ボーナス 引かれる 計算。 なんで?いつから!?賞与・ボーナスからも社会保険料が引かれるなんて・・・

パートのボーナスにも所得税はかかる?その仕組みをかんたん解説

ボーナス 引かれる 計算

ボーナスから何が引かれているのか、最終的に手取り額を計算する手順について解説してみたいと思います。 ボーナスからは健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料、所得税が引かれる皆さんはボーナスの明細を見て、引かれる金額が多くない?どのように計算されているのだろう?と思われたことはないでしょうか。 今回はそんな疑問を解消すべく、ボーナスから何が引かれているのか、最終的に手取り額を計算する手順について解説してみたいと思います。 ボーナスの手取り額を計算するには、何が引かれているのかを理解することが必要です。 ボーナスの内訳ボーナスからは次の5種類が引かれています。 (1)健康保険料 (2)介護保険料(40歳以上) (3)厚生年金保険料 (4)雇用保険料 (5)所得税(源泉徴収税) (1)〜(4)はまとめて社会保険料と呼ばれますが、それぞれ計算方法が違いますので、ここでは分けて考えます。 なお前提として「協会けんぽ」に加入の企業にお勤めの方の場合として以下説明していきます。 (1)健康保険料の計算方法健康保険料は以下の計算式で算出します。 例えば額面が437,300円ならば「標準賞与額」は437,000円となります。 「健康保険料率」についてですが、主に中小企業が加入する「協会けんぽ」では保険料率は都道府県によって異なり、協会けんぽホームページ令和2年度保険料額表で都道府県ごとの料率が参照できるようになっています。 例えば長崎県の企業と仮定した場合の表を示します。 (2)介護保険料(+健康保険料)の計算方法(40歳以上)40歳以上の方は健康保険に加え介護保険にも加入しているため、介護保険料率を含んだ健康保険料率として税額表には記載されています((1)の表の青枠を参照)。 計算にはこの料率を使い「介護保険料+健康保険料」合算額として保険料を算出してください。 なお健康保険組合がある企業にお勤めの方は健康保険料率、介護保険料率が独自に決められており、負担割合も折半ではなく従業員に優遇されていることが多いです。 計算にあたっては健保組合に問い合わせたうえで、その料率をお使いください。 (3)厚生年金保険料の計算方法厚生年金保険料は以下の計算式で算出します。 なお「標準賞与額」の上限は150万円であり、それ以上の部分には厚生年金保険料はかかりませんので計算の際には注意が必要です。 なお「厚生年金保険料率」はH29年9月に引き上げが終了し18. 3%で固定となりました。 (4)雇用保険料の計算方法雇用保険料は以下の計算式で算出します。 「雇用保険料率」は厚生労働省ホームページ令和2年度の雇用保険料率を参照します。 雇用保険料率は会社の事業形態によって異なりますので、会社の業態に応じた率を用います。 なお令和2年度は一般事業0. 3%、農林水産・ 清酒製造・建設事業は0. 4%となっています。 (5)所得税(源泉徴収税)の計算方法所得税の計算では今まで計算してきた(1)健康保険料、(2)介護保険料、(3)厚生年金保険料、(4)雇用保険料がないと計算できません。 なぜならば以下の計算式で算出するからです。 具体的には「前月給与から前月の社会保険料(注4)を差し引いた額」と「扶養人数」を、国税庁ホームページに掲載されてる「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」に照らし合わせて該当する率を用います。 「前月給与から前月の社会保険料を差し引いた額」を計算するまずは、前月の給与明細から「前月給与から前月の社会保険料を差し引いた額」の計算をします。 注4:社会保険料とは健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料、雇用保険料の合計額 この例では「前月給与から前月の社会保険料を差し引いた額」は329,619円となります。 「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」から税率を求めるこの額と扶養人数を、国税庁ホームページに掲載している「賞与に対する源泉徴収税額の算出率表」に照らし合わせて税率を求めます。 この例では賞与にかかる「源泉徴収税率」は6. 126%となりますので、前述した計算式を用いて所得税(源泉徴収税)を計算することができます。 ボーナスの手取り額を計算してみよう(1)健康保険料(2)介護保険料(3)厚生年金保険料(4)雇用保険料(5)所得税(源泉徴収税)が計算できたら、手取り額を計算してみましょう。 ボーナスの手取り額は額面から今まで計算した各種の金額を引くだけです。 見ただけではよくわからない明細書も、手順を踏んで自ら計算していくと最終的なボーナスの手取り額に納得がいくのではないでしょうか。 なお、ボーナスから引かれる所得税(源泉徴収税)はあくまでも暫定の額であり、最終的には年末調整で確定します。 また文中でも触れましたがが健康保険組合のある会社では独自料率を用いて健康保険料、介護保険料を徴収していますので、計算するにあたってはその料率を使用してください。

