郵便 切手。 総務省|郵政事業|郵便切手類の模造等

総務省|郵政事業|郵便切手類の模造等

郵便 切手

すでにたくさんの方からお答えいただいているように 多く貼るのには何の問題もありません。 「ちょうど切手がなかったので」と50円切手2枚を貼ったお手紙をいただいたことがあります。 逆に足りない場合は相手が罰金を払わされますので大変失礼にあたります。 料金がわからない場合は多い目に貼っておいた方がいいでしょうね。 でもアメリカに出すんですよね。 そうすると、足りなければ差し戻されることになるでしょう。 郵便局に売っていない? だったら、50円切手と20円切手の組み合わせにすればいいと思いますよ。 局員さんが考えてくれてもよさそうなのに・・・・ でも、80円切手の方が種類が豊富ですから、 外国人の喜びそうな絵柄の切手を貼ってあげてもいいかもしれませんね。 Q はがきに貼り付けたものの、思い直してはがしたところ 破れてしまった未使用の切手があります また、未使用だげど強い折れ目がついてほとんど折れ目部分で 切れそうになっているかんじの切手もあります どのていどの破れ方、破損の仕方でしたら使用可能なのでしょうか? フチの白い部分より内側まで破れたらダメなどときいたことが あるようなないような。。 詳しくわからないので教えて下さい また、きっての上に専用機械でしかみえないマークがおされるというのは本当なんですか? 私製ハガキで〒番号の枠がナイ場合は曲居なさ那覇扱いずらいのでしょうか? できれば扱いやすい書き方をしたいと思っています よろしくおねがいします A ベストアンサー 元郵便局員です。 ここには時折いい加減なウソの回答が出るのでご注意を。 切手は基本的に汚れたり破れたりした物は一切使用不可です。 破れた切手どうしを張り合わせて新品に見せかけたりするのを防ぐためです。 汚れた切手も同様、消印の後をごまかそうとするのを防ぐためです。 稀にほんの少し欠けたり汚れたりした程度の物なら 窓口で実際に郵便を差し出す際に使用する場合に限り 見逃してくれる場合もありますが あくまでも窓口担当者の善意です。 使用できるからと言って他の切手やハガキに交換を願い出れば確実に断られます。 ウソです。 ここの回答でもたまに堂々と回答してる方がいますが 目に見えないマークは機械で区分処理された際に印字される 郵便番号や住所、番地などのデータバーコードです。 バーコードの中にはどこでいつ差し出されたかという情報も含まれます。 紫外線を当てると浮き上がるバーコードを読むことで 機械で宛先の番地やマンションなどの部屋番号順にまで 区分けが行われるのです。 住所番地を示すためのものなので 切手などの無い住所を書いてある位置に近い場所に印字されます。 あくまでも郵便物の区分けに使用されるバーコードで 切手に押す消印とは全く異なるものです。 まして年賀状の消印省略とはなんの関係もありません。 年賀状は「年賀特別郵便」というもので 法的に官製のハガキに対してのみ消印の省略を認めたものです。 本来消印とは正当料金の収納の証、 および差し出した場所や時間を証明する「公印」ですので 目に見えない物は存在しません。 元郵便局員です。 ここには時折いい加減なウソの回答が出るのでご注意を。 切手は基本的に汚れたり破れたりした物は一切使用不可です。 破れた切手どうしを張り合わせて新品に見せかけたりするのを防ぐためです。 汚れた切手も同様、消印の後をごまかそうとするのを防ぐためです。 稀にほんの少し欠けたり汚れたりした程度の物なら 窓口で実際に郵便を差し出す際に使用する場合に限り 見逃してくれる場合もありますが あくまでも窓口担当者の善意です。 使用できるからと言って他の切手やハガキに交... A ベストアンサー あなたは受取人のようですので返還権はありません。 差出人が郵便局へ持って行けば差額の10円分は切手で返してもらえるようですが、差出人が80円の郵便物に90円貼付した場合、10円過剰承諾と見做してその郵便物に日付印押捺(消印)してしまうと(差出人の)還付請求権放棄と見做されます(受付時「料金が10円多いですがこのままでいいですか?」と云われる) 消印前に「損害賠償郵便料金返還請求書」(印鑑必要)を提出すると(差出人に返還請求する意思があるので)貼りすぎた分は切手で返却されます。 (封筒の余白に、 「過納料金10円還付済み」と書かれ受付局の日付印が押印される・・・二重請求防止のため) 受取人から郵便物を取り戻し1年以内に請求すると戻るとのことですが、実際に請求する差出人はいないはずです(返送料金や手数がかかるため) つまり返還の規定はあっても差し出し時の差出人の意思次第でしょう。 japanpost. post. japanpost. gem. hi-ho. html fusoku あなたは受取人のようですので返還権はありません。 差出人が郵便局へ持って行けば差額の10円分は切手で返してもらえるようですが、差出人が80円の郵便物に90円貼付した場合、10円過剰承諾と見做してその郵便物に日付印押捺(消印)してしまうと(差出人の)還付請求権放棄と見做されます(受付時「料金が10円多いですがこのままでいいですか?」と云われる) 消印前に「損害賠償郵便料金返還請求書」(印鑑必要)を提出すると(差出人に返還請求する意思があるので)貼りすぎた分は切手で返却されます。 (封筒の...

