ユカタン 半島 クレーター。 チクシュルーブ・クレーター

【画像あり】見たことない巨大隕石孔「バリンジャー・クレーター」

ユカタン 半島 クレーター

内のより小さな天体であることから「minor planet:小さな惑星」、「planetoid:惑星のようなもの」などとも呼ばれた。 現在ではを主成分とするものを「asteroid」と称し、「minor planet」は「asteroid」に加え、、やなどを含んだ天体の総称とされているが、「minor planet」も「asteroid」も日本語ではどちらも「小惑星」と訳されるため、混同しないように注意が必要である(例えば、は「minor planet」の番号のことであり、「asteroid」には含まれない準惑星などにも割り当てられる)。 その多くはとの間の軌道を公転しているが、付近を通過する可能性のあるものも存在する。 初頭まで最大の小惑星であった 1 (Ceres:数字は小惑星番号。 以下同様)でも地球のよりはるかに小さい。 また、惑星や衛星のような球形をしているのはケレスなどごく一部の大型の小惑星のみで、大半は丸みを帯びた不定形である。 位置と数 [ ] 位置 [ ] 既に個体識別されている小惑星のほとんどは、木星軌道と火星軌道の間に存在し、太陽からの距離が約2 - 4天文単位の範囲に集まっている。 この領域を asteroid belt と呼ぶ。 現在では太陽系外縁部のと区別するために メインベルト main belt とも呼ばれる。 小惑星は木星の摂動によって、いくつかの群をなして運動する。 各群はその公転周期にしたがって分類される。 群の中で特に注目されるのが、(周期約12年)と呼ばれる小惑星群であり、これは太陽と木星との間を一辺とする正三角形の一頂点、すなわち両天体の系でのに位置することが知られている。 なお、トロヤ群の名は、この群で最初に発見された小惑星 588 Achilles にちなむ。 以降は 50000 Quaoar や 90377 Sedna といった、エッジワース・カイパーベルトや、さらにその外側にある trans-Neptunian objects(、 TNO)が続々と発見されるようになった。 これらはメインベルトの小惑星 asteroid とは起源が異なると考えられているが、同様に小惑星 Minor planet として登録されている。 エッジワース・カイパーベルトの総質量はより一桁少ない程度であり 、メインベルトの総質量より大きいと推定されている。 数 [ ] 現在、軌道が確定してが付けられた天体は329,243個にのぼる(5個を含む。 参照)。 この他にのみが登録されている小惑星で、複数のを観測されたものが138,053個、1回の衝を観測されたものが117,390個あり、これらを合計すると584,686個に達する。 番号登録されたもののうち、既に命名されたのは17,224個である。 直径1km程度、ないしそれ以下の小惑星については未発見のものが数十万個あると推測されている。 軌道が確定した小惑星数の増え方についてはを参照。 なお、までには仮符号のみのものを含めて6,398個、を含むは同じく1,379個(準惑星4個を含む)が発見されている(『』2010年版)。 歴史 [ ] の発見当時、から、火星と木星の間に未知の惑星を探索する試みが行われた。 に 1 が発見されたが、翌に 2 、に 3 、には 4 と、同じような位置に天体が相次いで発見されたこと、またいずれも惑星と呼ぶにはあまりに小さいことから、やがて惑星とは区別されるようになった。 小惑星 asteroid という語は、初めに考え出された。 8月にで開かれた IAU 総会でが採択された結果、それまで惑星とされていたおよび小惑星とされていたケレスと2003 UB 313()が dwarf planet()に変更され、さらに小惑星のうち十数個が将来的に dwarf planet に変更される可能性があると考えられるようになった(には、新たにとが dwarf planet に変更されている)。 また小惑星はTNOやとともに small solar system bodies 、 SSBO というカテゴリーに包括されることになった。 これを受けて、の小委員会は4月9日のにおいて、dwarf planet、TNO、SSBO の訳語としてそれぞれ「」「」「」の使用を推奨することを提言した。 なお、準惑星については当面の間、教育現場などでは積極的な使用を推奨しない方針。 