更新 プログラム の アン インストール。 [注意]アンインストール不可能!Windows Updateの新Edge自動配布始まる

Windows 10で更新プログラムのインストールと設定をする

更新 プログラム の アン インストール

対象:Windows 10 脆弱(ぜいじゃく)性や不具合などを解消する更新プログラムだが、場合によっては適用によってむしろ不具合が生じることもある。 このような場合、不具合の原因となっている更新プログラムをアンインストールすれば、不具合は解消できる。 しかしWindows 10では、デフォルトでアンインストールした更新プログラム単体を再適用してしまうのを防ぐことができない(更新自体を丸ごと一時停止させることは可能)。 そのため、特定の更新プログラムが原因で不具合が発生した場合、その更新プログラムをアンインストールして、その他を含む全更新プログラムの適用を一時停止するしかない。 もし停止している間に危険性の高い脆弱性が見つかったような場合でも、その更新プログラムだけを適用することはできず、不具合の発生を覚悟して全ての更新プログラムを適用するか、更新プログラム全体を停止したままにしておくしかない(全ての更新プログラムを適用後、再度、不具合が発生する更新プログラムをアンインストールするという手もあるが、かなり面倒だ)。 そこで、Microsoftが無償で提供しているトラブルシューティングツール「Show or hide updates」を使った特定の更新プログラムのブロック方法を紹介しよう。 不具合の原因となっている更新プログラムやデバイスドライバーをアンインストールする まずは、以下のURLをWebブラウザで開き、Webページの中ほどにある「『更新プログラムの表示または非表示』トラブルシューティングパッケージを今すぐダウンロードする」のリンクをクリックして、「wushowhide. diagcab」をダウンロードしておく。 更新プログラムをアンインストールする [コントロールパネル]の[プログラムと機能]アプレットを起動し、左ペインの[インストールされた更新プログラムを表示]を選択すると、適用済みの更新プログラムの一覧が表示される。 ここで、アンインストールしたい更新プログラムを選択し、[アンインストール]をクリックすれば、その更新プログラムがアンインストールされる。 更新プログラムによっては、システムの再起動が必要になる。 更新したデバイスドライバーで不具合が発生している場合は、[スタート]ボタンを右クリックし、メニューから[デバイスマネージャー]を選択する。 [デバイスマネージャー]ダイアログが開くので、障害が発生しているデバイスを探して右クリックし、[プロパティ]を選択する。 [ <デバイス>のプロパティ]ダイアログが開くので、[ドライバー]タブを開いて[ドライバーを元に戻す]ボタンを押すと、更新前のデバイスドライバーに戻る。

