切り傷 言い換え。 挫傷(ザショウ)とは

傷口からジュクジュク出てくる透明の液体って何?拭きとっていいの?

切り傷 言い換え

傷口からジュクジュク出てくる透明の液体って何? 傷口の血が止まり始めると透明の液体が出てきますよね。 気が付くと流れるほど出ていることもあります。 あの液体は 「浸出液」と言う、ばい菌を殺したり、細胞を再生したりするために必要な免疫細胞などの集まりなんです。 参考: その中には、止血が仕事の血小板。 異物を食べるのが仕事のマクロファージと言う白血球の一種や、表皮細胞などが入っています。 中でもマクロファージは、菌の掃除屋と言われ、体のために非常に大切な役割を持っているのです。 人の体はとても良く出来ていて、 「生命防御機構」「止血機構」「再生機構」など自己防衛や自己再生できる自己治癒力が備わっているのです。 そのひとつが傷口からジュクジュク出てくる 「浸出液」です。 傷を察知すると、それらが一斉に傷口に向かい、全力で治療に挑みます。 浸出液は滲出液とも書かれますが同じ体液のことです。 この浸出液は傷の大きさにより出る量がかなり違います。 また、体液ですので、臭いもあります。 傷口からジュクジュク出てくる浸出液の正体は? 浸出液はどんなものなのでしょうか。 みなさん自転車で転んだり、運動している時にケガをして「かさぶた」ができた経験があるでしょう。 参考: あの かさぶたは自己治癒力のひとつ、「止血機構」の仕事によりできたものなのです。 ケガにより血管に傷がつくと血液中の血小板が集まり傷口をふさぎ、さらにフィブリノーゲンと言う血液凝固因子が膜になり、フィブリンと言う血餅となります。 スポンサーリンク 傷の表面でフィブリンが乾燥したものが「かさぶた」です。 浸出液の中身はほとんどがこの乾燥する前のフィブリンです。 また、同時に白血球の中のマクロファージも重要な役割を果たしています。 傷ができるとそこから大量の細菌が侵入してきます。 そのために、最初に動き出すのがマクロファージ好中球と呼ばれる白血球の一種です。 傷口に着くと細菌を攻撃し、自分の中に取り込んで死滅させていき、最終的にはアポトーシスと言う形で細菌とともに自滅します。 その後遅れて到着するのがマクロファージです。 このマクロファージは大型食細胞と言われ、細菌とともに自滅した好中球や、傷によって死んだ細胞、または生き残っていた細菌などをモリモリと食べていきます。 さらにマクロファージがコラーゲンなどの皮膚成長因子に呼びかけることで、新しい皮膚が出来上がります。 浸出液の中ではこれらの事が目まぐるしい勢いで巻き起こっているのです。 傷が大きければ その働きも大きくなるので浸出液の量も増え、溢れるほどの量が出てきます。 大事な浸出液だけど出てきたらどうしたら良いの? まずは、ケガの大きさで病院に行くか、自分で手当てできるものか判断します。 ケガの範囲が広く、自分では対処しきれない時や、傷が深く血が止まらないなどの時は病院に行きましょう。 その時に、湿潤療法を推奨している病院に行くと、この浸出液を上手に使った治療をしてくれ、傷跡も少なく、さらに痛みもかなり軽減されます。 自分で手当てできる範囲だと判断したなら、 まずは傷口を水道水で洗い流します。 外側から流すだけでもかなりの細菌の侵入を防げます。 中に入ってしまった菌はマクロファージが退治してくれるので任せましょう。 ここで気をつけなくてはいけないのが「消毒」です。 多くの人が、傷の治療=消毒と教えられてきました。 ところがこの10年ほどで「浸出液」の重要性が広まり、「消毒しない方が早くきれいに、さらに痛みも少なく傷が治る」と変わってきたのです。 この浸出液を上手に使う治療法は 「湿潤療法」と言われ、傷口を乾燥させない治療法なのです。 なので、フィブリンが乾燥してかさぶたを作る前に行わなければなりません。 浸出液が出ている傷口を数か所穴を開けたラップで覆います。 また、密着性を高めるために、ラップにワセリンを塗ると乾燥を防げます。 穴を開ける意味はどんどん出てくる浸出液を流すためです。 流れ出てくる浸出液の中には、溶けたワセリンや作業を終えたマクロファージ、死んだ細胞などが入っているので、余分な浸出液は出してしまいます。 このままでは流れて衣服を汚してしまうので、らっぷで覆った上をガーゼや包帯で包み、出てきた浸出液を吸い取ります。 浸出液は傷口以外の皮膚をかぶれさせる事があるので、広がらないようにラップは傷の大きさに合わせて覆いましょう。 清潔に保たなければいけないので、浸出液がどんどんと出てくる最初のうちは、一日に数回きれいなラップに取り換えましょう。 そのたびに、ガーゼや包帯も清潔なものに換えましょう。 まとめ 透明な液体は、膿ではなく「浸出液」と言う体液です。 人の体のつくりはとても優れていて自分で治す力が備わっています。 傷口からジュクジュクと出てくる液体は不要なものではなく、大切な自己治癒力の賜物なのです。 ただし、傷の大きさや深さ、手当ての仕方を間違えるとこの浸出液の力では回復できなくなる場合もあります。 ズキズキと痛む時や、赤く腫れあがったり、熱を持つような時は感染症のおそれがあるので、病院にいきましょう。 カテゴリー•

