二重整形 末広。 ぱっちりな二重になりたいなら。憧れの二重を手に入れる方法

二重・目元整形なら湘南美容クリニック【公式】|美容整形・美容外科・美容皮膚科

二重整形 末広

二重の種類 ぱっちりな二重まぶたと言っても、二重には大きく分けて3種類あります。 二重になれる美容整形を知る前に、簡単に二重まぶたについて知っていきましょう。 平行型 平行型の二重まぶたは、外国人に多く見られます。 蒙古襞はなく、名前の通り二重のラインが平行型になっている状態です。 二重のラインの幅が一定で、 ぱっちりと華やかな印象を与えます。 日本ではハーフタレントが急増するとともに、若い女性の間ではハーフ顔がブームに。 平行型の二重も流行りの1つになりました。 末広型 末広型の二重とは、蒙古襞は張ったまま、 目尻に向かって少し広がりのある二重のことを指します。 見た目の印象は、自然で控えめ。 アジア人の顔に似合う二重だと言われています。 二重にするなら、平行型の二重を求めがちです。 しかし、平行型の二重だけが美しさとは言い切れません。 日本の女優さんを思い浮かべてみましょう。 美人の象徴となる女優さんは、かならずしも平行型の二重ではありません。 中には、末広型の二重をもった女優はたくさんいます。 ぱっちりな平行型の二重だけが、美人の象徴とは言えないようです。 自分に合った二重を見つけて、なりたい二重を決めていきましょう。 奥二重 奥二重とは、 二重がまぶたの奥に隠れた状態のこと。 あまり二重とはハッキリと分かりづらい目元なのが特徴的です。 完全に一重まぶたの人が 「なるべくバレないように美容整形がしたい」という時に、最適な二重のラインと言えます。 また、人によってはまぶたの分厚さや目の位置によって、奥二重や末広型の二重の方が似合う場合もあります。 自分の理想と、似合う二重は別物です。 美容整形をする際は、 ドクターと話し合ってから決断しましょう。 二重の美容整形とは? 二重の種類についてご理解いただけましたか?では、次は二重の美容整形について知っていきましょう。 二重になれる美容整形は大きく分けて3種類。 さっそく解説していきます。 切開法 切開法とは、まぶたをメスで切開し、縫い合わせることで二重を作る美容整形です。 切開法といっても、2種類あります。 まぶたを1〜2cmのみ切開する 部分切開。 まぶた全体を切開する全切開です。 個人差はありますが、まぶたの分厚さを解消するために、脂肪やその他の組織を取り除く場合もあります。 (まぶたの内部にある脂肪を「眼窩内脂肪」と呼びます) 切開法の二重まぶたの欠点は、 ダウンタイムが必要なこと、元に戻せないことです。 ダウンタイムとは、休息の時間です。 腫れや内出血が収まるのをまったり、抜糸までの 約1週間を待ちます。 また、切開法はメスを入れる手術なので、一度手術をしてしまったら元に戻せないというリスクはあります。 しかし、ぱっちりな二重まぶたを作るのに、切開法は最適な方法であることは確かです。 「ダウンタイムが長く取れない、腫れや痛みが怖い、戻せないのが不安」など、手術を踏み切れない場合は、他の手術方法を検討するのがよいでしょう。 埋没法 埋没法とは、まぶたの裏側に特殊な細い糸を縫い留めて二重を作る美容整形です。 平行型、末広型、奥二重まで。 自分の理想の二重のラインによって、二重の幅を決められます。 切開法と比べて料金も安く、 ダウンタイムも2〜3日間と短いことから、プチ整形として人気の二重整形です。 また、糸を留めてあるだけなので、もし施術後気に入らなかった場合でも、もとに戻すことができます。 リスクが少ないのが埋没法のよい点ではあります。 しかし、留めていた糸が外れてもとに戻ってしまう欠点も。 一生ものの二重を手に入れたいなら切開法。 プチ整形程度に二重になりたいなら、埋没法を選ぶとよいでしょう。 目頭切開 アジア人の特徴的な目元の1つは、強く張った蒙古襞(もうこひだ)です。 蒙古襞とは、目頭にかぶさっている皮膚のことを指します。 この蒙古襞を取り除く手術が 「目頭切開」です。 蒙古襞がある欠点は2つ。 綺麗な 平行型な二重を作りにくくなること。 目と目が離れて見えることです。 蒙古襞が強く張っている状態で、無理やり平行型の二重をつくると不自然さが出てしまいます。 さらに、目と目が離れすぎていては、 顔全体がアンバランスに見えることも。 これらを解消できるのが、蒙古襞を取り除く「目頭切開」の役目。 「綺麗な平行型二重を作りたい」、「目と目を近づけて大人っぽい印象にしたい」なら、二重整形と目頭切開を同時に行いましょう。 なりたい二重に合わせた手術パターン 「ぱっちり大きい目になりたい」、「控えめな目元がいい」など、なりたい二重像は人それぞれですよね。 以下では、なりたい二重に合わせた手術パターンを3つご紹介していきます。 ハーフ系のはっきり二重になりたい ハーフ系のはっきりした目元になりたいなら 、「切開法+目頭切開」がおすすめ。 ハーフ系のはっきりした目になるには、平行型の二重になるのが大前提。 分厚く重たい一重まぶたが、平行型の二重になる場合、切開法は外せない手術です。 強く蒙古襞が張っていると想定できるので、目頭切開も同時に行いましょう。 自然でひかえめな二重になりたい 自然で控えめな二重になりたいなら、 「埋没法」がおすすめ。 特に日本人におすすめの二重は、 末広型です。 自然で控えめな代表格の二重と言えます。 末広型の二重なら、埋没法で十分手に入れることができるでしょう。 バレないように自然な二重になりたい なるべくバレないように二重になりたいない方にも、やはり 「埋没法」がおすすめ。 一見すると二重になったのか分からない、奥二重にするのがよいでしょう。 奥二重は自然にぱっちりした目元になるので、 一重まぶたのきつい印象を和らげることができます。 美容整形で憧れの二重を手にいれよう 二重の種類から二重になれる美容整形まで、詳しくご紹介してきました。 ぱっちりとした二重は永遠の理想ですよね。 美容整形をするなら、自分にあったドクターを見つけることも大切です。 ドクターと話し合い、最適な手術方法を選びましょう!.

