お笑い 芸人 トリオ。 四千頭身は後藤・都築・石橋のトリオ、たたみかけるネタが斬新、面白い!

お笑い芸人のネタの作り方まとめ!! 人気芸人はどうやってネタ作りをしてる!?

お笑い 芸人 トリオ

お笑い第七世代とは?意味を調査してみた! 読んでみてね。 — 四千頭身 後藤拓実 paiyu2 2000年に入ってからお笑いブームの到来で、数々のお笑い芸人が活躍しました。 お笑い番組やイベントなど、各局・各地域でお笑い旋風が起こります。 お笑いを見ない日がないくらいの勢いがありましたね。 しかし、自然とお笑いブームも落ち着きを見せてしまいました。 そんな時に お笑い第七世代のメンバーの登場で、 再び笑いブームがやってきたのです。 お笑い第七世代といわれる芸人達が活躍しています。 彼らはなぜ、お笑い第七世代と呼ばれているのか、その意味について気になりますね。 ここではお笑い第七世代について、詳しく解説していきます。 また、今勢いに乗る お笑い第七世代のメンバー一覧も紹介していきます。 合わせてお笑い第七世代の前の世代も見ていきましょう。 ただ、いくつかの条件が存在しており、その項目に該当する人達がお笑い第七世代になっているようです。 主な条件として 平成生まれ(1989年以降)、2020年時点で20代から30代前半、1987年以降に生まれたデジタルネイティブ・ゆとり世代が該当します。 元々は霜降り明星のせいやさんが、深夜のラジオ番組「霜降り明星のだましうち! 」 で次の世代の事を第七世代と言った事が発端のようです。 当初は芸人にだけではなく、同世代のYouTuberやミュージシャンなどのジャンルも含まれていました。 現在、お笑い第七世代が活躍していますが、次の世代も出てくるかもしれませんね。 お笑いブームが到来している時に、彼らの活躍をテレビで観る機会がグッと増えました。 「7G〜SEVENTH GENERATION〜」・「爆笑問題の検索ちゃん 芸人ちゃんネタ祭りSP」・「有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議」・「第7キングダム」などがあります。 この中でも 「第7キングダム」について、紹介しましょう。 日本テレビで放送される「第7キングダム」は第七世代のメンバー達がメインの番組で、コントキャラとロケ企画のフィクションとリアルが交錯するロケバラエティーです。 出演者は 霜降り明星・ハナコ・EXIT・3時のヒロインが番組を引っ張っていきます。 今後も、お笑い第七世代の活躍が期待出来そうですね! お笑い第七世代までの歴代メンバーは? とうとうこの日が来たよ! 最後の隠しゲストの引き際はめちゃくちゃおもしろかったなぁ~ — ロッチ 中岡 lottiso1 現在のお笑いブームをお笑い第七世代が勢いに乗って、引っ張っています。 しかし、 各世代の芸人達も負けておらず、第一線で活躍しています。 各世代の芸人達も各年代で目まぐるしい活躍を見せておりました。 以下に 第一世代から第六世代の芸人を数名ずつ紹介していきます。 各世代 芸人 第一世代 中田ダイマル・ラケット、夢路いとし・喜味こいし、かしまし娘 第二世代 ツービート、のりお・よしお、オール阪神・巨人 第三世代 とんねるず、ダウンタウン、ウッチャンナンチャン 第四世代 爆笑問題、ナインティナイン、キャイ〜ン 第五世代 中川家、オリエンタルラジオ、ブラックマヨネーズ 第六世代 ナイツ、ロッチ、はんにゃ 上記で紹介した芸人達は各世代で活躍したメンバーですが、今でも活躍しています。 長年、笑いを引っ張ってきている各世代の芸人達は、第七世代にも負けていません。 現在のお笑いがあるのも、今までお笑いの世界を盛り立ててきた人達がいるからこそだと感じますね。 続いて、 現在活躍中のお笑い第七世代のメンバー一覧を紹介していきましょう。 コンビだけではなく、トリオや女性芸人など様々なスタイルで活躍する芸人達がいます。 