しょう いん しん 切除 症例写真。 女性器

女性器

しょう いん しん 切除 症例写真

術前 • 頬部+頸部フェイスリフトには、感覚神経障害の可能性がございます。 シルエットリフトには、神経損傷 しびれ・ゆがみ 、糸による引きつり、感染の可能性がございます。 顎下脂肪切除には、神経麻痺、傷跡が目立つ可能性がございます。 上眼瞼切開には、左右差、予定外重瞼線 切開線と一致しない二重 、睫毛の外反、兎眼の可能性がございます。 下眼瞼切開には、左右差、睫毛の外反、つり目、涙袋の下の陥りが強調される可能性がございます。 隔膜前脂肪切除には、左右差取りすぎによる陥没の可能性がございます。 顎プロテーゼにが違和感、異物感染、位置変異の可能性がございます。 正面からの印象はあまり変わりませんが、斜めや横から見たときの鼻の形が大きく変わりました。 プロテーゼで鼻根が不自然に隆起している部分を解消し、鼻尖が高くなるよう調整しました。 また、額に丸みをつけることで横顔にメリハリがつきました。 接客業をしていて、稼げるようになりたいというご希望もあり、結果2ヶ月で手術代金の元が取れてとても喜んでいただけました。 【施術内容】 前額脂肪注入・鼻中隔延長術(肋軟骨移植)・鼻尖縮小・隆鼻術・鼻翼基部プロテーゼ 【料金(税抜)】 前額脂肪注入 ¥250,000/鼻中隔延長術(肋軟骨移植) ¥900,000/鼻尖縮小 ¥300,000/隆鼻術 ¥250,000/鼻翼基部プロテーゼ ¥300,000 【リスク・副作用】• 十分な安全対策と細心の注意を払い手術を行っておりますが、手術をご希望の方はリスクについてもご理解の上ご検討ください。 前額脂肪注入には、吸収される可能性(30%~70%の吸収)、複数回の注入が必要になる場合、肌の不整、感染、嚢胞形成、石灰化、血管閉塞による皮膚壊死、失明などの可能性がございます。 鼻中隔延長術(肋軟骨移植)には、鼻尖の動きの制限、鼻柱が分厚くなる、鼻尖の硬さ、鼻尖の移植軟骨の形が術後1年以上経過して透見されるなどの可能性があります。 鼻尖縮小には、鼻先が丸くなったり上を向く可能性があります。 また、鼻先皮膚壊死のリスクもございます。 隆鼻術には、鼻筋の違和感、異物感、プロテーゼの輪郭が浮き出てくる、鼻筋の高さ、幅、長さ等の見た目の違和感、傷が開く、感染などの可能性がございます。 鼻翼基部プロテーゼには、違和感、異物感染、小鼻が広がって見える、プロテーゼの飛び出し、左右差、動く場合、神経損傷の可能性がございます。 鼻の整形の症例写真 他院で鼻にプロテーゼを入れた後、修正希望で来院されました。 鼻尖の丸さ・低さを改善し、バランスをよくして欲しいとうことと、童顔よりは大人っぽいイメージをご希望でした。 プロテーゼは高い物に入れ替え、鼻中隔延長術(耳介軟骨移植)・鼻尖縮小・鼻翼縮小(外側)・鼻翼形成を行いました。 だんご鼻が解消され、垂れた鼻翼もすっきりした印象になりました。 鼻中隔延長術(耳介軟骨移植)には、鼻尖の動きの制限、鼻柱が分厚くなる、鼻尖の硬さなどの可能性があります。 鼻尖縮小は、鼻先が丸くなったり上を向く可能性があります。 隆鼻術には、鼻筋の違和感、異物感、プロテーゼの輪郭が浮き出てくる、鼻筋の高さ、幅、長さ等の見た目の違和感、傷が開く、感染などの可能性がございます。 鼻翼縮小(外)・鼻翼形成には、傷の赤み、不整、鼻の穴が横に広がって見える、小鼻の付け根があがって見えるなどの可能性がございます。 施術別症例写真 施術別の症例写真は下記のリンク先ページをご覧ください。

