離乳食 納豆 冷凍。 赤ちゃんの離乳食で納豆はいつから?与える量や加熱方法、冷凍についてもご紹介!

離乳食:豆腐、納豆、バナナの冷凍方法

離乳食 納豆 冷凍

目次 言わずと知れた発酵食品の納豆。 やわらかいので食べやすく、さまざまな栄養もあるので離乳食にもぴったりです。 初めのころは熱湯をかけるなど、加熱したうえで食べさせてあげましょう。 納豆、離乳食期ごとの目安(初期・中期・後期・完了期) 離乳初期(5~6ヶ月)絶対にダメ!というわけではないですが、この時期に納豆を無理に食べさせることはありません。 食べさせたい場合は、必ず加熱した上でなめらかにすりつぶし、少量で様子を見ながら進めましょう。 離乳中期(7~8ヶ月)粒納豆は、軽く包丁で叩いてからあげましょう。 ひきわり納豆は、皮もないのでそのままあげても大丈夫ですが、粒納豆に比べると少し硬いかもしれません。 離乳後期(9~11ヶ月)ひきわり納豆はそのままで。 粒納豆は軽く包丁で叩いてからのほうが安心かもしれませんね(食べさせてみて大丈夫そうであれば、そのままでもOK)。 その際は、納豆をざるに入れて水や熱湯につけ、ねばり気を取ってあげると食べやすくなります。 離乳完了期(12~18ヶ月)ひきわりと粒、どちらの納豆もそのままあげられます。 離乳食の納豆、よくある疑問・質問 離乳食で納豆をあげるなら、いつまで加熱すればいい? 中期以降は加熱しなくてもOK加熱をしたほうがより安心なのは離乳初期くらい。 あとはそのままでも食べられます。 もちろん電子レンジ加熱でも構いませんが、匂いが気になるかもしれません。 納豆は冷凍保存できる? できるけど、家族みんなで食べきるほうがおすすめ冷凍保存をしても構いません。 食べ残しなどではなく、パックから清潔なスプーンなどで取り、1つずつラップをして冷凍できるといいですね。 でも、あまり無理に冷凍せず、残りは家族が食べるくらいだといいですね。 納豆に限らず言えることですが、赤ちゃんだけはなく家族が一緒に食べることはとても大切です。

次の

離乳食の豆腐レシピ!冷凍OK?初期~完了期の調理ポイント

離乳食 納豆 冷凍

ひきわり納豆は、パックのまま冷凍してました。 蓋をはがして中のフィルムをとり、4等分に分け目を入れて、蓋をしてジップロックに入れてました。 長く置くとパックがくっついたりしますが、毎日使って3~4日で使い切るには問題なかったです。 冷凍ですが、豆腐以外にジャガイモが向きません。 茹でて冷凍しても変な食感になりますので、マッシュポテトで冷凍するのがいいです。 さらにそれを何かと混ぜて食べさせた方がいいと思います。 離乳食は大体まとめて下ごしらえして冷凍してましたが、娘はその冷凍のジャガイモだけ食べてくれませんでした。 マッシュポテトも、後期にコロッケなどにする分には食べましたが、それに野菜や肉だけ混ぜたものは嫌だったみたいです。 納豆も一応加熱してました。 水と納豆を耐熱容器に入れてレンジで加熱、茶こしでお湯を切って使ってました。

次の

離乳食の豆腐レシピ!冷凍OK?初期~完了期の調理ポイント

離乳食 納豆 冷凍

離乳食で納豆を使っていますか? お腹に優しく栄養価も高い納豆は、アレンジの幅も広く、ママさんたちの強い味方ですよね。 また、赤ちゃんにとっても、納豆の持つネバネバで食材がまとまり、とっても食べやすくなるメリットがあります。 思いつくデメリットといったら1パックの量でしょうか? 1回で1パック使いきれないし、かといって、粘りを落とすために洗ったりもしているので、余りをパパに出すのもちょっと・・・て、ありますよね。 そこで、今回は納豆の冷凍方法と解凍テクニックについてご紹介します。 離乳食 納豆の冷凍方法 納豆の冷凍方法は主に下ごしらえをしてから冷凍するか、そのまま冷凍するかに分かれます。 どちらでも大丈夫ですので、使い分けできますね。 お湯で湯がいてもOK。 そのまま冷凍 パックごとフリージングバックに入れて冷凍します。 離乳食での納豆の味付けについては、こちらの記事を参考にしてください。 離乳食 納豆の解凍方法 冷凍した納豆は自然解凍すれば食べられます。 冷凍前の納豆が刻みにくい場合、一度冷凍してから刻むとやりやすくなります。 刻んだ後、お湯をかけて粘りを落とします。 冷凍するだけでも粘りを抑えることができるので、離乳食の後期以降はお湯をかける必要が無い場合もあります。 赤ちゃんの好みに合わせてあげてください。 もし、赤ちゃんが納豆を嫌がる場合には、こちらの記事を参考にしてください。 冷凍時の便利な小分け方法 納豆を冷凍する時には次のどちらかの方法がオススメです。 ただ、他の食材の下ごしらえもする必要があるので、余計な仕事が増えないように、ついでに下ごしらえを一緒にするといいと思います。 しらす カルシウムが豊富で納豆との相性がよく、おかゆに適度な味付けをしてくれます。 しらすと納豆を和えて、1回分ずつ小分けする。 自然解凍でOKですが、解凍後に軽く煎ることで香ばしくなります。 おかゆ、うどんの具にする。 じゃがいも等のゆでた根菜と和える。 ツナ 和洋なんでも合いますが、1缶食べさせきれないので、一緒に冷凍してしまうと楽チンです。 ツナはオイル漬けでなく水煮を選ぶ。 【下ごしらえ】 ツナを必要に応じてほぐしつぶした後、納豆と和えて1回分ずつ小分けする。 自然解凍もしくはレンジで解凍し、調理に使用する。 未加熱で与えません。 チャーハン、お好み焼き、おやき等の具に使う。 大根おろし 食物繊維が豊富で便秘対策にもいいです。 生野菜はNGですから必ず加熱を。 【下ごしらえ】 大根おろしと和えて、1回分ずつ小分けする。 加熱調理して与える。 おかゆ、うどんの具にする。 小松菜やほうれん草と和える。 コーン 優しい甘さで葉もの野菜を食べやすくしてくれます。 【下ごしらえ】 下処理したコーンを、必要に応じてつぶし、納豆とあえて1回分ずつ小分けする。 自然解凍でOKです。 おかゆ、チャーハン、お好み焼き、おやき等の具に使う。 小松菜やほうれん草と和える。 下ごしらえしてから冷凍しても良いし、解凍時に下ごしらえしても良いなんて、とっても便利ですよね。 他にも納豆ミックスをご紹介しましたが、1食分作るときにストック分まで作ったり、別の食材を下ごしらえしたときにミックスにしてしまうと、余計な手間が省けて便利かと思います。 便利さ意外にも、納豆菌による整腸作用のある納豆は、便秘対策にもおすすめです。

次の