小松勝 実在。 いだてん|シマ生きてた?増野りく役で杉咲花が再登場!小松勝と結婚し五りんの母となるシマにうりふたつの「りくちゃん」

【いだてん】五りんって何者?神木隆之介さん演じる謎キャラの正体とは?

小松勝 実在

登場人物 登場人物は、• 実在の人物をモデルにしており、 名前もそのまま• 実在の人物をモデルにしているが、 名前は替えている• 架空の人物 の3種類に分かれます。 主な登場人物を生まれた順に並べると……• 小松利右衛門 享保14年(1729)高遠入谷奥浦生まれ ~寛政2(1790)年(享年61歳) 利平の祖父。 小松理兵衛布高 宝暦12(1762)年~天保7(1836)年(75歳) 利平の父。 小松スエ 宝暦11(1761)年年~天保4(1833)年(68歳) 利平の母。 守屋貞治 明和2(1765)年~ 天保3(1832)年 多くの石仏を残した。 名工といわれ、石仏ファンの間では超有名。 凌雲禅師 天明4 1784 年~明治4(1871)年(87歳)。 利平の育ての親のような存在。 本作の準主役。 渋谷藤兵衛 天明4(1784)~嘉永6(1853)年(69歳) 貞治の19歳年下の弟子。 30歳くらいで貞治の弟子に。 利平より20歳年上。 貞治の作風を受け継ぎ、貞治銘の作品も実際には藤兵衛がほとんど彫ったものが混じっているといわれる。 小松嘉平 寛政3(1792)年~天保11(1840)年(48歳) 利平の兄(12歳上の長男)。 望月留次郎 寛政7(1795)年春(新潟妙高大鹿村で生)~明治5(1872)年9月(78歳) 利平より9歳年上。 既存の仏教などにとらわれぬ独自の世界観、宗教観を持ち、奇想天外な人類創世記を説く。 カリスマ性があり、信徒たちが増えていく。 晩年、「修那羅大天武」を名乗り、舟窪山(修那羅山)に入山して社殿を開く。 松浦彦治郎 ?~? 山白石村大庄屋。 利平の後ろ盾となるが、打ち壊しや戊辰戦争で、何度も危機を経験する。 小松利平 文化元(1804)年11月晦日~明治21(1888)年8月1日(享年83) 本作の主人公。 高遠石工として生まれ育つが、藩領に戻らず、欠落人(かけおちにん)として福島の地に隠れ住み、名作を残した。 大沼ノブ 文化7(1810)年10月10日~明治26(1893)年11月23日(享年82)。 東白川郡瀬ケ野村 大沼金蔵の次女。 利平の妻となる。 利平より6歳下。 藤森吉弥 文化8(1811)年~明治8(1875) 利平と同時代(7歳年下)の石工。 藤兵衛の弟子筋だが、晩年は流れ石工となって「乞食の吉弥」と呼ばれた。 松本に12鉢の道祖神。 埼玉県秩父郡小鹿野町の観音山に、台石を入れると高さ4m余の仁王像を造立。 鈴木鶴吉 文化11 1814 年?~明治7(1874)年 小説内では利平より20歳下、彦蔵より13歳上の設定。 利平の弟子で、利平のもとを離れても「利平門人」を名乗る(史実)。 黒沢三重郎 天保4年(1833)~明治33(1900)年(68歳) 秩父日尾村「石屋三十」の棟梁。 吉弥を雇い入れ、観音山の巨大仁王像造立を仕切った。 