足 の 裏側 が つる。 足のふくらはぎ、スネがつる原因、予防、解決策は、アレを脱ぐだけ?

こむら返り(腓返り)・足がつる原因と予防・対処│マグネシウムデータベース

足 の 裏側 が つる

土踏まずがつる原因 疲労 激しい運動をしたり、長時間歩いた後などは足に疲労がたまり、土踏まずがつる原因となります。 筋肉が疲労すると、運動神経との連携がうまくいかなくなり筋肉が収縮し続けてしまいます。 筋肉が収縮し続けることで、筋肉が硬直しつってしまうのです。 もうひとつ考えられる原因があります。 それは、筋肉疲労は筋肉を動かすために必要な酸素や栄養を体の隅々まで送るのを妨げてしまうということです。 これによって体の先の方の土踏まずが痙攣してしまうということもあるのです。 血行不良 足の裏は心臓から離れていて、血の巡りが悪くなると十分な酸素や栄養を送ることができなくなってしまうのです。 これによって足裏の筋肉が収縮し続け土踏まずをつる原因となってしまいます。 特に寝ている間は体温低下なども伴い足先の血行不良が起こりやすいです。 睡眠中に足をつって起きたという経験がある方も多いのではないでしょうか。 血行不良の原因の多くは食生活や疲れによるものです。 お肉中心の食生活をしていると脂質の過剰摂取により血液がドロドロになってしまいます。 しっかりと緑黄色野菜も摂取して、血液の巡りを促すことが大切です。 また、ストレスは自律神経を乱してしまう作用があり、これにより血液の循環調節が機能しにくくなってしまうのです。 ミネラル不足 筋肉の収縮は、体内のミネラルの働きによって調節されています。 ミネラルとは、カルシウム・マグネシウム・カリウム・リンといった電解質です。 このミネラルが不足してしまうと、筋肉と神経の連携が乱れてしまい土踏まずをつる原因となってしまうのです。 ミネラル不足は食生活だけが原因でなく、汗をかいて電解質が不足した状態でも発生します。 つまり、よく運動中につってしまうのは、このミネラル不足もひとつの原因となっているのです。 また、年を重ねるにつれてミネラルの吸収率は落ちていき、ミネラルの排泄量も増えていきます。 結果的に体内の電解質(ミネラル)濃度も減っていきますので、さらにつりやすくなってしまうのです。 水分不足 体の水分が不足していると、脱水症状のような状態になり血液はドロドロになってしまいます。 血液がドロドロになってしまうと、血行不良のケースと同様に足先に十分な酸素や栄養を送ることができなくなります。 これによって、土踏まずがつりやすくなってしまう原因となるのです。 冷え 特に女性の方などは寒くなってくると足先・手先がかなり冷えてしまう方も多いです。 冷え性とまでは冷えが悪化していなくても、家の中で素足で歩いていたり、足先を出しながら寝ていたりすると足は驚くほど冷えきってしまいます。 冷えると土踏まずをつりやすくなってしまいます。 後述するように足を温めるような予防法を実践していくといいですね。 体の歪み 普段、仕事でデスクワークが多く、猫背になりながらパソコンで作業しているという方も多いのではないでしょうか。 このような悪い姿勢が癖になっていると骨盤が歪んでしまい、体全身の血行が悪くなってしまいます。 また、足を組んで座る癖がある方も要注意です。 