国民 年金。 かんたん!国民年金・厚生年金入門

国民年金と厚生年金の切り替え方法は?手続きを忘れるとどうなるの?

国民 年金

国民年金と厚生年金の違いをわかりやすく解説 日本の公的年金は「 2階建て」というたとえを聞いたことがある人も多いと思いますが、国民年金がその 1階部分、厚生年金が 2階部分にあたる制度です。 1階部分なしで 2階だけの家が存在しえないように、国民年金なしで厚生年金だけに加入するということはありません。 したがって、厚生年金に加入している人は、同時に国民年金にも加入しているのです。 年金制度のざっくりとした構成がつかめたところで、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。 国民年金とは 国民年金とは、基礎年金とも呼ばれるもので、日本に住んでいる 20歳以上 60歳未満のすべての人が加入するものです。 保険料の額は年度ごとに定額で定められており、 2019年度の保険料は月額 16,410円となっています。 保険料の納付期間は 20歳から 59歳までの 40年間で、この期間のすべてで保険料を納付した場合、 65歳から亡くなるまで、毎月 65,000円の年金を受給することができます。 一方、納付の猶予を受けた期間や未納の期間がある場合には、その分受給額が減ります。 厚生年金とは 厚生年金とは、会社員などが国民年金にプラスして加入するもので、保険料は給料の額に応じて決まります。 保険料率は一律 18. ただし、厚生年金は「労使折半」といって、加入者個人と勤務先が半分ずつ負担しますので、個人が負担するのは 18. こうして加入者と企業が厚生年金に納めた額の中からまとめて国民年金に拠出金が支払われますので、国民年金保険料を別途負担する必要はありません。 保険料の納付期間(加入期間)は就職から退職までと定められていますので、 20歳未満で就職した場合にはその時点から保険料を納め始めます。 受給開始年齢は従来 60歳と定められていましたが、現在は段階的に受給開始年齢の引き上げが行われており、男性の場合は 2025年、女性の場合は 2030年以降、受給開始年齢が 65歳になることが決定しています。 受給額は加入期間と給料に応じて決まるため人によって違いますが、例えば加入期間が 40年でその間のボーナス込みの平均月収が 42. 8万円の場合、国民年金 6. 5万円+厚生年金 9. 1万円で、合計 15. 6万円を毎月受け取ることができます。 (参考: ) 国民年金と厚生年金の違い まとめ ここまでで説明した国民年金と厚生年金の違いを表にまとめると、次のようになります。 二つの年金の一番大きな違いは、国民年金は全員加入、厚生年金は会社員などが追加的に加入するもの、という部分です。 また、国民年金の保険料が定額で受給額の満額も決まっているのに対し、厚生年金の保険料は定率のため、収入が多い人ほど多くの保険料を納め、その分多くの年金を受給できるという仕組みです。 フォローする その他の年金について ここまでで説明した「国民年金」と「厚生年金」が日本の公的年金制度ですが、この他にも「年金」と名前のつく制度がありますので、一つ一つ見ていきましょう。 企業年金 企業年金とは、企業が任意で設立する私的な年金制度です。 企業年金制度のある企業に務めている人は、国民年金と厚生年金に上乗せして企業年金に加入することで、老後の備えをさらに手厚くすることができます。 企業年金には確定給付企業年金、確定拠出年金、厚生年金基金、中小企業退職金共済種類などが色々な種類があり、対象者や掛金、受給額、税制上の扱いもそれぞれ異なります。 自分が企業年金に加入しているか知りたい人は、勤務先に詳細を確認してみましょう。 遺族年金 遺族年金とは、国民年金や厚生年金の被保険者が死亡した時に、その人によって生計を維持されていた遺族が年金を受け取ることができる制度です。 国民年金の被保険者が対象の「遺族基礎年金」と、厚生年金の被保険者が対象の「遺族厚生年金」があり、両方の受給要件を満たす場合には両方の制度から年金を受給することができます。 遺族基礎年金は、原則 18歳までの子のある配偶者または子自身が受給対象ですが、遺族厚生年金は子のない妻や 55歳以上の夫、父母、祖父母も対象となります。 