次の

Windows 10|PCが起動しないなら、更新プログラムのアンインストールを

更新 プログラム の アン インストール

目次 :• Windows 10更新プログラムを削除する必要性 Windows 10のリリース以来、様々な新機能が追加され、多くのコンピュータユーザーがWindows 7または8. 1から新しいオペレーティングシステムにアップグレードしました。 さらに、セキュリティと安定性を向上させるために、Windows 10の更新プログラムが定期的に更新されています。 Microsoftはすべてのコンピュータを強制的に最新の状態に保つように取り込んでいます。 時にはアップデートに不具合が起き、多くの厄介な問題にぶつかります。 例えばドライバーの問題、アプリケーションが機能しないこと、したこと、設定を正しく戻すことなどです。 その結果、強制アップデートまたは自動アップデートに不満を思っている人は多いです。 さて、ソリューションは何ですか?Windows 10のアップデートをアンインストールしてWindowsの以前のバージョンに戻す(以前のビルドに戻す)に戻すのが最善の方法だと思います。 Windows 10更新プログラムを削除する方法 実際、PCを以前のバージョンに戻すことは難しくないです。 この記事では、4つのWindows のロールバック方法を紹介します。 方法1:イメージバックアップを使用 現在、コンピュータのセキュリティはますます重視されるようになっていて、多くの人が自分のPCのシステムイメージバックアップまたはディスクバックアップの作成に慣れています。 一般的に、コンピュータ保護のために定期的なバックアップする価値があります。 Windows 10にアップグレードする前にOSまたはシステムディスクのイメージを作成した場合は、それを使用してWindowsの以前のバージョンまたは以前のビルドに戻してください。 提示: Windowsをアップデートする前に、専門的なバックアップツールを使用してシステムまたはディスクのイメージを作成してください。 通常、サードパーティ製ソフトウェアは良い選択です。 ここでは、MiniTool Software Ltd. 強力な機能により、簡単な手順でシステムバックアップまたはディスクバックアップを作成できます。 また、自動バックアップもサポートされています。 システムに問題が発生した場合、システムイメージファイルまたはディスクバックアップを使って復元できます。 システム更新に関する様々な不具合を回避するには、このバックアップソフトウェアの無料版をダウンロードしてバックアップを作成してください。 アップデート前にWindowsをバックアップする手順には3ステップがあります。 ステップ1:MiniTool ShadowMaker無料版を実行し、ローカル(Local)セクションの「 接続(Connect)」ボタンをクリックします。 ステップ2:システムパーティションまたはシステムディスク全体をバックアップソースとして選択し、バックアップを保存するバックアップ先ディスクとして外付けハードドライブを選択します。 ステップ3:「 今すぐバックアップ(Back up Now)」をクリックしてバックアップを開始します。 詳細については、を参照してください。 予めイメージを作成しておけば、どのようにしてそれを使ってWindows 10アップデートをアンインストールし、以前のバージョンのWindowsに戻しますか? 詳細を見てみましょう。 注: システムの復元に関して、MiniTool ShadowMaker 無料版では、WinPE(Windowsプレインストール環境)での操作のみが可能です。 つまり、この頼もしいバックアップおよび復元ソフトウェアのブータブルメディアを使用する必要があります。 どのようにブータブルメディアを入手できますか?MiniTool ShadowMakerの「ツール(Tool)」タブでは、ブータブルメディア機能が提供されます。 ヘルプ記事: ブートディスクを作成したら、それをPCに接続し、BIOSでコンピュータをブートディスクから起動するように設定してください。 数秒後、MiniTool ShadowMakerは自動的に実行します。 今、Windows 10の更新プログラムを削除するために復元を開始します。 ここでは、システムバックアップとシステムディスクバックアップの両方が使用できます。 ディスクの復元を例にします。 ステップ1:「 復元(Restore)」ページに移動し、以前に作成したバックアップを選択して「 復元(Restore)」ボタンをクリックします。 注意: 1. バックアップイメージが表示されない場合は、「バックアップの追加(Add Backup)」ボタンをクリックして、復元したいバックアップをリストします。 次の図から、ドライブ文字がWindowsのものと異なることがわかります。 したがって、イメージを慎重に区別してください。 ステップ2:選択したバックアップの作成時刻が表示されます。 そのバックアップを選択し、「 次へ(Next) 」をクリックして続行します。 ステップ3:選択したバックアップファイルに含まれるすべてのボリュームがこのページに表示されます。 「 MBRとトラック0 MBR and Track 0 」を必ず選択してください。 そうしないとPCが起動に失敗します。 ステップ4:次に、イメージファイルから復元するハードディスクを決定します。 「 次へ(Next) 」ボタンをクリックすると、復元中にそのパーティションが上書きされることを示す警告が表示されます。 注意: 1. 一般的に、システムディスクは優先的にターゲットディスクとして選択されます。 ただし、ディスクのバックアップ後に新しい内容がシステムディスクに追加された場合、それらの内容はバックアップされないため、自ずと復元によって削除されます。 したがって、ディスクイメージを重要なデータがない別のハードドライブに復元した方がいいです。 