次の

ボーナスから引かれる税金、社会保険料の計算方法は?

ボーナス 引かれる 計算

ボーナス(賞与)から天引きされる税金、社会保険料はいくら? 6月・7月と12月は一般的に賞与、いわゆるボーナスの支給時期でもあります。 この時期になるときまって「大手企業、今回のボーナスの平均額はいくら?」というような記事がメディアをにぎわしますが、税務上の賞与の取り扱いはどうなっているのでしょうか。 税務上、賞与は「給与所得」として扱われる 所得税法上、所得は10種類に区分されます。 賞与はそのうちの「給与所得」に分類されます。 たとえば、月額給与35万円、夏・冬の賞与がそれぞれ50万円だった場合、税務上、給与所得の年収は• これが年収総額、いわゆる「額面」といわれるものです。 ただ、月額給与にしても賞与にしても、社会保険料や税金が差し引かれるため、手取り金額520万円ということにはなりません。 賞与から差し引かれる社会保険料や税金の仕組みを理解することがポイントとなってきます。 賞与にかかる社会保険料の計算方法 一般従業員の場合、賞与から控除される(差し引かれる)社会保険料は次の3つです。 健康保険料(40歳以降の場合は介護保険料含む。 以下同)• 厚生年金保険料• 雇用保険料 全国健康保険協会が運営している健康保険(協会けんぽ)の健康保険料、厚生年金保険料の計算方法は• 賞与の総額から1000円未満を切り捨て• それに保険料率を掛ける という方法によって算定されます。 一方、雇用保険料の計算において、賞与の総額から1000円未満を切り捨てるという作業はありません。 単純に保険料率を掛けるというシンプルな計算方法です。 東京都の協会けんぽの場合、2020年4月より健康保険料率9. 87%(介護保険を含む場合11. 66%)、一般の厚生年金保険料18. 3%(坑内員、船員を除く)となっています。 2020年4月納付分からの東京都の保険料額表 (出典:協会けんぽ より) 雇用保険の労働者負担分の保険料率は、業種が一般事業の場合、されます(一般の事業の場合)。 今回のケース(賞与50万円)で、介護保険の対象者(40歳以上)だとしたら、社会保険料率の合計は• (11. 66%+18. 3%=15. 28% となるので、賞与から差し引かれる社会保険料は• 28%=7万6400円 となります。 賞与にかかる税金(所得税)の計算方法 賞与から差し引かれる税金は「源泉所得税」です。 月額給与とは違って、賞与から住民税は差し引かれませんので注意してください。 また、社会保険料と源泉所得税の計算方法も異なります。 社会保険料が原則、額面が基準なのに対し、源泉所得税は前月の社会保険料控除後の給与が基準となっています。 たとえば、前月の社会保険料控除後の給与が28万2000円以上33万8000円未満で、扶養親族等の数が1人の場合の算定方法を考えてみましょう。 源泉徴収税額表の「賞与の金額に乗ずべき率」の欄を見ると、6. 126%と記載されているのがわかります。 賞与に対する源泉徴収税率(出典:国税庁ホームページ。 一部抜粋) なので、今回支給される社会保険料控除後の賞与に、上記の料率を掛けてもとめると、このケースの源泉所得税額は• 126%=2万5949円 と算定されます。 つまり、賞与の額面は50万円ですが、社会保険料7万6400円と、上の源泉所得税2万5949円を差し引くと、手取りは30万円台まで下がるというわけです。 源泉徴収票のどこに賞与は書いてあるのか 月額給与と賞与が確定すると、年明けに源泉徴収票が発行されます。 源泉徴収票には上記で計算したような手取り額は記載されず、「支払金額」の欄には給与と賞与の合計額、いわゆる額面の合計額が記載されます。 「社会保険料等の金額」の欄には、給与と賞与から差し引かれた社会保険料と、本人から申告のあった社会保険料の合計額が記載されます。 「源泉徴収税額」の欄は、年末調整の対象から外れた人の場合、給与と賞与から差し引かれた源泉徴収税額が記載されていますが、年末調整の対象者であれば、取り過ぎであれば還付、不足していれば追加徴収して税額が精算されるので、精算後の正しい源泉徴収税額が記載されています。 令和年代の源泉徴収票フォーマット(出典:国税庁ホームページ) ただし、賞与から差し引かれる源泉所得税が正確かという観点から見ると、前月の社会保険料控除後の給与を基準とした税率が、社会保険料控除後の賞与に掛けられてもとめられる概算額なので、年収を基準とした正しい税額ではありません。 賞与は給与所得の一部であると冒頭で説明しましたが、年収が確定しないと給料や賞与から天引きされた源泉所得税が正しいかどうかの計算ができないので• 年末調整の対象者……賞与から差し引かれた源泉所得税額についての精算が終了• 年末調整の対象でない者……賞与から差し引かれた源泉所得税額についての精算が未済 ということはおさえておいたほうがいいでしょう。 【関連動画・公務員のボーナス平均額についてはコチラ】 【関連記事をチェック!】.

