確定 申告 会社 員。 【確定申告】会社員でも必要な場合があるって本当?損しないための基礎知識をFPが解説

副業時代の確定申告と所得税。会社員も申告が必要?

確定 申告 会社 員

これまでずっと会社員という方にとって、確定申告は縁がないことの一つかもしれません。 確かに、税金のことは社内の年末調整で済みますが、確定申告について知っておいても損はないはずです。 そこで今回は、確定申告の基本を分かりやすくお伝えします。 初めての確定申告に、ぜひお役立て下さいませ。 確定申告とは? そもそも、「すべての社会人は、儲けたら利益の一部を税金として国に納める」のが基本です。 本来、確定申告を通して儲けた金額や経費、最終的な利益などを自己申告し、そのうえで税金を納めるのが原則になります。 会社員の場合、年末調整が基本と考えがちですが、むしろ年末調整は例外です。 年末調整では、「画一的な処理」しかできないので、何か特別な事情があるときは、本来の方法である確定申告で税金を納めることになります。 ・確定申告の種類 儲けの一部を税金として国に納めるわけですが、税金は「儲け方」によって「〇〇所得」などと分類され、それぞれ税金の計算方法が違います。 例えば、会社員がもらう給料は「給与所得」となり、会社員が将来的にもらう年金は「雑所得」に当てはまります。 確定申告(書)は大きく分けて3種類あり、自分の儲けが何所得に当てはまる利益なのかで、使う書類が決まります。 給料をもらっている方は「確定申告書A」を使いましょう。 ・確定申告の流れについて 税金計算の流れを、単純に説明すると以下のようになります。 よく分からないというときは、必要そうな書類を持って近くの税務署に行けば、職員の方が教えてくれるので、安心です。 確定申告が終わったら、不足分の税金を納めるか、すでに納めた税金を返してもらう流れになります。 確定申告をしなくてもいいのはどんなケース? 確定申告をしなくてもいいのは、一言でいえば「何もせず、何も起こらなかった人」でしょうか。 収入がゼロまたはほとんどない人、所得税がかからない人は原則納付しなくてよい人です。 がんばって儲けた分は、確定申告が必要になります。 少々理不尽に感じるかもしれませんが、「確定申告が必要な自分」にプライドを持ちましょう。 会社員で確定申告が必要になるのはどんなケース? 簡単にいえば、画一的な年末調整では処理できないとき、確定申告が必要になります。 中には「確定申告をしたくないから何もしない」という人もいますが、それでは生き残れません……。 最低限の基本は覚えておきましょう。 ・年末調整との違い そもそも、税金の納付は確定申告が基本です。 年末調整は、例外的に認められた「簡易版の確定申告」と言えます。 このため、給料以外の収入や経費などがある場合、すべて確定申告が必要になるわけです。 ・会社員でも確定申告が必要になるケース 一般的な会社員でも確定申告が必要になるのは、ざっくり言うと、以下のようなケースです。 病院に行った、薬を買った(医療費控除)• 災害に遭った(雑損控除)• 寄付をした(寄付金控除)• 家を買った(住宅ローン控除)• 投資をした(申告分離課税)• 退職金が出た(分離課税)• 副業をした(事業所得・不動産所得・雑所得などのどれか)• 保険の満期金を受け取った(一時所得) 「給料以外のお金の出入りがあったとき」は、「税金や確定申告が必要かも……」と考えておくと良いでしょう。 所得税ではありませんが、相続を受けたときにも相続税の確定申告が必要になります。 ・ふるさと納税をすると確定申告が必要? 最近は「ふるさと納税」が人気ですが、先ほどの「寄付をした(寄付金控除)」が、これに当たります。 ただ、ふるさと納税には「ワンストップ特例制度」があり、事前に申請しておけば、納税先が5自治体以内なら確定申告は不要です。 逆にいえば、ワンストップ特例制度を利用しない場合や、5自治体より多く寄付をした場合は、確定申告が必要です。 どのみち確定申告が必要な方は、ついでにふるさと納税を試してみるのもアリかもしれませんね。 2019年の確定申告のスケジュール 2019年の確定申告は、2月18日(月)~3月15日(金)のあいだで行われます。 この時期になってから確定申告の準備を始める人もいますが、初めての人は新年を迎えたら準備を始めたほうが、余裕があっていいかもしれません。 確定申告を知れば「できること」が広がる! 確定申告に苦手意識があると、どうしても「確定申告が必要」というだけで尻込みしてしまうでしょう。 でも、そこまで難しいものでもありませんし、確定申告をすれば「できること」が広がります。 明るい未来を切り開いていくために、ぜひチャレンジしてみましょう。 【こちらの記事もおすすめ】 ・ ・ ・.