次の

平行二重な芸能人の画像10選!整形で末広二重にするのがおすすめ?

二重整形 末広

共立美容外科では、 メスを使わない「切らない二重手術」を採用。 目の上に点 ポイント と点 ポイント を結んで、二重のラインを作ります。 麻酔のかけ方や手術で使用する極細の糸など、独自の研究結果に基づき、 大きくてチャーミングな目もとに仕上げます。 手術痕が残らず、腫れづらい自然な仕上がりで、眼瞼下垂 まぶたが重くなる・目が開けづらくなる の心配はありません。 所要時間は20分程度。 共立美容外科は痛みが少ないように手術を行うことを、医師一人一人が意識していますので、「痛みが少ないようにする治療」に配慮して麻酔も行っています。 例えば、麻酔の注射も痛みが少ないように極細の注射針を使用したり、麻酔の注射も痛みが少ないようにするために、事前に点眼の麻酔薬を目に浸透させてから、麻酔の注射針を優しく刺しています。 一般的に、挙筋法は「眼瞼下垂を生じやすい」と言われていますが、共立美容外科の固定法は、逆に挙筋挙上させたりする固定を作ることができるので、そういった心配はほとんどありません。 私が美容整形業界に入った30年前、 二重のラインを糸で固定する「埋没法」は、麻酔が痛いのは当然、術後にまぶたが腫れるのも普通のことでした。 そんな 当時の常識を覆したいと開発に着手したのが「 共立式二重埋没P-PL挙筋法」の始まりです。 たとえば、針。 その頃主流だった角ハリを より摩擦が少ない丸ハリに変えたり、糸についても より細いものを特注したり・・・。 もちろん、 道具だけではなく、技術についても、糸のかけ方やかける部位、糸の結び方や埋め込み方、ラインの出し方について研究を重ねることで、 腫れを抑え、取れにくい共立独自の挙筋法へたどり着いたのです。 また 麻酔薬にしても、浸透圧を変えてより痛みが少ない液剤を開発したり・・・、これ以上は企業秘密なので言えませんが、医師仲間と夜な夜な研究に没頭し、より痛みの少ない二重整形の施術を考案してきました。 共立式二重埋没P-PL挙筋法はこんな方にオススメです! 共立美容外科の二重手術で使用する糸は、 もともと血管の手術に使用されていた糸です。 この糸は極めて細く、体内で分解されないのが特長です。 二重が長く保たれ、また伸びる糸なので糸の結び目が小さくすみますので、 糸が目立たず自然な二重にすることが可能です。 小さなお子様にも負担をかけずに手術が行えるよう、医療用の糸や麻酔針もこだわっています。 当院では、目 上まぶた に柔らかく、やさしい、思いやりのある手術を心がけています。 カウンセリング・術後のケアにも十分に時間をとるようにしておりますので、ご安心下さい。 二重の瞼のラインは、平行型 へいこうがた と末広型 すえひろがた の二種類あります。 平行型のラインとは、目の輪郭の上の部分 上まつ毛が生えている部分 のラインと瞼の折り目のラインが平行になっているラインの事です。 一方、末広型のラインとは、瞼の折り目が目頭についていて目尻にはついていない場合、つまり、目頭から目尻に広がっていくラインの事を言います。 日本人の場合、生まれつき平行型のラインの方は少ないと言われています。 また、目が大きく見えるのは末広型より平行型と言われています。 共立式二重埋没P-PL挙筋法は、平行型も末広型もどちらも形成することが可能です。 患者様のご希望に合わせてご対応しています。 