詳細は「」を参照 起源 [ ] メインベルトのがティティウス・ボーデの法則にほぼ合致するため、昔この位置にあった惑星が何らかの原因で破壊されて小惑星帯が作られたとする惑星破壊説が唱えられたこともあったが、メインベルトの小惑星の質量を合計しても惑星の質量には到底達しないことなどから、現在は支持されていない。 またすべての小惑星が同一の起源を持つわけではなく、かつて彗星であったものなども含まれると考えられる。 一方で、の衛星となど、かつては小惑星だったものが他の天体に把捉されてその衛星となったと考えられている天体も存在する。 メインベルトにある小惑星発生には2つの要素が働いたと考えられる。 1つは太陽系形成時にこの付近にダスト成分が少なかった事がある。 通常原始太陽系円盤は内側から外側に向けてガスや塵が少なくなるが、メインベルト付近から外はなどの成分が凍るため内側よりも成分が多くなり、結果的にメインベルト領域が固体存在量が最も少なくなる。 もう1つは木星が先に形成された影響がある。 の木星が及ぼすによってメインベルト付近の微惑星の軌道が乱され、相対的な差が大きくなり、合体よりも破壊される傾向が強まったという。 命名規則 [ ] 小惑星の名前については、現在では天体の中で唯一、発見者に命名提案権が与えられている。 まず、新天体と思われる天体を2夜以上にわたって位置観測し、その観測結果が Minor Planet Center, MPC に報告されると、発見順に が与えられる。 仮符号は以下の書式に従う英数字からなる。 4桁の数字:発見年を表す。 アルファベット A-Y :発見時期(月の前後半)を表す。 詳細は「」を参照 仮符号を付けられた天体は既知の天体との軌道の同定作業が行われる。 最終的に軌道が確定して新天体だと確認されると、が与えられた上で命名される。 発見者(既に死去している場合は軌道確定のための計算を行った者)によって提案された新小惑星の名前は IAU の小天体命名委員会によって審査される。 名前は化するのが好ましいというのが世界的な暗黙の了解事項であるが、現在ではそうでないものも多い。 その他にも、「発音可能な英文字で16文字以内であること」、「公序良俗に反するもの、ペットの名前 、既にある小惑星と紛らわしい名前 は付けられない」、「政治・軍事に関連する事件や人物の名前は没後100年以上経過し評価が定まってからでないとつけられない」、「命名権の売買は禁止 」などの基準がある。 なお、トロヤ群はに参加した戦士 の中から、(後述)には族の名前、には各民族などの創世神話から命名を行うという規則がある。 また、人名については、かつては『姓・名』を分けて命名できた( 3744 Jack London など)が、21世紀初頭には姓と名を結合した命名が為されている( 79896 Billhaley など)。 また、別々の小惑星に命名提案された人名を結合するケースなども見られる。 近年では、ほぼ同じ大きさのに命名する際に、それぞれの天体に付けた名前をハイフンで結合して小惑星名とするケースが見られる。 例としては、 79360 Sila-Nunam 、 341520 Mors-Somnus がある。 基本的には、一度命名した小惑星名は変更できないことになっているが、何らかの問題が生じた際には例外的に変更された例がいくつかある。 詳細は「」を参照 また、申請の際に名前の綴りが変更されてしまうことがある。 表記 [ ] 小惑星名をで表記する方法は、メディア等によってまちまちである。 もしくはで表記する場合もあり、やなど、に因んで命名された小惑星に関しては、表記する場合もある。 命名の歴史 [ ] 当初は他の惑星と同じように、小惑星に対してもの神の名が与えられていた。 やがて小惑星が多数見つかるようになると、他の神話の神や文学作品の登場人物、あるいは実在した人物や地名なども用いられるようになった。 なお、初期に見つかった小惑星にの名が付けられたことから、男性の名前でも女性化して命名されていた。 そして、に最初の小惑星、に最初の小惑星が発見されると、それらのように特異な軌道を持つ小惑星には男性名(神または英雄など)が付けられることになった(上記の2個はそれぞれ 433 、 588 と命名された)。 その後、小惑星の数が更に増加するにつれて名前の数が足りなくなる恐れが出てきたため、比較的自由な命名が許されるようになった。 後、内にが設立され、小惑星および彗星の観測記録や番号登録、命名などを小惑星回報 として公表するようになり(戦前はに同様の業務を行う機関があったが、詳細は不明)、後に電子化 されている。 