雇用 調整 助成 金 申請 先。 コロナ関連★「雇用調整助成金は社労士に依頼しないほうが良い」はデマ?

雇用調整助成金について

雇用 調整 助成 金 申請 先

在籍出向者の雇用調整助成金申請 当社はFCチェーンの印刷店をフランチャイジーとして運営しており、FC本部会社からスタッフとして者を受け入れています。 給与は本部会社から社員に振込みされますが本部会社から請求を受け出向者の賃金100%を当社が負担しています。 このたびのコロナ禍で本部会社・当社ともに店舗休業を行い、本部会社は当社への出向社員も含めて社員に休業手当を支給しました。 この休業手当についても本部会社から当社へ100%の請求がされています。 この時当社としては本部会社から当社への出向者分も含めての申請手続をしてもらい出向者分のについては当社に還元してもらうこととしたいのですが、申請にあたり何か注意すべきこと問題となることはありますか?例えばエビデンスとして在籍出向者分の助成金は出向先会社に還元すること等の協定文書の添付が必要であるとか。。 以上宜しくお願いします。 出向の場合、対象となる社員の籍と給与の支払い義務は出向元企業にあり、社員に対する業務上の指揮命令権は出向先の企業が有します。 人事異動の形態としては、企... 新しい雇用の創出や高齢者の雇用の安定などを目的として、厚生労働省はさまざまな「助成金制度」を設けています。 一定の条件を満たした従業員の採用や定年延長、または会社の創業や新規事業への進出などが助成金の対象となります。 会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。 つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。 会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法... 法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。 はじめて、投稿します。 よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか? 総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

次の

在籍出向者の雇用調整助成金申請

雇用 調整 助成 金 申請 先

「コロナウィルス 助成金」で検索して、このホームページにたどり着かれたあなた。 ごめんなさい。 残念ですが、当社は現在 業務が忙しすぎてまったく対応できません。 コロナウィルスで一儲けしようと思う社労士もいるんでしょうが、どうぞ勝手にやってくれって感じ。 働き方改革、ものづくり補助金、新年度の助成金、当社はそんな暇まったくありません。。。。 というより、 「コロナウィルスだから全ての会社が助成金を受けられる」わけでは無い事をまずは知ってください。 各種助成金(特に雇用調整助成金)で要件が緩和されたとしても、 自動的に全社に受給なんて絶対にありません(全社OKにするくらいなら、政府は最初から現金を全企業にばらまきますよ)。 あと、「コロナウィルスで売上が下がったから、従業員を休ませた。 その休業補償に対して助成金が」っていう、 雇用調整助成金ですが、 これ、社労士に依頼しないほうがいいですよ。 だって、この助成金を使うって事は、前提として「従業員の全部(もしくは一部)を休業させている」って事でしょ?それだったら、 そのうちの1人を出勤させて、書類を作成させてください。 休むくらいなら、ちゃんと働いてお金も欲しいって人が絶対にいます。 その人にとっても、会社にとっても良いです。 たしかに、社労士でない人にとって助成金の申請は大変な事だとは思いますが、この状況ですから、政府も基本的に「助成金を出す」前提です。 社労士じゃなくても絶対に申請できます。 多少の誤字脱字、間違いは大目に見てくれるはずです。 雇用調整助成金の申請だけに集中すれば、 従業員数5名前後なら2日で出来るでしょう。 ハローワークに電話したり、時にはハローワークに行ったりする必要はありますが、仕事がなくて時間はあるんでしょうから、問題ないでしょう。 自社の従業員にさせれば1日1万円で済むところが、社労士に依頼したらそんなもんじゃ済みませんから 笑 申し訳ないですが、 当社も2日で2万円なんて絶対に受けません。 死ぬほど赤字です。 こっちが倒産しますwこんな状況ですから、皆さんを助けたい気持ちもありますが、さすがに大赤字では無理です。 というか、今は忙しくて時間がありません。 自分の顧問先で手一杯です。 ご了承ください。 1つ忠告するならば、 コロナウィルスに関連した詐欺師に引っかからないでくださいね。 出てきますから。 ありもしない助成金のチラシを作って 「先着10,000社まで無条件で100万円が受けられる。 ウチなら着手金20万円で確実に100万円受給させます」なんてウソつくヤツらが。 無いですからね!!そんな助成金(笑)!! ウソという事で言えば、 ティッシュが買えなくなるだの、オムツが買えなくなるだの、全部ウソ、デマです。 信じないでくださいね。 だいたい、自分でティッシュを大量購入して、自分が助かって周りは助からなくていいの?って思いませんか?東日本大震災や熊本の震災であれだけ 「助け合いの精神」を経験したくせに、何やってんだって思います。 僕は絶対に買い貯めなんてしません。 くだらない。 ティッシュもオムツもなくても、死なないですから。 ちょっと困るけどw という事で、「雇用調整助成金は社労士に依頼しないほうが良い」はデマでは無い! という記事でした。 PS 手洗いは本気でやりましょう。 —————————— 今日の記事はここまでです。 「読んで参考になった」と思ったら、 「いいね!」やリツイートお願いします。

