あかしけやなげ 意味。 げな(ゲナ)とは

第1課 聴覚しょうがい者用:眞田 治

あかしけやなげ 意味

「こともなげに」を英語に直訳するのは難しいので、「何事もなく」「難なく」などの表現に置き換えると良いでしょう。 as if nothing had happened(訳:何事も無かったかのように)• without difficulties(訳:何の困難もなく)• casually(訳:平気で) 【例文】• I succeeded in the difficult experiment as if nothing had happened. (訳:私は難しい実験をこともなげに成功させた)• He passed university without difficulties. (訳:彼はこともなげに大学に合格した)• He smoked cashually in a non-smoking room. (訳:彼はこともなげに禁煙室でたばこを吸った).

次の

いかしてるってなに?語源は?意味は?イケてるも意味不明。

あかしけやなげ 意味

去年の年末、渋谷のアップリンクでこの映画を見た時にこのセリフを聞いて、私は、まるで自分に言われているような気持ちがして、たいそうショックを受けた。 そして、「きみは、いつも不満なんだ。 」というその言葉とともに、自分の過去のさまざまな恋愛が、頭の中に浮かび上がった。 私は今まで、1年半以上誰かと時間を共にしたことがない。 「あかしはほんまに恋愛続かへんよな」と、仲の良い友達と恋バナをするたびに何度も何度も言われてきたけれど、その理由について、ちゃんと考えてみたことはなかった。 ヘラヘラと笑い、「恋愛なんてそんなものだろう」、と思っていた。 思えば今までの恋人には、すべて私から別れを告げていた。 相手のよくないところや、「なんでこうしてくれないんだろう?」と思う不満を見つけては、「もういいや、別の人がいる」と諦めて、「いつか自分に合う人が見つかるはず」と、そんな淡い期待を抱いては、次の恋人を探していた。 もちろん、その人だからこそ味わえた大切な感情はそれぞれにあったけれど、結局は同じことをずっと繰り返していた。 私はいつも満たされず、それは、自分を満たしてくれない相手のせいだと思っていたのだ。 去年、Webメディアの「soar」さんで、自分の持つ悩みと向き合う連載を持たせてもらった。 編集者の方と、「どんなテーマで書くか」を話している時にまっさきに思い浮かんだのが、自分の「自己肯定感」に関すること。 この文章を要約すると、私は幼い頃からずっと「誰かの期待に応える」ために生きてきて、自分で自分を認めることができない、だからそれを少しずつ変えていきたい、というような内容だ。 この文章は、仕事における自己肯定感について書いたものだけれど、それはまるっとそのまま恋愛にも言い換えることができるのかもしれない、と、マリッジストーリーを見て思った。 私はきっと、自分の自己肯定感の低さを埋めるために相手を使う恋愛をしてきてしまったのかもしれない。 それでは、いけない。 自分で自分を満たさなければいけない。 そうすることで、きっと本当の意味で相手を大事にできるはず。 「ずっと一緒にいたい」と思えるような人に出会えたこともあり、それにようやく気づいたのが、遅いかもしれないけれど、去年の1年間だった。 でも、そういったことに気づくと同時に、「自分で自分を満たそう」という言葉に対して、私は一縷の違和感を覚えていた。 そしてその違和感について考えていると、とある先輩編集者の存在を思い出した。 その先輩は、仕事を一緒にしているわけではないけれど、ひょんなことがきっかけで定期的にお茶をするようになった、いわゆる「茶飲みともだち」だ。 直接伝えてもいるけれど、その先輩は、一言で言えば「飢えている」。 私から見れば本当にすごい人で、実績もあるし、やっている仕事内容も素敵で、周囲から認められてもいる。 なのにその人は飢えていて、現状に飽き足らず、いつも不満そう、なのである。 でも、私はその先輩のことを心からかっこいいと思っている。 飢えているその姿勢が、とてもかっこいいなと思う。 そう考えたとき、「満たされていないこと」って、別に悪いことなのではないか? と思ったのだった。 そして気づく。 その先輩がかっこいいのは、きっと、「満たされていないことに、自分で責任を持っているから」なのだ。 * 「自分で自分を満たす」とは、言葉では簡単に言えるけれど、そう簡単ではない。 やりたいこと、叶えたい夢はどんどんどんどんあふれてくるし、満たせたと思ってもまた新たな欠乏を感じるようになる。 それは、人生に問いが尽きないことにもよく似ている。 だから、大事なのは、「自分で自分を満たす」ことではなく、「満たされていないことを認め、そこに対して自己責任を持つ」ことなのではないか、と思うのだ。 自分が満たされていないことを、誰かや何かのせいにするのではなく、誰かや何かに埋めてもらおうとするのではなく、「満たされていない」という現状を認め、それを自分自身でどうにかしていこうと思うこと。 私はきっとこれからも、満たされることはないのかもしれない。 「きみは、常に不満なんだ」という言葉の通り、私はいつも不満なのかもしれない。 けれどその言葉に傷つくような自分ではなく、胸を張って「そうなの、だから頑張っているの」と言えるような自分になりたいな、と思う。