小松彦蔵 天保8(1837)年8月3日~明治33(1900)年6月25日(62歳) 利平32歳、ノブ26歳のときの子。 石工は継がなかった。 小松寅吉 弘化元(1844)年6月6日~大正04(1915)年2月22日 (70歳) 利平の弟子。 彦蔵の養子となり、石工としての小松家を継いだ。 時代背景 時代背景を説明した部分では、史実をほぼそのまま解説しています。 そこに出てくる人物名や出来事はすべて史実です。 もちろん昔のことゆえ、どこまで正確かは分かりませんが、できうる限り多くの資料に当たって、正確を期しました。 小説なのに幕末の時代背景をかなり詳しく解説したのは、いわゆる「司馬史観」や「明治維新の美化」に対する異議申し立てをしたかったからです。 白河藩主であり幕府の老中にもなった阿部正外についてはかなり細かく描いていますが、これは私の母方の曾祖母が、正外の娘(勝姫)だったらしい、という個人的な事情(思い入れ?)からです。 登場する石彫刻作品 架空のものもありますが、実在し、現在もその場所に行けば見ることができるものもあります。 小説に登場する順番に、今も見ることができる「実在の」作品をいくつかリストアップしてみます。 伊那市・円通寺の地蔵菩薩像と聖観音菩薩像 ……貞治作と言われているが、藤兵衛が彫ったという説も。 高崎・白岩山長谷寺の多宝塔と狛犬 ……狛犬には「延享三年丙寅十月吉日 信州高遠藤沢村 伊藤喜平治 作之」の銘あり。 1746年。 鎌倉・鶴岡八幡宮の狛犬……寛文八戊申歳九月の銘あり。 1668年。 棚倉町八槻・近津神社(現・都々古別神社)の狛犬 ……天保11(1840)年の銘あり。 利平36歳。 石川町・沢井八幡神社の波乗り兎像 天保14(1843)年の銘あり。 利平39歳。 浅川町・共同墓地の髭題目塔 ……安政5(1858)年5月「福貴作村 石工 小松利兵ヱ 門人 鈴木靏吉」の銘。 利平54歳。 須賀川・旭宮神社の狛犬 ……境内には寅吉銘の恵比寿像があることから、利平・寅吉の作ではないか?• 須賀川・朝日稲荷神社の狛犬 ……沢井八幡神社の奉納帳に「須賀川稲荷神社の狛犬も同人の作」とある。 白河・烏峠稲荷神社の狛犬 ……もしかすると?• 石川町・沢井八幡神社の狛犬 ……慶應元(1865)年。 奉納帳が残っている。 日光東照宮・跳び越えの獅子 ……陽明門に行くまでの場所なので、江戸時代にも見ることはできた。 秩父小鹿野・観音山の巨大仁王像 ……小鹿野町教育委員会は吉弥の作と認定している。 筑北村修那羅山・安宮神社の猫のような虎のような一対の像 ……これは最大の謎? ISBN978-4-910117-03-4 B6判 250ページ オンデマンド印刷・製本 本体:1280円(税別) 送料:220円(Amazonの場合は300円) 下の「カートに追加」で、この場でPayPalオンライン決済にてご注文いただけます。 お届けまで5日~10日程度かかります。 Kindle版(電子書籍)もあります。 その他、です 銀行振込をご希望の場合はからご注文ください。 複数冊ご注文の場合、送料分を若干お安くできる可能性があります。

