納税 証明 書 世田谷 区。 東京23区世田谷区に対するふるさと納税がイチオシ

証明書が必要なとき

納税 証明 書 世田谷 区

普段は聞きなれない『収入証明書』ですが、引越しのタイミングで必要になることがあります。 ここでは収入証明書とは何か、どこで入手するのかを詳しくご紹介します。 収入証明書とは? 実のところ、『収入証明書』という名称の書類は実在しません。 収入証明書とは『所得証明書』や『課税証明書』さらに『源泉徴収票』といった書類の総称なのです。 いずれも個人が労働し報酬を受け取り、納税義務を果たしていることを証明します。 会社や学校、市役所等にお勤めの方は、12月末の年末調整の時に職場で受け取る『源泉徴収票』が収入証明書に該当します。 課税証明書 東京都では『市民税・都民税課税証明書』という名称で、他の市区町村だと『市民税・県民税課税証明書』や『町県民税課税証明』という名称です。 所得金額も記載されているため、所得証明書の役割も果たします。 住民税の課税金額は、前年の所得をもとに6月に決定されます。 給与明細書 所属している会社や役所から発行される毎月の給与明細書になります。 収入証明書発行の手順 様々なシーンで必要な収入証明書ですが、どのように入手すればよいのでしょうか。 ここでは収入証明書の発行手続きを詳しくご説明します。 所得証明書・源泉徴収票 源泉徴収票は事業主から入手可能です。 一般的な企業では年末調整前の12月に配布されます。 源泉徴収票を紛失している場合、所定の書類を明記し事業主へ再発行手続きを依頼してください。 引越しを機に離職している方は、前職の人事担当者や総務へ相談し、源泉徴収票を発行してもらいましょう。 給与明細書 一般的な企業にお勤めの方は、毎月会社から給与明細書を受け取っているはずです。 給与明細書こそ、一番身近で一般的な収入証明書と言えます。 収入証明書として利用できるのは直近1か月分の給与明細書です。 収入証明書の提出直前に賞与が支給された場合、賞与明細書も収入証明書として認められます。 課税証明書 市町村税・都道府県税の課税証明書は、お住まいの地域の役場で入手可能です。 手続きの際、本人確認書類を求められます。 顔写真付きの身分証明書と印鑑を用意しておくと、スムーズに手続きを進めることが可能です。 手続きでは、請求期間を誤らないよう注意しましょう。 確定申告書 給与生活者以外は、確定申告書または納税証明書が収入証明書という扱いになります。 確定申告書は国税庁ホームページよりダウンロード可能です。 税務署へ直接取りに行くほか、希望すれば郵送もしてもらえます。 白色申告と青色申告で必要書類が異なり、書類作成の難度も異なります。 青色申告を希望される場合、役場や税務署へ『青色申告承認申請書』の提出が必要です。 青色申告には特別控除をはじめとするメリットがあるため、切り替えのタイミングを逃さないよう国税庁ホームページで確認しておきましょう。 収入証明書が必要になるタイミング 日常生活では馴染みのない収入証明書ですが、引越しとはどのような関係があるのでしょうか。 引越しに関連して収入証明書が必要なタイミングは以下の通りです。 引越しに関連して収入証明書が必要になるケース 引越しで収入証明書を提出するケースは、主に以下の3つです。 いずれも収入証明書だけではなく、同時に多数の書類を揃える必要があります。 新居の購入 いわゆる『住民ローン』を組む際、収入証明書の提出が必要になる場合があります。 例えばジャパンネット銀行やじぶん銀行は、300万円以上の借入で収入証明書が必要です。 金融機関と借入金額により収入証明書が不要の場合もあるため、詳細は金融機関へご相談ください。 結婚を伴う引越し 結婚・引越しと同時に配偶者の被扶養者となる場合、収入証明書が必要です。 結婚を機に退職、扶養家族となる方は別途『退職証明書』を、結婚後もパートやアルバイトを続ける場合『雇用契約書の写し』の提出を求められます。 保育園の入園 保育園の入園では、収入証明書の要否が地域により異なります。 収入証明書と就労証明書の提出を求められる地域や、就労証明書のみ提出を求める地域があるようです。 認可保育園を利用する場合、納税額により保育料が変動します。 必要書類は保育園や役場で確認可能なため、入園前に相談しておきましょう。