復元後、 そのディスクからPCを起動し、必要なファイルをソースディスクから新しいディスクにコピーします。 一方、ディスクの増分バックアップを作成した場合、システムディスクがターゲットディスクとして適しています。 ステップ5:数分後、操作は正常に完了します。 MiniTool ShadowMakerを使用すると、Windows 10 PCを以前のバージョンに復元することは非常に簡単です。 この無料バックアップおよび復元ソフトウェアでシステムバックアップまたはディスクバックアップを作成した場合は、このツールで復元を実行してください。 アップデート後のシステム障害を避けるため、このソフトウェアをお友達と共有しましょう。 ホッと記事: イメージがない場合、以上の方法でWindowsの更新プログラムを削除することはできません。 2番目のソリューションを試してみてください。 方法2:windowsのロールバック方法 Windows 10はアップデートをバックグラウンドで自動的にインストールします。 そこには、メジャーアップデート(ビルド更新)と一般的なWindows 10更新プログラムという2種類のアップデートがあります。 以下にはその2つの方面からWindows 10アップデートを削除する方法を説明します。 注: Windows 7または8. 1からWindows 10にアップグレードした場合、希望通りに新しいOSがうまく動作しないことがあります。 1に戻すことは目下の急務です。 1 に戻す方法」を参照してください。 その中で、最初の新ビルド - Windows 10 November Update バージョン1511 は2015年11月に提供されました。 そして、Anniversary Update(バージョン1607、2016年8月)、Creators Update(バージョン1703、2017年4月)、Fall Creators Update(バージョン1709、2017年9月)など、多くのアップデートが提供されていました。 更新後、元のOSは1ヶ月間ハードディスクに保存されますが、Windows 10 Anniversary Update以降は10日になりました。 それにしてもWindows 10のアップデートをロールバックする機会はまだあります。 どのように以前のWindows 10ビルドに戻しますか? 1. 「スタート」ボタンを右クリックし、「設定」を選択します。 「更新とセキュリティ」をクリックします。 「回復」に入ると、以前のビルドに戻すというオプションが表示されます(「前のバージョンの Windows 10 に戻す」と表示される場合があります)。 「開始する」ボタンをクリックして指示に従ってロールバックを開始します。 また、Windows 10 のWinREに入ってWindows 10アップデートを取り消すこともできます。 必要に応じて、これらの一般的なWindowsアップデートをアンインストールすることもできます。 詳細は以下のとおりです。 Windows Updateに移動して、「 更新の履歴」をクリックします。 次に、更新履歴が一覧できます。 「 更新プログラムをアンインストールする 」をクリックします。 リストから更新プログラムを選択し、「 アンインストール 」をクリックします。 注: この方法では、以前にインストールされたアップデート(ビルド)のみを削除することが許可されています。 方法3:出荷時の状態に戻してWindows 10アップデートを削除する ほとんどのPCのハードディスクには、オリジナルのWindows、設定、プログラム、およびドライバーのコピーを含む隠しパーティションがあります。 そのパーティションはずっと出荷時のまま変わりません。 それにより、PCを出荷時の設定に戻すことができます。 上記の方法のように「更新とセキュリティ」に入って、「回復」を選びます。 次に、「このPCを初期状態に戻す」タブ下の「開始する」をクリックします。 「出荷時の設定に戻す」を選択してWindows 10アップデートを削除します。 方法4:Windowsクリーンインストールを実行 それでもWindowsのアップデートを削除できない場合、唯一の方法はWindowsを完全に再インストールすることです。 次に、指示に従ってンストールを開始してください。 ヒント:Windows 10アップデートのインストールを防ぐ方法 Windows 10アップデートまたは更新プログラムを削除するのは面倒くさいので、Windows 10アップデートのインストールを防ぐことをお薦めします。 gpedit. mscと入力して、 ローカルグループポリシーエディタを開きます。 次のパスに移動します。 自動更新を構成するをダブルクリックします。 ポップアウトウィンドウで、「 有効」をクリックします。 次に、「 オプション」の下に自動更新を設定する4つのオプションがあります。 いずれかを選択してください。 オプション2は、OSが自動的にアップデートをダウンロードするのを防ぐだけでなく、新しいアップデートが利用可能になったときに通知を表示します。 OKをクリックして設定を適用します。 さらに読む: 結語 この記事では、まず、Windows 10更新プログラムを削除する必要性を大まかに説明しました。 次に、MiniTool ShadowMakerで作成したシステムバックアップイメージまたはディスクバックアップを使用して復元する方法、Windowsのロールバック方法、出荷時の状態に戻す方法、クリーンインストールの方法といったWindows 10アップデートを削除する具体的な対策について紹介しました。 バックアップするのが本当に不可欠です。 更新の問題が発生した場合にバックアップからWindowsを以前の日付に復元する必要があります。 したがって、更新する前に、システムバックアップまたはディスクバックアップを作成することをお勧めします。 MiniTool ShadowMaker 無料版をダウンロードして試してください。