次の

全てが“謎”過ぎた『名探偵コナン』主題歌歌手「小松未歩」

小松勝 実在

ロサンゼルスオリンピックでの日本選手団の活躍に刺激を受け、故郷・熊本で再び走り出した金栗四三(中村勘九郎)。 その前に現れたのが、四三に憧れる青年・小松勝だ。 共に九州一周の旅に出た2人は以後、師弟関係を結び、激動の昭和を歩んでいくこととなる。 物語後半のキーマンとなる小松を演じるのは、「八重の桜」(13)などの大河ドラマに出演し、現在も数々の作品で活躍する若手俳優の仲野太賀。 熱望していた本作出演の裏話、小松役に懸ける意気込みなどを聞いた。 -出演が決まったときのお気持ちは? メチャクチャうれしかったです。 実は、制作発表があったときから出演したくて、個人的に「いだてん」の関係者という関係者に、手当たり次第に会いに行っていたんです。 直接的に「出たい!」とは言わず、「どんな物語か」、「どんな役があるのか」、「撮影はいつか」と聞いて回って、「楽しみにしています!」と(笑)。 でも、ことごとく「詳しいことは言えない」、「すごいことになる」と含みのある話をされるばかりで…。 そのうち、「どうやら思いが届きそうだ」という気配が漂ってきたので、事務所の方と「スケジュールを空けておきましょう。 絶対に来るので」と話し合っていたら、本当に話が来て…。 だから、本当にうれしかったです。 -そこまで出演を熱望した理由は? 僕はもともと、(脚本家)さんの作品が大好きで、そのチームで大河ドラマをやる。 しかも題材はオリンピック。 絶対に面白いに決まっている。 「これは大変なことになる。 絶対に出なきゃ」という気持ちでした。 -小松勝役の印象は? 「いだてん」には、金栗四三と田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公がいて、さらに落語のパートもあります。 小松勝は、それらをつなぐキーになる、とても重要な役。 ここまでスタッフ、キャストが必死に紡いできた物語をひとつにつなぐわけですから、「下手なことはできない」と思いました。 -小松勝と金栗四三の師弟関係を、どんなふうに見ていますか。 小松にとって金栗先生は尊敬すべき憧れの存在です。 ただ、そんな人の指導を受けたからといって、浮かれているわけでもありません。 もちろん、最初はそういう気持ちもありますが、鍛えられていく中で、同じランナーとして、「金栗先生に負けたくない」という気持ちが芽生えてくる。 一緒に走るシーンでも、先生が先を行っていたら、必死に走って追い越す、そうすると、また先生が追い越して…という感じで。 そういう「追いつ、追われつ」みたいなせめぎ合いを楽しむのが、小松と金栗先生の師弟の形なのかなと。 その中で、かつての金栗先生を思わせる部分が出せたら…と思っています。 -小松の走り方はどのように生まれたのでしょうか。 走り方はとても大事なので、マラソン指導担当の金哲彦さんがフォームを考えてくれました。 金栗さんのフォームを基に、歩幅やピッチ、上体の使い方を研究し、時代に合わせて進化しつつ、2人の師弟感が出るような感じになっています。 -金栗さんと一緒に走る場面も多いようですね。 金栗先生と一緒に走る場面は何度も登場しますが、周囲の街の風景や情勢はその都度変わっていきます。 例えば、オリンピックが近づくとにぎやかになったり、戦争が近づくにつれ、兵隊の数が増えたり…。 でも、街の風景が変わっても、金栗先生と小松の中にあるものは変わらない。 ただひたすらオリンピックを目指す、金メダルを取る。 そこは揺るぎません。 戦争の気配も感じてはいますが、それまで積み上げてきたものがあるから、「絶対オリンピックに行く!」と信じる気持ちの方が強い。 僕としては、そこをうまく表現したいと思っています。 -金栗四三役の中村勘九郎さんと共演した感想は? 勘九郎さんがスタッフと家族のように接する姿を見ていたら、「これが大河ドラマに主演する人なんだ」と実感しました。 勘九郎さんが現場に入るだけで、空気がふわっと明るくなるんです。 その存在感がとてもすてきで…。 自分が一番大変なはずなのに、僕のような役者に対してもフラットに接してくださって、とても優しい方ですし。 カッコいいな…と。 -熊本弁はいかがでしょうか。 なかなか大変ですが、熊本ことば指導の先生が真摯(しんし)に教えてくださるので、指導を受けながら、一生懸命やっているところです。 勘九郎さんも熊本弁は完璧なので、いろいろとリードしていただいています。 例えば、僕がアドリブに苦戦していると、勘九郎さんが率先してやってくださったり、僕が勘九郎さんの言っていることを参考にしてみたり…。 時には「こういうときは、こう言ってみたら?」と、勘九郎さんがアドバイスをくれることもあります。 -ところで、小松は金栗さんと一緒に美川(秀信/勝地涼)くんに会う場面もあるようですね。 そうなんです。 実は、この作品が決まる前、僕が勝地さんと一緒に名古屋でドラマを撮影していたとき、ちょうど勘九郎さんが平成中村座の公演をしていたことがありました。 そこで、勘九郎さんと親交のあった勝地さんに誘われてその公演を見に行ったら、終わった後、一緒に食事する機会があったんです。 そのとき、勝地さんと「勘九郎さんと絶対に共演したいね」と誓い合っていたら今回、3人でご一緒する場面があって…。 台本を見てびっくりしました。 「いだてん」は登場人物が多いので、知り合いでもなかなか現場が一緒にならないのに、3人で共演できるなんて、すごい縁だな…と。 とても楽しかったです。 -これからの意気込みのほどを。 「いだてん」は、周りを見渡してみると、どこを取っても素晴らしいキャストしかいません。 勘九郎さんや(池部スヤ役)さん、柄本佑(増野役)さん、三宅弘城(黒坂辛作役)さん…。 皆さん本当にすごい。 そういう素晴らしいキャストが作り上げたシーンは、間違いなくいいものになっているはずです。 だから、僕も皆さんに遅れることのないよう、きちんとついていきたいと思っています。 (取材・文/井上健一).