次の

東京23区世田谷区に対するふるさと納税がイチオシ

納税 証明 書 世田谷 区

税金についての窓口とおもな取り扱い事務 個人住民税、軽自動車税(種別割)については区役所で取り扱っています。 なお、法人住民税、固定資産税、都市計画税については23区では都税として取り扱います。 (区役所第一庁舎2階)• 軽自動車税(種別割)の課税についての相談• (区役所第一庁舎1階)• 住民税・軽自動車税(種別割)の納付• 各総合支所くみん窓口• 住民税・軽自動車税(種別割)の納付• (注意1)各総合支所くみん窓口は、土曜日(第三土曜日、祝日、年末年始を除く)も窓口を開設していますが、以下項目のみ取扱いしています。 住民税の課税・納税証明書の発行 (注意2)土曜日の窓口では、申告していない場合や課税課に確認が必要な場合は、課税・納税証明書を発行できませんのでご注意ください。 くみん窓口で取り扱うサービスについては、「」をご覧ください。 太子堂出張所• 住民税・軽自動車税(種別割)の納付• (軽自動車税(種別割)の納税証明書を除く) (注意1)太子堂出張所は、土曜日(第三土曜日、祝日、年末年始を除く)も窓口を開設していますが、以下項目のみ取扱いしています。 住民税の課税・納税証明書の発行 (注意2)土曜日の窓口では、申告していない場合や課税課に確認が必要な場合は、課税・納税証明書の発行ができませんのでご注意ください。 太子堂出張所で取り扱うサービスについては、「」をご覧ください。 経堂出張所、用賀出張所、二子玉川出張所、烏山出張所• 住民税・軽自動車税(種別割)の納付• (軽自動車税(種別割)の納税証明書を除く) 各出張所で取り扱うサービスについては、「」をご覧ください。 所得税、相続税、贈与税、法人税等、国税に関すること• 不動産取得税、固定資産税、都市計画税に関すること• 法人住民税、事業税に関すること• 自動車税(環境性能割)(種別割)に関すること 問い合わせ先 世田谷区役所 〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号 電話番号 03-5432-1111(代表) 課税課(区役所第一庁舎2階)• 住民税の申告と課税についての相談 、普通徴収から特別徴収への切り替え、給与支払報告書に関すること お問い合わせ先 係名 担当地域 電話番号 課税第1係 池尻 1~4丁目32番 、上馬、経堂、駒沢 1・2丁目 、桜、桜丘、三軒茶屋、下馬、世田谷、太子堂、弦巻、野沢、三宿、宮坂、若林 03-5432-2169 課税第2係 赤堤、池尻 4丁目33~39番 、宇奈根、梅丘、大蔵、大原、岡本、鎌田、北沢、喜多見、砧、砧公園、豪徳寺、桜上水、成城、祖師谷、代沢、代田、千歳台、羽根木、船橋、松原 03-5432-2174 課税第3係 奥沢、尾山台、粕谷、上北沢、上祖師谷、上野毛、上用賀、北烏山、給田、駒沢 3~5丁目 、駒沢公園、桜新町、新町、瀬田、玉川、玉川台、玉川田園調布、玉堤、等々力、中町、野毛、八幡山、東玉川、深沢、南烏山、用賀 03-5432-2184• 特別徴収から普通徴収への切り替え、給与所得者異動届出書、事業所の所在地・名称等変更に関すること 特別徴収係 電話番号 03-5432-2216• 軽自動車税(種別割)の課税、減免についての相談 、バイクの登録・廃車について 管理係 電話番号03-5432-2163 ファクシミリはいずれも、03-5432-3037 納税課 区役所第一庁舎1階• 住民税・軽自動車税(種別割)の納付、課税・納税証明書の発行、口座振替に関すること 収納・税証明係 電話番号 03-5432-2197• 納税の相談 納税相談係 電話番号 03-5432-2208 ファクシミリはいずれも、03-5432-3012 世田谷税務署.

次の

証明書の種類と申請方法

納税 証明 書 世田谷 区

手続きの概要・注意事項 【お問い合わせ先】 納税課収納・税証明係 〒154-8504 東京都世田谷区世田谷4丁目21番27号 電話番号 03-5432-2197 FAX番号 03-5432-3012 【同封物】 手数料:軽自動車税納税証明書(継続検査用)は無料です。 下記の事項に該当する申請については手数料が免除されます。 詳しくはお問合せください。 よくある間違いは、以下の3つです。 申請書に記入された内容が間違っているか、要件を満たしていない 役所の方から電話がかかってくることがあります。 軽微な誤字脱字などであれば役所の方で対応してくれることもありますが、書類を再送することを求められる場合もあります。 同封物が足りない たとえば本人確認書類のコピーなど、本来同封すべきものが入っていなければ手続きを進めることができず、役所から電話などで連絡が来ます。 この場合は、不足している同封物を改めて郵送することになります。 手数料が間違っている 手数料が必要な手続きの場合、同封する定額小為替の金額が間違っていると役所から電話などで連絡がきます。 金額が足りていない場合は、差額分を再度郵送する必要があります。 以上の3点については、郵送前に改めて確認し、間違いがないようにしてください。

次の