税金 が なくなっ たら。 税金が払えないとき、免除ってしてもらえるの? 会社を辞めたら思い出したい、住民税の仕組み

フリーランスになったら知っておきたい税金の基本

税金 が なくなっ たら

/ 会社が納めるおもな税金 1.法人税(国税) 法人の所得に対し、課税される税金です。 国税です。 個人や個人事業主の所得税に相当するものです。 会社が納める法人税は下記の通りです ・資本金1億円未満の場合 課税所得金額 800万円以下 800万円超 法人税率 15% 25.5% ・資本金1億円以上の場合は、25.5%です。 2.復興特別法人税(国税) 平成23年に公布され東日本大震災からの復興の財源のための税金です。 平成24年4月1日から平成27年まで施行されます。 税額は法人税額x10%です。 3.法人住民税(都道府県税・市区町村税) 地方自治体の住民サービスに対しての、必要経費を広く住民に負担してもらうための税金です。 所得の有無に関係なく必ず課税される「均等割」と法人税額に一定の割合を掛けて課税される「法人割」、その他に利子に付く「利子割」が有ります。 均等割 その法人の事業規模によって、利益に関係なく納税するものです。 詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL: 法人割 ・資本金1億円以下で法人税額1000万円以下の場合 税額=法人税額x17.3%です。 ・いずれかの条件を超える場合 税額=法人税額x20.7%です。 東京都の場合ですが、事務所が23区内の場合は、上記の17.3%に相当する税額を都税事務所に申告して一括納付します。 市町村に有る場合は、5%を都税事務所に、12.3%を市町村役場に申告して納付します。 詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL: 利子割 金融機関などからの利子等に対しては、都道府県民税として5%の税率で源泉徴収(天引き)され納税されます。 法人の所得税としては15%源泉徴収されます。 (1)非課税 外国法人が受け取る利子等、金融機関や公共法人などが受け取る一定の利子等 (2)法人税、法人都道府県民税からの控除 源泉徴収された利子割については、15%の所得税は法人税額から、5%の地方税は法人住民税額から控除できます。 控除しきれない額は、還付されるます。 詳細は、下記をご参照下さい。 ご参考URL: 4.法人事業税(都道府県税) すべての事業者が負担する税金です。 法人住民税とともに都道府県税事務所へ納付します。 注意:「法人事業税」と「地方法人特別税」は損金算入が認められていますので、決算で計算されて税金を次の事業年度に納めると、その金額だけ所得金額が小さくなり、翌年度の法人税や住民税が安くなります。

