うかがえる 意味。 姿勢が「窺われる」?「伺うわれる」?「覗われる」?

名前からうかがえる深い意味

うかがえる 意味

南無妙法蓮華経という名前それ自体から、根源の法の深い意味がうかがえます。 妙法蓮華経とは、法華経の詳しい名前です。 法華経で示される根源の法は、なかなか理解しがたい不思議な法であるので「妙法」と呼ばれます。 妙法の特質を理解するための譬えとなるのが、植物の「蓮華(ハス)」です。 たとえば、蓮華は、泥沼に生えても、それに染まらず、清らかで香り高い花を咲かせます。 それは、妙法を信じ、実践する人が、苦悩渦巻く現実世界に生きながら、清らかな心と行動をたもち、人々を教え導くことを思い浮かばせます。 また、蓮華は、他の花とは違って、つぼみの段階でも花びらの中に果実である蓮台があり、花びらと実が同時に生長し、花が開いて実が現れた時も花びらがあります。 原因である花と結果である実が倶にあり、同時です。 これは、まだ仏の境涯(仏界)が開き顕されていない凡夫の段階でも、仏の境涯は見えないけれども厳然と具わっていること、さらに、仏となっても凡夫の生命境涯が失われないということを示します。 このように、蓮華は妙法の特徴を理解するための譬えとなっています。 そして、妙法は、永遠の真実を明かすものであるので、「経」として尊重され信仰されるのです。 また「南無」というのは古代インドの言葉の音を漢字で写したものですが、その意味を取って「帰命」とも訳されます。 「帰命」とは、身も心も帰依する、全身全霊で教えを実践し体現するという意味です。 南無妙法蓮華経は、あらゆる人々を救おうとする仏の慈悲と智慧の生き方が結晶した、仏の心そのものです。

次の

名前からうかがえる深い意味

うかがえる 意味

「うかがう」の漢字には「伺う」と「窺う」があるが、それぞれ使われる意味に違いがある。 しかし、語源が同じで意味に似た部分があるため、使い分けを間違えやすい。 伺うは「尋ねる」「訪問する」「聞く」「問う」を意味する謙譲語。 使用例には、「お宅に伺う」「ご機嫌を伺う」「噂は伺っております」「ご意見をお伺いします」などがある。 窺うは「そっと様子を見る」「密かに探り調べる」「様子を見て好機の訪れを待ち受ける」といった意味がある。 使用例は、「顔色を窺う」「相手チームの様子を窺う」「チャンスを窺う」などである。 こられの中で特に、「ご機嫌を伺う」と「顔色を窺う」は意味が似ているため、使う漢字を間違えやすい。 ご機嫌を伺うの「ご機嫌」は、他人を敬って意向や思惑、安否や様子などをいう言葉なので、それに続く「伺う」は謙譲語になる。 この場合の「伺う」は、相手の意向や様子などを知るために訪問する意味で、直接人に会いに行くことである。 「顔色を窺う」の「窺う」は、他人を敬っているわけではないため、謙譲語ではない。 この場合も人と直接会うが、人と接することを表すのではなく、顔色(様子・機嫌)という内面的なものを密かに覗き見ることを意味している。 つまり、「伺う」と「窺う」の使い分けのポイントは、謙譲語かそうでないかの違いと、直接人に接することなのか、密かに見ることなのかの違いにある。 また、「うかがう」には「覗う」が当てられることもある。 字を見てわかる通り、「窺う」の意味に当てる漢字で、「伺う」の意味には使わない。 「覗う」はほぼ使われないため、読み方だけ覚えておけばよい。

