サンドラック バイト。 サンドラッグのバイト評判!厳しい?社員割引あり!

激安ドラッグストア!『サンドラッグ』バイト内容と評判

サンドラック バイト

このページの目次• サンドラッグの口コミ・評判 実際にサンドラッグで働いた人の体験談を紹介します。 仕事量や体力面でのしんどさはありましたが、 時給は他のバイトよりも高く、満足していました。 3年ほど勤めましたが昇給は、無く、辞めるまでずっと変わりませんでした。 体力のなさそうな今風の若い人が、入ってはスグに辞めて行くことが多いとも感じましたが、一般的な根性と体力があればこなせる仕事内容だと思います。 私はサンドラッグのアルバイトを行っている主婦です。 同じアルバイトスタッフは主婦が多く、比較的働きやすい環境です。 また、仕事内容は品出しや商品チェック、レジ打ち、接客、掃除等で幅広いですが、 社員や先輩のアルバイトスタッフが丁寧に教えてくれるため、少しずつ覚えていくことが出来ます。 それから薬や化粧品、健康食品の情報に詳しくなれるのも魅力の一つだと思いますよ。 サンドラッグでアルバイトをして良かった点は特にありませんが、 店舗によっては試供品を頂けることがあるので、それが一番うれしかったことです。 体力アップや筋力アップしたい人にはおすすめです。 ちなみにトイレットペーパーやティッシュペーパーなど一見、軽そうな商品も大きなダンボールに6つ入りで商品が届きます。 そのため力の弱い女性や体力に自信のない方は、アルバイトやパートでもサンドラッグでのバイトはおすすめできませんね。 勤務内容は主にレジ打ちと品出しです。 ドラッグストアなので医薬品を扱う事が多いのですが、そういった物は薬剤師の方が扱うので問題ありません。 レジ操作はマニュアル化されているので難しくはありませんが、混み合った時は大変です。 てんぱります。 決してトラブルの様な事はあまりありませんでしたが お客さんから専門的な質問をされると困りましたね。 薬剤師しかわからない質問をされると困ってしまうことがありました。 でもそういうこともよくあったからこそ薬の知識がどんどん身についてその点は良かったと思います。 サンドラッグのアルバイトは スタッフの年齢層も10代の学生から主婦やシニアの方まで在籍しており、幅広い年代がともに働く環境のようです。 仕事については働きながら健康の知識や薬の知識が身につくことをメリットに感じている人が多い印象です。 サンドラッグの求人を探すなら サンドラッグのアルバイト求人を探すなら、タウンワークがオススメです。 他のバイトルやマッハバイトではなかなか見つけられないので、早速タウンワークから探してみてください。 店舗によってデータが異なることもありますのでご了承ください。 本社は東京にあり、直営店舗は全国に620あるほかフランチャイズ店舗を53店舗展開しています。 また多くのお客様が気軽に足を運んでいただけるようにアクセスのよい立地の駅前や商店に出店しているという特徴もあります。 アルバイトは接客販売、品出し、レジスタッフの3つに分かれそれぞれのポジションを担当していくことになります。 またサンドラッグは、学生のから主婦や主夫の方、フリーターやシニアまで、一人一人のライフスタイルにあわせ活躍できる環境があるため、幅広い年齢のスタッフとともに働けることも魅力と言えるでしょう。 時給は800円位〜が平均的です。 面接では清潔感のあるドラッグストアの販売にふさわしい印象を与えるような服装で、明るい受け応えができると良いでしょう。 薬の知識は必須ではありませんが、面接に備えてもし常備している薬などあれば具体的な効能など、話せるようにしておくと良いでしょう。 サンドラッグの仕事内容 サンドラッグのアルバイトには大きく分けて 以下3つのしごとがあります。 