遺族基礎年金は定額で、子のある配偶者が受給する場合、 780,100円に加えて、対象となる子の人数に応じた加算額を受け取ることができます。 子の加算は、第 1子・第 2子については各 224,500円、第 3子以降は 74,800円です。 遺族厚生年金の受給額は、死亡した人の収入や納付期間に応じて決まります。 確定拠出年金 「確定拠出年金」には企業型と個人型の 2種類があり、 iDeCo(イデコ)と呼ばれる個人型の確定拠出年金には、会社員の他に自営業者や学生、専業主婦なども加入することができます。 60歳から受給でき、年金としての分割受け取りのほか、一時金として一括での受け取りも可能です。 掛金には職業別の上限が定められていますが、下限の 5,000円以上であれば 1,000円単位で自由に設定することができます。 また、税制上のメリットも大きいので、手軽に始めることができるでしょう。 ただし、 iDeCoは積み立てられた掛け金を自らが金融商品で運用し、 60歳以降に掛け金と運用益を合計した金額を受け取ることができる仕組みのため、運用次第では元本割れの危険もあります。 また、会社員で企業型確定拠出年金に加入している場合には、 iDeCoに加入できないこともありますので注意してください。 共済年金 共済年金とは、公的年金の 2階部分の公務員向けの制度で、簡単に言うと公務員が加入する厚生年金です。 ただし、共済年金は 2015年の制度改革で厚生年金と一元化されたため、現在は共済年金という制度はなくなりました。 共済年金は厚生年金よりも保険料率が低く、その他にも共済年金特有の制度があったため、共済年金制度を通して公務員が優遇されている実態がありましたが、この一元化によって会社員と公務員の保険料率が統一されるなど、公平性の確保が図られた格好です。 国民年金の被保険者は大きく第 1号、第 2号、第 3号の 3種類に分かれます。 第 1号は自営業者とその家族、学生、無職の人などで、第 2号が厚生年金加入者である会社員や公務員、そして第 3号は第 2号被保険者に扶養されている 20歳~ 59歳の配偶者で年収が 130万円未満の人を言います。 基本的には、この 3分類の間を移動する時に切り替え手続きが必要になります。 切り替えが必要なタイミング それでは、具体的にどういった場合に切り替えが必要なのでしょうか。 代表的な事例を詳しくご紹介します。 就職・転職したとき まずは、新たに企業などに就職した時や転職した場合です。 就職する前は厚生年金に加入していない状態ですので、就職のタイミングで厚生年金への切り替えを行うことになります。 転職の場合は、元の勤務先の退職日と転職先への入社日の間が 1日でも空く場合、間の期間分は国民年金への切り替え手続きが必要です。 結婚したとき 結婚して配偶者の扶養に入る場合にも、年金の切り替え手続きが必要な場合があります。 例えば、結婚して妻が夫の扶養に入る場合、結婚した時点で夫が第 2号被保険者(会社員や公務員)であれば、妻は国民年金の第 3号被保険者となり、夫の加入している厚生年金から妻の保険料が支払われることになります。 そのため、結婚前に妻が自分の勤務先で厚生年金に加入していた場合、結婚を機に国民年金へ切り替える必要があるのです。 退職したとき 企業などで働いていた人が退職した場合には、厚生年金から国民年金への切り替えが必要です。 原則、退職日の翌日から 14日以内に国民年金に加入する手続きを行わなければいけません。 個人事業主になったとき 企業などで働いていた人が個人事業主として独立した場合、自営業者にあたる個人事業主は第 1号被保険者となり厚生年金には加入できませんので、厚生年金から国民年金への切り替えが必要です。 退職した場合と同じで、会社を辞めた日の翌日から 14日以内に国民年金への加入手続きを行いましょう。 配偶者の収入が130万円を超えたとき 第 3号被保険者(厚生年金の加入者に扶養されている配偶者)には資格要件があり、年収が 130万円を超えると第 3号被保険者としての資格を喪失してしまいます。 例えば、夫が会社員で妻がその扶養に入っていた場合、妻がパートの仕事を始めて 1年間の収入が 130万円を超えると、夫の扶養を外れて自分の勤務先で社会保険に加入しなければならなくなります。 