しかし、すでに発見された小惑星との軌道の同定に手間取ることが多く、加えて末に小惑星の発見数が急増すると、提案された名前を審査するのが追いつかなくなり、固有名を付けるのをやめようという意見まで出るに至った。 、総会第20委員会において、発見者1人当たり1ヶ月に1個以上の命名提案を控えるよう求めることが決定された。 ただしそれは絶対ではなく、適切な理由があれば複数同時提案も認められる。 例えば2012年には、で大きな被害を受けた地域に由来する小惑星の命名が、同一発見者の小惑星12個に対して同時にされたことがある。 その一方、小惑星番号が付いてから10年以内に名前を提案しないと、命名権を放棄したと見なされるという「10年ルール」も存在する。 こうしたことから、発見数に比して命名された小惑星の割合はあまり多くない。 MPCsによって名前とその由来が公表されるようになったのは、小惑星番号にして概ね1500番台以降である。 末以降に命名された小惑星(3000番台から9000番台の一部と、10000番台以降のすべて)については、の小天体データベースにほぼ例外なくMPECsの命名文が収録されている。 Lutz D. 分類 [ ] 固有軌道要素による分類 [ ] や、など、類似した ()を持つ小惑星の集団を「族」 family と呼ぶ。 これらのグループは同一の()が分裂して母天体に近い軌道を回り続けているものや、木星などの引力の影響で一定範囲の軌道に集まったものと考えられており、基本的には前者を「family」と呼ぶ。 「family」を最初に発見したのは日本のであり、21世紀初頭までにメインベルトで数十の「family」が発見されている。 外縁天体については、に2003 EL 61(後の)を含む「family」が存在する可能性が報告された。 メインベルト小惑星 とのにより、小惑星が分布しないなどを境界に、いくつかの族 family に分類されている。 表は代表的な族のみ。 族 代表的な 小惑星 2. 15 - 2. 35 0. 03 - 0. 23 1. 5 - 8. 0 8 2. 26 - 2. 48 0. 03 - 0. 16 5. 0 - 8. 3 4 2. 37 - 2. 45 0. 12 - 0. 21 0. 4 - 2. 4 20 2. 41 - 2. 5 0. 12 - 0. 21 1. 5 - 4. 3 44 2. 5 - 2. 706 0. 057 - 0. 16 12 - 17 170 2. 53 - 2. 72 0. 08 - 0. 22 11. 1 - 15. 8 15 2. 71 - 2. 79 0. 25 - 0. 31 32 - 34 2 2. 74 - 2. 82 0. 08 - 0. 18 7. 4 - 10. 5 1272 2. 83 - 2. 91 0 - 0. 11 0 - 3. 5 158 2. 99 - 3. 03 0. 01 - 0. 13 8 - 12 221 3. 06 - 3. 24 0. 09 - 0. 19 3. 5 - 6. 8 10 3. 08 - 3. 24 0. 09 - 0. 22 0 - 3 24 65 メインベルト以外の小惑星は特異小惑星と呼ばれる。 小惑星 公転周期が惑星と整数比の軌道の中には、安定で、多くの小惑星が分布するものがある。 は、惑星と太陽を頂点とする正三角形の第3の頂点、つまりのL 4、L 5点に位置する。 群など 軌道 長半径 AU 公転 周期 (年) 惑星 公転 周期 (年) 共鳴比 備考 地球の 1. 00 1. 00 1. 00 1:1 常に地球の近くに位置する。 52 1. 88 1. 88 1:1 太陽 - 火星のL4、L5点。 85 2. 52 火星 1. 88 4:3 2. 50 3. 95 11. 86 1:3 でもある。 97 7. 91 木星 11. 86 2:3 木星との頃、通過 (木星に近づかない)。 28 8. 90 木星 11. 86 3:4 2つのみ発見。 20 11. 86 木星 11. 86 1:1 太陽 - 木星のL4、L5点。 11 164 164 1:1 太陽 - 海王星のL4、L5点。 の の () 関連項目 () NEA 地球軌道の近くを通るもの。 いくつかのグループに分けられるが、特に上から3つを指すことが多い。 …軌道長半径が1 AU以下でが0. 983 AU以上のもの。 …軌道長半径が1 AU以上でが1. 017 AU以下のもの。 …軌道長半径が1 AU以上で近日点が1. 017 AU以上1. 3 AU以下のもの。 アポロ群とまとめて、アポロ・アモール天体ということもある。 アリンダ族…軌道長半径が約2. 5 AUで離心率が0. 4 - 0. 65のもの。 木星の公転周期の3分の1の公転周期を持ち、近日点は1AUに近い。 Damocloid …長楕円軌道や、平面から大きく傾いた軌道を取る。 由来だと考えられている。 PHA …地球近傍小惑星の中でも特に衝突する可能性と衝突した場合の危険性が高い小惑星のこと。 地球近傍小惑星の多くは地球横断小惑星ということもできる。 Centaur 軌道長半径が30 AU以下。 近日点は木星軌道から軌道の間に、遠日点は軌道から海王星軌道の間にあるものが多い。 木星などのを受けやすく、軌道は不安定。 彗星起源と考えられており、太陽系外縁天体に分類されることもある。 軌道傾斜角が90度を超えるもの。 ダモクレス族と重複するものも多い。 (海王星との ) 3:4 2:3 3:5 - 1:2 類似天体 の () 関連項目 () 太陽系外縁天体も、いくつかのグループに分かれている。 EKBO• TNO• 3:4共鳴天体…軌道長半径が36 - 36. 4 AUで、の公転周期(166. (Plutino、2:3共鳴天体)…軌道長半径が39 - 40. 3:5共鳴天体…軌道長半径が42 - 42. (Twotino、1:2共鳴天体)…軌道長半径が48. 0 - 48. 5 AUで、海王星の公転周期の2倍の周期を持つもの。 その他の共鳴天体…海王星と4:7、3:7、2:5、3:8、1:3などの共鳴関係にあるかもしれない外縁天体が見つかっている。 (Cubewano、古典的TNO)…軌道長半径が41 AU以上で、が0. 15以下のもの。 SDO 離心率が大きく、遠日点ではエッジワース・カイパーベルトの外縁を超えるもの。 さらに遠くの軌道を回る天体 E-SDO、天体など。 分類は進んでいない。 他にも多くの族・群がある。 スペクトルによる分類 [ ] 詳細は「」を参照 小惑星は、(反射能)、によって大きく3種類にされる。 - 質。 - 質。 ケイ酸塩が主成分。 - 質。 とが主成分。 上記3つのサブグループに相当する型や、それら以外のマイナーな型も存在する。 その他の分類 [ ]• (連小惑星)• (接触連小惑星)• (破砕集積体) 探査の歴史 [ ] の研究や、将来的な資源利用への布石として、小惑星探査が進められている。 望遠鏡でも点状にしか見えないため、に入るまで、小惑星の研究は軌道の確定や光度の測定に留まり、その姿については想像の域を出なかった。 しかし、恒星による形状の推定、などの高性能の望遠鏡による観察や測定により、大きさや形状など、その姿が徐々に明らかになってきた。 そして、に打ち上げられた木星探査機により、に 951 、に 243 の映像が撮影され、人類は初めて小惑星の鮮明な映像を目にした。 なお、ガリレオはイダに初めてを発見し、と名づけられた。 その後も、主に地上での観測により170個以上(現在)の小惑星に衛星の存在が確認されている(参照)。 に打ち上げられたは、に 253 、に 433 の映像を撮影し、探査機はエロスの周回軌道に乗った後に着陸を果たした。 に打ち上げられた日本の探査機は、に 25143 へ到達、至近距離からの詳細な観測を行った。 はやぶさはイトカワに、計画通りではなかったが接地し、その後離脱した。 サンプル採取については、操作ミスにより、送られた命令列中に弾丸発射命令が存在していなかったため、サンプルホーンの接触により微粒子状の対象が舞い上がったものが回収されていることを期待する、とした(幸い、そのようにして回収されたものとほぼ断定できるサンプルが、実際に確認された)。 に地球へ帰還し、サンプル容器を納めたカプセルが回収されて容器内の微粒子の回収と分析がおこなわれ、同年11月16日には、回収された微粒子のほとんど全てがイトカワ由来であることが発表された。 これは世界初の小惑星からのである。 に打ち上げられたは、に 2867 、2010年に 21 への接近観測を行った。 に打ち上げられたは、に 4 の周回軌道に乗って観測を行い、にベスタの軌道を離脱した。 には 1 周回軌道に到達し、現在でも近接探査が続けられている。 その他にも、彗星探査機などにより比較的遠距離からの、もしくは不鮮明な小惑星の映像がいくつか撮影されている。 2017年現在、、の2つの小惑星探査機が運用中で、小惑星サンプルリターンを目指している。 