お笑い好きの人やテレビを観るのが好きな人は、聞いたことあるメンバーがばかりでしょう。 お笑い第7世代は多くいますが、その中でも4組をピックアップしてみました。 この4組はテレビでも多く出演しており、毎日見ているメンバーでしょう。 彼らがどんな芸人なのか、詳しく解説していきますね。 四千頭身(トリオ) の日にちが迫ってきました。 購入してくださった方々、 zoom打ち上げ参加できます。 超楽しみにしてます。 みんなでzoom打ち上げしようじゃないか。 — 四千頭身 後藤拓実 paiyu2 お笑い第七世代のメンバーの中でも絶大の人気を誇る お笑いトリオといえば、四千頭身です。 漫才でも 独自の脱力系漫才を武器に、多くの視聴者から支持を得ています。 脱力系漫才である新たなジャンルがクセになると言われており、 今最も人気があるトリオではないでしょうか。 一度ハマってしまったら抜け出す事の出来ない漫才は、まさに絶品ですね! 四千頭身はワタナベエンターテインメント所属で、 後藤拓実さん・都築拓紀さん・石橋遼大さんの3人です。 この3人が繰り広げる漫才はいつまでも観れるほどの面白さがあります。 何をするのか予想もできない四千頭身は、これからも注目のトリオでしょう。 次にどのようなネタを見せてくるのか、彼らの漫才は楽しみですね。 10代の若者を中心に驚異的な人気を得ている彼らは、 ネオパリピ系漫才のコンビです。 ボケ担当の「かねちー」こと兼近大樹さんとツッコミ担当のりんたろー。 さんの軽快な漫才は、観ている人を虜にします。 テンポの良く、体全身を使って表現するネオパリピ系漫才は2人にしか出来ない漫才でしょう。 今の漫才で独自の路線を走っている彼らの存在は、お笑い第七世代の中心に君臨しています。 誰も真似する事のできない軽快かつ絶妙な間は、EXITの強みでしょう。 また、見た目はチャラい2人ですが、実は真面目な人物であるところも大きな支持を得ている理由です。 チャラさと真面目のギャップに魅力を感じているファンは多いでしょう。 霜降り明星(コンビ) 私、メガニウムの声をやらせて頂きます!! — 粗品(霜降り明星) soshina3 お笑い第七世代の代表格のコンビ・霜降り明星を知らない人は、なかなかいないでしょう。 「M-1グランプリ2018」では見事にチャンピオンに輝いた霜降り明星は、若き王者として多くのテレビ番組に出演しています。 ツッコミ担当の粗品さんとボケ担当のせいやさんの絶妙なやり取りは、素晴らしいです。 ボケ担当のせいやさんの自由な演技にツッコミ担当の粗品さんが鋭いツッコミを入れる漫才は、観ている人を飽きさせません。 また、ツッコミ担当の粗品さんは、「R-1ぐらんぷり2019」で優勝を果たすほどの実力の持ち主です。 結成当初はコンビ間に実力があると言われていましたが、今では2人の力は誰もが認めるほどでしょう。 独自のお笑いを表現する霜降り明星は、今後もお笑い第七世代の引っ張っていく存在です。 憎めないボケと鋭いツッコミで、目指せ国民的コンビ!! 第3位は霜降り明星! あなたは小学5年生より賢いの? syogaku5nennsei お笑い第七世代の女性芸人の中でも圧倒的な存在であるガンバレルーヤは、 バラエティの欠かす事のできないコンビです。 ガンバレルーヤは女性ファンが多く、「かわいい」との声が多く上がっています。 2012年に結成したガンバレルーヤは吉本興業所属で、 ツッコミン担当のまひるさんとボケ担当のよしこさんがの息の合った漫才が特徴です。 仕事だけではなく、プライベートでも仲の良いコンビと有名な2人です。 ボケ担当のよしこさんの「クソが」という言葉が面白く、多くの視聴者にインパクトを与えています。 また、ツッコミ担当のまひるさんは予想もできない発言を連発するなど、彼女の芸風は癒し担当にもなっているようです。 仲の良いコンビだからこそできる漫才は、視聴者から好印象です。 