一般的な美容整形クリニックが行う「埋没法」や、「共立式二重埋没P-PL挙筋法」は、メスを入れずに気軽に行える手術ではあるものの、デリケートなまぶたに針を入れる以上、体質や担当医の腕、針の太さによっては痛みや腫れが出る可能性はあります。 共立美容外科では、痛みや腫れのリスクを限りなくゼロにするために、徹底して丁寧で腕の良い医師のみを採用することはもちろん、道具にもこだわり、さらに十分な冷却を行うなど、アフターケアまで万全の体制を敷いています。 また、クリニックによっては、「切らない二重整形」の場合、担当医ひとりで施術を行うこともあるようですが、私たち共立美容外科では、患者様の大切なお顔に手を入れさせていただくという責任意識のもと、どんなに経験豊富な医師であっても、看護師等が必ず付き、2人以上で施術を行うことを義務付けています。 通院回数 1回 回復までの期間 2,3日〜1週間 カウンセリング当日の治療 可 入院の必要性 なし 制限事項 手術後当日、アイメイク・コンタクト不可 仕事・外出 可 その他特記事項 なし 対応医院 全国25院全ての共立美容外科でお受けいただけます。 表示料金は全て税抜きの金額です。 表示料金は目安の金額となります。 術後のアフターフォローもしっかりしております。 追加料金は一切かかりません。 いつでもご遠慮なく、担当医にご相談ください。 二重の保障に関しての 当院の考え方 永久保証や10年保証を売りにしているクリニックがございますが、そのようなクリニックでも、加齢や体型の変化による目もとの変化は、保証の対象となっておりませんのでご注意ください。 目もとは加齢でたるみが出たり、体型の変化 太ったり、痩せたり 、妊娠などによって、• 自然にラインが下がってくる• 徐々に幅が狭まってくる• ラインが薄く見える• くぼんだり、腫れぼったくなる という変化がどうしてもあります。 当院では確実に保障できない「永久保障」は謳わず、「1年保障」「2年保障」「3年保障」までをご用意しております。 上記期間内に二重が取れてしまった場合、再手術は無料で行います。 長期保障を謳う費用の高い施術を他院で検討される際は、よくご確認の上、ご検討されることをおすすめします。 「埋没法による手術の場合、眼にダメージを与えるケースが多いと聞きました。 まぶたの裏側に糸が出ていると、まぶたの毛細血管や細胞を傷つけるので、眠っている時などに酸素等を送る役割をする毛細血管等が通常の働きができなくなり、眼に負担がかかるとのことです。 こちらで手術を受けたのですが、とても不安です。 」 お聞きになった話の出所はわかりませんが、そのような説明をする医師もいると聞きます。 埋没法では結膜下に糸が通ります。 最初のうちは、コンタクトレンズをしているときのようなゴロゴロ感を感じることもあります。 もし、この糸が皮膚から露出してしまったら、すみやかに糸を抜きます。 抜糸せずに放置しておけば、目に確実にダメージを与えます。 不安視されているのは、このような危険性のことだと思います。 しかし、角膜は刺激に鋭敏です。 手にほこりがついても気づきませんが、目にほこりが入れば誰だって痛みますね。 糸が露出して目にあたれば、痛くてたまらないはずです。 放置しておけるものではありません。 したがって、「埋没法は目にダメージを与える」という話は、「糸が露出するという特殊なケースが起こり、しかも、その痛みに対して、平気で眠っていられるほど強靱な忍耐力を持っている人」を想定していますので、何らかの意図のある情報操作なのではないかと思えます。 ただ、用心に越したことはありません。 何か不安に感じたら、検査にお越しください。

