アウト レイジ 最終 章。 映画「アウトレイジ 最終章」北野武監督大いに語る「次は彼らの幼少期を」(1/4ページ)

ヨネダコウが語る「アウトレイジ 最終章」 刮目して見よ、男たちのナルシシズムの極北を!

アウト レイジ 最終 章

【ストーリー】 シリーズ第三作目にして最終作。 日本最大勢力となった花菱会の内紛をきっかけに、大友が身を置く国際的フィクサー「張グループ」を巻き込んだ壮絶な全面戦争へと発展していくさまを描く。 関東【山王会】vs. 関西【花菱会】の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいた。 そんな折り、取引のため韓国出張中の【花菱会】幹部・花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。 これをきっかけに、《国際的フィクサー【張グループ】vs. 巨大暴力団組織【花菱会】》が一触即発の状態に。 激怒した大友は、全ての因縁に決着をつけるべく日本に戻ってくる。 【スタッフ】• 監督:北野武• 脚本:北野武• 撮影:柳島克己 【キャスト】• ビートたけし• 西田敏行• 大森南朋• ピエール瀧• 松重豊• 大杉漣• 塩見三省• 名高達男• 光石研• 原田泰造• 池内博之• 津田寛治• 金田時男• 中村育二• 岸部一徳 【情報】• 製作:日本• 上映時間:104分• 公開日:2017年10月7日.

次の

「アウトレイジ 最終章」(ネタバレあり)|朱雀辰彦|note

アウト レイジ 最終 章

解説 北野武監督・主演で裏社会に生きる男たちの抗争を壮絶に描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズの最終作。 関東最大の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会との抗争後、韓国に渡った大友は日本と韓国を牛耳るフィクサー、張会長のもとにいた。 花菱会幹部の花田は取引のためやって来た韓国でトラブルを起こして張会長の手下を殺してしまい、張グループと花菱は緊張状態へと突入する。 激怒した大友は日本に戻り、過去を清算する好期をうかがっていた。 その頃、花菱会ではトップの座をめぐる幹部たちの暴走がはじまっていた。 ビートたけし、西田敏行、塩見三省、白竜ら前作からの続投組に加え、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之らが新たに参加。 ヒットに気をよくした配給からもう一本、もう一本と頼まれたのか、当初のさまざまな拷問や殺し方を見せるというコンセプトは2作目以降次第に薄れ、2大暴力団の抗争、さらに韓国勢力も加わって、話のスケールが大きくなりすぎた印象も。 とはいえ、ベテランから中堅まで演技派俳優たちによる啖呵の応酬はテンポが良く楽しめるし、義理人情に厚い古臭いヤクザ・大友のキャラクターも哀愁があり、失われゆく男の美学を漂わせる。 北野監督による暴力映画の総括と位置づけられるかもしれない。 北野監督はどこへ向かうのか。 「龍三と七人の子分たち」で見せたヤクザ者のコメディを発展させるのか。 久しぶりにピュアで繊細なドラマも観てみたい。 あるいはキュービズムを意識した実験的な路線を再開する可能性もあるだろうか。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

映画「アウトレイジ 最終章」北野武監督大いに語る「次は彼らの幼少期を」(1/4ページ)

アウト レイジ 最終 章

解説 北野武監督・主演で裏社会に生きる男たちの抗争を壮絶に描いたバイオレンス映画「アウトレイジ」シリーズの最終作。 関東最大の暴力団組織・山王会と関西の雄・花菱会との抗争後、韓国に渡った大友は日本と韓国を牛耳るフィクサー、張会長のもとにいた。 花菱会幹部の花田は取引のためやって来た韓国でトラブルを起こして張会長の手下を殺してしまい、張グループと花菱は緊張状態へと突入する。 激怒した大友は日本に戻り、過去を清算する好期をうかがっていた。 その頃、花菱会ではトップの座をめぐる幹部たちの暴走がはじまっていた。 ビートたけし、西田敏行、塩見三省、白竜ら前作からの続投組に加え、大森南朋、ピエール瀧、岸部一徳、大杉漣、原田泰造、池内博之らが新たに参加。 ヒットに気をよくした配給からもう一本、もう一本と頼まれたのか、当初のさまざまな拷問や殺し方を見せるというコンセプトは2作目以降次第に薄れ、2大暴力団の抗争、さらに韓国勢力も加わって、話のスケールが大きくなりすぎた印象も。 とはいえ、ベテランから中堅まで演技派俳優たちによる啖呵の応酬はテンポが良く楽しめるし、義理人情に厚い古臭いヤクザ・大友のキャラクターも哀愁があり、失われゆく男の美学を漂わせる。 北野監督による暴力映画の総括と位置づけられるかもしれない。 北野監督はどこへ向かうのか。 「龍三と七人の子分たち」で見せたヤクザ者のコメディを発展させるのか。 久しぶりにピュアで繊細なドラマも観てみたい。 あるいはキュービズムを意識した実験的な路線を再開する可能性もあるだろうか。 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の