お笑い第七世代のメンバーの動画はある? チャランネルの更新、少々お待ちを!それまではnoteでも読んでいてください。 ネタパレという番組と出会えて|りんたろー from EXIT — りんたろー from EXIT rinnxofficial ここまで、お笑い第七世代のメンバー一覧を紹介してきました。 現在のお笑いブームを支えるお笑い第七世代のメンバーは、個性が強くて面白いですね。 多くの芸人達がいる中で、それぞれが個性を生かした芸を披露しています。 視聴者を飽きさせないようにしているかのように同じ芸風はなく、オンリーワンが多くなっているように感じますね。 芸が被ることなく、様々なネタを見る事ができて楽しいです。 型にハマったお笑いではなく、斬新な芸も目に入ってきます。 テレビ番組やイベントで多忙を極めているお笑い第七世代のメンバーですが、中にはネットを動画をアップしている芸人もいます。 どのような芸人がネットで動画をアップしているのか、見ていきましょう。 四千頭身 お笑い第七世代の中で人気がある お笑いトリオの四千頭身は公式の動画チャンネルを持っています。 脱力系漫才の芸という新たなジャンルは、多くの視聴者がクセになってしまうお笑いです。 四千頭身は、ツッコミ担当の後藤拓実さん・ボケ担当の都築拓紀さん・石橋遼大さんの3人から成り立っています。 後藤拓実さんのツッコミはゆるく、天真爛漫の都築拓紀さんと石橋遼大さんのボケが絶妙な漫才を繰り広げているのです。 石橋遼大さんの立ち位置は、視聴者から注目を集めています。 個性的な3人ですが、 20代前半とこれからもっと成長が期待が出来るでしょう。 今後も彼らしか見る事のできないお笑いをステージだけではなく、ネットの動画でも披露してくれそうです。 EXIT EXITは、四千頭身に勝るとも劣らないお笑い第七世代のメンバーです。 若者から絶大な人気を得ているEXITの特徴は、彼ら独自のネオパリピ系漫才ですね。 ネオパリピ系漫才は、ボケ担当の兼近大樹さんとツッコミ担当のりんたろー。 にしかできません。 外見ではチャラい人にしか見えませんが、本当は真面目な2人なのです。 また、 相方思いなど大きなギャップがあり、多くの視聴者から支持を得ています。 吉本芸人の「よしもと男前ブサイクランキング2019」では、2人ともイケメン部門でトップ5に入りました。 更にアーティストとコラボしてシングルを出すなど、お笑い以外のジャンルでも活躍しをしています。 この2人の存在は、お笑い第七世代のメンバーの中でもひときわ輝いていますね。 ゆりやんレトリィバァ ゆりやんレトリィバァは、お笑い第七世代の女性芸人です。 ピン芸人の彼女の芸は独特な雰囲気を出しており、型にハマらないスタイルになっています。 その事を物語っているのが、アメリカのオーディション番組に出演した事です。 「アメリカズ・ゴット・タレント」という番組に出演した彼女は大きなインパクトを与えて、話題となりました。 常にボケるスタイルの彼女は天才型の芸人といっても、良いでしょう。 テレビ番組のみならず、公式の動画でも彼女らしさの芸を見せてくれます。 多くの女性芸人がいる中でも独特な立ち位置で活躍するゆりやんレトリィバァは、これからも見応えがありそうです。 他の女性芸人とのコラボ動画もあるかもしれませんね。 お笑い第七世代のメンバー一覧!意味とトリオや女性芸人は誰がいる?まとめ 涙腺バグりんたろー|りんたろー from EXIT — りんたろー from EXIT rinnxofficial この記事では、タイトル 「お笑い第七世代のメンバー一覧!意味とトリオや女性芸人は誰がいる?」でお笑い第七世代のメンバー一覧を紹介してきました。 お笑い第七世代について色々とご紹介もしましたが、いかがでしたか?? お笑いブームを引っ張っているお笑い第七世代の活躍が、これからも楽しみですね! それでは、記事を最後まで読んで下さり、ありがとうございました。