次の

敬語「伺う」の意味と正しい使い方!例文やメールでの注意点も解説

うかがえる 意味

「伺う」の意味とは? 「伺う」の使い方をマスターするには、まず意味を抑えておく必要があります。 敬語としての「伺う」は、以下のように3つの意味を持つ言葉です。 「行く」「聞く」「尋ねる」の意味がある 「伺う」には、行く・聞く・尋ねるの3つの意味を持つ敬語です。 よく耳にする「こちらから伺います」というのは、「行く」という意味で使った場合の表現です。 「訪問する」というニュアンスで使われています。 ほかには、「話を聞いている」という意味で「お話は伺っております」とすることもあります。 また、「詳細をお伺いしてもよろしいですか」は、「尋ねる」という意味で使った場合の表現です。 敬語の種類は「謙譲語」 「伺う」の持つ3つの意味は、どれも謙譲語(謙譲表現)です。 敬語には尊敬語・謙譲語・丁寧語の3つの表現がありますが、このうちの謙譲語とは、自分がへりくだることで相手をたてた言い方です。 謙譲語は、その行為をする人物を下に見た言い方なので、自分の行為に対して使います。 そのため、「部長が訪問される」という意味で、「部長が伺いました」とは言いません。 どの意味で使う場合でも、目上の人が行う場合には使用できないのがポイントです。 「伺う」の使い方と例文 「伺う」の意味別に、使い方を紹介します。 よく使う例文も記載しましたので、活用してみてください。 自分が行くときは「お伺いします」 「行く」という意味で使う場合には、「お伺いします」という表現が一般的です。 たとえば、「御社にお伺いします」や「明日お伺いしてもよろしいでしょうか」と都合を聞くような言い回しもよく使われています。 「伺います」という表現でも、謙譲の意味を持ちますが、語気を強く受け取られることがあります。 そのため、上司や取引先に使う場合には、「お伺いします」という表現がベターです。 一方、「お伺いします」という表現は、二重敬語として不適切とする声もありますが、決して大げさな表現ではありません。 世間一般的に使用されていることから見ても、使用しても問題ないといえるでしょう。 十分な敬意を込めた表現として使うことができます。 「聞いている」は「伺っています」とする 「お話は伺っております」とすると「話は聞いている」という意味になります。 この場合、誰から「聞く」のかもポイントで、「山田社長より伺っております」は山田社長に敬意を示した言い方です。 一方、社外の人に「弊社社長より伺っております」とすると、自社の人間を立てた言い方になるので失礼にあたります。 話す相手に敬意を示したい場合には、単に「お話は伺っております」とするのが適切です。 「尋ねる」の意味では「伺ってもよろしいでしょうか」 「尋ねる」という意味では、「お伺いします」という言い方もありますが、相手に許可を得る意味では、「伺ってもよろしいでしょうか」という表現がベターです。 たとえば、「お名前を伺ってもよろしいでしょうか」という風に使います。 「ご連絡先をお伺いしてもよろしいですか」といったフレーズもよく使う表現です。 「伺う」を使う際の注意点 ビジネスシーンでよく見聞きする「伺う」という表現を使う際に、覚えておきたいポイントを紹介します。 使い方の参考にしてみてください。 「伺う」はメール・口頭で使い方は同じ 「伺う」の使い方をいくつか紹介しましたが、行く・聞く・尋ねるのどの意味で使う場合でも、メール・口頭の使い方に大きな差はありません。 ただし、相手の顔が見えないメールでのやり取りの場合は、「お伺いしてもよろしいでしょうか」と相手の都合を尋ねたり、許可を得たりする表現のほうが便利です。 たとえば、「明日16時にお伺いしてもよろしいでしょうか。 山田様のご都合をお聞かせいただければと存じます」とすると、丁寧な印象になります。 メールでは「意見を伺う」は「お聞きする」がベター メールでも同じ使い方ができますが、「聞く」という意味で使う場合には、もう少し配慮した言い回しがベターです。 複数の意味があるだけに、紛らわしい文章になることがあるからです。 「聞く」の謙譲表現は、「お聞きする」です。 たとえば、「ご意見を伺いたいのですが」は、「ご意見をお聞かせいただけますでしょうか」や「ご意見をお聞きしたく、ご連絡した次第です」とすると丁寧な印象を与えます。 「参る」と「伺う」の違いは相手の有無 「行く」という意味の謙譲語には、「参る」という言葉もあります。 「来週京都に参ります」という風に使います。 「参る」と「伺う」の違いは、行く場所に相手がいるかどうかです。 先述の例のように、「京都に旅行に行く」というような場合には、「参る」を使います。 一方で、「来週京都に伺います」とすると、京都にいる誰かに会いに行くという意味になるのです。 また、「参る」は「一緒に行きましょう」という意味の丁寧な表現として「参りましょう」という使い方もできることも覚えておくと便利です。 「それでは参りましょうか」と出発を促すような使い方ができます。 まとめ 敬語「伺う」には、「行く」「聞く」「尋ねる」の3つの意味があります。 いずれの場合も、自分が行うことに対して使う「謙譲語」です。 「聞く」のように、文脈によっては意味が分かりづらいこともありますので、適宜言い換えも活用するのがおすすめです。 紹介したフレーズもぜひ使ってみてください。

次の