次の

末広二重と平行二重の違いとは?整形で理想の二重にする方法について

二重整形 末広

もくじから好きな場所に移動できます• 二重のデザインはどうやって決めるの? 二重整形は カウンセリングが重要な整形手術と言われています。 目は顔の印象を大きく左右するパーツであり、個人のこだわりが強いパーツでもあるからです。 そして 「綺麗な二重」の感覚も、人それぞれに異なる場合があります。 整形の前には個人の理想、手術方法を綿密に話し合う必要があるのです。 ここで 整形の前に踏むべき手順を知っておきましょう。 まずは無料カウンセリング! 大抵の美容外科では、 無料のカウンセリングを行なっています。 無料カウンセリングはどのように行なわれるのでしょうか? step 1ドクターと直接相談 無料カウンセリングの内容はクリニックにより異なります。 クリニックによっては、無料カウンセリングであっても ドクターと直接相談することができる所もあります。 専門的な相談ができるので安心ですね。 無料カウンセリングは 事前に予約が必要になるので、 ホームページ上・あるいはお電話で予約してから来院しましょう。 step 2電話カウンセリング 最近は 電話での無料カウンセリングを行なうクリニックもあります。 この場合、 経験豊富なスタッフが対応してくれることがほとんどです。 電話にて時間の制限なく様々な質問ができます。 step 3メール相談 また メールでの無料相談を行なうクリニックもあります。 なかなかクリニックの営業時間内に電話ができない方、また直接質問するのに気が引けてしまう方などはメールでのお問い合わせがお勧めです。 この場合も、 経験豊富なスタッフによる専門的な回答を得ることができます。 ドクターによるカウンセリング 無料カウンセリングを受けて、 「二重整形したい!」と決意したらどうすればよいでしょうか? ここで 手術前の二重デザインを決めるカウンセリングが必要となります。 二重手術をすることが決定した場合、改めて ドクターのカウンセリングの予約を取る必要があります。 予約を取った日に来院したら、ドクターによる二重デザインのためのカウンセリングがなされます。 来院する前に自分の理想をきちんと固めておきましょう。 大抵は 「ブジー」と呼ばれる、細い針のような器具を瞼に押し当てて二重のラインを決めます。 患者の瞼に直接あてるため、コンピューターなどで解析するよりもイメージしやすいです。 自分でイメージしていた二重デザインがある場合も、実際にブジーをあててみると「何だか違う?」となる場合も多いようです。 ブジーをあてることで 自分の瞼、目の形、皮膚のクセに本当にぴったり合う二重の形を知ることができます。 自分の理想のみにこだわらず、自然に見える二重ラインを探すのが成功のポイントです。 二重整形施術! カウンセリング後には 二重整形の予約を取ります。 二重整形施術の当日、大抵は すぐに帰宅することができます。 大抵のクリニックは術後のアフターフォローもしっかりしています。 術後も診察、アフターフォローの指示をしっかりとしてくれることでしょう。 無料カウンセリング• (整形手術を受ける決意をしたら)ドクターカウンセリングを予約• ドクターカウンセリング• (二重のデザインが決定したら)施術を予約• そんな方に選ばれているのが 奥二重デザインです。 片方は一重でもう片方は奥二重なので、バランスをとるために手術したい・・・という方もいます。 2.末広型二重 末広型二重は 日本人に一番似合う二重デザインだと言われています。 清楚なイメージ・上品なイメージになります。 末広型の中でも幅をどの程度にするかでイメージがかなり異なります。 幅が広めの末広型ならばくっきり二重に、 幅が狭めの末広型ならば愛らしいイメージになるでしょう。 3.並行型二重 最近一番人気の二重デザインは 平行型二重です。 外国人のような存在感のある二重になれます。 また幅を広めにとると癒し系の目になるため、異性からの人気も高いようですね。 4.幅広型二重 とにかくぱっちり、くっきりと!という方には 幅広型二重がおすすめです。 幅広型二重にすることでマスカラも映え、アイメイクがしやすく楽しい目元になれます。 最近のモデルさんやアイドルの目元を見ると、幅広型の二重の方が多いことにお気づきかもしれません。 