接客販売スタッフ• 品出しスタッフ• レジスタッフ 1. 接客販売スタッフ 接客販売スタッフは店内でのお客様のご案内や販売サポートが主なお仕事です。 サンドラッグには医薬品をはじめ日用雑貨や食品まで販売しているため、 採用されたら一通りの商品知識を身につけお客様をスムーズにご案内できるよう接客力を磨いていくことが必要です。 ドラックストアでの接客は数ある商品の中からお客様が求めているものに限りなく近い商品を見つけることとが大切です。 これは後々のクレームを防ぐためにも大切にしたい姿勢です。 品出しスタッフ 品出しスタッフはバックヤードから商品を出して棚に陳列するお仕事です。 売れ筋商品やセール品はすぐに売れてしまうので常に棚を見ながら商品を並べていく必要があります。 時には重いダンボールの持ち運びも発生するため体力仕事の側面もあります。 さらに商品の補充だけでなく棚の整理も気づいた時にこまめにするよう心がけていきましょう。 レジスタッフ レジスタッフはお会計を担当するスタッフです。 アルバイトはあまり任されることはありませんがこのポジションについた方はお金を扱うため、緊張感を持ってお仕事する姿勢であるため、責任感のある人が向いているポジションです。 お得なポイントカードもあるので、こちらのご案内も合わせてできるようにしておくことが大切です。 サンドラッグで働くメリット・デメリット それでは続いてサンドラッグでアルバイトをする上での、 メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 メリット• コミュニケーション能力がアップする• 手際良い対応力が身につく• 薬や化粧品の知識が身につく サンドラッグのアルバイトは日々さまざまなお客様がいらっしゃっていろいろなご要望に応えていきます。 とくに大型店だとお客さんも探している商品が見つからない、など場所を聞かれることもよくあります。 そういったお仕事の中でお客様と会話していくなかで、 コミュニケーション能力が自然にアップするというのが魅力でしょう。 またお客様への対応にはスピーディーでいることを心がけてお仕事していくうちに、手際良さが身につくというのも良い点です。 とくに混み合っている時には複数のお客様に同時に呼ばれることもあるので一人一人への対応は丁寧かつ的確でありながらも迅速さが求められます。 もう一つは薬や化粧品の知識が身につくということです。 店内には薬剤師のスタッフも常駐しているのでわからないことをこまめに聞いてみたり自分なりに勉強する中で、 商品知識も上がり専門的な知識も一緒についていきます。 こちらはドラッグストアならではのメリットなので興味のある方はぜひ。 デメリット• 混み合った時の対応が大変• クレームが時々発生する デメリットは混み合った時の対応が大変であるということです。 とくに休日は店内が非常に混み合ったり、平日でも夜の時間帯はレジ前に人が並んだりといった混雑状態になることがあります。 しかしどんな時もお客様をお待たせしない姿勢を大切にしていきたいものです。 もう一つは お客様からクレームが入ることがあるということです。 クレームの種類もさまざまですがその多くは「薬が自分に合わなかった」「購入したものが自分に合わなかった」ということが多いです。 そういった場合でも基本は返品ができないため、冷静に対処する姿勢が大切です。 また同時により商品知識を身につけてお客様のお役に立てるよう日々勉強していきましょう。 まとめ 以上今回はサンドラッグのアルバイトの内容と評判についてご紹介いたしました。 全国にある多くの店舗で年齢層の幅広いスタッフの募集を行っているサンドラッグ。 仕事内容もそれほど大変なことは少なく薬の基礎知識も身につくのでなかなかおすすめです。

