昭和30年 歳。 1927年(昭和2年)生まれ~年齢・干支・厄年早見表

九星気学でみる性格や相性|生まれ年で分かる本命星の早見表付き

昭和30年 歳

生年月日 の支給開始年齢 昭和33年4月1日以前 60歳 昭和33年4月2日 ~昭和35年4月1日 61歳 昭和35年4月2日 ~昭和37年4月1日 62歳 昭和37年4月2日 ~昭和39年4月1日 63歳 昭和39年4月2日 ~昭和41年4月1日 64歳 昭和41年4月2日以後 65歳 老齢厚生年金) 昭和29年4月2日以後の生年月日の方には、定額部分は支給されません。 また、支給開始年齢の引き上げに伴い、老齢厚生年金の繰上げ受給の請求ができるようになりました。 これにより、60歳以降であれば支給開始年齢になっていなくても、請求して老齢厚生年金を受け取ることができます。 ただし、繰上げ受給の請求をする場合、老齢基礎年金の繰上げ受給の請求も同時にする必要があり、請求をした時点の年齢に応じて年金が減額され、年金額は減額されたまま一生変わりません。 繰上げ受給の請求について詳しくは、お近くの年金事務所でご相談ください。 また、老後に受け取れる公的年金には、老齢厚生年金のほかにも老齢基礎年金があり、65歳から受け取ることができます。 詳しくは、下記のページをご覧ください。 老齢年金を受け取るときの手続きは年金事務所で 年金は、受け取る資格ができたとき自動的に支給が始まるものではありません。 ご自身で年金を受け取るための手続き(年金請求)を行う必要があります。 60歳または65歳になる前に、から年金請求書が郵送されてきますので、必要な書類を添えてお近くの年金事務所へご提出ください。 年金はどのくらい受け取れるのか ご自分が受給できる公的年金の見込み額は、お手元に郵送される「」や、日本年金機構の「」(利用無料、要ユーザ登録)で確認することができます。 「ねんきん定期便」には、これまでの加入実績から試算した年金額が掲載されています(あくまで目安です。 実際に給付が始まるときには、今後の納付額やそのときの物価などを考慮した額になります)。 詳しい計算方法は、日本年金機構のサイトでご確認ください。 また、将来の年金がどの程度の水準になるかは、という指標が参考になります。 所得代替率については下記のページをご覧ください。 所得代替率の算出はどのように行っているのか 所得代替率は、年金財政を検証するために5年ごとに行われる「」で見通しを立てています。 財政検証では人口の推移や経済状況など複数のパターンで年金の財政を見通し、結果をレポートとしてまとめています。 在職中の年金について 老齢厚生年金を受給している方が会社に就職し、厚生年金に加入した場合は、老齢厚生年金の額と給与や賞与の額に応じて、年金の一部または全額が支給停止となる場合があります。 詳しくは日本年金機構のサイトをご覧ください。

次の

年齢早見表|昭和30年生まれ

昭和30年 歳

生年月日 の支給開始年齢 昭和33年4月1日以前 60歳 昭和33年4月2日 ~昭和35年4月1日 61歳 昭和35年4月2日 ~昭和37年4月1日 62歳 昭和37年4月2日 ~昭和39年4月1日 63歳 昭和39年4月2日 ~昭和41年4月1日 64歳 昭和41年4月2日以後 65歳 老齢厚生年金) 昭和29年4月2日以後の生年月日の方には、定額部分は支給されません。 また、支給開始年齢の引き上げに伴い、老齢厚生年金の繰上げ受給の請求ができるようになりました。 これにより、60歳以降であれば支給開始年齢になっていなくても、請求して老齢厚生年金を受け取ることができます。 ただし、繰上げ受給の請求をする場合、老齢基礎年金の繰上げ受給の請求も同時にする必要があり、請求をした時点の年齢に応じて年金が減額され、年金額は減額されたまま一生変わりません。 繰上げ受給の請求について詳しくは、お近くの年金事務所でご相談ください。 また、老後に受け取れる公的年金には、老齢厚生年金のほかにも老齢基礎年金があり、65歳から受け取ることができます。 詳しくは、下記のページをご覧ください。 老齢年金を受け取るときの手続きは年金事務所で 年金は、受け取る資格ができたとき自動的に支給が始まるものではありません。 ご自身で年金を受け取るための手続き(年金請求)を行う必要があります。 60歳または65歳になる前に、から年金請求書が郵送されてきますので、必要な書類を添えてお近くの年金事務所へご提出ください。 年金はどのくらい受け取れるのか ご自分が受給できる公的年金の見込み額は、お手元に郵送される「」や、日本年金機構の「」(利用無料、要ユーザ登録)で確認することができます。 「ねんきん定期便」には、これまでの加入実績から試算した年金額が掲載されています(あくまで目安です。 実際に給付が始まるときには、今後の納付額やそのときの物価などを考慮した額になります)。 詳しい計算方法は、日本年金機構のサイトでご確認ください。 また、将来の年金がどの程度の水準になるかは、という指標が参考になります。 所得代替率については下記のページをご覧ください。 所得代替率の算出はどのように行っているのか 所得代替率は、年金財政を検証するために5年ごとに行われる「」で見通しを立てています。 財政検証では人口の推移や経済状況など複数のパターンで年金の財政を見通し、結果をレポートとしてまとめています。 在職中の年金について 老齢厚生年金を受給している方が会社に就職し、厚生年金に加入した場合は、老齢厚生年金の額と給与や賞与の額に応じて、年金の一部または全額が支給停止となる場合があります。 詳しくは日本年金機構のサイトをご覧ください。