アイプチやアイテープではなかなか幅広型二重にするのは難しいものです。 二重整形でしかできない、くっきり幅広型二重に挑戦してみてはいかがでしょうか? 引用: 埋没法は、 メスを使わずに二重をつくる手術方法です。 手術時間も短く、15分程度で手術が終了します。 メリットは 簡単にできること、 ダウンタイムが短いこと、 ラインが気に入らない場合や流行が変化した時に、糸を取ればすぐに元に戻せることです。 デメリットは手術後まれに 二重から一重に戻ってしまうことがあること、 瞼が腫れぼったい方には向かないことなどです。 埋没法では 医療用の髪の毛よりも細い糸が使われます。 糸玉は瞼の肉の中に残ります。 通常であれば糸玉が目立つことはありません。 ですが 糸玉の位置や、年数が経って糸がゆるんできた場合などにまばたきの際に糸玉が目立ってしまうこともあります。 埋没法は、 糸をまぶたの皮膚と裏側の組織との間にかけて留めて行ないます。 糸をかけることでまばたきの度に皮膚がひっぱられて、自然に二重になるのです。 埋没法の中でも、糸をかける位置により術法が異なります。 まれに一重に戻ってしまうことがある• まぶたが厚い人には不向き あなたの瞼にあった手術法は? 自分にあった手術法を見つけることは、非常に重要になります。 ご自身の目元をよく確認して、ぴったりの施術をしてもらうように心がけてください。 二重のラインがついている方の場合 アイプチを長年使用している方、アイテープを愛用している方などは、 皮膚に二重のクセがついている場合があります。 専用器具で少し押すだけで二重のラインができるものです。 すでに二重のラインがついている場合であれば、 そのラインがその方の瞼の筋肉・皮膚に一番合った二重ラインであると言うことができます。 二重のデザインを決めるときにも、 そのラインを目指した手術法を相談できるでしょう。 二重のラインがすでについている場合には、 埋没法手術で十分にくっきりした二重が作れるでしょう。 埋没法には二点留め、三点留め、四点留めなどがあります。 ですがすでにラインができている場合には 二点留めで十分に二重ラインが作れます。 すでにできている二重ラインよりさらに幅を広くしたい、などの場合には糸を留める箇所を増やしたほうが良いかもしれません。 ですができているラインから 大きく変更すると不自然になってしまうかもしれません。 末広型の幅を広げるであれば糸を留かもめる位置を変更することで対応可能かもしれませんが、例えば奥二重のラインから幅広型に変更する・・・となると手術の方式をよく相談する必要があるでしょう。 まぶたが腫れぼったい方の場合 まぶたが腫れぼったい方の場合、 埋没法では二重にするのが難しいかもしれません。 一度無料カウンセリングなどで、埋没法の適応内か診てもらうとよいでしょう。 自宅にて、アイプチ用の器具を使って二重ラインを作ってみましょう。 器具を押し当てることでうっすらと二重ラインができる場合であれば、埋没法で二重にすることは可能でしょう。 反対にすぐに戻ってしまう場合には、切開法での二重整形が勧められるかもしれません。 切開法であれば、どんなに瞼が腫れぼったくても二重になることができます。 理想の二重ラインを決めて、そのラインに沿って切開する際に余分な脂肪を取り除いてくれるからです。 腫れぼったいまぶたの方の中でも、 特に蒙古ひだがある方は 目頭切開法を勧められるでしょう。 蒙古ひだとは、目頭から上まぶたの部分に被さるようにある皮膚のことです。 この蒙古ひだを切開することで目の腫れぼったさがなくなり、二重のラインも作りやすくなります。 ですが 目頭切開をすると、その分ダウンタイムも長くなるので注意が必要です。 目頭切開をする場合には、 手術後の目のバランスを十分に考える必要があります。 「目の黄金比率」と呼ばれるものがありますが、これは 左目の横幅:目と目の間隔:右目の間隔 が 1:1:1 であると美しい とするものです。 目が離れて見える人が目頭切開をすることで黄金率に近づき、美しい顔に近づくことができるかもしれません。 ですが、人それぞれの顔の形、左右の目の大きさの違い、眉毛とのバランスなどがありますので、 大切なのはその人の顔にあったバランスを取ることです。 比率にとらわれすぎずに、目頭切開を勧められた場合には慎重に考えましょう。 