次の

会社員でも確定申告が必要なケース!税額がお得になるケースも!|退職王

確定 申告 会社 員

確定申告の時期です。 会社員の人は、毎月の給与から概算で所得税が天引き(源泉徴収)されています。 年末に行う年末調整で所得税を精算し、納税が完了するため、基本的には確定申告をする必要がありません。 しかし、 会社員でも確定申告をしなければならない人はいますし、確定申告することで、還付金を受け取れる場合もあります。 1 給与の年間の収入金額が2,000万円を超える人 2 副業や保険金を受け取った、株式売買など本業以外所得の合計額が20万円を超える人。 ただし、給与所得、退職所得は除きます。 3 2か所以上から給与の支払いを受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と各種所得合計(給与所得、退職所得以外)の所得の合計額が20万円を超える人 4 同族会社の役員、親族などで、その同族会社から給与のほか、貸付金の利子、賃貸料などを受け取っている人 5 災害減免法によって源泉徴収の猶予や還付を受けた人 6 源泉徴収義務のない者から給与等の支払いを受けている人(給与の支払いを受けた時に源泉徴収されていない人) などです。 最近は副業をしている会社員も増えていますので、上記の 2 や 3 のように 所得が20万円を超える人は、本業の給与と副業の稼ぎを合わせて税務署に確定申告をする必要があります。 ちなみに、 所得金額とは、収入(給与や売り上げなど、支払いを受けた総額)から必要経費を差し引いた儲けのことです。 所得は、給与所得や事業所得、不動産収入、雑所得など10種類に分類されますが、 副業の場合、給与で受け取る場合は給与所得です。 アフィリエイトでの収入や、Uber Eatsの配達、民泊で得た所得、YouTuberとしての収入などは、 ・ 継続性があって相当の利益がある場合などは「事業所得」 ・ お小遣い程度なら「雑所得」 に分類されるようです。 わからない場合は、税務署に相談してみましょう。 申告しない場合は、もちろんペナルティがありますし、申告することで、 払い過ぎた税金を還付されたり、赤字がでた場合には、他の所得と相殺できます。 確定申告をした方がいいケース 次は、上記のような所得がなくても、確定申告をした方がいいケースです。 いくつかご紹介します。 医療費を多く払った人 自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合、 その支払った医療費が一定額を超えるときは、所得控除を受けることができます。 これを 医療費控除といいます。 医療費控除の金額は、次の式で計算した金額で、 最高200万円までです。 これは、その年中に健康の保持増進及び疾病の予防への取組みとして一定の健康診査や予防接種などを行っている人が、自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の特定一般用医薬品等購入費を支払った場合、 その年中の特定一般用医薬品等購入費の合計額のうち、1万2,000円を超える部分の金額(8万8,000円を限度)を控除額とするものです。 住宅ローンを組んだとき 住宅ローン控除を受けるために、その年は、確定申告が必要ですが、2年目以降は年末調整の対象になります。 住宅ローンを借入れて住宅を取得する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度です。 毎年末の住宅ローン残高または住宅の取得対価のうち、いずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から控除されます。 消費税率10%が適用された住宅の取得をして、令和元年10月1日から令和2年12月31日までの間に入居した場合には、控除期間が3年間延長されます。 また、 所得税からは控除しきれない場合には、住民税からも一部控除されます。 住宅の取得対価の計算で、 すまい給付金の額は控除されます。 すまい給付金とは、消費税率引上げによる住宅取得者の負担をかなりの程度緩和するために創設された制度です。 詳しくは、国土交通省の住まい給付金のサイトをご覧ください。 確定申告の際は、自治体から送られてくる「寄附金受領証明書」が必要です。 soumu. また、 損益通算で控除しきれなかった損は、翌年から3年間、繰越控除をすることができます。 nta. nta. htm] 家の売却したとき 住宅ローン残高の支払いで損がでた場合、条件を満たせば控除の対象になります。 nta. htm] 確定申告は2月16日から3月15日の間で 確定申告の義務があるサラリーマンは、 2月16日から3月15日の間に申告をすることが必要です。 源泉徴収された税金が多すぎる場合に確定申告をすることで、納めすぎた所得税の還付を受けることができる還付申告は、2月16日から3月15日の確定申告期間は関係なく、申告対象の翌年1月1日から5年間、いつでも書類を提出することが可能です。 過去5年分までさかのぼって還付申告ができます。 (執筆者:岩城 みずほ).