つい無意識に足を組んでしまう方は気づかないうちに体の歪みが進行してしまっている可能性があるので注意していきましょう。 消化器系の病気 土踏まずは胃・腸・十二指腸などの消化器官の ツボが多く存在します。 ツボは専門的には「反射帯」と呼ばれています。 ツボ(反射帯)は押すと関連する部位の健康を促進する効果がありますが、逆に痛みやつりなどの症状が出るとその部位が悪くなっているというサインでもあるのです。 特に暴飲暴食などをしていて、腹痛なども伴う場合はどこか消化器官に異常があるかもしれません。 自分でできる治療法 自分でできる対処法としては土踏まずの部分をしっかりとマッサージやストレッチすることをおすすめします。 マッサージやストレッチを行うことで以下の2つの効果が得られます。 凝り固まっている筋肉をほぐす• 血行を促進する 特に発作的につってしまった場合は、しっかりと筋肉を引き伸ばすようにしてストレッチするようにしましょう。 土踏まずがつらないようにする予防法 バランスの取れた食生活を心がける 上述したように肉類中心の食生活は動物性タンパク質の過剰摂取につながりやすいです。 これにより、コレステロール値が上昇したり、血がドロドロになって血流が悪くなってしまいがちです。 血流が悪くなると、足先まで十分な酸素や栄養を送ることができなくなり土踏まずがつる原因となってしまいます。 日ごろから緑黄色野菜もしっかり食べることで食物繊維を摂取するといいでしょう。 食物繊維はコレステロールをきれいにする働きがあるので血行促進に効果的です。 また、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)や小松菜、ししゃもなどでミネラルもしっかりと摂取するようにしましょう。 ミネラル不足は体がつる原因となるので、ミネラルを多く含む食品を食べることで予防につながります。 疲労を感じたらケアを! たくさん歩いた日は家に帰ったらしっかりと足のマッサージなどをしてケアをすることをおすすめします。 足に疲労がたまるとつりやすくなってしまいます。 特に普段あまり運動をしていないのに、歩きすぎた日などは疲労がとてもたまっていますのでしっかりとケアをして予防しましょう。 温める 足の裏はとても冷えやすい部位なので、冷えて筋肉が凝り固まったり、血行が悪くなってしまいがちです。 これらはつってしまう原因となりますのでうまく対処しなければなりません。 そこで、家では靴下を履くようにしたり、冬場なら足湯につかったりすることで足を温めることをおすすめします。 自分の足にあった靴を履く 小さすぎる靴、大きすぎる靴、自分の足に合っていない靴は予想以上に足に疲労を与える原因となってしまいます。 特に女性の方でハイヒールなどをよく履く方は注意しましょう。 悪化するとモートン病などにもつながり痛みが発生してきます。 こちらも記事も併せてご覧ください。 参考: 疲労のケアと食生活の改善を意識しよう! 土踏まずがつりやすくなってしまう原因や予防法についてお伝えしました。 土踏まずがつってしまう多くの原因は疲労の蓄積や食生活にあります。 しっかりとケアをして日ごろから予防しておくことで「つる」という現象は減らすことができるでしょう。 また、足がつることとしびれることはどちらも神経と筋肉が関係して起こります。 併せてこちらの記事もチェックしておくことをおすすめします。 参考:.