さらに、、サイキ、などの小惑星探査計画が検討中である。 さらにという計画では、小惑星にインパクターを衝突させる構想である。 アメリカではの中止により小天体探査に関心が集まりつつあり、2010年4月にの発表した新宇宙政策 によれば、月以降の有人探査の対象として地球近傍小惑星が有力な候補と見られている。 これまでに行われた近接探査 [ ]• … 951 、 243• … 2685• … 253 、 433• … 9969• … 5535• … 25143• … 132524 、 486958• … 2867 、 21• … 4 、(1)• … 4179 今後行われる近接探査 [ ]• … 101955 探査中• … 162173 地球へ帰還中 計画が存在する近接探査 [ ]• … 52246 Donaldjohanson、 3548 Eurybates、 15094 Polymele、 11351 Leucus、 21900 Orus、 617• サイキ…• … 未定 実現しなかった近接探査 [ ] 中止または他の目標に変更されたもの• … 1620• ロゼッタ… 4979 Otawara、 140• はやぶさ… 4660 、 地球への危険 [ ] 衝突の可能性 [ ] 詳細は「」を参照 地球の上空には小惑星などの多数の天体が通過している。 これらの中には地球に接近し大気圏で燃え尽きることなく落下するものもあり、では多くのけが人を出した。 2018年12月18日には直径約10mの小惑星が上空およそ26. 5km()で爆発したが、そのエネルギーは1945年に広島に投下された原子爆弾のエネルギーの約10倍といわれている。 地球にとって特に危険性が高く深刻な影響を与える天体は直径が150mを超える天体とされている。 クレーターは直径150km、深さ30km。 周辺は11規模のと大規模のが発生し、海に落ちたために生じたは高さ300mと推定される。 直径10km規模の小惑星衝突は1億年に1回程の頻度で起こると考えられる。 直径1kmの小惑星衝突でも地球規模のに変動を与えると考えられ、その頻度は100万年に1回程と推定される。 これより小規模な衝突は影響こそ限定的になるが、その反面頻度は上昇する。 直径1. 2kmのを作った隕石は直径50m規模であったが、頻度は1000年に1回程あると考えられる。 小惑星の監視 [ ] 地球の公転軌道より1. 3天文単位以内を通過する公転周期200年未満の小惑星はNEA Near Earth Asteroid, といい、2012年11月1日現在で9252個が確認されている。 その中でも、地球に0. 05天文単位(約750km)以下に近づく公転軌道を通り、直径が150m以上と考えられる小惑星はPHA Potentially Hazardous Asteroid, と呼ばれ、1343個が該当する。 しかもNEAは惑星重力の影響を受けやすいため、公転軌道は急に変化して予測どおりにならない可能性が高い。 NEAと、やはり衝突が懸念される彗星 Near Earth Comet, NEC と合わたNEO Near Earth Object, を監視する計画は、と、の共同による Lincoln Near Earth Asteriod Research 、のと、NASAの Near-Earth Asteroid Tracking 、の Lowell Observatory Near-Earth-Object Search 、の Panoramic Survey Telescope And Rapid Response Syastem などがあり、でもが観測を行っている。 このように多くの観測体制が敷かれる理由は、そもそもNEOが非常に観測しにくい事が背景にある。 しかも現在、昼間に観測することは事実上不可能である。 衝突回避の技術研究 [ ] 小惑星の衝突に備えて小惑星を破壊したり針路を変えさせたりする研究も進められている。 しかし、小惑星の衝突を回避する技術は現在の科学技術では達成しておらず、現存するロケットを衝突させて軌道を変える方法でも、直径100m以下の小惑星でしか効果が無いと考えられている。 の「」など有効な回避法が様々に模索されているが、今だ研究段階にあり効果はわかっていない。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 実例としてはを参照。 一部例外あり。 を参照。 に発見された 250 のみで、以降禁止。 