次の

「サンドラッグ」のバイト・パート評判!簡単な作業が多い!?

サンドラック バイト

このページでお話すること• 職種と仕事内容は? 主にレジ、接客業務、商品陳列が仕事です。 レジと接客業務はお客様が来店したときに行いますが、その合間の余裕がある時間帯に、商品を棚に出す品だしの仕事も行います。 閉店時間まで仕事の場合はお店の掃除も行います。 仕事はきつい?大変? レジと接客業務は、混雑している時はずっと続けていなければならないので、疲れます。 笑顔で接客しなくてはなりませんし、良いお客様ばかりでは無いので、神経を使います。 仕事の良いところ、おいしいところは? お客様も色々な人がいますが、やはり「ありがとう」など感謝の言葉をかけてもらったりしたときは、とても嬉しいし、仕事を頑張ろうという気持ちになります。 薬全般に社員割引が効くので、頭痛薬や風邪薬なども購入しています。 職場の雰囲気はどう? 明るい人が多いのでとても元気な雰囲気です。 年齢を問わずに仲の良い職場です。 時間帯によりますが、午前中の時間帯は、主に主婦のパートの人が多く、夕方からは、大学生が中心になります。 仕事のあるあるを紹介! 接客業ならではかも知れませんが、お店に出入りしている人は、お客様だと思ってしまいます。 常に「いらっしゃいませ」と声を出すので、従業員にも間違って「いらっしゃいませ」と声を掛けてしまうことが良くあります。 社会勉強になったり、就活に役立つ? 初めてのアルバイトだったのですが、接客業と言うこともあり、挨拶やお辞儀の仕方などを新人の頃はかなりうるさく注意されました。 今思うと将来、就職したときも必ず必要になることなので、身につけておいてとても良かったと思います。 また、色々な人を見る目も養う事ができたので、就活に役立つ環境や仕事だと思います。 履歴書に書いた志望動機を教えてください! ドラッグストアが好きだったので、 「アルバイトをするならドラッグストアで働きたいと思っていた」 ことを履歴書に書きました。 面接はどんな感じ?(服装は?どんな質問をされた?) 面接の服装は白シャツに黒のスカートでした。 その点ではあまり厳しく無かったと思います。 面接での質問は、学生なので勤務日と勤務時間などについての話が主でした。 また、平日の夜や土日に働けるかも尋ねられました。 後は、接客業なのでその心構えやレジなどの仕事内容についての説明だったと思います。 田舎なので大学生でも車通勤する人が多いので、その点に関しての話も面接でされました。 自動車保険や事故についての話ですね。 時給はいくら?交通費は出る? 時給は基本給は780円、17:00~22:00と土日は50円アップの830円です。 交通費は支給されません。 髪色・髪型に制限はある?ピアスはOK? 髪色は明るすぎる茶髪、金髪はダメです。 髪型も男性は長髪は近視で、女性はロングの人は結びます。 ピアスはバツです。 シフトはどんなシステム? シフトは朝(9:00~13:00)、昼(13:00~17:00~)、夜(17:00~22:00)となっています。 シフト希望を事前に提出しますが、かなり融通は利きます。 特に、テスト期間などはまとめて休めます。 フリーターや大学生が多い?主婦や高校生でも働ける? 昼間は主婦の人、夜はフリーターや大学生が多いです。 最近は進路が決まった高3生も採用するようになりました。 掛け持ちは可能ですか?ダブルワーカーはいる? 朝、昼、夜と勤務を分けられるので、掛け持ちは可能です。 ダブルワーカーも実際にいますし、融通は利きます。 同じバイトを考えている、あなたへ 仕事はきちんと先輩が教えてくれるので、心配いりません。 接客業なので挨拶、お辞儀などはかなり厳しく注意されますが、仕事を覚えるまでだと思います。 また、やりがいがある仕事です。 時間をきちんと守れれば何の問題もなく働けます。