次の

小陰唇縮小手術のモニター患者写真(超レア)

しょう いん しん 切除 症例写真

小陰唇縮小 CONSULTATION このような症状を改善できます• 小陰唇に左右差がある• 小陰唇の形や大きさが気になる• 立った状態で小陰唇が垂れ下がっている• 小陰唇が大きく、外陰部に痛みや痒みなどを感じる• 尿の飛び方がおかしい CONSULTATION 小陰唇縮小とは 小陰唇縮小術とは、肥大した小陰唇をバランスのよい大きさに整え、小さくする手術となります。 小陰唇とは、大陰唇の内側に接している左右一対のヒダの事を指します。 小陰唇の形は大きさには個人差があります。 人と比較することが難しいこともあり、個人で悩まれている方も非常に多いようですが、ご自身で気になられているようでしたら、治療の適応があるかと思いますので、一度ご相談に見られることをお勧めいたします。 小陰唇が肥大していると、痛みを感じたり、こすれて色が黒くなってしまったり、陰唇と小陰唇の間に恥垢という部位にアカがたまりやすくなり悪臭の原因になることもございます。 手術を受ける事でこうした症状を改善することができます。 また、色素が濃い外側部分を切除することにより、見た目に色が薄くなったように見える効果も期待できます。 城本クリニックでは、小陰唇縮小手術の術後のケアもしっかり行わせて頂いております。 ) CONSULTATION 小陰唇肥大の原因とは? 小陰唇の肥大の原因としては、一般的には先天性もしくは、出産などのホルモンバランスの影響、加齢などが原因として取り上げら得る事が多いですが、医学的に確実な原因の究明まではいたっていないのが現状です。 当サイトにおいてもトップページにチェック項目のリストを掲載させて頂いておりましたが、チェックリストに該当があれば、治療の適応の可能性がございますので、気になる点がございましたら、まずは医師の診療にお気軽に起こし頂ければと思います。 CONSULTATION 小陰唇縮小に関するよくある質問 城本クリニックに多く寄せられる小陰唇縮小に関するご質問を掲載しています。 どういった治療ですか? 肥大した小陰唇を切開して形を整え、小さくする手術です。 他に左右差(大きさ)、色素沈着も解消できます。 手術時間はどれくらいですか? 40~60分程度です。 腫れ・痛みはありますか? 2~3日がピークで1週間ほどで落ち着きます。 (個人差で1~2ヶ月感覚の鈍さが出る方もいますが、必ず自然に戻ってきます) 生理中でも手術を受けられますか? 止血の確認ができなくなるため、生理中の手術はお控えください。 入院・通院は必要ですか? 入院の必要はありません。 日帰りでお受けいただけます。 縫合には溶ける糸を使用しますので、抜糸などの通院もありません。 仕事は普段どおりできますか? 特に体に強い負担がかかるような手術ではありませんので、お仕事は翌日から可能です。 ただし、水につかるお仕事(スイミングスクール講師など)の場合は1週間ほど休んだ方がよいかもしれません。 日常生活は普段どおりできますか? シャワー浴は翌日から可能ですが、入浴は1週間後くらいから可能です。 激しい運動や、手術部位に負担のかかる自転車・バイクの運転は1週間~2週間程お控えください。 性交渉はすぐにできますか? 傷口がしっかり乾いてくるまで性交渉はお控えください。 医師の判断によりますが、最低でも1週間~10日、場合によっては1ヶ月ほどはお控えいただいております。 SIDE EFFECT 主なリスク、副作用など 手術をすることで腫れが発生します。 内出血となるケースがありますが、時間の経過とともに治ることがほとんどです。 手術直後は切開部分の赤みができ、目立たなくなるまでに時間がかかることもあります。