21世紀初頭にはネタ切れのため、本人ではなく肉親が参戦した人物の名前も付けられるようになっている。 66652 はSF小説の作品中に登場する架空の神話から命名された。 また、 174567 Varda、 385446 Manweはの神格から命名された。 命名された小惑星は番号順に・・・・・・・・・・・である。 出典 [ ]• Brett Gladman, J. Kavelaars, Jean-Marc Petit, Alessandro Morbidelli1, Matthew J. Holman, and T. Loredo The Astronomical Journal, Vol. 122, No. 2 2001• 編:岡村定矩「2. 太陽系、2. 太陽系小天体の起源、a. 小惑星の起源」『天文学への招待』、2001年。 2010年11月16日閲覧。 日本惑星協会 2010年4月21日. 2010年5月30日閲覧。 AFP. 2019年3月20日. 2019年3月21日閲覧。 AFP. 2019年3月20日. 2019年3月21日閲覧。 CNN. 2019年3月8日. 2019年3月9日閲覧。 参考文献 [ ]• 編集長:「2013年1月号、雑誌07047-01」、、2013年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (2002年11月6日アーカイブ分)•

次の

小惑星

ユカタン 半島 クレーター

Oliver Peckham スーパーコンピューティングのコミュニティは驚愕をもたらす。 を掘り下げたスーパーコンピューターを利用した研究に続いて、研究者のチームはDiRAC(先端計算を用いた分散型研究環境)の高性能コンピューター施設のスーパーコンピューターを使用して、恐竜を死滅させた隕石に関する異なる消滅イベントをシミュレートした。 過去半世紀にわたって、研究者は大規模な小惑星の影響が恐竜の大部分を死滅させ、地球上の生命の多くの生存を不可能にした広大な気候変動を引き起こしたことを確信をしてきた。 科学者たちは、現在のメキシコのユカタン半島に影響を与え、幅93マイル、深さ12マイルのクレーター(「チクスルブクレーター」)を作り、今日まで大陸地殻に浸食されていると科学者たちは信じている。 6600万年も時間を巻き戻すのは簡単なことではない。 インペリアルカレッジ・ロンドン校、フライバーグ大学およびテキサス大学オースティン校から集まった研究者たちは、DiRACのスーパーコンピューティングリソースを使用して、「初めて3D数値シミュレーションを実行して、小惑星が地面に衝突してから最終的にクレーターが形成されるまでのチクスルブへの影響イベント全体を再現しました。 」彼らによると、以前のシミュレーションでは影響の最初の数秒しかカバーできていなかった。 さらに悪いことに、2D平面で動作していたため、小惑星による正面衝突しか考慮できていなかった。 60度の衝撃に対するチクスルブクレーターの推移 画像提供:研究者 ありがたいことに、DiRACリソースにより、はるかに堅牢な分析が可能になった。 シミュレーションは、小惑星が約60度の角度で地球に衝突した可能性が高いことを明らかにしている。 その時点で、何十億トンもの硫黄が大気中に爆発し、太陽の光を遮っていた。 研究者達によれば、これは恐竜にとって多かれ少なかれ最悪のシナリオであり、「可能な限り最大の悪影響」を引き起こした。 研究者たちはまた、クレーター内の山の輪の形成と、地球の表面の下の数マイルに渡る濃密なマントル岩の隆起について、新しい洞察を集めた。 「クレーター形成などの複雑な問題を研究する場合、重要な課題は考慮しなければならない変数の数です。 」とDiRACのディレクターであり、レスター大学の教授であるMark Wilkinsonは述べた。 「DiRACのコンピューティングサービスを使用すると、研究者は、コンピューター自体と、コンピューターの使用方法に関するガイダンスを提供するテクニカルサポートチームの両方にアクセスできるようになるため、「科学に到達するまでの時間」(画期的な時間)を短縮できます。 これまでに、DiRACはこのプロジェクトに約200万コア時間のコンピューティング時間を提供しており、彼らがこのようなエキサイティングな新しい発見をしたことを見るのは素晴らしいことです。 」 Nature Communicationsの2020年5月号で「チクスルブ衝突における急勾配の軌道」として公開された調査を読むには、。 :ウィキメディア・コモンズを通じて壊滅的な小惑星の影響を描いたDonald E. Davisによる絵画 西克也 西克也はフェアチャイルド社、クレイ・リサーチ社、ベストシステムズ社など、30年以上に渡ってHPCに関する仕事に従事している。 Hpcwire Japanの編集長として記事の作成と翻訳を行っている。 島田佳代子 1999年~2007年まで英国在住。 2001年よりスポーツ、旅、ビジネス、映画など幅広いジャンルで執筆活動を開始し、Hpcwire Japanでは主に日本のHPC業界が世界に誇る研究者、開発者の方々のインタビューを担当。 小柳義夫 小柳義夫氏は40年以上に亘ってHPCに携わってきた研究者であり、日本のHPC業界における生き字引として有名。 現在 高度情報科学技術研究機構に所属し、産業界のHPC推進にあたっている。 小西史一 小西史一は、理化学研究所、東京工業大学においてHPCおよびバイオインフォマティクスに関する研究と教育に携わってきた研究者。 2012年からフォトグラファーとしての活動を開始し、現在はIT技術・セキュリティのコンサルティング業務に携わっている。 杉原正一 杉原正一は富士通、クレイ・リサーチ社とHPC業界においてソフトウェアの開発とサポートに従事してきた。 早期退職後にヨットで世界一周を達成。 その後、一般財団法人長距離航海懇話会を創設。 現在はHPC関連の記事を執筆している。

次の

チチュルブ・クレーターの隕石が衝突した本当の場所

ユカタン 半島 クレーター

シバ・クレーターの立体図。 このクレーターは直径500キロで、インド西岸沖の海底にある。 2009年10月に発表された最新の学説によると、このクレーターは2つの隕石のダブルパンチで恐竜が絶滅したことの証拠となる可能性がある。 Picture courtesy Sankar Chatterjee, Texas Tech University 恐竜の絶滅の原因は、数十万年の間隔でメキシコとインド付近に落下した2個の巨大な隕石のダブルパンチだった可能性があることが最新の研究で指摘された。 恐竜の絶滅の原因を説明する学説として過去数十年間で最もよく知られているのが、6500万年前に落下した1個の隕石に着目したものである。 直径10キロの隕石がメキシコのユカタン半島沿岸に落下して現在のチクシュルーブ・クレーターを作り、これが世界規模の気候変動を引き起こして恐竜の大量絶滅に繋がったとする説だ。 しかし、恐竜に実際にとどめを刺したのは直径40キロに及ぶ別の隕石だったと主張する説が議論を呼んでいる。 この最新の説によると、隕石はチクシュルーブの隕石の約30万年後にインド西岸沖に衝突したという。 「恐竜たちは本当に運が悪かった」と、研究の共著者でテキサス州ラボックにあるテキサス工科大学の古生物学者シャンカール・チャタジー氏は語る。 この2個目の隕石の衝突によってインド洋の海底に直径500キロの窪みができたとチャタジー氏は考えており、同氏の研究チームは1996年からこの窪みの調査を行ってきた。 研究チームはこの窪みを、ヒンズー教の破壊と再生の神の名にちなんでシバ・クレーターと名付けた。 「私たちの考えが正しければ、これは地球上で確認された最大のクレーターだ」とチャタジー氏は語る。 シバ隕石の衝突の衝撃はあまりに強力だったため、衝突した場所の地殻が蒸発し、それによってさらに高温のマントルが噴き上がり、このクレーターの高く盛り上がったのこぎり状の縁が形成されたとチャタジー氏は推定している。 さらに、衝突の衝撃によってインド亜大陸の一部が欠けてアフリカの方向に移動を始め、現在のセーシェル諸島が形成されたと研究チームは考えている。 また、現在のインド西部で当時既に発生していた火山の噴火活動もシバの隕石の衝撃によって促進された可能性があるとチャタジー氏は話している。 これまでにも、現在デカントラップと呼ばれるインドの火山地帯から放出された有毒ガスが、恐竜絶滅の決定的要因となったと推測する説があった。 「火山活動を実際に引き起こしたのも隕石の衝撃だったと考えたくなるのは無理もないが、それは違うと思われる。 なぜなら火山活動は既に発生していたようだし、シバ隕石の衝撃はそれに拍車をかけただけだろう」とチャタジー氏は話す。 この研究は2009年10月18日、オレゴン州ポートランドで開催中のアメリカ地質学会年次総会で発表された。 Picture courtesy Sankar Chatterjee, Texas Tech University 文=Ker Than.

次の