大いなる回帰。 『深遠なるヤマト、大いなる大和』

『大いなる祈りがカタチとなって』

大いなる回帰

大いなる和の国、大和 僕たちの国は、かつて「大和(やまと)」とも呼ばれていました。 なぜ「大和」という漢字が当てられたかというのは諸説があるとは思います。 ただ、単純に読み取るとしたら「大いなる和」で「大和」という文字を当てたとも考えられます。 日本は和の国。 「和を以て貴しとなし、、、」 聖徳太子が制定した十七条の憲法の第一条にもこう書かれているのは有名なお話ですよね。 しかし、漢字が導入される前から「やまと」という言葉はありました。 これに関しても諸説あるとは思いますが、こんなお話もあります。 歴史研究家の井沢元彦さんの著書「学校では教えてくれない日本史の授業 天皇論」によると、 卑弥呼(ひみこ)で有名な「邪馬台国(やまたいこく)」の「邪馬台」は 当時(3世紀頃)の中国語の発音で聞くと「やまど」に近いものなのだそうです。 やまど=やまと 日本側が「やまとこく」と言ったのを、中国側が「やまどこく」と聞き取り、「邪馬台国」という漢字を当てた。 そして、それを日本側が「やまたいこく」と現在の読み方で読んでいたのではないか、ということですが、 確かにロジック(論理)が整っていて、納得と思ってしまいました。 ) 漢字が日本に伝わったのが5世紀頃ですので、その前から「やまと」という言葉があったことがここからも伺えます。 では、この「やまと」という言葉はもともとどんな意味があったのか? 「ホツマツタヱ」「ヲシテ文字」で紐解く「ヤマト」の意味とは? 「ホツマツタヱ」「ヲシテ文字」で解釈すると、そこに込められたもっと深遠な想いを知ることができます。 「ホツマツタヱ」によると、縄文人の宇宙観では、宇宙創成の様子はこうなっています。 縄文の人たちが感じ取った宇宙のエネルギーをそのまま形にしたのが「ヲシテ文字」です。 ) そのヲシテ文字で「やまと」を読み解いていくと、、、 「や」は、宇宙の創造神アメミヲヤをあがめて、 「ま」は、その宇宙の創造神アメミヲヤから生まれた五元素が地上に伝わっていき、 「と」は、「トの教え」を表していることがわかります。 「トの教え」とは、古代の天皇(アマカミ)が人々の為に尽くした精神(つくす、やわす)や政治のこと。 つまり、「やまと」とは古代の天皇(アマカミ)が宇宙の創造神アメミヲヤから生まれた宇宙の五元素を自らの身体に取り入れて、人々のために「トの教え」で国を治めたことだと読み取ることができます。 現在の日本では、実際の政治は政治家が行っていますが、 皇室では今でも祭祀が行われており、天皇陛下は元日の四方拝に始まり、 国民や国のために全身全霊で祈りを捧げてくれています。 「トの教え」の「つくす、やわす」を漢字に当てはめるとすると「尽くす、和す」になります。 宇宙の深遠なるエネルギーがアマカミ(天皇)の身体を通り、「トの教え」として降り注ぐ。 その「トの教え」が広がっていき、大きな和のようにつながっていく。 ヲシテ文字で「やまと」の深遠なる想いを知り、漢字の「大和」からも大いなる想いも知ることができます。 どちらが正しい、間違いではなく、両方ともこの日本で育まれてきたこと。 ホツマの基本精神である「トの教え」はつくす、やわすの心。 「ヲシテ文字」と「漢字」も対立する必要はなく、「ホツマツタヱ」と「古事記、日本書紀」も対立する必要もない。 この深遠なるヤマトの国で、大いなる大和の国で育まれてきたことをこれからの未来に活かしていく。 写真の作品はそんな想いから生まれたものです。 アメミヲヤから生まれた二つのア(天)とワ(地)の渦。 そこから生まれる五元素。 この五元素に囲まれている「勾玉」は「トの教え」の象徴です。 その勾玉を中心として、円状に波のようにその教えが大いなる和のように広がっていく。 富士山は「ホツマツタヱ」で、アマテルカミ(天照大神)が生まれた場所だとされています。 「深遠なるやまと、大いなる大和」 僕なりに感じ取った「やまと」と「大和」、、、五七調で綴りました。 ヲシテ文字は母音で宇宙の五元素を表し、子音でそのエネルギーの状態を表しています。 縄文人の宇宙観をそのまま形にしたこの文字は、シンプルで、どこか懐かしい! 作品を見て感じて頂くのもいいですし、実際に書いてみるとまた感じることも違います。 プチ!【ヲシテ文字を書く会】は来場された皆さまにお氣軽にヲシテ文字に触れて頂こうとワンコイン500縁で随時開催しております(講演会の時間は対象外)。 参加された皆さまには、ポストカードにお名前を書いたものをプレゼント致します! 背景をパステルで彩り、筆文字でお名前を書いたオリジナルカードです。 「ホツマツタヱやヲシテ文字に興味がある」 という方はもちろん、 「なぜか分からないけれど、縄文に惹かれる」 という方も足を運んで頂けると嬉しいです。