そのため、このような場合には、妻が国民年金から厚生年金へ切り替える形になります。 切り替えの手続き 切り替えの手続きは、国民年金から厚生年金へ切り替える場合と、厚生年金から国民年金へ切り替える場合で異なります。 国民年金から厚生年金への切り替え手続き 国民年金から厚生年金へ切り替えるということは、勤務先の厚生年金に新たに加入するということですので、勤務先を通して手続きを行います。 一般的には、年金手帳を勤務先に提出すればあとは会社が対応してくれます。 厚生年金から国民年金への切り替え手続き 厚生年金から国民年金に切り替える場合、厳密には、厚生年金の脱退と国民年金への加入という 2つの手続きを行うことになります。 このうち厚生年金の脱退手続きは勤務先が行いますので、個人での手続きは不要です。 国民年金への加入については、退職日の翌日から 14日以内に、居住地の市区町村役場に行って自分で手続きを行う必要があります。 手続きには、年金手帳、離職票、免許証などの書類が必要です。 年金の切り替えに関する疑問を解決 最後に、年金の切り替えに関するよくある疑問を解消しておきましょう。 切り替えたのに納付書が送られてきたけど払うべき? 国民年金に加入していた人が新たに就職し、厚生年金に切り替えた場合、切り替えの時期によっては、行き違いで国民年金の納付書が送られてくる場合があります。 この場合、素直に納付してしまうと重複納付となり、後で還付の手続きを行わなければいけなくなります。 そのため、就職した時は自分の居住地域を管轄している年金事務所に厚生年金への切り替えを行ったことを伝え、手続き状況を確認してもらうのがいいでしょう。 切り替えるのを忘れてしまったときはどうすればいい? 厚生年金から国民年金に切り替える場合、厚生年金の資格喪失から 14日以内に自分で役場に行って手続きを行う必要があります。 手続きが遅れても罰則はありませんが、厚生年金の資格喪失日からの国民年金をまとめて納付することを求められますので、予想外の出費になることもあるでしょう。 また、後からさかのぼって支払いを行えるのは過去 2年分のみで、 2年を過ぎると未納となってしまいます。 厚生年金から国民年金への切り替えは忘れてしまうことも多いですが、切り替え忘れに気づいたら、速やかに役場に行って手続きをしましょう。 月の途中で切り替えた場合、保険料は日割り計算になる? 年金の加入期間は月単位とされていますので、日割り計算にはなりません。 毎月の保険料は月末時点での加入先で納付しますので、例えば月の途中で退職して国民年金に切り替えた場合、その月の保険料は全額、自分で国民年金に納付することになります。 反対に、月の途中で就職した場合、月末時点では会社の厚生年金に加入していることになりますので、その月の保険料は、全額を会社経由で厚生年金に納めることになります。 このため、短い離職期間を空けて転職する場合で、退職日と転職先への入社日が同じ月の場合、または月末に退職して翌月中に入社する場合は、離職している期間の国民年金への加入手続きは必要ですが、その期間分の国民年金への支払いは不要となります。 基礎年金番号は切り替える前と同じ? 基礎年金番号は 1人に1つが原則ですので、切り替え前後で変わることはありません。 なお、 1996年までは、国民年金、厚生年金、共済年金の 3つの制度ごとに年金番号が決められていたため、転職などで従来とは別の年金制度に加入した場合には、切り替え時に番号が変わっていました。 しかし、年金に関する処理の簡略化のため、 1997年から全ての公的年金制度で共通の基礎年金番号を用いるようになっています。 今回は、国民年金と厚生年金の違い、そして切り替えの時期や方法を詳しくご紹介しました。 転職や結婚、配偶者の収入の増加など、二つの年金の切り替えが必要な場面は意外とたくさんあります。 うっかり切り替え手続きを忘れて年金保険料の納付漏れが起きないように、 2つの制度の違いをしっかり押さえておきましょう。 過去に転職経験のある人で、退職日から入社日までに数日でも間がある場合、タイミングによっては、 1か月だけ年金に未加入という扱いになっているケースもあります。 心当たりのある人は、一度ねんきんネットなどで納付状況を確認してみることをおすすめします。