次の

1958年(昭和33年)生まれの年齢早見表|「年齢計算・年齢早見表サイト」

昭和30年 歳

そして65歳からは国民年金の受給開始年齢になりまして、厚生年金等と併せた金額を受け取ることが出来ます。 原則25年以上何らかの公的年金に加入していたことが条件です。 それでは62歳から65歳までの定期年金と、65歳からの生涯年金の2つに分けて説明致します。 なお、厚生年金の説明=共済年金の説明として話を進めますが、その違いは厚生年金でいう2階部分のさらに上に3階部分が付くということです。 これを職域加算と言いますが、これ以外の仕組みは厚生年金と同じです。 それでは説明に入ります。 厚生年金・共済年金からの支給 62歳から65歳になるまでは2階部分だけの厚生年金が出ます。 2階部分というのは、加入した期間の収入の違いによって年金額に差が出る部分のことです。 つまりAさんとBさんが同じ加入期間なら、収入の多かった人のほうが年金額が多くなるのです。 仕組みはこの辺にして、繰り返しますが昭和30年4月2日~昭和32年4月1日生まれの方は62歳になったらその月から厚生年金の2階部分だけの年金が出始めるのです。 ちなみにわずかな期間しか会社員や公務員をやっていなかったという方も、1年以上その期間があり、国民年金の加入期間と併せて原則25年以上あればその分は年金が出ます。 国民年金は"保険料"の額が決っています。 "年金額"も収入に関係なく加入期間だけで計算されます。 ちなみに20歳から60歳までの40年間を全て何らかの公的年金に加入され、保険料を納めていた方は国民年金からは年額約80万円受給できます。 会社員でも公務員でも自営業でも、何らかの形で保険料を納めていればOKです。 厚生年金・共済年金からの支給 まず65歳まで受給できる2階部分の厚生年金が、引き続き65歳以降一生涯支給されます。 それと、厚生年金から『経過的加算』という年金がプラスされて支給されます。 では、経過的加算とはどういうものでしょう。 国民年金は20歳から60歳までの加入期間を元に計算されますが、厚生年金は20歳未満でも60歳以後も加入期間に入ります。 つまり厚生年金の加入期間には入るけれど、国民年金の年金を計算する期間には入らない期間が働き方によっては出てきます。 例えば高校を卒業してすぐに会社員をされている方などは20歳までの期間は国民年金の年金額を計算する対象期間とはされません。 そこで、そのように国民年金の計算から除外された期間は経過的加算として厚生年金から支給してくれるのです。 少しわかりづらかったですね。 ただ年金額から言えば主要な部分ではなく、わからないからといってそう気にすることはないと思います。 + 厚生年金から支給される経過的加算 *なお、厚生年金等に原則20年以上加入している方で、国民年金が出始めるときなどに65歳未満の配偶者がいる、18歳未満の子供が居るなどの 条件に合う方は約20万円の「加給年金」が加算されます。 その上対象となる方が65歳未満の配偶者であって、65歳になるまでは「特別加算:昭和18年4月2日以降生まれの方で約18万円」が支給されます。 以上が受給開始年齢ですが、あくまで原則ですし、表現もわかり易さを優先して正確でないものも使っております。 例えばここで言う62歳~65歳までの年金は「特別支給の老齢厚生年金」と言いまして、2階部分は収入に比例しているということから「報酬比例部分」と呼びます。 また、公的年金の加入期間は25年ないと年金が出ないというのは最近は浸透してきた話ですが、ほんの一例として例えば会社員や公務員期間を合算した期間が24年あるという昭和30年4月2日~昭和32年4月2日生まれの方は、それだけで年金受給資格を得るということなど、 細かく例外も設定されています。

次の