次の

『深遠なるヤマト、大いなる大和』

大いなる回帰

【ファンファーレ】自分の場にナテラの大樹があるなら、「このフォロワーはEPを消費せず進化できる」を持つ。 (1ターンに1体しか進化できない制限はある) 【進化後】 【進化時】大いなる回帰1枚を手札に加える。 そのフォロワーを破壊する。 【ラストワード】カードを1枚引く。 カードの特徴 手札じゃないところに回帰させるなんて… ストーリーでそこはかとない強キャラ臭を漂わせている「回帰する抱擁」さんですが、大方の予想通りエルフで実装されました。 もう2つ名の時点でどんな作品でも「あっ、ヤバいキャラだ」と伝わって来る圧倒的なプレッシャーを持っているわけで、カード効果も弱いわけないですよね?w さて、回帰という言葉を聞けば古参シャドバプレイヤーなら確実に根源への回帰を連想すると思います。 エルフでの実装ということもあり、何らかのバウンス効果で実装されるかと思いましたが、予想に反して随分とアグレッシブな効果を得ました。 基本的には強烈な盤面制圧能力を持ったカードだと言えるでしょう。 2種類のファンファーレを持っており、共に条件を満たすと起動することが出来ます。 一方の条件はフェアリーを手札に2枚以上抱えていることで、これにより盤面に4点飛ばすことが出来ます。 もう一方は場にナテラの大樹があることが条件となっていますが、これによりEP無しで進化出来ます。 さらに、進化時には大いなる回帰を手札に加えることが出来ます。 大いなる回帰は攻撃力最大の相手のフォロワーへの除去となりますが、発動前に能力を消す効果が発動するため、除去耐性を無視することが出来ます。 対象に取らないため、潜伏フォロワーにも効きますし、選択不能にも効きます。 破壊耐性も打ち消してから破壊する上、ラストワードも無効化するため、凡そ除去耐性と言われる効果をほぼ無視できます。 恐らく、 大いなる回帰を耐えることが出来るのはヘヴンリーイージスだけなのではないでしょうか。 …というか、普通テキスト同士に矛盾が発生した場合後出しの方が強いことが多いと思うのですが、能力を消す効果も無力化するイージスさんやべぇよ。。。 ともあれ、4コストで撃てる環境最強クラスの確定除去を進化時に手札に加えられるわけです。 あとは注意すべき点として、アクティブエルフ・メイのテキストが「自分がカードをプレイしたとき、それがこのターン中に4枚目なら」となっているため、大いなる回帰を2~3枚目で撃つと直接召喚のタイミングが消えそうです。 手札のアクティブエルフ・メイの効果起動面では問題ありませんが、直接召喚したい場合には注意した方が良いでしょう。 カード考察 完全にベイリオンを殺しに来てる ストーリー的にはラティカは陣営なのですが、効果は完全にベイリオン陣営 ロイヤル を殺しに来ています。 現行のロイヤルで強いアーキタイプとしてはリオードロイヤルと進化ロイヤルが挙げられますが、大いなる回帰は成長したリオードさんを無慈悲に回帰させますし、進化ロイヤルのスーパーパワーカード栄光のフロントガードジェネラルも4コストで回帰させます。 こんなん、 ロイヤルはラティカ見たらもう泣いて逃げるしか… 自然シナジーのデッキなら当然入るでしょうが、手札のフェアリー2枚で盤面4点与えながら進化で最凶の除去を手札に加えられるわけで、自然シナジーの関わらないエルフデッキでさえ積んでいても不思議はありません。 自然シナジーそのものもオムニスと相性が良いですし、大いなる回帰の行動カウント2回ボーナスもアクティブエルフ・メイの召喚や10PPでの愛の奇跡とのくっつきなど優秀と言えそうです。 ラティカ自身のスタッツも大いなる回帰も、アクティブエルフ・メイやオムニスのおかげで体力4以下のフォロワーの処理は非常に容易なものの、それ以上のフォロワー、特に悪逆の公爵・ユリウスが非常に対処しにくい問題を解決しやすいのは好感度が高いです。 全体的にミッドレンジ気味のエルフであれば採用しない理由はないカードと言えるでしょう。 ただ、ローテーションエルフは対空射撃の再録で豪風のリノセウステーマデッキのパワーが大きく向上し、そちらの構築にはラティカの居場所はありません。 しかし、豪風リノエルフは環境のトップに立ってしまえばメタりやすいため、確実に他のデッキの台頭を許す性質を持ちそうです。 個人的にはそもそも豪風リノエルフよりもミッドレンジラティカの方がエルフの本命だと考えていますが、豪風リノエルフがより上に行ったとしても前述の理由で他のエルフアーキタイプに存在意義は消えなそうなことも含め、確実に環境で活躍するカードになると考えています。 このため、ローテーション評価をSとしています。 なお、フェアリーを2枚持つと強力に運用出来ますが、エルフはメイの効果などもあって4点を生み出すのが非常に簡単で、進化干渉だけでもそこそこ強力なので無理にフェアリーをコンセプトに組み込む必要性は薄いかと思っています。 一方、アンリミテッドでは5コストで強力な盤面干渉能力を持ったカードの価値はローテーションと比べるとかなり低いです。 大いなる回帰で除去したい明確な仮想敵も存在せず、また、雑に使ってアドバンテージを取りやすい環境でもないです。 さらに、現行の本命構築が豪風リノエルフなので、そこには当然居場所はありません。 強く使える局面があまり無いことが予想され、デッキ的にも相性が良くないため、評価はCとしています。 今後の展望 ミッドレンジエルフの主力 自然シナジー自体が対空射撃の実装やオムニスのバウンス効果などと相性が良く、さらにタッチしやすいテーマなのでかなり使われそうな気配を感じます。 メイやオムニスなどのただ強カードと自然シナジー、ラティカの相性が良いため、今後もエルフの基本セットとして長らく君臨する可能性は高いと考えています。 それだけ強いカードに除去耐性という概念を崩壊させるような効果を付けてしまって大丈夫なのかという疑念は頭を過りますがw さぁ、フロントガードジェネラルさんの明日はどっちだ!? 執筆者プロフィール.

