レイチェル ソーン。 【#コンパス攻略】ザック&レイチェルの立ち回りかたとおすすめ理想デッキ [ファミ通App]

【#コンパス攻略】ソーン=ユーリエフの立ち回りかたとおすすめ理想デッキ [ファミ通App]

レイチェル ソーン

ザック&レイチェルは【近】の発動の早さとスプリンターにしては高めの攻撃力が鍵となる。 キル寄りにデッキを寄せたい。 単に【近】で妨害するだけならば【近】の早さと耐久で勝るVoidollを使用したほうがいい。 スプリンターにしては低い体力を補うためにもキルを狙っていけるデッキ構成にしたい。 またアビリティで回復を補えるため回復量が低めだが有用な場面の多い無発動の【癒】とも相性がいいだろう。 アビリティでのこまめな回復を行えるよう、戦況をよく見て移動しない時間を作っていこう。 低体力なヒーロー相手に有効。 貫通を当てにいく場合、転倒を狙うか必殺を心掛けたい。 スタン系に弱くなることを十分留意したい。 プレイヤーはおもにザックを操作し、レイチェルはその後を自動で追いかけてくる。 レイチェルには当たり判定なし。 攻撃性能が高く、アタッカー寄りの運用が可能。 得意カードは近。 回復量は約2秒おきに約22. 移動していない必要があるのはザックではなくレイチェル。 ダッシュなどでザックとレイチェルの距離が離れている場合レイチェルがザックに追いついて停止するまで回復が始まらない。 逆にいえば、レイチェルが移動していなければザックが移動していても回復するので、レイチェルを中心に円を描くように移動すれば回復は継続する。 ザックの体力はスプリンターの中ではかなり低めのため、このアビリティを駆使してキルされないように立ち回ろう。 HA(ヒーローアクション)&HS(ヒーロースキル) ヒーローアクションは画面を長押ししているあいだダッシュするというもの。 敵の近くで指を離すと、通常攻撃の約2倍程度のダメージが出るダッシュアタックを放つ。 ヒーロースキルは使用するとザックが血しぶきのようなオーラを出し、つぎに使用するダッシュアタックがガード貫通の超ダメージ攻撃となる。 オーラ発動状態には時間制限がなく、ダッシュアタックが発動するか撃破されるまでのあいだ永続的に効果が続く。 基本的には当てれば確実にキルが取れるが、カウンターやHSの無敵時間中には効果がない点に注意。 ザック&レイチェルの立ち回り 序盤 A、Bポータルは味方に任せて、C、Dポータルの獲得を狙おう。 アタッカー的な性質を持つものの、基本的にはスプリンターとしての動きが求められる。 味方がポータルを広げるまで前線で時間を稼ぎつつ、敵のポータル拡張を妨害していきたい。 ドアで敵が飛んできた場合は、ポータルを広げさせないように妨害するか、ほかのポータルを取りに行くか、味方の動きも見ながら判断すること。 基本的に【近】を所持しているザックは相手をポータルから引きはがしやすい。 敢えて先にポータルを取らせて無防備なところにカードをお見舞いする戦法も悪くない。 中盤 中盤戦は乱戦を避け、1対1で戦うか、味方と行動して数的優位の状況を作りたい。 つねにマップを見て全体の動きを把握し、敵の裏取りを阻止しながら味方を支援していこう。 スキルゲージが溜まりにくく、前線を駆け回っていると試合終了までに溜まり切らないことも多い。 こまめに自軍エリアに戻りつつ、足を止めて回復する場合は自軍エリア内で行うなど、ゲージ溜めを意識した立ち回りを心がけよう。 終盤 引き続き全体の動きを見ながら、味方をサポートしたり、裏とりやポータル防衛に回ったりと臨機応変に対応していく。 スプリンターとしては髙い攻撃性能を持つため、裏とりの際に追いつかれてもある程度強引に攻めていけるのが強み。 とくにHSを発動しておくことで、即死攻撃の存在が敵に対する大きなプレッシャーになる。 ゲージが溜まった後は温存しすぎるよりも、積極的に発動して相手に圧をかけていきたい。 即死攻撃はHS発動時の無敵時間やカウンターで回避されてしまう。 とくに注意したいのが、デッキに依存しないHSでの回避。 相手がHSを発動可能な状況かどうかは必ず見極めたうえで、攻撃を狙っていこう。