次の

【雇用調整助成金】雇用保険未加入者の申請 誰でも分かるように説明 サンプルあり

雇用 調整 助成 金 申請 先

いつも参考にさせていただいてます。 早速ですが、表題の件について当社ではコロナ感染症に伴い得意先が数日間休業する予定です。 そこで当社でもその日は休業にして従業員には80%の賃金を支払うこととして、雇用調整助成金を申請するつもりです。 しかし派遣社員については派遣先である当社では雇用調整助成金を申請できないため、各派遣会社で雇用調整助成金を申請してほしい旨説明をしましたが、派遣会社からは、派遣先の会社が休業補償をするのが当たり前だ!と言われ60%の休業補償をしろとのことです。 また、ある派遣元では前年同月比で売り上げが上がっている為対象にならないとのことで、当社へ休業補償を求めています。 派遣会社が雇用調整助成金の対象にならない場合は、派遣先の会社が休業補償をしなければならないのでしょうか。 ご教示のほどよろしくお願いします。 いつも参考にさせていただいてます。 早速ですが、について当社ではコロナ感染症に伴い得意先が数日間休業する予定です。 そこで当社でもその日は休業にしてには80%のを支払うこととして、を申請するつもりです。 しかし派遣社員についてはである当社ではを申請できないため、各派遣会社でを申請してほしい旨説明をしましたが、派遣会社からは、の会社がをするのが当たり前だ!と言われ60%のをしろとのことです。 また、あるでは前年同月比で売り上げが上がっている為対象にならないとのことで、当社へを求めています。 派遣会社がの対象にならない場合は、の会社がをしなければならないのでしょうか。 ご教示のほどよろしくお願いします。 そこで当社でもその日は休業にしてには80%のを支払うこととして、を申請するつもりです。 下記情報があります。 (1)自主休業の場合 映画館やライブハウス、劇場などといった特殊な業種を除き、一般のでは、緊急事態宣言に基づき営業の制限を受けることはなく、の自主的な判断で自主休業しているにすぎません。 その場合は、は自主休業したとしても、派遣会社に対して、終了までの期間に対応する派遣料金の支払義務があり、派遣会社も派遣社員との終了までは、の支払義務があるというのがの従前の解釈に基づく通常の結論になると考えられます。 派遣会社としてはまずは、休業中の派遣料金の支払についてと交渉する必要があります。 (2)都道府県知事から要請・指示等を受けた休業の場合 「が、緊急事態宣言下で、都道府県知事から要請・指示等を受け、事業を休止した場合の対応」については、厚生労働省のウェブサイトで厚生労働省の見解が示されています。 その記載によると、要請・指示等によりが休業になる場合でも、は原則として派遣会社に対し分の負担義務を負うという内容になっています。 また、派遣会社は、派遣社員に対して、「の支払等の等に基づく責任を果たすことが必要です。 」と記載されています。 派遣社員を受け入れている各社() が今回の緊急対応として派遣社員の取扱いを検討する場合は、まず派遣法を踏まえる必要があります。 改めてその辺りも含めて派遣社員対応を整理してみました。 1)基本的整理 派遣社員はの社員であること。 例えば、が社員に休業を命ずる場合でも、派遣社員には同様のを発する事はできない。 を命ずる場合も同様。 まずは、派遣という民事上のの相手方である派遣会社との相談から始め、派遣会社が休業やを命ずる事になる。 厚労省が発信している(標準形)には、今回のようにが派遣社員にも休業を求める事態までを想定している条項はない。 関連する条項は「の解除の場合の措置」の中の「等に係る適切な措置」となる。 これを踏まえて、の一部を変更することになる。 この仕組みの留意点は以下。 — が休業に際して、労基法第26条の最低額の6割を上回るとして、派遣社員にもこの適用をと考えたとしても、派遣社員に直接を支給する事はできない。 派遣社員へのはが支払い、派遣社員に支払う額は派遣会社が決定できる(労基法第26条)。 — 派遣会社も、今回の新型コロナウイルスの緊急対応用、を申請する事ができる。 以上ネット情報と厚労省概略です。 後はご判断ください。 とりあえず。 こんにちは。 側の会社さんですね。 貴社の休業に伴う補償については、の内容に従ってと対応することになります。 派遣社員については、企業がその社員に休業を命じた場合にはを支給しを条件を満たしているのであれば申請はできますが、側の会社が指示するものではありません。 または企業が対応することになりますので、側では申請できません。 なので、貴社ととの等については、等の内容に従って対応することになると考えます。 そこで当社でもその日は休業にしてには80%のを支払うこととして、を申請するつもりです。 慎重に検討いたします。 そこで当社でもその日は休業にしてには80%のを支払うこととして、を申請するつもりです。 」と記載されています。 例えば、が社員に休業を命ずる場合でも、派遣社員には同様のを発する事はできない。 を命ずる場合も同様。 まずは、派遣という民事上のの相手方である派遣会社との相談から始め、派遣会社が休業やを命ずる事になる。 関連する条項は「の解除の場合の措置」の中の「等に係る適切な措置」となる。 これを踏まえて、の一部を変更することになる。 ぴぃちん さん 早速の回答ありがとうございます。 各派遣会社さんと慎重に打合せを行いたいと思います。 そこで当社でもその日は休業にしてには80%のを支払うこととして、を申請するつもりです。

次の