次の

LOHACO

大いなる回帰

・ラウンド1 決まった対戦数のバトルを行い、その中での勝利数に応じて、次回ラウンドのグループ分けを行う。 グループは上位グループであるAグループと、下位グループであるBグループが存在する。 ・ラウンド2 決まった対戦数のバトルを行い、その中で規定の勝利数に達することで、決勝ラウンドに進むことができる。 規定の勝利数に達することができなかった場合は、敗退となる。 ・決勝ラウンド 決勝ラウンドは2回負けた時点、もしくは、Aグループの場合5回戦、Bグループの場合3回戦を終えた時点で終了する。 また、期間中1度のみ挑戦できる。 それ以降は、大会ごとの上限回数までクリスタルやルピ、グランプリチケットを消費することで挑戦可能となる。 ・決勝ラウンド 無料で挑戦することができる。 ・未受取の報酬がある状態で終了した場合、その報酬はギフトに付与される。 (付与されない場合、一度タイトル画面へ戻りしあらためてギフトを確認してほしい。 ) ・ランクマッチをプレイしているユーザーとマッチングすることがある。 ・グランプリのバトルで勝利すると1勝につき累積BPを「100」獲得できる。 ・決勝ラウンドで使用したデッキは、後日ゲーム上などで紹介される場合がある。 【報酬内容】 ・ラウンド1、2 1回挑戦するごとに、勝利数に応じて下記の中から選出された報酬を獲得できる。 ・決勝ラウンド 決勝ラウンド進出報酬に加え、勝利数に応じて追加報酬を獲得することができる。 2回負けた時点、もしくはAグループの場合5回戦、Bグループの場合3回戦を終えた時点での勝利数で報酬が決定する。 Aグループ決勝ラウンド進出報酬:大いなる回帰 エンブレム 、大いなる回帰 スリーブ Aグループ決勝ラウンド追加報酬 0勝:なし 1勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚 2勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、オーブの欠片 1個 3勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、オーブの欠片 2個 4勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、オーブの欠片 3個 5勝:森羅咆哮カードパックチケット 3枚、プレミアムオーブ 1個、VEC アンリミテッド杯 優勝 称号.

次の