次の

【バイトル】でバイト選び!アルバイト・パートの求人・仕事探しならバイトル

サンドラック バイト

このページの目次• サンドラッグの口コミ・評判 実際にサンドラッグで働いた人の体験談を紹介します。 仕事量や体力面でのしんどさはありましたが、 時給は他のバイトよりも高く、満足していました。 3年ほど勤めましたが昇給は、無く、辞めるまでずっと変わりませんでした。 体力のなさそうな今風の若い人が、入ってはスグに辞めて行くことが多いとも感じましたが、一般的な根性と体力があればこなせる仕事内容だと思います。 私はサンドラッグのアルバイトを行っている主婦です。 同じアルバイトスタッフは主婦が多く、比較的働きやすい環境です。 また、仕事内容は品出しや商品チェック、レジ打ち、接客、掃除等で幅広いですが、 社員や先輩のアルバイトスタッフが丁寧に教えてくれるため、少しずつ覚えていくことが出来ます。 それから薬や化粧品、健康食品の情報に詳しくなれるのも魅力の一つだと思いますよ。 サンドラッグでアルバイトをして良かった点は特にありませんが、 店舗によっては試供品を頂けることがあるので、それが一番うれしかったことです。 体力アップや筋力アップしたい人にはおすすめです。 ちなみにトイレットペーパーやティッシュペーパーなど一見、軽そうな商品も大きなダンボールに6つ入りで商品が届きます。 そのため力の弱い女性や体力に自信のない方は、アルバイトやパートでもサンドラッグでのバイトはおすすめできませんね。 勤務内容は主にレジ打ちと品出しです。 ドラッグストアなので医薬品を扱う事が多いのですが、そういった物は薬剤師の方が扱うので問題ありません。 レジ操作はマニュアル化されているので難しくはありませんが、混み合った時は大変です。 てんぱります。 決してトラブルの様な事はあまりありませんでしたが お客さんから専門的な質問をされると困りましたね。 薬剤師しかわからない質問をされると困ってしまうことがありました。 でもそういうこともよくあったからこそ薬の知識がどんどん身についてその点は良かったと思います。 サンドラッグのアルバイトは スタッフの年齢層も10代の学生から主婦やシニアの方まで在籍しており、幅広い年代がともに働く環境のようです。 仕事については働きながら健康の知識や薬の知識が身につくことをメリットに感じている人が多い印象です。 サンドラッグの求人を探すなら サンドラッグのアルバイト求人を探すなら、タウンワークがオススメです。 他のバイトルやマッハバイトではなかなか見つけられないので、早速タウンワークから探してみてください。 店舗によってデータが異なることもありますのでご了承ください。 本社は東京にあり、直営店舗は全国に620あるほかフランチャイズ店舗を53店舗展開しています。 また多くのお客様が気軽に足を運んでいただけるようにアクセスのよい立地の駅前や商店に出店しているという特徴もあります。 アルバイトは接客販売、品出し、レジスタッフの3つに分かれそれぞれのポジションを担当していくことになります。 またサンドラッグは、学生のから主婦や主夫の方、フリーターやシニアまで、一人一人のライフスタイルにあわせ活躍できる環境があるため、幅広い年齢のスタッフとともに働けることも魅力と言えるでしょう。 時給は800円位〜が平均的です。 面接では清潔感のあるドラッグストアの販売にふさわしい印象を与えるような服装で、明るい受け応えができると良いでしょう。 薬の知識は必須ではありませんが、面接に備えてもし常備している薬などあれば具体的な効能など、話せるようにしておくと良いでしょう。 サンドラッグの仕事内容 サンドラッグのアルバイトには大きく分けて 以下3つのしごとがあります。 接客販売スタッフ• 品出しスタッフ• レジスタッフ 1. 接客販売スタッフ 接客販売スタッフは店内でのお客様のご案内や販売サポートが主なお仕事です。 サンドラッグには医薬品をはじめ日用雑貨や食品まで販売しているため、 採用されたら一通りの商品知識を身につけお客様をスムーズにご案内できるよう接客力を磨いていくことが必要です。 ドラックストアでの接客は数ある商品の中からお客様が求めているものに限りなく近い商品を見つけることとが大切です。 これは後々のクレームを防ぐためにも大切にしたい姿勢です。 品出しスタッフ 品出しスタッフはバックヤードから商品を出して棚に陳列するお仕事です。 売れ筋商品やセール品はすぐに売れてしまうので常に棚を見ながら商品を並べていく必要があります。 時には重いダンボールの持ち運びも発生するため体力仕事の側面もあります。 さらに商品の補充だけでなく棚の整理も気づいた時にこまめにするよう心がけていきましょう。 レジスタッフ レジスタッフはお会計を担当するスタッフです。 アルバイトはあまり任されることはありませんがこのポジションについた方はお金を扱うため、緊張感を持ってお仕事する姿勢であるため、責任感のある人が向いているポジションです。 お得なポイントカードもあるので、こちらのご案内も合わせてできるようにしておくことが大切です。 サンドラッグで働くメリット・デメリット それでは続いてサンドラッグでアルバイトをする上での、 メリットとデメリットをお伝えしたいと思います。 メリット• コミュニケーション能力がアップする• 手際良い対応力が身につく• 薬や化粧品の知識が身につく サンドラッグのアルバイトは日々さまざまなお客様がいらっしゃっていろいろなご要望に応えていきます。 とくに大型店だとお客さんも探している商品が見つからない、など場所を聞かれることもよくあります。 そういったお仕事の中でお客様と会話していくなかで、 コミュニケーション能力が自然にアップするというのが魅力でしょう。 またお客様への対応にはスピーディーでいることを心がけてお仕事していくうちに、手際良さが身につくというのも良い点です。 とくに混み合っている時には複数のお客様に同時に呼ばれることもあるので一人一人への対応は丁寧かつ的確でありながらも迅速さが求められます。 もう一つは薬や化粧品の知識が身につくということです。 店内には薬剤師のスタッフも常駐しているのでわからないことをこまめに聞いてみたり自分なりに勉強する中で、 商品知識も上がり専門的な知識も一緒についていきます。 こちらはドラッグストアならではのメリットなので興味のある方はぜひ。 デメリット• 混み合った時の対応が大変• クレームが時々発生する デメリットは混み合った時の対応が大変であるということです。 とくに休日は店内が非常に混み合ったり、平日でも夜の時間帯はレジ前に人が並んだりといった混雑状態になることがあります。 しかしどんな時もお客様をお待たせしない姿勢を大切にしていきたいものです。 もう一つは お客様からクレームが入ることがあるということです。 クレームの種類もさまざまですがその多くは「薬が自分に合わなかった」「購入したものが自分に合わなかった」ということが多いです。 そういった場合でも基本は返品ができないため、冷静に対処する姿勢が大切です。 また同時により商品知識を身につけてお客様のお役に立てるよう日々勉強していきましょう。 まとめ 以上今回はサンドラッグのアルバイトの内容と評判についてご紹介いたしました。 全国にある多くの店舗で年齢層の幅広いスタッフの募集を行っているサンドラッグ。 仕事内容もそれほど大変なことは少なく薬の基礎知識も身につくのでなかなかおすすめです。

次の