ビデオ通話。 グループ通話をする方法|LINEみんなの使い方ガイド

ビデオコール

ビデオ通話

LINEのビデオ通話を使ったことはありますか? ビデオ通話とは、テレビ電話と同じで通話相手の顔を画面に映しながら相手と話ができる機能です。 LINEのビデオ通話機能を使えば通話料金なども不要でビデオ通話を楽しむことができます。 このページではLINEのビデオ通話について使い方をまとめました。 ビデオ通話で気になる画面に映る背景の変更や自分の顔を隠してビデオ通話するエフェクトなどの設定方法もまとめてるので参考にしてください。 スピーカーなので音声が大きすぎたり小さすぎたりすることもあります。 ビデオ通話で音声を大きくしたり小さくするための音量調整はスマホについてる音量調整設定を使います。 スマホのサイドに付いてる音量ボタンを押して音声を大きくしたり小さくしたり調整できます。 もしスマホのサイドボタンを押しても音量調整できない場合は設定項目からサウンド調整してみると良いでしょう。 スマホの音量調整設定については以下でも詳しく解説してるので気になる方は参考にどうぞ。 関連リンク• ビデオ通話ではスピーカーで通話するのが基本となっており、スピーカーをオフにすることができません。 また、マナーモードに設定したりスマホの音量を最小に調整しても完全にオフにすることはできません。 つまり相手の声を消したい時には相手に状況を伝えてマイクをオフにしてもらうしか方法がないのです。 相手の音声を消す機能はありませんが、スマホにイヤホンを付けて音声を聞こえないようにするといったやり方もあります。 その場合、イヤホンの音量も最小にしておくようにしましょう。

次の

オンラインビデオ通話によるデータ通信量を比較まとめ

ビデオ通話

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 画面の表示方法を変更する 音声通話の画面を変更する 左上のマークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 上下にスクロールして参加者のアイコンを一覧で見ることができます。 グリッド表示:一画面に9人分のアイコンを表示することができます。 リスト表示:アイコンを小さく表示し、縦型に一覧表示します。 ビデオ通話の画面を変更する 左上の四角マークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 グリッド表示:一画面に6人まで画面を分割して表示します。 フォーカス表示:特定の参加者を大きく表示することができます。 画面下部から参加者をタップしてフォーカスを切り替えます。 通話しながらLINEでトークをしたり、LINEアプリ内を移動してタイムラインやニュースなどを閲覧したりできます。 縮小された画面は自由に動かすことができます。 縮小画面をもう一度タップすると通話画面に戻ります。 音声通話• 関連記事• UPDATE 2020.

次の

グループ通話をする方法|LINEみんなの使い方ガイド

ビデオ通話

かかってきた通話に出る 1.グループメンバーの誰かが通話を開始すると、参加者全員に通知が飛びます。 トークタブの通知• スマートフォンの通知 2.通知からトークルームを開き、[参加]をタップすると通話に参加できます。 画面の表示方法を変更する 音声通話の画面を変更する 左上のマークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 上下にスクロールして参加者のアイコンを一覧で見ることができます。 グリッド表示:一画面に9人分のアイコンを表示することができます。 リスト表示:アイコンを小さく表示し、縦型に一覧表示します。 ビデオ通話の画面を変更する 左上の四角マークをタップして画面の表示方法を切り替えます。 グリッド表示:一画面に6人まで画面を分割して表示します。 フォーカス表示:特定の参加者を大きく表示することができます。 画面下部から参加者をタップしてフォーカスを切り替えます。 通話しながらLINEでトークをしたり、LINEアプリ内を移動してタイムラインやニュースなどを閲覧したりできます。 縮小された画面は自由に動かすことができます。 縮小画面をもう一度タップすると通話画面に戻ります。 音声通話• 関連記事• UPDATE 2020.

次の