京都アニメーション犯人逮捕。 京都アニメーション放火事件。犯人の動機は?関係する「バリサク」とは?

京アニ放火容疑者の高額医療費、逮捕前は自己負担

京都アニメーション犯人逮捕

燃える京都アニメーションのスタジオ(2019年7月18日、京都市伏見区) 京都市伏見区のアニメ製作会社「京都アニメーション」(京アニ)第1スタジオが放火され、社員36人が死亡、33人が重軽傷を負った事件で、殺人などの疑いで京都府警捜査本部(伏見署)に27日に逮捕された青葉真司容疑者(42)が「(犠牲者は)2人ぐらいと思っていた。 36人も死ぬと思わなかった」と供述していることが同日、捜査関係者への取材で分かった。 捜査関係者によると、捜査本部は逮捕時点で初めて犠牲者数を青葉容疑者に伝えたという。 青葉容疑者は事件で自らも重度の全身やけどを負って救急搬送されており、犠牲者数を認識できていなかったとみられる。 一方で、逮捕後の調べに容疑を認めた上で、「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思った」と大量殺人を狙ったこともほのめかしているという。 反省の弁や犠牲者、遺族への謝罪の言葉はなかった。 また青葉容疑者が複数の京アニ作品を挙げて「自分が応募した小説が盗用された。 京アニが許せず、恨みが募っていた」という趣旨の供述をしていることも、捜査関係者への取材で分かった。 過去に青葉容疑者とみられる人物が京アニに小説作品を応募していたが、形式審査の一次選考で落選。 京アニ側は、同社の作品との類似点はないと否定している。 捜査本部によると青葉容疑者は一時命の危険もあったが、容体が一定程度回復。 入院先など複数の医師の意見をもとに「医療環境の整った施設なら勾留が可能」と判断したという。 捜査本部は青葉容疑者を逮捕後、ただちに送検。 京都地検は10日間の勾留を請求し、認められた。 青葉容疑者は同日夕、医療スタッフが常駐する大阪拘置所(大阪市都島区)に収容され、今後、治療を継続しながら府警などの取り調べを受けるという。 逮捕容疑は昨年7月18日午前10時半ごろ、京アニ第1スタジオに侵入し、ガソリンをまいてライターで火を付け、鉄筋コンクリート3階建て延べ約690平方メートルを全焼させた上、屋内にいた社員70人のうち36人を殺害、33人に重軽傷を負わせた疑い。 残る1人にけがはなかった。 負傷者のうち1人は現在も入院しているという。