次の

じつは知らない……確定申告とは?会社員でも必要になるのはどんなケース?

確定 申告 会社 員

会社員でも確定申告が必要な条件とは? まずは、会社員でも確定申告が必要になる条件についてお伝えします。 いくつかあるのですが、代表的なものとしては以下の通りです。 給料2000万円以上の人• 副業収入が給料、または年20万円を超える人• 災害を受けて、税金の優遇を受けたい人 あとは「何らかの投資をしている人」も、事情によっては確定申告が必要になります。 簡単に言えば、災害を除けば 「がんばっている人ほど」確定申告が必要な可能性が高いです。 理不尽に感じる人もいるかもしれませんが、そういうルールですから、諦めて確定申告しましょう。 ちなみに、必要かどうか分からない場合は、自分で勝手な判断をするのではなく 税務署や税理士に相談してみたほうが無難です。 まずは、このような最低限のルールを知っておきましょう。 自分で納税金額を計算し、支払いしよう 確定申告とは、簡単に言えば「自分で納税金額を計算して支払いする行為」です。 とはいえ、最近では パソコンが自動で計算してくれますから、あくまであなたは言われるままに当てはまるなら数字を入力するだけと言えます。 そこまで難しい行為ではありません。 その数字も、多くの部分で「一定の証明書」がもらえますから、 そこに書いてある数字を入力するだけです。 不慣れだと難しく感じてしまうでしょうが、落ち着いて確定申告に挑みましょう。 会社員でも確定申告したほうが税金上、得な場合は? 次は、会社員でも確定申告したほうが税金上、得な場合をお伝えします。 代表的なケースとしては、以下のような場合です。 病院に行った・薬を買った(医療費控除に該当する)• ふるさと納税をした(寄付金控除に該当する)• 災害や盗難、横領にあった(雑損控除に該当する) これらは 年末調整で処理できない項目なので、確定申告したほうが得になります。 また他にも、以下に該当するような場合は確定申告したほうが得です。 家を買った(住宅ローン控除が使える)• 投資で損した(損失を繰り越せる:以後3年間の利益と相殺できる)• 年末調整で書類を出し忘れた(確定申告で、やり直しできる) 意外と確定申告したほうが得なことも多いので、会社員の方も「自分には関係ないこと」と考えずに挑んでみましょう。 控除が不要なサラリーマンは滅多にいない そもそも多くのサラリーマンは、仕事で赤字になることなど基本的になく、誰もが一定の所得税を納める必要があります。 そして税金とは、 控除という名の「税金計算上の経費」を増やすほどに安くなる制度です。 このため、控除が不要なサラリーマンなど滅多にいません。 確定申告することでその控除を増やせるのであれば、やらない手はないのではないでしょうか。 今はただでさえ年収が上がりにくい時代ですから、せめて少しでも控除を増やし、 手取り年収を増やしていきましょう。 個人的に副業しているなら確定申告が必須? ここで少し、会社員の確定申告における注意点をお伝えします。 先ほどお伝えした「確定申告が必要な条件」で、一番当てはまりやすいのは「副業」でしょう。 一口に副業といっても内容は様々ですが、 個人的に副業しているなら確定申告が必要と考えたほうが無難です。 そもそも副業がアルバイト等なら「給与収入」に該当しますから、 収入金額に関わらず基本的に確定申告が必要になります。 それ以外の副業であっても、年20万円の所得というのは、一定の事業でもない限り、月2万円程度の収入で超えてしまう額です。 一般的な副業は大きく稼げないことも多く、 つい少額だから問題ないだろうと勝手に考えてしまう方も多いと言えます。 それは色んな意味で危険ですから、十分に注意しましょう。 なお、副業における年末調整の方が気になる方は以下記事も参考にどうぞ。 確定申告とは、自分の収入や経費を申告する行為 ここからは、確定申告の中身についてお伝えします。 まず、確定申告では 自分の収入や税金計算上の経費を申告しつつ、自分で自分の税額を計算するわけです。 税金計算の流れは以下のようになります。 税金計算上の経費は実に色々なものがあり、 家族や加入中の保険なども経費の対象になります。 これらは年末調整でも申告したでしょうが、確定申告でも変わりません。 何もないほど確定申告も簡単ですから、落ち着いて取り組んでいきましょう。 