次の

ボーナス(賞与)の税金はいくら引かれる?

ボーナス 引かれる 計算

そろそろ、夏のボーナス(賞与)の支給時期ですね。 厚生労働省が発表した統計によると、2019年の夏季ボーナスの平均額は38万1,520円(2018年は38万3,879円)円、事業所規模が5人以上の事業所で、ボーナスの支給があった事業所の割合は76. 1%でした。 (「毎月勤労統計調査~全国調査(夏季賞与)~」厚生労働省より)ボーナスを何に使うか、今から計画している人もいるでしょう。 しかし、毎月の給与と同じように「支給額」から税金や社会保険料が引かれるため、「手取り額」は思ったより少なくなってしまいます。 一体何がいくら引かれるのでしょうか。 ここでは、特にボーナスから引かれる「税金」について解説しながら、「手取りボーナス額」の求め方をお伝えしていきます。 ボーナス(賞与)から引かれる税金は何税? ボーナス(賞与)から引かれる税金は、「所得税」 税金には、「消費税」や「固定資産税」、「贈与税」や「相続税」などがありますよね。 その中で、ボーナスから引かれるのは、「所得税」です(2037年までは、東日本大震災の復興にかかる財源確保のために、復興特別所得税も併せて課税されます)。 この「所得税」は、毎月のお給料からも引かれていますよね。 会社などの雇用者は、給与の金額に応じて、「所得税(および復興特別所得税)」を従業員の給与からあらかじめ差し引いて、国に納めています。 賃金から税金を差し引くことを「源泉徴収」といい、ボーナスも源泉徴収の対象です。 ボーナス(賞与)から、「住民税」は引かれない 住民税は、ボーナス(賞与)からは引かれません。 毎月のお給料からは所得税と住民税が引かれているのに、ボーナスから住民税が引かれないのはなぜでしょうか。 それは、所得税は前払いで、住民税は後払いだから。 所得税 給与が支払われる時に税金をあらかじめ引いておいて (源泉徴収)、年末に正しい税額を計算しなおす 年末に税金の精算をすることを「年末調整」といいます。 生命保険の控除証明書を提出したり、家族の所得を記入したりしますよね。 住民税 「ボーナスを含めた前年分の収入」に対して 課税される金額を12回に分け、毎月の給与から天引きする このように、所得税と住民税は支払うタイミングに違いがあるのです。 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料• 雇用保険料 これらのうち、「厚生年金保険料」と「健康保険料」、「介護保険料」がボーナスから引かれるようになったのは2003年4月からです。 それまでは、所得税と雇用保険料だけが引かれていたので、「ボーナスの支給額は変わらないのに、手取り額が少なくなった」「計算が違うのでは?」と思う人もいるでしょう。 以前の制度では、同じ年収でもボーナスのある人のほうがボーナスのない人に比べて手取りの収入が多くなることから、それを是正するために現在の制度になったのです。 