次の

封筒を郵送するときの送料(切手の料金)

郵便 切手

A ベストアンサー >多分、重量オーバーで想定した切手代を越えてしまったため120円請求されたのだと思うのですが 120円は「定形外の最低料金」ですから、その郵便物は「差出人払い」になってますね。 郵便料金の「全額」が請求されてます。 >料金受取人払郵便なら受取人がこの120円も支払うのではないのでしょうか? そうです。 受け取り時に届いた分だけ清算し、受取人が払います。 今回の場合、局員が、料金受取人払郵便である事を見落としたのだと思います。 郵便物には、切手の代わりに「郵便料金証紙」が貼られて配達され、受取人は郵便料金を精算してない筈です。 局員に「120円」って言われた瞬間に「は?料金受取人払郵便なんだけど。 何いってんのアンタ」って言えば良かったのに。 素直に120円出しちゃった時点で、もうどうしようもありません。 しかも、領収証を受け取ったから「払う事に同意した」って事だし。 A ベストアンサー 元・郵便局員です。 受取人払い郵便物にも消印を押します。 これは、差出有効期限を過ぎていないか、配達郵便局でチェックを行うためです。 また、引受け側の郵便局では全ての受取人払い郵便物の差出有効期限のチェックはやり切れませんので、すべての受取人払い郵便物について消印を押しています。 なお、引受け時に消印を押さない郵便物は、次の通りです。 わたしが働いている会社では、お客様へのアンケートをお送りしていて、料金受取人払のハガキで返信してもらいます。 ハガキはまだ何百枚も残ってるのですが、受取人払の期限がもうすぐ切れてしまうので、新しいハガキの発注を上司に相談しました。 すると上司は、在庫を捨てるのはもったいないから、ハガキに50円切手を貼って今まで通り送る、と言いました。 その方法でも使えるとは思うのですが、アンケートを受け取ったお客様が、貧乏くさいとかみっともないとか悪印象を持たないか心配です。 わたしの会社は業界内では割と高級なイメージを持たれていて、お金持ちなお客様も多いです。 わたしの気にしすぎかも、と思うのですが、一庶民のわたしが気になるようなら、他にも気にされる方もいらっしゃるのでは、と思いまして… ちなみに上司は一切気にしていません。 皆さんは、返信用のハガキが期限切れで、ハガキが貼ってあったらケチくさいとか軽んじられてる、とか感じますか? 参考に教えて下さい。 期限切れの料金受取人払のハガキに、切手が貼ってあったらどう思いますか? お世話になります。 わたしが働いている会社では、お客様へのアンケートをお送りしていて、料金受取人払のハガキで返信してもらいます。 ハガキはまだ何百枚も残ってるのですが、受取人払の期限がもうすぐ切れてしまうので、新しいハガキの発注を上司に相談しました。 すると上司は、在庫を捨てるのはもったいないから、ハガキに50円切手を貼って今まで通り送る、と言いました。 その方法でも使えるとは思うのですが、アンケートを... Q タイトルの通りなのですが、営業のために飲食店に置かせていただいていた料金受取人払い郵便をいたずらで100通程ポストに投函されてしまいました。 半分くらいは何も入れず封がしてあり、もう半分は封もせずそのまま送られてきました。 あきらかにいたずらでしたので、郵便局に「いたずらの分の郵便は受取を拒否して郵便料金を支払わないようにできないか?」と尋ねました。 局員さんは「郵便局は(いたずらであれなんであれ)郵便を届けることが仕事なので、届けたものに対する料金はいただきます」と言うことでいたずらされて届けられた郵便の料金の支払いを求めてきました。 たしかに、悪いのは郵便局ではなくいたずらをした人なのですが何も入っていないことがわかっている封筒・封がしていない封筒の分まで料金を支払う義務があるのでしょうか? 私は何ができるのでしょうか? 同じような体験をされた方、事情に詳しい方のお知恵をお貸しいただければ幸いです。 Q お詳しい方、よろしくお願いします。 普通郵便で『不足分受取人払い』というゴム印が押されてくる場合があります。 仕事柄、返信封書でのやり取りが多いのですが、先方からの送付物の量が不明 なため、返信用封筒へは基本料金分の切手を貼付しております。 以前は『不足分受取人払い』と書かれた封書とともに 「不足分の切手を貼付して投函してください」と書かれたハガキが入っていたんですが 今回はそれがありませんでした。 今日は郵便局へ行く用事があるため、窓口で支払うことができますが、普段は 事務所に私は一人のためなかなか外出できません。 ハガキが入っていない場合は、窓口で直接支払わなければならないのでしょうか? また、ハガキがある場合とない場合の理由がわかる方いましたら、今後の参考の ために教えていただければ幸いです。 A ベストアンサー こんにちは >以前は『不足分受取人払い』と書かれた封書とともに 「不足分の切手を貼付して投函してください」と書かれたハガキが入っていたんですが 今回はそれがありませんでした。 多分、忘れただけではないでしょうか? 郵便物が手元にあるようでしたら、そちらを持っていけば不足は支払できると思います。 切手などを買う窓口ですね。 でもそれは忘れたという郵便配達の方の怠慢です。 次に配達の人が来て逢ったら言ってみるのが一番いいですが。 ご参考になれば幸いです。 chiebukuro. yahoo. post. japanpost. html.

