香港 人権 法案。 可決された香港人権法案とは?わかりやすく解説。アメリカの内政干渉?

「香港人権・民主主義法」とは?

香港 人権 法案

香港情勢は、警察とデモ隊の衝突で死傷者が出るなど混乱が続いている。 トランプ氏は27日、「中国と香港の指導者や代表者が意見の相違を平和的に解決し、長期の平和と繁栄につながることを望む」との声明を発表した。 人権法は今月20日に米議会を通過していた。 香港の「高度な自治」が機能しているかどうかを毎年検証し、議会に報告するよう政府に求めている。 香港には「一国二制度」の下、外交と防衛を除く幅広い範囲で高度な自治が認められてきたが、中国政府が介入姿勢を強めており、米議会としてはそれをけん制する狙いがある。 「高度な自治」が維持されていないと判断されれば、米国が香港に対して関税やビザ発給などの面で優遇している措置は見直される可能性がある。 香港を窓口とした貿易や投資に打撃となることが予想される。 香港での人権侵害に関与した当局者に対して米国入国を禁じるなどの制裁を科す条項も盛り込まれた。 トランプ氏は20日に法案が議会を通過した後も、署名するかどうか態度を明確にしてこなかった。 米中貿易協議への影響を懸念していたとみられる。 一方、法案は超党派の賛成があり、拒否権を発動しても議会で再可決されて成立する公算が大きかった。 トランプ氏は27日、「法律の一部条項は、憲法で認められた外交に関する大統領権限の行使を妨げる可能性がある。 政権は、法律の各条項について憲法上の権限に矛盾しないよう対処する」との声明も併せて発表した。 法律で定められた事項を全て履行しない可能性を示唆することで、中国との対立が決定的になることを避ける狙いがあるとみられる。

次の

2019年香港人権・民主主義法

香港 人権 法案

香港人権法案とは? アメリカが香港のデモ激化に対して、香港政府をけん制するために2019年6月13日に出された法案 アメリカでは1992年の段階で 「米国-香港政策法」が議会を通過しました。 香港人権法案は米国-香港政策法の流れを汲む法案となっています。 「米国-香港政策法」は1997年に香港が中国に返還されると同時に効力を持ちました。 中国は香港が独立する際に「今後50年に渡って高度な自治を認める」として、アメリカも自治機能を持った香港との接し方について法律を作ったというわけです。 米国-香港政策法の目的は、 それまでイギリスの植民地化にあり経済的に自由で中国の特別行政区である香港に対するアメリカの扱い方 を制定した法律です。 つまり、 特別な都市である香港をアメリカがどう扱うかというもの。 1つの国に2つの制度がある「一国二制度」に対してアメリカのスタンスを明確にする法律となっており、「一国二制度」がちゃんと機能しているのかアメリカは毎年検証しています。 香港人権法案はアメリカの議会の上院、下院で反対票はわずか1票で通過しました。 仮にトランプ大統領が拒否権を発動して、法案に署名をしなかたったとしても上下院で多数の賛成を得た法案のため、議会が大統領の判断を覆す可能性もありました。 香港人権法案の内容には 3つの骨子があります。 1、年1回アメリカが香港に与える通商上のレビュー 前述した通り、アメリカは1997年の香港独立時に中国とは制度の違い「一国二制度」を取る事に対して、中国と香港では違ったスタンスで接しています。 通商とは外国と商取引すること、つまり貿易のことで、 アメリカは香港に通商上の優遇を与えています。 なぜなら香港は経済的にも自由であり特別行政区となっているからです。 このアメリカが香港に与える優遇措置が妥当であるかどうかのレビューを年1回行うというのが、骨子の1つ目です。 中国の国営メディアは4~5時間以内に30本も記事を出して、アメリカに猛烈に抗議したそうだよ! まとめ この記事では香港人権法案について解説しました。 香港人権法案は1992年に議会を通過して1997年に効力を持った、「米国-香港政策法」の流れを組む法律となっています。 中国と香港という1つの国に2つの制度があるという状況に対して、アメリカが香港とどのように接するかという事を定めたものです。 香港人権法案は3つの骨子からなっており、アメリカの上下院にて圧倒的多数で通過しました。 トランプ大統領が署名したことにして、中国側は激しい反発をしています。 香港人としてはアメリカが市民側に立ったことに対して喜びを表現しています。 そもそもの香港デモに関しては以下の記事をご覧ください。

次の

香港人権法案を分かりやすく解説!なぜ米国は香港を気にするか、中国との関係は今後どうなる

香港 人権 法案

ところが、9月4日に香港政府が条例の完全撤回を発表した。 「香港人権法案」が立脚する基盤がこれで崩れたわけだから、米国も法案を取り下げるのが筋ではないか、という理屈だが、どうやら米国はそう思っていないようだ。 言ってみれば、このたびの動乱を目の当たりにした国際社会はすでに香港に対する信頼を失った。 今後もいつそういう恐ろしいことになるか分からないので、何かしらの担保がないとみんなが安心できない。 だから、「香港人権法案」はやはり必要だ、という文脈になる。 法案のベースとなっているのは、「米国・香港政策法」(United States—Hong Kong Policy Act、合衆国法典第22編第66条 22 U. 「香港政策法」は香港の扱い方を規定する法律として、1992年に米国議会を通過し、1997年7月1日、香港が中国に返還されると同時に効力が発生した。 この「香港政策法」をベースとし昨今の情況を盛り込んで作り上げた「香港人権法案」は米国議会の超党派議員が共同提出した法案で、ナンシー・ペロシ下院議長(民主党)の支持も得られ、いわゆる共和・民主の与野党合意事項として注目されている。 結論からいうと、たとえ、トランプ大統領が来年(2020年)の選挙で落ち、民主党の誰かが新大統領になり、政権交代になったとしても、「香港人権法」だけはしっかり継承し、いわゆる対中強硬路線を踏襲せざるを得ないわけだ。 トランプ氏の落選を切望している中国に冷水をかけ、諦めさせる必殺の法案なのである。 では、「香港人権法案」とはどういうものだろうか。 紙幅の関係で要点だけ抜粋して紹介したいと思う。

次の