次の

国民年金の満額とは?満額もらえない人が満額に近づける方法【ガイドが動画で解説】 [年金] All About

国民 年金

日本の公的年金制度。 3階建てといわれる年金制度だが、1階部分の国民年金からは老齢基礎年金が、2階部分の厚生年金から老齢厚生年金が支給される まずは、公的年金の仕組みについておさらいをしておきましょう。 日本に居住している20歳以上60歳未満の人は、国民年金の被保険者となります。 その中でも3つに分類されており、サラリーマンや公務員など職場から加入している人を「第2号被保険者」、その第2号被保険者の被扶養配偶者で年収130万円未満の人は「第3号被保険者」、それ以外の自営業者等は「第1号被保険者」になります。 また年金制度は「3階建て」といわれています。 全員が加入している国民年金(基礎年金)=1階部分• 会社員や公務員などの第2号被保険者が加入している厚生年金=2階部分• や、=3階部分 この記事では、基本的な1階、2階部分の年金支給額をご紹介します。 標準的なモデル世帯の年金受給額:国民年金は月々6万5141円、厚生年金は夫婦で22万724円 令和2年度の新規裁定者(67歳以下の方)の年金額の例。 厚生年金は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 国民年金から支給される老齢基礎年金は、20歳から60歳まで40年間保険料を支払った人で、1人1カ月6万5141円。 また、厚生年金から夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な年金額として22万724円とのこと。 令和元年度より0. これは、「2019年平均の全国消費者物価指数」(生鮮食品を含む総合指数)のアップを受けての改定となっています。 また厚生年金額の標準的なモデル夫婦は、夫が平均的収入(平均標準報酬(賞与含む月額換算)43. 9万円)で40年間就業し、妻がその期間すべて専業主婦であった世帯が令和2年度に年金を受け取り始める場合の給付水準です。 平成30年度で国民年金が5万5708円、厚生年金が14万3761円となっています。 ここでいう厚生年金は公務員や私学共済等以外の民間企業からの加入者になります。 厚生年金が国民年金の約2. 6倍となっており、厚生年金として9万円弱が上乗せされているのがわかります。 国民年金は平成26年度から上昇しています。 納付月数が多い受給者が増えてきたためと思われます。 また国民年金のカッコ内は、厚生年金の受給権を持たない人の平均です。 一般的にずっと自営業だった人などが当てはまります。 平均が5万1901円と、さらに低い水準となっています。 国民年金の月々の平均支給額、最多層は6万円台 国民年金受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均金額は男子の5万8775円なのに対して、女子は5万3342円。 女子は3万円台からばらついているのが目立つ (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は、国民年金受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 全体では、月額6万円台を受給している層が一番多く、平均は5万5708円。 全体の半分以上が5万円以上の支給となっています。 ところが、女性だけを見ると様子が変わってきます。 女性の最多層は月額6万円台で31. 2%となっていますが、5万円台も24. 1%あり、3万円台から7万円台まで散らばっているのがわかります。 月額3万円台はもちろん、6万円台でも生活費としては厳しいところでしょう。 は、年金を納めた期間(もしくは、免除などの期間)に比例して年金受給額が決まるという単純なものです。 女性の場合は、年金の加入期間が少ない人が多いということですね。 専業主婦が任意加入だった時代に加入していたかどうかで年金額の差が出ているのでしょう。 厚生年金の1カ月あたり平均支給額を男女別に見ると…… 厚生年金保険(第1号)受給権者の男女別の平均受給月額(平成30年度末時点、単位:円) 平均年金額は月額14万3761円と、国民年金の受給額よりは高い。 男子は16万3840円、女子は10万2558円と、男女間での受給額の差が大きくなっている (出典:厚生労働省年金局「平成30年度 厚生年金保険・国民年金事業の概況」) 表は厚生年金保険(第1号:公務員以外の民間企業から加入)受給権者の受給金額(月額)を男女別にまとめたものです。 厚生年金は、国民年金の基礎年金に加えて厚生年金部分が支給されているので、国民年金より支給額が多くなっています。 厚生年金の平均受給額は月14万3761円と国民年金のみの約2. もちろん、現役時代に支払った保険料も厚生年金のほうは高額になってはいるのですが、この差は大きく感じられます。 この金額があれば、生活の基本的な部分はまかなえるといったところでしょうか? また、男女差も見ておきましょう。 男子の平均が16万3840円に対して女子は10万2558円。 男子は女子の1. 6倍の受給となっています。 また女子の分布にも注目です。 女子の44. 3%が5~10万円の分布になっています。 これは国民年金の受給にほんの少し上乗せがある程度。 自分自身で会社員として厚生年金に加入していた期間がとても少ないことがわかります。 公的年金だけでなく自分年金づくりも大切 以上、現時点で年金の受給権を持つ人たちの平均額を紹介しました。 多くの人にとって、これらの支給額だけでは老後の生活はまかなえそうにないという結果です。 これらの公的年金は一生涯受給できる大切な収入源。 受給できる年金額を増やしながら、独自で老後の資金計画を立てるという2本立ての対策が必要ですね。 【関連記事】•