まぶたにたるみがある人の場合 まぶたにたるみがある人の場合は、 埋没法の場合には挙筋法を勧められるかもしれません。 たるみが大きい場合には、 切開法を勧められるでしょう。 埋没法の場合には、年数が経って皮膚のたるみがより進んだ場合に一重に戻ってしまう可能性もあります。 どの術式が最善か、ドクターにきちんと確認しましょう。 もっと詳しく! 二重のラインが気に入らなかった場合は? 熟考して二重ラインを決めたものの、 手術後にイメージと違った!なんて場合にはどうすれば良いのでしょうか? 二重整形のやり直しなんてできるのでしょうか? 二重整形のやり直しってできるの? 二重整形をした後にやり直しができるかどうかは、術式・まぶたの状態により異なります。 切開法の場合 切開法を行なった場合には やり直しは難しいでしょう。 すでに皮膚にメスを入れ、縫合した部分の皮膚の癒着により二重ラインを作っているからです。 ですが 再手術をして二重の幅や形を変えることが可能な場合もあるので、ドクターに相談してみましょう。 再手術が可能な場合でも、何度もやり直しをすることはできないので慎重に考えましょう。 埋没法の場合 反対に 埋没法により手術をした場合には、 より簡単にやり直しが可能です。 埋没法の場合には 今かけている糸を外し、再度糸をかけることになります。 この場合、手術してから年数が経っているとまぶたの肉と 癒着していることがあり、糸の摘出に時間がかかることもあります。 また糸をまぶたに残して新たに糸をかけることもありますが、この場合手術を何度も重ねると まぶたに負担をかけることになってしまいます。 糸を外して新たに糸をかけた場合には、最初の手術よりもダウンタイムが長くなることでしょう。 やり直しができるとは言え、再手術はしないに越したことはありません。 カウンセリング時にしっかり話し合い、後悔のないデザイン選びをするのが大切です。 二重整形再手術の流れ 二重整形後に満足できない!という場合には手術をうけた美容外科に相談しましょう。 保証がある場合には、無料で糸のかけ直しを行なってくれる場合があります。 また 割り引きが効く場合もあります。 二重の再手術ができるかどうかは、ドクターによる診察により決まります。 まぶたの損傷がひどい場合や、理想の二重ラインが実現不可能な場合には再手術が不可能と診断されるかもしれません。 ドクターにより再手術が可能と診断された場合には、再度手術日の予約をとります。 二重ラインの相談も慎重にしましょう。 後悔しない二重整形をしないをするためには? 1回の手術で理想の二重が手に入るのが理想ですよね。 満足度の高い手術にするためには、 二重デザインの決定が非常に重要です。 後悔しないための二重デザインの決め方のコツを覚えておきましょう。 自然なラインを見つけよう ご自宅で、ある程度自分の目にあった二重ラインを研究しておきましょう。 アイプチ用のスティックなどを使い、どこのラインで一番二重ラインが固定するかを探っておきましょう。 二重になってから戻るまでに一番時間がかかるところが、自然な二重のラインの位置と言えます。 自然なラインが自分の理想のラインと異なる場合には、ドクターにその旨を相談しましょう。 評判のよいドクターのいるクリニックを選ぼう 二重整形で満足度の高いドクター=カウンセリングが上手で、それを実現する腕もあるドクター、と言えます。 カウンセリング時に患者の理想を汲み取り、それを形にすることができるのです。 それと同時に、無理のあるデザインにはきちんと無理と言ってくれるドクターであるとも言えます。 優しくすべてYESと言ってくれるドクターより、無理なデザインは止めてくれるドクターのほうが信頼できますね。 まとめ 二重デザインを決めるのは、二重整形に成功するために非常に重要です。 かなり個性的なメンバーですが💦仲も良く二重整形を通じて自分に自信を持てた人が多いんです。 個々のコラムを読んでもらえるとそれぞれ悩みを抱えている人にとって、きっと参考になると思います! 私も何年もぼったりひとえに苦しんできました。 イヤでイヤで悲しくなって泣いて、翌日もっと酷い状態のまぶたになったり😢今ではコンプレックスを克服して毎日がとっても幸せです。 このサイトの隅々までじっくり読んでみてください。 あなたも今日を境に、自分に自信が持てて今よりもっと自分を好きになれますよ👀💕.

次の