次の

もしも税金がなかったら・・・~税金がない世界~

税金 が なくなっ たら

納税は憲法でも定められている「国民の義務」です。 では、納税の義務を果たさなければ、一体どんなペナルティがあるのでしょうか。 税金を納めることは国民としての義務日本国憲法30条では、「国民は、法律の定めるところにより、納税の義務を負う」とされています。 では、納税の義務を果たさなければその後、どのような取り扱いとなるのでしょうか。 期限まで税金を支払わないと「延滞税」がかかる本来、税金には「法定納付期限」といって、納付すべき期限が定められています。 確定申告の対象者であれば、原則3月15日までに所得税を、法人の決算申告であれば、原則、決算申告期限までに法人税を、といった具合です。 そして、期限までに税金を納付していないと「滞納者」とみなされます。 滞納者になったら、まず、気にしなくてはいけないのが「延滞税」です。 税金を法定納付期限までに完納しなかった納税者は、本来納税すべき税のほかに延滞税をあわせて納付する必要があります。 延滞税は原則として、法定納付期限の翌日から、その税金を完納する日までの期間に応じ、未納税額に対して年14. 6%の割合で計算されます。 2カ月以内の滞納であれば延滞税は軽減ただし、法定納付期限の翌日から2カ月を経過する日までであれば、延滞税の負担は軽くなります。 具体的には次の割合で計算されます。 3%(上記の14. 具体的にいうと、平成27年1月1日から平成28年12月31日までの期間は年2. 8%、平成29年1月1日から平成29年12月31日までの期間は年2. 7%と低下傾向にあるといっていいでしょう。 延滞税の計算方法 現在、滞納している税金がある人は、国税庁のウェブサイトで延滞税の計算が可能ですので利用してみるのもいいでしょう。 延滞税の割合なお、納期限までの期間及び納期限の翌日から2月を経過する日までの期間についてかかる延滞税の割合、納期限の翌日から2月を経過する日の翌日以後についてかかる延滞税の割合についての平成26年1月1日以降の推移の一覧が、画像のように国税庁から発表されています。 6%ですから 納期限の翌日から2月を経過する日までの期間についてかかる延滞税の割合 ……1. 9% と算定されるというわけです。 つまり納税者からすれば、税金を滞納すると何かしら処分を受けるということです。 具体的には「督促」「財産の差し押え」「財産の換価」「換価代金の配当」などが挙げられます。 ここからは、納税者側にとってポイントとなる「督促」と「財産の差し押え」を中心にみていくことにします。 督促納期限までに税金が納付されないと、督促状により督促が行われます。 督促は納税の催告であり、納付期限から50日以内に行われます。 また、この督促は本来収めるべき税金についてだけでなく、延滞税や利子税についても対象とされます。 滞納者が督促を受け、その督促状を発した日から起算して10日以内に完納しないときは、滞納者の財産を差し押えすることができます。 このことがいわゆる「財産の差し押え」といわれているものです。 通常、納税者の納税地を所轄する税務署に所属する徴収職員が、滞納処分のための財産を調査および捜索することができます。 この場合、滞納の事実が明白であり、滞納処分の実行手続きのひとつであることから、裁判所の令状が必要ありません。 したがって、督促状が届いた段階や、遅くとも徴収職員が調査・捜索する段階で、納税の方法や時期、分割払いの回数などの相談をするのが一般的な対応かと思われます。 財産の差し押えこうしたステップを経て、納税者の事業の継続あるいは生活の維持等の観点を考慮したとしても「納める資力があるのに、納めない」となると、財産の差し押えという段階に進みます。 財産の差し押えが行われると、以下のような諸々の制限を受けることとなります。 処分禁止の効力その財産の売買や贈与等ができなくなります。 国税の時効中断差し押えが実行されると税金の時効は中断します。 逆からいえば、その差し押えの効力が、時効によって消滅することはありません。 従物に対する効力例えば建物を差し押えた場合(主物)、その差し押えの効力は建具(従物)にも及びます。 果実に対する効力例えば貸付金という債権を差し押えた場合、そこから得られるであろう利息という果実に対しても効力が及びます。 差し押えが制限・解除される場合とは国民は納税の義務を負う一方、日本国憲法25条前段には、「すべて国民は、を営む権利を有する」とあります。 そのため、差し押えにも一定の制限があり、差し押えが解除される場合もあります。 差し押えに対する制限とは、例えば滞納者およびその者と生計を一にする配偶者その他親族の生活に欠くことができない衣服、寝具、家具等や生活に必要な3カ月間の食料や燃料は差し押えることができません。 また、職業または営業に従事する者について、その業務に欠くことのできない器具も差し押えの対象から外されています。 そして当然のことながら、納付や充当、更生の取り消し、その他の理由により差し押えの目的となっている税金が消滅したときは、差し押えが解除されます。 どうしても税金を払えない人には救済措置もそれでも、様々な事情でどうしても税金を支払えないという人もいるでしょう。 差し押えの対象となった財産は換価処分といって、お金に換えられて国庫へ納められることになります。 納税者の事業の継続・生活の維持の観点から換価処分を実行したら、そのようなことが困難になると判断された場合には、差し押えの対象となった財産の換価処分は税務署長の職権によって猶予されます。 また、滞納者が生活保護法の適用を受けなければ生活を維持できない程度の状態にあることを「生活の窮迫」というのですが、このような状態になると税務署長の職権によって滞納処分の執行が停止されます。 その後、執行の停止が3年間継続すると税金の納税義務が消滅します。 これが、一般的に「生活保護を受けると税金を納めなくてもよい」との解釈になっているものと思われます。 しかしながら、税務実務に携わる専門家として、このような状況になることを推奨しているのではありません。 税法には、国民の納税義務を適正に実行するための規定もあります。 もし督促状が届いているなら軽視すべきではないでしょう。 日本国憲法25条後段には「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」とあります。 これを実現する原資として税金があることを、私たちは忘れてはなりません。 税務署に相談しましょう.

次の

税金ない世界

税金 が なくなっ たら

あなたの身の周りを眺めてください。 家を一歩出ればまず、道路がありますね、それから電柱、ガードレール 側溝、橋、街灯交通標識等。 市役所へ行けば職員が色々な役目に携わっています。 毎日使う水道も電気も下水処理も電話も全て税金から拠出します。 当然国防費や海上保安、警察の費用も税金です。 税金がなければこれらの機関が存続できません、 例えば自宅に泥棒が入ったとしても警察組織がなければ犯人検挙には至りませんし 日常生活すら円滑には出来ないでしょう。 税金の無い国はありません。 所得税の無い国はありますが物品税、消費税、住民税等はどの国にもあります、 税金がなければ故人の可処分所得は増えるでしょう しかし手元に余分な金は増えますが社会インフラが十分でなければそれを各個人が 負担することになりどちらが有利かどうとも言えません。 アメリカには健康保険制度がありませんので 日本のように毎月の健康保険料(コレが結構高いんです)の負担からは開放されますが ひとたび病気になればその治療費は全額個人負担です。 風邪で診察を受けたとして日本では2000円で済む支払が米国では8000円から10000円も 支払うことを覚悟しなければなりません。 一切の税金がなければ一切の費用を個人で支払う世の中になってしまいます。

次の