次の

Windowsの更新プログラムをアンインストールしてインストールされないようにするには方法とは

更新 プログラム の アン インストール

Windows Updateにてセキュリティの更新プログラム「KB4509096」、更新プログラム「KB4506991」「KB4507453」及びAdobeFlashPlayerの更新プログラムを入れたところWindowsの動作が非常に重たくなりました。 更新プログラム「KB4506991」「KB4507453」及びAdobeFlashPlayerの更新プログラムをアンインストールすると多少ましになったのですが、それでも重たい状態です。 例えばchromeで画面を下にスクロールする際にマウスのホイールを回しても数十秒後にしか反応しない状態です。 セキュリティの更新プログラム「KB4509096」もアンインストールしたいのですがどのようにしたらよいのでしょうか? 078hiro さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿ありがとうございます。 Windows Update の実施後動作が遅くなり、更新の削除を行われているのですね。 KB4509096 は「サービス スタック更新プログラム」と呼ばれる Windows Update 機能自体を更新するもので、こちらは他の更新とは違い適用後のアンインストールはできない更新プログラムとなっています。 参考: 他の原因で動作が遅くなっている可能性も考えられそうなので、一般的な原因切り分けや対処として以下のようなことを確認してみてはいかがでしょう。 ・PC を最小構成の「」で起動した場合も同様に動作が重いか ・常駐ソフトなどを読み込まない「」起動の場合はどうか ・システム ファイルの破損を検出・修復する「」を実行してみる ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 078hiro さん、こんにちは。 ご返信ありがとうございます。 セーフ モードやクリーン ブートだと、遅くなる現象は再現されなかったのですね。 そうなると、やはり読み込まれなかったサービスやスタートアップ プログラムが原因となっている可能性が高そうですね。 項目が多いと原因を絞り込んでいくのは大変かと思いますが、もし特定ができた場合はまた書き込みをして情報を共有していただけると幸いです。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 078hiro さん、こんにちは。 ご返信ありがとうございます。 ウイルスバスターが原因と思われるところまで絞り込めたのですね。 確認された情報を共有していただいて、ありがとうございます。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 078hiroさん、こんにちは。 私の場合はWindows Updateすると2回ともWindowsの動作が重くなりました。 ・Windows 10: 問題を起こした更新プログラムやドライバーを Windows Update で一時的にインストールされないようにするツールの紹介 2回目は今日発生しました。 今回は Windows Updateは1つだけでしたので、すぐ「問題を起こした・・・」を適用しています。 7月になってから Windows Update によってWindowsが 遅くなったため、Microsoft当局が善処してくれることを期待しています。 ウイルスバスター利用の方に共通して発生している現象のようなので、同様の事例の報告が無いかやウイルスバスター側の設定変更で回避ができないかなど、念のためトレンドマイクロのサポートにも問い合わせを行ってみてはいかがでしょう。 そちらで何か分かったことなどあれば、こちらのスレッドでも情報を共有していただけると助かります。 ------------------------------------------- 近藤 茂 — Microsoft Support 問題が未解決の場合は、その旨お知らせください。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の