次の

国民年金の免除制度とは?失業中の特例も!条件や申請方法を解説 [仕事・給与] All About

国民 年金

国民年金とは? 満額はいくら? 満額もらえない人が近づける方法 国民年金とは、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満の人が年金保険料を納め、65歳以上で老後の年金を受け取る、国による強制保険です。 年金には老後の年金の他に、死亡による遺族年金、一定の障害になったときのための障害年金もあります。 国民年金から支給される年金は、老齢基礎年金、遺族基礎年金、障害基礎年金といいます。 【ガイドの拝野さんが国民年金の満額について動画で解説します】 国民年金の満額とは? 国民年金の満額は、一般に老齢基礎年金の満額をいい、令和2年度価額で78万1700円です。 平成31年度の78万100円より0. 2%上がりました。 原則、給付額は毎年見直しされます。 満額とは20歳から60歳まで40年間(480カ月)毎年年金保険料(令和2年度は月額1万6540円)を全額払い続けた場合の年金額です。 年金額を満額にするのは結構難しく、どこかで保険料を支払ってない時期があり、その分満額より少なくなっている人も多いのです。 例えば、1浪し19歳で大学入学、23歳で卒業するまで(20歳から23歳まで36カ月)、年金保険料を滞納し、卒業後は会社勤めを60歳までした場合の年金額を計算します。 私の老齢基礎年金は満額? ねんきんネットで確認できる 国民年金(老齢基礎年金)が満額かどうかは、年金事務所でもねんきんネットでも確認できます。 ねんきんネットでも国民年金が満額かどうか確認できる!(図表はイメージです) 国民年金が満額にならない主な理由 老齢基礎年金の年金額が満額にならない主な理由は以下の通りです。 昭和61年3月以前の専業主婦は国民年金に入ってなかった人が多いから。 学生時代年金保険料を払っていなかったから 3. 会社員(厚生年金加入)退職後、手続きが遅れ、年金保険料を払えなかったから。 パートに出てすぐ辞め、その後、何の手続きをしなかったため。 夫が退職または65歳になったとき、妻が手続きするのを忘れていたから。 年金保険料を全額支払わず、免除されていたから。 65歳前に老齢基礎年金を前倒しで受け取ったから。 老齢基礎年金額を満額に近づける方法 上記のような理由で、老齢基礎年金額が満額(令和2年度なら78万1700円)にならなかった場合、少しでも満額に近づける方法があります。 60歳から65歳までの間、国民年金に任意加入する 40年間満額の年金にならない場合、60歳から65歳までの間、年金額が満額になるまでの間、任意加入して年金保険料(令和2年度で月額1万6540円)を支払うことができます。 免除・猶予された保険料を追納する 学生時代保険料が払えず「学生特例納付猶予」だった、失業した後年金保険料を「申請免除」してもらった、または「若年者猶予」してもらった場合は、過去10年間なら年金学を満額にするために追納できます。 滞納していた年金保険料を支払う(後納保険料) 支払えないのに、免除申請もせず、そのまま滞納になっていた年金保険料はありませんか? 保険料の納期限(翌月末日)より2年間なら年金保険料を支払うことができます。 付加年金の保険料を支払う 付加年金の保険料はとてもお手ごろです。 例えば、1年間付加保険料を支払えば、年金額が毎年2400円一生増えるのです。 2年で元が取れてしまいます。 年金額が満額を超えた? そんなことってある? 昭和61年3月以前は、多くの主婦(主夫)や学生が強制でない国民年金(任意加入)には入っていなかった前提で「振替加算」というしくみがあるのです。 生年月日が大正15年4月2日から昭和41年4月1日までは振替加算あり(平成31年度額) 20年以上厚生年金に加入している配偶者がいる人で、自分は20年未満の厚生年金だった場合、65歳から「振替加算」が加算された額で一生老齢基礎年金が支給されるのです。 振替加算がつくと年金額が満額を超えることがあり得ます。 例えば、昭和40年5月生まれで、20歳から22歳まで年金保険料を全額支払い、25歳で会社員の妻となり扶養に入り、55歳で夫が会社員退職後も年金保険料を全額支払い60歳になった場合の年金額はいくらでしょう。 年金は一生もらうもの、平均寿命の延びを考えると、少しでも年金額を多くしておきたいですね。 【関連記事】.

次の