次の

小陰唇縮小手術(小陰唇肥大・整形手術)

しょう いん しん 切除 症例写真

小陰唇は、大陰唇の内側にあり、クリトリス(陰核)から会陰にむかって伸びるヒダ状の皮膚のことです。 平均的な大きさは1センチくらいで、ふっくらとしていて伸縮性があります。 幼少期には目立たないことがほとんどですが、思春期の時期の身体の成長とともに大きくなる人がいます。 また、怪我などの外的要因で大きくなったり、子供のころに引っ張って大きくなってしまったという経験が原因で肥大してしまったという場合もあります。 また、アトピー性皮膚炎やカンジダ皮膚炎など炎症を繰り返すことで大きくなることもあります。 小陰唇は、膣の中に雑菌が入らないようにふたをする役割があると言われていますが、必要以上に大きくなってしまうと、見た目が悪くなるだけでなく生活に支障がでてしまうことがあります。 また先天的に小陰唇が大きい人もいますが、強い刺激や継続的な刺激によって 後天的にも小陰唇が肥大化してしまうことがあります。 一次的な小陰唇の腫れと思っていたものの、1ヶ月経過しても元通りの大きさに戻らない場合は、 その腫れた状態が定常化してしまう可能性があると考え、一度カウンセリングを受けてみても良いでしょう。 このように後天的な小陰唇肥大の影響についても、先天的な小陰唇肥大と同じような生活への支障が発生してしまうことがあります。 ・自転車に乗った時やジーンズを履いた時に、痛みや違和感を感じる• ・立った状態で前から見たときに、ヒダがはみ出て見える• ・小陰唇の色がだんだん黒ずんできた• ・尿が飛び散る• ・座っている時邪魔になり違和感を感じたり痛みがある といったことに心当たりがございましたら、小陰唇が肥大している可能性が高いです。 上記のような自覚症状を抱えながらもずっと我慢されている方も多くいらっしゃいますが、長い時間放置していることでより症状が悪化したり炎症を起こし感染症などの症状に発展してしまう可能性もあります。 局所麻酔の痛みがご心配の場合は、吸入麻酔や静脈麻酔を併用していただけますのでご安心ください。 レーザーは切開面が焼けて傷あとに影響するため使用しません。 その後、ラジオナイフ(高周波メス)を使用しますので、傷をきれいにかつ出血を最小限に抑えることができます。 切開方法はただまっすぐ切るのではなく、 ヒダの形や厚さを考慮して変えています。 これまでの経験をふまえ、お客様の状態にもっとも合った方法で切開します。 ・縫合 その後、何層にも分けて形成外科縫合します。 楽な連続縫合や皮膚用ボンド(粘膜およびその近くの部位での使用は禁止されています)などは一切使用しません。 1か所ずつ細かく、さらに糸の跡が残らない方法で縫合していきます。 そのため、手術後の傷跡はほぼなくなります。 手術時間は大きさや形にもよりますが、片側で20〜30分、両側で40〜60分前後になります。 他院での手術時間よりは少し長めかもしれませんが、 時間をかけた丁寧な手術が当院のこだわりです。 手術中は、音楽を聴きながらリラックスした状態ですごしていただきます。 医療用ボンドは縫合の手間がかからず、簡単に使用できますが、形成外科では絶対に使用しません。 なぜなら、形成外科の技術をもってすれば、糸で縫合する方法が一番傷跡がきれいだからです。 また、医療用ボンドは、粘膜およびその近くの部位での使用が禁止されています。 ボンドの化学成分が過剰に吸収されることや、粘膜への刺激が強すぎることなどの危険があります。 傷跡が残るのは糸が原因ではなく、縫合技術によるものです。 手術後に糸の刺激がお肌へのストレスにならないように、当院ではやわらかく肌への負担が少ない糸を使用しています。 小陰唇縮小手術後の経過と注意点 痛み:手術当日~1,2日は痛みがあることがございますが、痛み止めの内服で日常生活は可能です。 