次の

足の裏、土踏まずがつる原因と対処法!病気の可能性も…

足 の 裏側 が つる

太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは膝を曲げたり、股関節を伸ばす動きのほか、足全体の内旋外旋という複雑な動きを担っている筋肉となっています。 後ろ側にあって、直接的に見えないこともあり普段あまり意識をする部分ではありませんが、範囲がとても広く様々な働きをする筋肉となっています。 大きな筋肉であることから、つった時には痛みが強くなりやすい部分です。 太ももの裏に限らず、つった時の対処法は ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす) 温める この2点になります。 温め方に関しては蒸しタオルやホカロンなどの使い捨てカイロ でつった箇所を温めましょう。 他にも 漢方薬を飲む 太ももの裏がつった時に効果的なツボを押す という方法もあります。 それでも痛みが治まらない時には 消炎鎮痛剤などを使うなどして対処しましょう。 ここでは、太ももの裏がつった時のストレッチの方法と太ももの裏がつった時に効果的なツボとツボの押し方を紹介します。 太ももの裏がつった時のストレッチ 太ももの裏側がつった時に効果的なツボ 浮郄 ふげき 足の太陽膀胱経という背中側、脚の真ん中の後ろ側を通る経絡上にあるツボです。 この経絡は、目の内側から始まり、頭上に進んだ後は、首、背中、膝裏まで一旦進んだ後は、さらにもう一度背中の上の方から足先まで続く、最も長くツボの数が多い経絡となっています。 浮には、上下に漂うという意味、郄 げき は陥凹しているという意味があります。 場所は、膝の裏側、真ん中よりもやや上で、外側に位置しています。 床に座り、膝を曲げて触れると膝裏の外側にある細い縦方向にはしる腱に触れることができます。 大腿二頭筋に2つある筋肉の付着部のひとつで、外側にある停止部に続く腱となっています。 この細い腱の内側で、膝裏にある柔らかい部分に浮郄があります。 心地よい反応があり、押さえると膝や太ももの裏側に響く感覚があるツボとなっています。 ツボの場所は、ピンポイントというわけではなく少し上下に広がっている感覚のあるツボなので、場所を決めすぎずに、広い範囲をツボとして押さえても大丈夫です。 床やベッドの上に座り、刺激を与えたい方の脚の膝を三角座りのように曲げます。 曲げた方の脚と同じ手で、膝裏に人差し指、中指、薬指までの指を当てて、親指は膝の上の太ももに置いてはさむようにします。 膝裏に置いた指を上下に移動させながら、ぐっと腱に沿って押さえるようにします。 殷門 いんもん 殷門は、浮郄と同様に足の太陽膀胱経の経絡上に位置しています。 殷 いん は、憂鬱であるという意味、門は気やエネルギーが出入りする場所という意味があります。 ツボ名の由来は、腰や下腿の痛みがひどく、憂鬱になってしまう気分を軽減することができる、ということから名付けられたとされています。 太もものトラブルには重要な働きをするツボです。 場所は、太ももの裏側のちょうど真ん中あたりに位置しており、お尻と太ももの境目と膝裏を目安にして、半分のところにあります。 ハムストリングスを構成している大腿二頭筋と、半腱様筋が重なっている部分にあるため、触れると縦方向に少し溝を感じるところになります。 自分では見ることができないため、上下縦に少し動かしながら反応を確認しながら探してみると良いでしょう。 個人差はありますが、太ももの裏全体がふわっと軽くなる感覚があるところになります。 床やベッドの上に座り、刺激を与えたい方の脚の膝を立てて置きます。 曲げた方の脚と同じ手の親指を太ももの真ん中の前面から側面のあたりに置いて、残りの4指を後ろ側に置きます。 ツボは縦方向に筋肉が走っているところのキワにあるため中指と人差し指を使って、2つの筋肉をほぐすように押さえていきます。 承扶 しょうふ これまでに紹介したツボと同様に、足の太陽膀胱経の経絡上にあるツボです。 承には受けるという意味、扶 ふ には助けるという意味があります。 脚全体の後ろ側にある座骨神経の通り道にあることや、ハムストリングスの筋肉の始まる部分にも近いことから太ももの裏側に直接働きかけることができます。 場所は、立った状態で感じられるお尻と太ももの境目に見られるくぼんだ部分にあります。 太ももの左右の幅の中では、ほぼ真ん中にあるため比較的探しやすいツボになっています。 奥の方にやや尖ったような大きい骨 坐骨結節 に当たるところになります。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,166ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,790ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,374ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,954ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,753ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,857ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,916ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,531ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,755ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,230ビュー.