次の

京アニ放火犯人青葉真司容疑者、重篤で転院 前科や訪問介護歴も

京都アニメーション犯人逮捕

京都市のアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで18日朝、放火とみられる火災が発生した。 京都市消防局によると、同日夜までに33人の死亡が確認された。 出火当時の建物内には約70人がいたという。 などによると、亡くなった33人のうち、男性が12人、女性が20人で1人は性別が不明。 さらに、35人が病院に搬送され、そのうち17人は重傷で、16人が入院して手当てを受けているという。 によると、現場近くで確保された男は手足にやけどを負い、重体。 消防当局は、1階で2人、2階で11人、3階から屋上にかけて20人の遺体が発見されたと話しているという。 ほかにも複数の人が3階から脱出できなかった恐れがあると、消防当局はAFP通信に話した。 火災は午前10時半ごろ、発生した。 41歳の男が京都アニメーションに侵入し、「死ね」などと言いながら、ガソリンのような液体をまいて火をつけたという。 現場から逃走した男は警察に身柄を確保され、自らも手足にけがを負っていたため病院に運ばれた。 京都アニメーションのスタッフに追いかけられていたという情報もある。 BBC NEWS JAPAN 「けいおん!」などの人気作で知られるアニメ制作会社「京都アニメーション」の京都市伏見区のスタジオで18日、放火火災が発生した。 隣の部屋に住む男性は、14日に男とトラブルになり、胸ぐらをつかまれて「殺すぞ。 こっちは余裕がないんだ」とすごまれたと明かした。 男性によると、14日昼ごろ、上の階からの音を男性の部屋からと勘違いしたのか、男が壁をドンドンたたき、怒鳴ってきた。 説明しようと男の部屋の呼び鈴を押すと、玄関から出てきた男がいきなり男性の胸ぐらと髪をつかみ、10分ほど暴言をはかれた。 以前には、男の部屋から壁が響くほどの大音量で音楽が流れ、近隣の通報で警察が駆け付けることがあったという。 部屋は1Kで家賃約4万円。 男は4年ほど前から住んでいた。 身長180センチ前後で太った体形、スポーツ刈りにめがね姿で住民の話では「オタクっぽい感じ」。 働いている様子はなく、無精ひげで体臭を漂わせていた。 住民は「17日の夜までは部屋から音がしていた」と話した。 男の関係先とみられる同市内の更生保護施設にも報道関係者が集まった。 刑務所から出所した人などが自立するまでの間、無料で入寮できる施設で、法務省の保護観察官が現れ、男が以前に入寮していたかどうかについて「個別の案件には答えられない」と話した。 日刊スポーツ 犯人の動機が判明? 以下の内容は状況証拠から5ちゃんねる有志が推測したものです• 犯人は数年前から2ちゃんねるの鉄道板とカメラ板で有名だった撮り鉄(鉄道写真愛好家)ではないかと疑われている。 この人物は「バリバリ順光でサクッとバリサク」という自作のキャッチフレーズを含む長文コピペを頻繁に投稿することから「バリサク君」と呼ばれていた。 キャッチフレーズの意味は「逆光ではなく順光になるように構図に気を付けて鉄道写真を撮ろう」ということかと思われる。 このキャッチフレーズは全く流行らなかったがバリサク君にとっては自信作らしく毎日バリサクバリサクと連呼していた。 そんな中「バリサク」という単語が全く別の意味で有名になる。 吹奏楽部を題材にした京都アニメーションのアニメ「響け!ユーフォニアム」の中でバリトンサックスという楽器をソロで演奏するシーンが放送され「バリサクソロ」(バリトンサックスソロの略)として話題に。 バリトンサックスをバリサクと略すのは実は遥か昔から使われてきた言葉だが音楽に興味のなかったバリサク君はそのことを知らず京都アニメーションが自分の作った「バリサク」という言葉をパクったと勘違い。 響け!ユーフォニアムは京阪電車とコラボしてラッピング電車(車体にアニメキャラクターを描いた電車)を走らせていたことから撮影に訪れたアニオタと撮り鉄がマナーを巡って度々衝突していたという日頃の恨みも手伝ってバリサク君は激怒。 アニメ板に突撃して「響けユーフォ二アムのバリサクソロのせいで、俺様の人生は大きく狂った。 絶対に許さないからな!」と連日昼夜問わず荒らしまくった。 日の丸(日の丸構図)というのは旗の日の丸みたいに写真のド真ん中に被写体を入れる構図のこと そんなバリサク君が突如として5ちゃんねるから姿を消す そしてその翌日京都アニメーション放火事件が起きた 犯人は「パクりやがって」としきりに叫んでいたという まだ、確定ではないが、非常に有力な情報と言える。

次の

京アニ放火容疑者の高額医療費、逮捕前は自己負担

京都アニメーション犯人逮捕

36人が死亡し、33人が重軽傷を負ったアニメ制作会社「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41)は7月18日の事件発生以来、入院が続いている。 今月14日、やけどの高度治療を受けていた大阪府の病院から京都市内の病院に転院した。 京都府警は勾留に耐えられる程度まで回復するのを待って逮捕する方針だが、まだリハビリが必要で、捜査関係者は退院時期について「まだ分からない」と話す。 今月8日には、大阪府内の入院先で初めて事情聴取を受けている。 全身に重いやけどを負い、皮膚移植手術を重ねており、治療にかかった費用は高額とみられる。 捜査関係者は青葉容疑者の医療費支払いについて「逮捕前なので、国費が充てられる理由はない」とし、容疑者負担を強調した。 元東京地検特捜副部長の若狭勝弁護士によると、事件の容疑者の医療費支払いについて「逮捕前、逮捕後にかかわらず、本来は容疑者の自己負担です。 国民健康保険など資格を得ていれば、もちろん保険が適用されます」と説明。 また、支払い能力がない容疑者の医療費支払いについて「逮捕前は自己負担ですが、逮捕後に限り、治療しないと死に至るような場合、重要事件の容疑者を死なせないために、事実上は国や県が支払うケースもあります」としている。 【近藤由美子】.

次の