次の

【#コンパス攻略】ザック&レイチェルの立ち回りかたとおすすめ理想デッキ [ファミ通App]

レイチェル ソーン

レイチェル・ポートマン(Rachel Portman、 - )は、・・ヘイズルミア出身の。 のウスター・カレッジで学んだ。 に『』で女性として初ののを受賞する。 それ以後は、特に監督との仕事で高い評価を得ており、『』と『』でもアカデミー賞の候補になっている。 1995年にプロデューサーのウベルト・パゾリーニと結婚し、子供が2人いる。 主な作品 [ ]• The Storyteller 1985• Life Is Sweet 1990• 天使も許さぬ恋ゆえに Where Angels Fear to Tread 1991• Used People 1992• Ethan Frome 1993• The Joy Luck Club 1993• 草原とボタン War of the Buttons 1994• Sirens 1994• Only You 1994• The Road to Wellville 1994• 恋する放火犯(パイロマニア) A Pyromaniac's Love Story 1995• Smoke 1995• パルーカヴィル Palookaville 1995• To Wong Foo Thanks for Everything, Julie Newmar 1995• Emma 1996• The Adventures of Pinocchio 1996• Marvin's Room 1996• Addicted to Love 1997• 100万回のウィンク Home Fries 1998• 愛されし者 Beloved 1998• The Other Sister 1999• ボクと空と麦畑 Ratcatcher 1999• The Cider House Rules 1999• The Closer You Get 2000• The Legend of Bagger Vance 2000• Chocolat 2000• The Emperor's New Clothes 2001• Hart's War 2002• The Truth About Charlie 2002• Nicholas Nickleby 2002• The Human Stain 2003• Mona Lisa Smile 2003• The Manchurian Candidate 2004• Because of Winn-Dixie 2005• Oliver Twist 2005• The Lake House 2006• The Duchess 2008• Never Let Me Go 2010• One Day 2011• The Vow 2012• Bel Ami 2012• Still Life 2013• () Belle 2013• イルカと少年2 Dolphin Tale 2 2014• (2017年、ドキュメンタリー映画) - 出演 脚注 [ ]• 1957•

次の

[B! 漫画] 京都精華大学「本学は把握しておりません」レイチェルソーン「萌えキャラアイコンは無条件ブロック」

レイチェル ソーン

レイチェル・ポートマン(Rachel Portman、 - )は、・・ヘイズルミア出身の。 のウスター・カレッジで学んだ。 に『』で女性として初ののを受賞する。 それ以後は、特に監督との仕事で高い評価を得ており、『』と『』でもアカデミー賞の候補になっている。 1995年にプロデューサーのウベルト・パゾリーニと結婚し、子供が2人いる。 主な作品 [ ]• The Storyteller 1985• Life Is Sweet 1990• 天使も許さぬ恋ゆえに Where Angels Fear to Tread 1991• Used People 1992• Ethan Frome 1993• The Joy Luck Club 1993• 草原とボタン War of the Buttons 1994• Sirens 1994• Only You 1994• The Road to Wellville 1994• 恋する放火犯(パイロマニア) A Pyromaniac's Love Story 1995• Smoke 1995• パルーカヴィル Palookaville 1995• To Wong Foo Thanks for Everything, Julie Newmar 1995• Emma 1996• The Adventures of Pinocchio 1996• Marvin's Room 1996• Addicted to Love 1997• 100万回のウィンク Home Fries 1998• 愛されし者 Beloved 1998• The Other Sister 1999• ボクと空と麦畑 Ratcatcher 1999• The Cider House Rules 1999• The Closer You Get 2000• The Legend of Bagger Vance 2000• Chocolat 2000• The Emperor's New Clothes 2001• Hart's War 2002• The Truth About Charlie 2002• Nicholas Nickleby 2002• The Human Stain 2003• Mona Lisa Smile 2003• The Manchurian Candidate 2004• Because of Winn-Dixie 2005• Oliver Twist 2005• The Lake House 2006• The Duchess 2008• Never Let Me Go 2010• One Day 2011• The Vow 2012• Bel Ami 2012• Still Life 2013• () Belle 2013• イルカと少年2 Dolphin Tale 2 2014• (2017年、ドキュメンタリー映画) - 出演 脚注 [ ]• 1957•

次の