次の

足がつる・こむら返りの原因・予防・対処法

足 の 裏側 が つる

土踏まずがつる原因 疲労 激しい運動をしたり、長時間歩いた後などは足に疲労がたまり、土踏まずがつる原因となります。 筋肉が疲労すると、運動神経との連携がうまくいかなくなり筋肉が収縮し続けてしまいます。 筋肉が収縮し続けることで、筋肉が硬直しつってしまうのです。 もうひとつ考えられる原因があります。 それは、筋肉疲労は筋肉を動かすために必要な酸素や栄養を体の隅々まで送るのを妨げてしまうということです。 これによって体の先の方の土踏まずが痙攣してしまうということもあるのです。 血行不良 足の裏は心臓から離れていて、血の巡りが悪くなると十分な酸素や栄養を送ることができなくなってしまうのです。 これによって足裏の筋肉が収縮し続け土踏まずをつる原因となってしまいます。 特に寝ている間は体温低下なども伴い足先の血行不良が起こりやすいです。 睡眠中に足をつって起きたという経験がある方も多いのではないでしょうか。 血行不良の原因の多くは食生活や疲れによるものです。 お肉中心の食生活をしていると脂質の過剰摂取により血液がドロドロになってしまいます。 しっかりと緑黄色野菜も摂取して、血液の巡りを促すことが大切です。 また、ストレスは自律神経を乱してしまう作用があり、これにより血液の循環調節が機能しにくくなってしまうのです。 ミネラル不足 筋肉の収縮は、体内のミネラルの働きによって調節されています。 ミネラルとは、カルシウム・マグネシウム・カリウム・リンといった電解質です。 このミネラルが不足してしまうと、筋肉と神経の連携が乱れてしまい土踏まずをつる原因となってしまうのです。 ミネラル不足は食生活だけが原因でなく、汗をかいて電解質が不足した状態でも発生します。 つまり、よく運動中につってしまうのは、このミネラル不足もひとつの原因となっているのです。 また、年を重ねるにつれてミネラルの吸収率は落ちていき、ミネラルの排泄量も増えていきます。 結果的に体内の電解質(ミネラル)濃度も減っていきますので、さらにつりやすくなってしまうのです。 水分不足 体の水分が不足していると、脱水症状のような状態になり血液はドロドロになってしまいます。 血液がドロドロになってしまうと、血行不良のケースと同様に足先に十分な酸素や栄養を送ることができなくなります。 これによって、土踏まずがつりやすくなってしまう原因となるのです。 冷え 特に女性の方などは寒くなってくると足先・手先がかなり冷えてしまう方も多いです。 冷え性とまでは冷えが悪化していなくても、家の中で素足で歩いていたり、足先を出しながら寝ていたりすると足は驚くほど冷えきってしまいます。 冷えると土踏まずをつりやすくなってしまいます。 後述するように足を温めるような予防法を実践していくといいですね。 体の歪み 普段、仕事でデスクワークが多く、猫背になりながらパソコンで作業しているという方も多いのではないでしょうか。 このような悪い姿勢が癖になっていると骨盤が歪んでしまい、体全身の血行が悪くなってしまいます。 また、足を組んで座る癖がある方も要注意です。 つい無意識に足を組んでしまう方は気づかないうちに体の歪みが進行してしまっている可能性があるので注意していきましょう。 消化器系の病気 土踏まずは胃・腸・十二指腸などの消化器官の ツボが多く存在します。 ツボは専門的には「反射帯」と呼ばれています。 ツボ(反射帯)は押すと関連する部位の健康を促進する効果がありますが、逆に痛みやつりなどの症状が出るとその部位が悪くなっているというサインでもあるのです。 特に暴飲暴食などをしていて、腹痛なども伴う場合はどこか消化器官に異常があるかもしれません。 自分でできる治療法 自分でできる対処法としては土踏まずの部分をしっかりとマッサージやストレッチすることをおすすめします。 マッサージやストレッチを行うことで以下の2つの効果が得られます。 凝り固まっている筋肉をほぐす• 血行を促進する 特に発作的につってしまった場合は、しっかりと筋肉を引き伸ばすようにしてストレッチするようにしましょう。 土踏まずがつらないようにする予防法 バランスの取れた食生活を心がける 上述したように肉類中心の食生活は動物性タンパク質の過剰摂取につながりやすいです。 これにより、コレステロール値が上昇したり、血がドロドロになって血流が悪くなってしまいがちです。 血流が悪くなると、足先まで十分な酸素や栄養を送ることができなくなり土踏まずがつる原因となってしまいます。 日ごろから緑黄色野菜もしっかり食べることで食物繊維を摂取するといいでしょう。 食物繊維はコレステロールをきれいにする働きがあるので血行促進に効果的です。 また、乳製品(ヨーグルト、チーズなど)や小松菜、ししゃもなどでミネラルもしっかりと摂取するようにしましょう。 ミネラル不足は体がつる原因となるので、ミネラルを多く含む食品を食べることで予防につながります。 疲労を感じたらケアを! たくさん歩いた日は家に帰ったらしっかりと足のマッサージなどをしてケアをすることをおすすめします。 足に疲労がたまるとつりやすくなってしまいます。 特に普段あまり運動をしていないのに、歩きすぎた日などは疲労がとてもたまっていますのでしっかりとケアをして予防しましょう。 温める 足の裏はとても冷えやすい部位なので、冷えて筋肉が凝り固まったり、血行が悪くなってしまいがちです。 これらはつってしまう原因となりますのでうまく対処しなければなりません。 そこで、家では靴下を履くようにしたり、冬場なら足湯につかったりすることで足を温めることをおすすめします。 自分の足にあった靴を履く 小さすぎる靴、大きすぎる靴、自分の足に合っていない靴は予想以上に足に疲労を与える原因となってしまいます。 特に女性の方でハイヒールなどをよく履く方は注意しましょう。 悪化するとモートン病などにもつながり痛みが発生してきます。 こちらも記事も併せてご覧ください。 参考: 疲労のケアと食生活の改善を意識しよう! 土踏まずがつりやすくなってしまう原因や予防法についてお伝えしました。 土踏まずがつってしまう多くの原因は疲労の蓄積や食生活にあります。 しっかりとケアをして日ごろから予防しておくことで「つる」という現象は減らすことができるでしょう。 また、足がつることとしびれることはどちらも神経と筋肉が関係して起こります。 併せてこちらの記事もチェックしておくことをおすすめします。 参考:.

次の