またこのため、確定申告する時は 自分で自分の状況や事情を把握する必要があります。 特に経費について何か漏れがないか等を、実際に確定申告に取り組む前にしっかり把握しましょう。 会社員の確定申告は、税金を取り戻す行為? 会社員なら、すでに源泉徴収によって基本的に毎月納税をしているはずです。 しかし、源泉徴収は「仮払い」のようなものなので、実際の納税額を年末調整や確定申告を通して再計算することになります。 そして 払い過ぎの状態であれば、税金を還付金として返してもらえる訳です。 このため 会社員の確定申告は、いわば税金を取り戻す行為と言えます。 確定申告のほうが申告できる控除も多いわけですから、ぜひ前向きに取り組んでいきましょう。 会社員が確定申告で使う書類は? 今度は、具体的な書類についてお伝えします。 会社員が確定申告で使う書類は、基本的に以下のものです。 確定申告書A• 各種の控除証明書や領収書・源泉徴収票など ちなみに確定申告書Aについては、国税庁のHPにある「確定申告書等作成コーナー」で、直接入力しながら手に入れることができます。 またこのコーナーでは、 入力の仕方についての説明もありますから、とりわけ初心者が始めて確定申告する時にはおすすめです。 また各種の控除証明書などは、確定申告書に入力しつつ、基本的に証明書自体も添付する必要があります。 手元に届いた折には、大切に保管しておきましょう。 なお、 どのような控除証明書が手元に届くか(控除として使えるか)は、個々人で違います。 あくまで自分の場合はどうかで取り組みましょう。 書き方が分からないなら税務署で相談しよう 会社員が初めて確定申告に取り組む場合、やはり色々と分からない部分も出てくるのが普通です。 同僚がやっているのをマネするわけにもいきませんから、尚更と言えます。 書き方が分からないなら、 必要そうな書類を税務署へ持って行って、相談しながら申告作業をするのもおすすめです。 特に確定申告の期間中(2月16日~3月15日)は、専用の相談・作成コーナーを設けている税務署も多くあります。 もちろん 利用や相談は無料ですから、安心して助けてもらいましょう。 ちなみに税務署が遠方なら、基本的に有料ながら近所の税理士に相談する手もあります。 ともかく、分からないからと無視することだけは控えましょう。 税金上のペナルティには強めに注意しよう 最後に、確定申告で大切なことをお伝えします。 そもそも全ての国民には「納税の義務」があり、利益を得たら税金を納めなければなりません。 少額であっても許されるものではなく、ルールを破った人は以下のような重いペナルティを負わされる可能性があります。 延滞税 :申告が遅くなった場合、7~14%• 無申告加算税:申告をしなかった場合、15~20%• 重加算税 :悪質と判断された場合、35~40% ちなみに税金というのは、たとえ自己破産しても逃れられませんし、 給料や財産を差し押さえられる可能性も出てきます。 最悪、「脱税」と見なされて捕まる可能性もゼロではありません。 会社員なら会社バレが怖いかもしれませんが、それ以上の痛手を負う可能性も十分あります。 それを避けたいなら、確定申告は原則不要と勝手に考えるのではなく、せめて税務署への確認連絡が必要でしょうね。 できれば無用な損を避けるためにも、 原則必要と考えて確定申告に取り組みましょう。 「なぜやらなかったのか……」と後悔しないように 基本的に税務署というところは、納税者次第で対応が変わります。 納税に前向きなら支払えなくても協力的ですが、後ろ向きなら容赦しません。 最近では国民健康保険料や国民年金保険料などについても同様で、 むしろ応対が厳しくなってきているのが実情です。 どのみち税金からは逃げることができず、 逃げるほどにペナルティも高まります。 あとで「なぜやらなかったのか……」と後悔しないためにも、きちんと取り組むよう心がけましょう。 会社員でも確定申告できれば得に繋がる! 「確定申告が必要」というだけで避ける人も多いですが、できるようになれば得に繋がります。 会社員でも副業を筆頭に、分かりやすい得に繋がるのではないでしょうか。 最初は苦手に感じたとしても、 何度かやれば慣れてくるものです。 ぜひ会社員であっても、積極的に確定申告に挑んでいきましょう。 なお、あなたが個人事業主なら以下記事も参考にどうぞ。

次の