次の

げな(ゲナ)とは

あかしけやなげ 意味

この 作品 は にある作品に基づいている。 一枚目 アイテム番号:SCP-444-JP オブジェクトクラス:[解読不能] 肉筆 けてるけてるけてるけてるけてるけてるけてる 特別収容プロトコル:SCP-444-JPを描写するあらゆる媒体に於いて、SCP-444-JPを削除または改竄することで、SCP-444-JPが読み上げられる事を阻止してください。 SCP-444-JPを読み上げた事のあるどの人物に対しても、Bクラス記憶処理による処置を施してください。 また、SCP-444-JPに関連する研究員には専用の守秘義務が定められ、SCP-444-JPの研究から他の部署へ異動する際には必ずBクラス記憶処理を受けてください。 SCP-444-JPが漏洩し広範囲に蔓延するリスクを回避するため、SCP-444-JPの情報はサイト-8141内でのみ扱われます。 説明:SCP-444-JPは特定の幻覚または疑似体験を発生させる文章形式の言葉です。 その言葉を実際の発生によって読み上げた時、その読み上げた人物は必ず一つの幻覚世界に囚われ、その幻覚世界内でいくつかのループするイベントを疑似体験します。 以下は被験者が曝された幻覚世界と疑似体験の内容を順序だてて簡易的に述べたものです。 1.被験者は幻覚世界の中に立っている。 土や草木の正常な感触や風を感じるほど幻覚はリアルであり、現実で被験者に対して起こった事象は、幻覚世界中の被験者の意識や感覚には一切反映されない。 2.被験者の意識が幻覚世界に完全に入ってから4~7分で、被験者は自分の体が鳥のように空を飛べるものだと気づく。 被験者は自らが飛翔出来ることを確信しているが、その根拠は説明出来なかった。 3.被験者は飛翔の要求が高まり、幻覚世界の空を飛翔する。 この間、現実での被験者の肉体は平常時以上の沈静状態へ入る。 4.飛翔から2~3分後、前方から巨大な赤い鳥が迫って来ると証言し、その鳥に対して恐怖を抱き始める。 現実での被験者の肉体の生理的活動が活発化する。 5.死に対する非常に強い恐怖心と、現実的な肉体的苦痛を訴えながら幻覚世界の被験者が巨大な赤い鳥に捕食される。 現実での被験者の肉体的な反応がピークに達し、行動爆発による周囲への無差別な攻撃を行う。 6.幻覚世界の被験者が死亡。 一切の情動反応が停止し、肉体も3分間昏睡状態に似た沈静を保つ。 7.1に戻る。 その際、ごく断片的なもの以外の記憶がリセットされる。 SCP-444-JPを被験者の現実の肉体が筆記することで、幻覚から脱することが出来ます。 SCP-444-JPを筆記する場合のみ、幻覚世界の被験者の意識的行動が現実の肉体を制御することが可能となります。 しかし幻覚世界の性質から、被験者が自ら幻覚世界内でSCP-444-JPの筆記を思い立つまでには、数週間単位の時間を必要とする場合が殆どです。 その場合、被験者は繰り返されるループによる断片的な記憶を想起することが可能となり、その記憶によって、SCP-444-JPを筆記することで死の恐怖と苦痛から脱却可能であることを直感的に学習します。 幻覚世界から脱した被験者は、幻覚世界内での全てのループと詳細の内容の記憶を保持しています。 しかしその記憶が原因で精神疾患を発症し、証言不可能となる例が多発したため、これ以上の幻覚世界への探査は現在見送られています。 突入時既に施設は廃墟となっており、その状態から、財団によって位置が捕捉された時には既に遺棄されていた施設と思われます。 異常な性質の最初の発現は、筆記されたSCP-444-JPを発見した機動隊員が、何気なくその文章を読み上げたことによって明らかとなりました。 同機動隊員は直ちに隔離されましたが、自力で幻覚世界から脱した後、Bクラス記憶処理を受けて業務に復帰しました。 施設の殆どは破壊されていましたが、残存したデータは回収され、一部修復に成功しています。 施設が遺棄された理由は不明です。 肉筆部分 あいつらの企みがうまくいっている内はよかった。 だがあいつらは失敗した。 この発砲事件により4名が死亡し2名が重症を負いました。 同機動隊員はSCP-444-JPの影響より脱して5ヶ月間、問題なく業務を遂行しており、事件発生までは定期的に行われる精神鑑定に於いても異常は認められていませんでした。 拘束後尋問を行った所、著しい知性の退行と、重度の強迫性障害の傾向が認められました。 同時に、処理されたはずの記憶が完全に復元されていることが確認されました。 これらの徴候が事前には一切見られなかったことから、知性の退行と強迫性障害は、突如復元された記憶によって急速に進行したものと思われます。 現在、事件とSCP-444-JPの関連が調査されています。 