次の

切手はどこで買える?郵便局以外の販売店や種類・買い方について

郵便 切手

郵便切手その他郵便に関する料金を表す証票(以下「郵便切手類」といいます。 )に紛らわしいものを製造、輸入、販売、頒布することは「郵便切手類模造等取締法」により原則として禁止されております。 したがいまして、郵便切手類に紛らわしいものをカタログ、カレンダー、雑誌等に印刷される場合には、この法律に違反しないようご注意ください。 また、デジタルカメラなどで撮影した郵便切手類の画像データをホームページやブログなどに掲載した場合については、その行為自体は「郵便切手類模造等取締法」の取締りの対象とはなりませんが、掲載した写真が印刷された場合には、同法に抵触する可能性がありますので、十分ご注意下さい。 法律により取締りの対象となる郵便切手類とは 法律では、郵便切手類に「紛らわしい外観を有する物」の製造、輸入、販売、頒布を禁止していますが、これは、大きさ、図柄、表示、素材が一見して郵便切手類に「似ている」ということです。 行使の目的をもって本物と一見違わないものをつくる場合には偽造となり「郵便法」により禁止され、罰則も模造より重くなっています。 模造等になるということを例示すれば• 料金額を表示する数字、国名、郵便を意味する文字の全部又は一部を換えたもの。 例えば、「日本郵便」の文字を「郵便切手」と書き換えたり、「NIPPON」の文字を「JAPAN」と書き換えたりするもの。 使用済みの郵便切手類を模造したものであっても通信日付印の印影があるかどうか判定し難いもの。 発行済みの郵便切手類の図柄に紛らわしいもの。 例えば、国立公園以外の山岳の風景を使用したものや、花切手に使用されている花以外の花を使用したもの。 総務大臣の許可を得たときは製造等ができる場合があります 1.許可されたものとみなされ、許可申請を要せず製造等ができる場合 次の場合には、法の趣旨から許可申請の手続を要せず、許可されたものとみなされ製造等ができます。 (1)郵便切手類の大きさと著しく異なる場合 模造切手類の印面の大きさが、長方形のものにあっては長辺96ミリメートル以上又は17ミリメートル以下、長方形以外の形状のものにあっては最大の長さが96ミリメートル以上又は17ミリメートル以下のもの。 ただし、郵便切手類と大きさ及び図柄が同一のものを除く。 印面の大きさは、郵便切手の場合印刷されている部分です。 まわりの白色の部分は含まれません。 郵便葉書、郵便書簡及び航空書簡の場合は、料額印面部分についてです。 (2)郵便切手類でないことが明らかにわかる表示があるもの。 (3)郵便切手類であることを表す文字及び郵便料金額に紛らわしい表示がないもの。 (4)郵便切手類であることを表す文字及び郵便料金額の部分に太さ0. 23ミリメートル以上の二条の線で加刷方式によらないで明瞭に抹消表示が施されているもの。 (5)模造切手類の印面に「模造」、「参考品」等の12ポイント活字以上の大きさで加刷方式によらないで明瞭に表示されているもの。 (6)多角形の模造切手類で印面を通り印面の隣り合う2辺と交わる太さ0. 23ミリメートル以上の直線又は弧線が加刷方式によらないで明瞭に表示されているもの。 (円形、変形等の郵便切手類については許可申請をしてください。 (7)書籍、新聞、雑誌、冊子としたカタログ又はB列本判1,000枚当たり100キログラム以上の紙に黒一色で印刷されているもの。 (A列本判の場合は70キログラム以上となります。 (8)模造切手類の材質が、紙又は一見紙と見まがう物以外のもの。 ただし、これに紛らわしい郵便切手類がある場合を除きます。 (9)外国で製造された模造切手類を輸入する場合で、そのものが当該国の郵便切手類模造等取締関係法令に違反しないもの。 ただし、郵便切手類模造等取締関係法令の規定のない国から輸入する場合を除きます。

次の