〈その他の給与明細の見方はこちら〉 ボーナス(賞与)から引かれる税金や保険料の計算式 ボーナス(賞与)の手取り金額の求め方です。 たとえば「前月の給与-社会保険料等」が30万円の場合、• 扶養親族が0人の場合は8. 168%• 扶養親族が3人の場合は4. 084% という税率がこの表から求められます。 本人や扶養している配偶者、親族が障害者の場合は、扶養親族の人数を1人加算することができます。 また、本人が寡婦(夫)や勤労学生の場合も扶養親族の人数を1人加算することができるので、税率は小さくなるため、賞与から引かれる税金も低くなります。 ただし前月に給与の支払いがない場合や、前月の給与の金額(社会保険料等を差し引いた金額)の10倍を超える賞与(社会保険料等を差し引いた金額)を受け取る場合は計算式が異なるので、注意して下さい。 所得税の計算で端数が出た場合は、端数以下は切り捨てとなります。 協会けんぽの健康保険料率は都道府県によって異なり、たとえば東京都の場合の保険料率は9. 87%です。 ただし半分は事業主が負担するので、自己負担は4. 935%になります(2020年4月以降分)。 保険料率は協会けんぽのHPに記載されていますので、お住まいの都道府県の保険料率をチェックしてみてください。 なお、健康保険の標準賞与額の上限は年間573万円(4月1日から翌年3月31日までの累計)です。 どちらに加入しているかで給付の内容や納める保険料が若干異なります。 加入している健康保険が分からない、という方はお持ちの健康保険証をチェックしてみてください。 40歳以上は以下の2種類に分けられ、計算や納付方法が異なります。 40~65歳未満の人は「第2号被保険者」• 65歳以上の人は「第1号被保険者」 「第1号被保険者」である65歳以上の人は、介護保険料が年金から徴収されるか、口座振替などの方法で納付するので、ボーナスからは引かれません。 また、保険料はお住まいの自治体で異なります。 これらを踏まえ、ボーナス(賞与)から引かれる「第2号被保険者」(40~65歳未満)の介護保険料を計算してみましょう。 介護保険料の計算は健康保険料と同様、以下の式で求めます。 29歳独身(扶養親族なし) ボーナス70万円 前月の給与は35万円 前月の給与に対する社会保険料は、5万1,786円(厚生年金保険料3万2,940円、健康保険料1万7,766円、介護保険料なし、雇用保険料1,080円) 一つずつ計算してみましょう。 つみたてNISAにおすすめのネット証券比較表 (2020年6月時点) 証券会社名 商品数 160本 158本 152本 150本 150本 売買手数料 無料 無料 無料 無料 無料 ポイント還元 Tポイント 楽天スーパーポイント 資産形成ポイント 松井証券ポイント マネックスポイント 毎月ポイント サービス スマホアプリ 「かんたん積立アプリ」 でラクラク資産管理! ・楽天銀行口座と連携で 普通預金金利が0.

次の