肉筆部分 補い3:暴動が起きた。 おれたちは実験をやりすぎた。 奴は肥え、拡大し、SCP-444-JPをただ知っているだけだった連中も支配した。 奴は人を食う。 人の心を食う。 言葉や文字、声はやつにとって狩り [血液の付着によって解読不明]、エサを乗せる食器だったんだ。 なにもしらずに、おれ [解読不明]やりすぎた。 奴は成長し、拡大し、おれたちの血に混 [解読不明]んだ。 おれたち全員の血にだ。 全員むさぼられた。 [解読不明]もう57回も記憶処理装置を頭にぶちこんでなんとか生きてる [解読不明]奴は忘れることをゆるさない。 もう皆死んだ。 サイト8141は封 鎖した。 奴をこれ以上成長させないためにおれも死ぬ 知るな。 それだけでもう奴にねらわれる。 奴にエサをやるな。 また、CCライセンスについての簡単な説明を加筆しました。 以上のマイリストに登録されている全ての動画は、以下のSCP財団日本支部に掲載されている記事の紹介、および個人による解説・解釈を目的としています。 またこのブロマガではその補足として、関連のある記事の紹介や、寄せられた匿名コメントへのコメントを行っております。 今後、このブロマガはSCP財団とは全く関連のない更新が行われる可能性もあります。 【SCP財団 日本支部】 以下の記述は、SCP財団 日本支部のライセンスガイドに則っています。 【ライセンスガイド】 特に断りがない場合、私が公開している SCP財団関連の動画や記事、イラストなどのコンテンツは、他者から提供されている素材 音声・画像素材など や引用コンテンツをのぞいて、すべて【クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3. 0】ライセンス 適用コンテンツとして公開しています。 私の公開している【クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3. 0】ライセンスが適用されたコンテンツを利用したり、改変したり、二次創作的に利用する場合は、• クレジットを行い、クリエイティブ・コモンズのライセンスへのリンク URL を掲載すること• 創作した作品に【クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3. 0】ライセンスを適用すること この二点を守っていただけるよう、お願いします。 (SCP財団コンテンツはこれらを適用しているため、私の創作物へも継承され、適用されているためです) 動画で使用されている音声・画像などの素材の全ては【クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3. 0】の元に提供されてはいません。 使用素材は可能な限り、クレジットの代わりとして各動画のコンテンツツリーに示してあります。 しかし、クレジット不要のフリー素材として提供されている素材に関しては、クレジットを行っていないものもあります。 使用されている素材の中には、商用利用を不可とするもの、ニコニココンテンツ外での利用を不可とするものも含まれている可能性があります。 私の投稿動画を元に作成したコンテンツによって生じた損害等の責任は一切負いません。 ご了承ください。 実質、上記の動画において【クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3. 0】が適用できるのは引用でない、個人の解釈・解説部分の 文章内容のみになると思います。 文章内容にも東方キャラとしての掛け合いも含まれますので、その部分の利用に関しては以下のページをお読みになった上、 自己責任でお願いします。 【上海アリス幻樂団創作物の二次創作・使用関連ページ】 素材提供者様にはなるべく誠実でいたいと思っていますが、法的な専門知識には乏しいために、もしくは単純な見落としで問題がある部分がある可能性もあります。 問題などの指摘や意見はTwitterもしくは以下のGmailアドレスからご連絡ください。 9zikansuiminあっとまーくGmailどっとこむ あかしけ やなげ 緋色の鳥よ くさはみ ねはみ けをのばせ SCP-444-JP: 一番のお気に入り。 鳥と性質と言葉は、全て同時に思いつきました。 理由は私も分かりません。 しかし、画像がメインの記事を作りたい、という挑戦心が根底に あったのは確かです。 友人二名に手書き部分の手伝いをお願いし、画像をちょいちょいと加工して制作。 制作中も、こいつが私の代表作となるであろう事を確信 しながら作業していました。 