ハザード マップ 川崎 市 多摩 区。 川崎市多摩区の住みやすい街を探す

川崎市:洪水ハザードマップ

ハザード マップ 川崎 市 多摩 区

タイトル見て、 ビックリされた方もいるかも知れません。 かなり ショッキングなタイトルですからね...。 この記事、2018年7月28日にアップしたものを、2019年の10月12日に少し追記いたしました。 台風に備えてハザードマップをチェックしましょう 台風19号が接近中、このまま行くと、東海地方か関東地方に上陸のようです。 本日午後は大雨・暴風予想ですね。 関東地方だって、 万が一の大災害なんて話も可能性がゼロではないのです。 平成27年9月の関東・東北豪雨で鬼怒川が決壊したニュースは記憶に新しいところです。 台風の影響もそうですし、最近は正にバケツをひっくり返したような、 ゲリラ豪雨が増えていますからね、何があるか、わかりません。 ダレも予想はできません。 何かあったときのための対策はしておいて、損は無しです。 川崎市のホームページを見ておりましたら... 近年、現在の想定を超える浸水被害が多発していることから平成27年に水防法が改正されました。 この水防法改正に伴う、国土交通省の新たな浸水想定区域等の公表に基づき、本市におきましても平成16年に作成した洪水ハザードマップの改定作業を進め、川崎区・幸区のハザードマップを平成29年5月に改定しました。 千年に1回とはいえ、その1回が来るのが明日かも知れないし、来週かも知れないワケです。 川崎市は川崎区から幸区から中原区から、程度の大小はあるにせよ、ほぼ全域で浸水してしまうんですね。 大半の地域が、床下~床上浸水の可能性があるってことです。 場所によっては、家屋倒壊等氾濫想定区域(氾濫流)(河川の氾濫が発生した場合に、標準的な木造家屋の流出等の危険性がある区域の目安を示すものです。 )に指定されているところもありますね...しかもそれが幸区役所周辺なんですよね。 いざというときに対応仕切るか、若干の不安も発生してしまいます。 新川崎・鹿島田地区で浸水しない白い部分は数カ所。 夢見ヶ崎動物公園、KBiC(かわさき新産業創造センター)、古市場小学校、御幸公園くらいです。 決壊する場所にもよりますが、これらの場所に逃げたら安全、って頭の片隅に入れておきましょうネ。 浸水継続時間(浸水深が0. 5m以上となってから最終的に0. 5m未満になるまでの時間)を見てみますと... 浸水継続時間(多摩川水系))|川崎市幸区版 浸水継続時間(多摩川水系))|川崎市幸区版 ほとんどの地域は12時間未満で水が引くことがわかりますが、 場所によっては4週間未満の色表示になっているところもあり、下手したら一ヶ月近くも水の処理をしなくてはならない可能性もあるってことですね。 また、浸水想定区域では白色で安全だと思っていた 夢見ヶ崎動物公園の辺りは、土砂災害警戒区域に指定されており、大雨の際には近寄らない方が良いと言えます。 とすると、 新川崎・鹿島田周辺で洪水の際に逃げるとすると、KBiC周辺、古市場小学校、御幸公園と言ったところでしょうか。 でも、古市場小学校と御幸公園は多摩川の土手沿いなので、多摩川が決壊した場所によっては、近寄れない可能性もあります。 いざというときに逃げる場所、複数確保して置いた方が良いですね。 あとテレビのCMでもやっていますが、できれば 3日間くらいの非常用品(水、食料、ティッシュやトイレットペーパーなどの日用品)は常に用意しておいた方が良いと思います。 非常に参考になりますよ。 交通各社の運行情報 恐らく本日午後には関東圏ほとんどの交通機関が止まるものと思われます。 念のため、各社の運行情報へのリンク、貼っておきますね。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・.

次の

洪水マップ 13年ぶり更新 川崎市全域 年度内完了へ

ハザード マップ 川崎 市 多摩 区

「ゆれやすさマップ」は、市内全域の支持地盤において、同じ強さのゆれを発生させた場合に、どれだけ地表面でゆれるかを想定し、50mメッシュで相対的に表示したものです。 支持地盤とは、中規模建築物等の荷重を負担させる地盤をいい、支持地盤から地表面までの地盤を表層地盤といいます。 一般的に、表層地盤の層厚が薄いほど固い地盤、厚いほど軟らかい地盤であることが多くなります。 また、地質では礫(れき)や砂礫等が多いほど地盤が固く、シルト等が多いほど地盤が軟らかくなります。 (イメージ図) このマップから読み取れることは、川崎市は海側である南部ほど地盤が軟弱でゆれやすく、内陸側である北部ほど地盤が固くゆれにくいことが判ります。 大地震による建築物の被害は、地盤の影響だけではなく、建築物の構造・形状による影響が大きいことから、川崎市で実施している建築物の耐震診断・改修助成制度等(川崎市のホームページ等で掲載しています。 )を活用していただき、建築物の耐震性を向上させることによって、災害に強い安全で安心なまちづくりを目指しましょう。 「ゆれやすさマップ」は、地図の精度上誤差を含んでいます。 したがって、表示区域は厳密なものではありませんので、公に証明する資料として利用することはできません。 参考図としてご利用ください。 「ゆれやすさマップ」に示す50mメッシュ表示は、そのメッシュ内の平均的な値を示すものであり、これを活用する際には、各メッシュの面的な広がり具合やその分布などに着目することが重要になります。 「ゆれやすさマップ」に示す50mメッシュ表示は、地震発生時に表示されたとおりの状況が実際に発生する事を示すものではありません。 震源の深さ、規模及び地震発生時の自然条件によって変わります。 この「ゆれやすさマップ」は、地盤の違いによる地表面のゆれやすさを表した地図です。 建築物の危険度を表した地図ではありません。 「ゆれやすさマップ」の詳細検索方法.

次の

神奈川県川崎市多摩区栗谷のハザードマップ【地震・洪水・土砂災害】

ハザード マップ 川崎 市 多摩 区

三沢川の氾濫 決壊 の可能性や現在の状況(Twitter最新情報) 三沢川の氾濫・決壊状況を Twitterの 最新情報を元に、氾濫の可能性や 時系列で現状をお届けします。 2019年10月12日 午後4時30分~現在の三沢川の様子 警察のかたより、いま、稲田堤3丁目付近の浸水は確認してるが街道沿いは、まだ浸かってないとのこと。 みなさん、ぜひ、ご無事で。 一枚目は、バーも見えなくなりました。 悪化傾向。 奥の黒いスポーツカーのかたは、ほんとにいつも、ピカピカで車を大切にされてます。 どうか、ご無事で。 Check 共に、• 通れた道が水色• 水防団待機水位に到達(レベル1) 今後の天気予報に注意• 氾濫注意水位に到達(レベル2) 避難の準備を始める• 氾濫危険水位に到達(レベル4) 避難場所に到着している• 氾濫発生情報(レベル5) 身を守ることだけ考える 以下、三沢川の 氾濫 決壊 や氾濫危険水位 に達した過去 歴史 を随時まとめて いきます。

次の