無事に合格できてよかった月城かなとさん。 宝塚音楽学校に晴れやかに入学したそうです。 その後はいろいろな授業を学び、無事に宝塚音楽学校を卒業することができた月城かなとさん。 卒業後は宝塚歌劇団でエースとして活躍しているのだそうです。 私生活もかなり充実しているようで、まさにスターとしての道を歩んでいる月城かなとさん。 宝塚歌劇団の演劇に没頭した毎日を送っているようですね。 とても充実していていいですよね。 blog. jp NGの服が多い月城かなとさんですが、 私服がかっこいいの声が多く聞こえてきます。 月城かなとさんはシンプルな服をかっこよく着こなすのが上手で、 良く利用しているブランドはAcne StudiosやCHRISTIAN DADA、Stella McCartneyとの情報がありました。 シャツの襟におしゃれな柄が入っている服を着る時もあれば、シンプルな紺色のシャツを着る時もあったりと私服のセンスも抜群です。 スタイルが良い月城かなとさんなので、何を着ても似合うと思いますが男役として、カッコよくパンツを履いている時の月城かなとさんは男性よりも男性らしく感じてしまいますね。 月城かなとさんが怪我して休演!?詳しくはコチラから! 月城かなとの実家が医者って本当?年齢や本名もチェック!まとめ 月城かなとさんについてまとめてみましたが、実家が医者なのは噂にすぎませんでした。 大人の女性へと成長を続けている月城かなとさんは、男役として更に魅力も増していくのだと思います。 月城かなとさんから目が離せなくなりそうです。

次の