緋色の鳥は今も獲物を探して幻覚の野を飛び回っているのか、それとも・・・ さてさて、動画投稿後に気づいたTalesたちや、一部コメント返事や解釈などなどをしていこうと思います。 と、その前にひとつだけSCPとは関係ないのですが、とても嬉しいものを見つけたので紹介させてくださいな。 なんと、クトゥルフ神話TRPGやろうずwikiに、 SCP-444-JPを元に作ったシナリオが配布されていました! ぱんぱかぱーん! そこで私の動画が解説動画として載っててすごくうれしかったです。 わーい! なんていうか、ありがとうございます! シナリオ名は 「 赤い鳥」。 シナリオ製作者さんは ズカさんです。 ちょっとプレイ自体の予定が先になりますが、こちらのシナリオをうちの卓でプレイして動画にしたいなー、とかむにむに考えてます。 Tales こちらはレポートの作者さんのtalesなので、つまりまあ、そういうことだと思います。 緋色の鳥は意識の世界を飛ぶ鳥であり、「あかしけ やなげ」の一連の言葉を発することによって、我々は緋色の鳥に 見つけられるといったところでしょうか。 ヒエッと思ったのは、この部分。 そして彼の鳥は最後の一人を嚥下した後に、飛び立つだろう。 人を、人外を、神を貪り、長い咆哮の後に飛び発つだろう。 赤き星を残して、意識界の更に深層へと飛び断つだろう。 深き混沌へと身を投じ、狂乱の儀式に囲まれて眠りに就くだろう。 こちらは、緋色の鳥に関するであろうと思われるTalesです。 まあ断言されてないとはいえ、 緋色の鳥なんてコイツしか思い当たらないけどね・・・!! たぶん、緋色の鳥に関してる・・・と思います。 こちらは鳥の、というよりは日本生類創研のTalesですね。 動画もありますよん。 (ぜひマイリスまでしていただきたい) 短めでさっくり読める、モンスター緋色の鳥的なTalesです。 、、と、その他もろもろ(把握しきれなかった)。 想像が膨らみますね! こちらも短めでさっくり、SCPに財団が敗れたifなTalesです。 ギャグです。 これずるい。 こちらは要注意団体「蒐集院」に関するところが大きいです。 鳥も出てるので、一応。 ノイズはちょっと小さいくらいでちょうどいいですね~。 動画で紹介したのは昔のレポートですね。 動画時間がヤバいという事情で読み上げはしなかったんです・・・ ぜひ、彼の最期の言葉であろうその文章は、ページに飛んで確認してみてください。 まだ翻訳されてないので、SCP-2371が読めないんですよね、英語ダメな人なので。 これ、もっと表側の人間が見つけちゃってたら完全にアウトだったでしょうねえ。 知った者はもれなく全員発狂、そしてその拡散性の凄まじさと記憶処理が効果的でないという状況において「とにかく収容する」ことが最優先でしたから、余裕はなかったと思います。 認識しただけで発狂する拡散SCPの前にて記憶処理という武器を失った財団はもはや、無力な一般人に過ぎないことでしょう。 そして同時に、その脅威を封じ込めた財団は、やはり世界を守っているんでしょうね。 こちらのコメント、緋色の鳥に関するTalesがあるってことに気づけたコメントです。 「緋色の鳥」という形をアバターにしている、情報ウイルス・・・。 強迫性障害では、自分でもつまらないことだとわかっていても、そのことが頭から離れない、わかっていながら何度も同じ確認をくりかえしてしまうことで、日 常生活にも影響が出てきます。 意志に反して頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないでいられないことを強迫行為といいま す。 たとえば、不潔に思えて過剰に手を洗う、戸締りなどを何度も確認せずにはいられないといったことがあります。 こっちは、「あかしけやなげ以下略を書かずにはいられない」というのが該当する・・・? いやまあ、想像なんですけどね! PTSDは以下のとおり。 PTSD(Post Traumatic Stress Disorder :心的外傷後ストレス障害)は、強烈なショック体験、強い精神的ストレスが、こころのダメージとなって、時間がたってからも、その経験に対して強い恐怖を 感じるものです。 震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害などが原因になるといわれています。 PTSDも同時に発症してると思います。 そして多分、ループ中も発症してます。 どっちかというと発狂してるって言った方がいい気もするんだけどね・・・ 長々と見てくださりありがとうございました~。 他にも情報があれば追記する予定です。 nicovideo. 0】ライセンス適用コンテンツとして公開しています。 詳細はこちらでご確認ください。 【 ar981905 】.

次の