次の

傷口にガーゼがはりついた場合は放置していれば自然に取れますか?

切り傷 言い換え

ここでは創傷の種類の中でも、切創・切傷について詳しく説明していきます。 切創とは「切ってできた傷」のことで、要するに 切り傷のことです。 切創も切傷も同じ意味として扱われます。 創面(傷口のこと)は滑らかで線状に切れているのが特徴です。 切り口が浅く程度の軽いものであれば、数分後には創面は癒合(くっ付くこと)しますが、深く程度の重いものの場合は縫合処置が必要となります。 sponsored link 【日常生活における切創・切傷】 日常生活の中であれば、以下のような状況で受傷する例が挙げられます。 ・調理中に包丁で指先を切った ・ハサミで紙を切るときに誤って指を傷つけた ・割れたガラスを触って指が切れた ・読書中に本の紙先を勢いよく指に滑らせた ・草むらを歩いたら足が切れた こういった状況は日常生活の中でも多く見られるものです。 切創の痛み方は、鋭い痛み方が特徴です。 場合によっては浅く薄い受傷の場合ほとんど痛みを感じず、出血を見て初めて気付くというケースもあるでしょう。 創傷の他の種類の中でも比較的早く治療が期待できる部類に入ります。 sponsored link このページを見た方は次のページもよくご覧になっています。

次の

傷口からジュクジュク出てくる透明の液体って何?拭きとっていいの?

切り傷 言い換え

傷口にガーゼがはりついた場合は放置していれば自然に取れますか? 昨日、犬に噛まれて指を切り、病院に行ったところ消毒してガーゼを巻いていただきました。 そのガーゼが、傷口にくっついて痛くてとてもはがせません。 傷自体は重くない普通の切り傷のため再度の通院の必要は無く、また化膿止めの錠剤もいただいて飲んでいるので化膿の心配はなさそうです。 帰省中の怪我だったため同じ病院にはもう行けませんし、そもそも病院で強引にガーゼをはがされたくありません。 痛いから(涙)。 ちなみに傷に対して消毒やガーゼは逆効果だという意見は知恵袋の他の質問でたくさん目にしましたが、もう終わったことなのでガーゼが良かったか悪かったかはこの際どうでもいいというか、それはよくわかりました。 まあ、ガーゼが取れた暁には今後はもう二度と傷口にガーゼをはることは拒否したいと思いますが……。 ご指導、アドバイスいただけましたらとても嬉しいです! どうぞよろしくお願いいたします。 ガーゼがこびり付くのは、患部からでる滲出液が空気に触れて瘡蓋(カサブタ)と同様に凝固して蓋をしているからです。 ガーゼ治療を続けている無知な医師は、ガーゼ交換の時は時間が無いのでこれに消毒液を付けてベリベリと剥がすのが普通で、当然小さなお子さんはギャン泣きとなりますが、いつもの事ですので気にしません。 新しい治療を知っている看護師さんの質問です。 しかし、現在質問者さんが仰るガーゼによる乾燥治療と全く逆の湿潤療法では、ご存じの通り瘡蓋を作らずに傷を潤わせて治しますが、既に出来た瘡蓋の除去やこびり付いたガーゼを剥がすのにも湿潤療法は有効です。 この場合、傷を湿らしておいて食品用ラップやパワーパッドや防水フィルム等の被覆材をしばらく貼っておくと、瘡蓋は再び出だした滲出液によって自己融解してふやけてツルンと取れます。 これはお風呂で瘡蓋が溶けてふやけて剥けるのと同じ事で、もちろん痛くありません。 <痂皮の扱いについて> 写真ではキズパワーパッド等と全く同じハイドロコロイドの医療版であるデュオアクティブを使って滲出液によって瘡蓋を自己融解させています。 こちらの7歳の娘さんの顔の擦り傷の写真つきの質問が参考になると思います。 酷い瘡蓋が出来ていましたが、ラップや防水フィルムの処置によって次の日はこんな感じになりました。 もちろんガーゼでも簡単に取れますし、その後はそのまま瘡蓋を作らない最新の治療を続ければ良いですよ。 参考にして下さい。

次の