すぐにお仕事をされている方も多いですが、ご心配な方は翌日までお休みされると安心でしょう。 出血:手術当日~3日くらいは、傷口からにじむ程度の軽い出血があります。 出血のある間は、ガードルなどで圧迫をしていただきます。 シャワー:手術当日から可能です。 シャワーをすることで清潔を保ち、感染を防ぎます。 抜糸:術後10日目から可能です。 チクチクとした軽い痛みがあります。 ご心配の方は笑気麻酔を使用できます。 性交渉、運動、プール、温泉:術後2週間目から可能です。 基本的には傷が落ち着き、感染のリスクがなくなりましたら大丈夫です。 傷について:術後1カ月で大きな腫れはなくなり、見た目や傷跡はほとんどわからない程度に落ち着きます。 ですが、まだ傷が治っている途中ですので、傷に硬さがあったり、時々ぴりっとした痛みや違和感があることもあります。 あるいは、自覚はしていなかったもののパートナーに形や臭いを指摘をされたことがきっかけで自分なりに調べ、小陰唇肥大の症状に当てはまることを認識されたという方もいらっしゃいます。 また、お子様ととお風呂に入っていた時に「お母さん、おちんちんあるね」と言われたなど、お子様からのご指摘を受けたという方もいらっしゃいました。 加齢によって大陰唇の膨らみはなくなり、一方小陰唇はたるみによって垂れ下がりやすくなります。 これによって、より小陰唇が大きく見えたり、立っていてもはみ出してしまうなどの状態になり、施術を希望される方は少なくありません。 温泉旅行の時に恥ずかしいからというお声や、最近では介護を受ける時に恥ずかしくないように施術を受けに来たという方もいらっしゃいます。 いずれの年代の方も、小陰唇縮小治療を検討・決意しクリニックにいらっしゃるまで時間が長くかかり、しばらくおひとりで悩まれてからカウンセリングに来られる方が多いです。 しかし、放っておいても小陰唇の形状が自然に改善することはございません。 なおえビューティークリニックは「女性器整形」に特化し、女性のためだけのクリニックです。 まずはメール相談でも構いませんので一度ご相談ください。 6つの安心• 1婦人科形成10年以上の経験、施術数5000件以上 婦人科形成手術を手掛けるようになった当初は、婦人科形成という手術自体が存在しませんでした。 そのためそれまでの経験を総合して手術を始め、10年以上が経ちました。 この圧倒的な経験値と施術数で、多くの方に安心して施術を受けていただいております。 2婦人科の豊富な知識 女性器は体の中でも特に神経や血管が豊富な部位です。 十分な解剖学的知識と経験がなければ、手術後に後遺症を残してしまうこともあります。 喜田直江院長は、婦人科医としての経験を持ち、安全で効果の高い施術をご提供できますのでご安心ください。 3形成外科の高い縫合技術 女性器は外から見えないからと傷跡を考慮しない医師も少なくありません。 しかし、形成外科は傷跡のプロです。 喜田直江院長は形成外科で経験を積んでおりますので、痛みの少ない麻酔の方法から、傷跡を目立たなくする切開・縫合の技術、最適な糸の選定などにより、傷跡を最大限きれいにすることができます。 4対応はすべて女性スタッフ デリケートな部位ですから、男性に話をするのは抵抗があると思います。 当院は、医師はもちろん看護師や受付もすべて女性です。 同じ女性同士だからこそ共感できることはたくさんあります。 安心してご相談ください。 5完全予約制でプライバシーには徹底配慮。 当院は完全予約制ですので、他のお客様とお会いすることがない体制をとっております。 待合室も個室になっており、プライバシーには徹底的に配慮しております。 6安心の保証制度 全ての施術で、施術後の再診はいつでも無料です。 また、万が一手術後に気になることがあった場合も、無料で治療ができる保証制度がございますのでご安心ください。

次の