次の

いだてん|シマ生きてた?増野りく役で杉咲花が再登場!小松勝と結婚し五りんの母となるシマにうりふたつの「りくちゃん」

小松勝 実在

小松勝役の仲野太賀 -出演が決まったときのお気持ちは? メチャクチャうれしかったです。 実は、制作発表があったときから出演したくて、個人的に「いだてん」の関係者という関係者に、手当たり次第に会いに行っていたんです。 直接的に「出たい!」とは言わず、「どんな物語か」、「どんな役があるのか」、「撮影はいつか」と聞いて回って、「楽しみにしています!」と(笑)。 でも、ことごとく「詳しいことは言えない」、「すごいことになる」と含みのある話をされるばかりで…。 そのうち、「どうやら思いが届きそうだ」という気配が漂ってきたので、事務所の方と「スケジュールを空けておきましょう。 絶対に来るので」と話し合っていたら、本当に話が来て…。 だから、本当にうれしかったです。 -そこまで出演を熱望した理由は? 僕はもともと、宮藤官九郎(脚本家)さんの作品が大好きで、そのチームで大河ドラマをやる。 しかも題材はオリンピック。 絶対に面白いに決まっている。 「これは大変なことになる。 絶対に出なきゃ」という気持ちでした。 -小松勝役の印象は? 「いだてん」には、金栗四三と田畑政治(阿部サダヲ)という2人の主人公がいて、さらに落語のパートもあります。 小松勝は、それらをつなぐキーになる、とても重要な役。 ここまでスタッフ、キャストが必死に紡いできた物語をひとつにつなぐわけですから、「下手なことはできない」と思いました。 -小松勝と金栗四三の師弟関係を、どんなふうに見ていますか。 小松にとって金栗先生は尊敬すべき憧れの存在です。 ただ、そんな人の指導を受けたからといって、浮かれているわけでもありません。 もちろん、最初はそういう気持ちもありますが、鍛えられていく中で、同じランナーとして、「金栗先生に負けたくない」という気持ちが芽生えてくる。 一緒に走るシーンでも、先生が先を行っていたら、必死に走って追い越す、そうすると、また先生が追い越して…という感じで。 そういう「追いつ、追われつ」みたいなせめぎ合いを楽しむのが、小松と金栗先生の師弟の形なのかなと。 その中で、かつての金栗先生を思わせる部分が出せたら…と思っています。 -小松の走り方はどのように生まれたのでしょうか。 走り方はとても大事なので、マラソン指導担当の金哲彦さんがフォームを考えてくれました。 金栗さんのフォームを基に、歩幅やピッチ、上体の使い方を研究し、時代に合わせて進化しつつ、2人の師弟感が出るような感じになっています。 -金栗さんと一緒に走る場面も多いようですね。 金栗先生と一緒に走る場面は何度も登場しますが、周囲の街の風景や情勢はその都度変わっていきます。 例えば、オリンピックが近づくとにぎやかになったり、戦争が近づくにつれ、兵隊の数が増えたり…。 でも、街の風景が変わっても、金栗先生と小松の中にあるものは変わらない。 ただひたすらオリンピックを目指す、金メダルを取る。 そこは揺るぎません。 戦争の気配も感じてはいますが、それまで積み上げてきたものがあるから、「絶対オリンピックに行く!」と信じる気持ちの方が強い。 僕としては、そこをうまく表現したいと思っています。 -金栗四三役の中村勘九郎さんと共演した感想は? 勘九郎さんがスタッフと家族のように接する姿を見ていたら、「これが大河ドラマに主演する人なんだ」と実感しました。 勘九郎さんが現場に入るだけで、空気がふわっと明るくなるんです。 その存在感がとてもすてきで…。 自分が一番大変なはずなのに、僕のような役者に対してもフラットに接してくださって、とても優しい方ですし。 カッコいいな…と。

次の