次の

トリオ芸人の一覧と人気ランキングは?若手のパンサーは何位?

お笑い 芸人 トリオ

メンバー [ ] 名前(ふりがな) 生年月日(年齢) 出身 愛称 担当 (なぐら じゅん) 1968-11-04 (51歳) ・ 潤ちゃん、リーダー (はらだ たいぞう) 1970-03-24 (50歳) ・ タイゾー、泰ちゃん (ほりうち けん) 1969-11-28 (50歳) ・ ホリケン、健ちゃん 大ボケ担当 来歴・人物 [ ] 当初、泰造は出身地が同じ友人とコンビ「パープルン」を結成し、活動していた(コンビ名の由来はその当時2人共居酒屋「」でアルバイトをしていたから )。 しかし、相方が多額の借金を作り地元に帰ってしまったために解散。 泰造が新しい相方を探していたところ、オーディション時に一緒で当時ピンで活動していた堀内に目が止まり、原田から声をかけてに「フローレンス」を結成。 コンビ名はたまたま見かけたの名に由来する。 しかし、泰造とホリケンは共にボケでツッコミがいなかったため、コントがグダグダになってしまうという問題が多発した。 この問題を解決するため、当時「ジュンカッツ」を解散したばかりで普段から世話になっていた先輩の名倉を泰造・ホリケンの2人が頼む形で引き入れ、にネプチューンを結成。 ちなみに結成当初のトリオ名は「フローレンスZ」で、数ある候補の中に「」もあった。 トリオ名の由来は漫画『』の登場人物・。 コンビ別れを繰り返して結成したグループのため、3人には芸歴に差があり、その上ネプチューンとしての活動期間はさらに短い。 そのため、先輩後輩が個人によって違うので、ややこしいとメンバーは発言している(芸歴は名倉・堀内・原田の順)。 関西の芸人や初めて共演する芸人や芸能人で芸歴の長い人がゲストで来た場合、相手の芸歴を考えてそれぞれの話し方を決めなくてはならないため、「不便だ」とこぼしている。 名倉はとほぼ同期、原田と堀内は1期下で、やなどと同期となる。 しかし、後輩に当たるの2人から、名倉は『 潤ちゃん』と呼ばれ、原田は『 泰造』堀内は『 健ちゃん』と呼ばれている(たまに堀内のことを『 健』と呼び捨てにすることもある)など、後輩であっても付き合いが長かったり、仲が良い芸人などはメンバーのことを呼び捨てで呼ぶこともある。 プライベートでの付き合いがほとんどない芸人グループが多い中、3人はプライベートでもとても仲が良く、楽屋は常に一緒である。 楽屋では、原田と堀内がよくふざけあい、それを名倉が一歩引いて見守る、というのが常であるという。 堀内曰く、番組の収録後に名倉から説教されるらしい。 2009年1月の『』で、芸人仲間からもその仲の良さが「青春ドラマのよう」と絶賛された。 3人はそれぞれ「潤ちゃん」「泰造」「健」と呼び合っている。 ネプチューン結成初期の頃は名倉が一番先輩ということもあり、原田と堀内は「名倉さん」と「さん」付けで呼んでいたがある時、名倉が「同じグループなのに「さん」付けで呼ぶのはおかしいし周りも気を遣うから「さん」付けしなくていい」と原田と堀内に言ってから「潤ちゃん」と呼ぶようになった。 2000年代、特に名倉がと結婚した頃から、名倉は司会・コメンテーターや雑誌の執筆活動に、原田はCM出演を含めた業に、堀内は個性派俳優業に加え・バラエティー番組に単独で出演するなど、それぞれの特性を活かし、ピンでも活躍している。 笑う犬でははっぱ隊としてアメリカのテレビ番組に出演するなど、 海外でも人気を博した [ ]。 近年、2008年7月から後輩のくりぃむしちゅー、チュートリアルと一緒に出演したしゃべくり007をきっかけに、系番組の出演が増えており、2009年8月放送の「」のパーソナリティを務めるなど、活動の幅を広めている。 また、24時間テレビの中で放送された「」スペシャルでは、テレビで滅多にやらなくなったコントを久々に披露した。 メンバー3人とも酒を嗜む習慣がなく、と呼んで差し障りがないほど苦手としている。 名倉と堀内は付き合い程度に口にすることが出来るが、原田は少量でも飲むとほぼ吐いてしまうほど体に合わないという。 や、、、、らと共に、ウンナンファミリーと呼ばれている。 芸風 [ ] ネタ作りは主にホリケンが担当しているが、ホリケン独自のや歌のテイストが使用されているものが多い独特なもので、実際に堀内自身が演じて説明しないと、メンバーに伝わらないものがほとんどである。 それをひとつのちゃんとしたコントに直すのは、名倉の役割であるという。 では、泰造・ホリケンのボケ(2人でやオリジナルのミュージカル風の歌を唄う事もある)に対し名倉が突っ込むも、更にボケ続けるという「ボケ倒し」「ツッコミすかし」のスタイル。 名倉のツッコミはで声を張り上げるものの、頭を叩く・体を蹴るなどの強烈なものではなく、 むしろ常識人から見た的確な指摘というスタイルである。 時に名倉は、2人に巻き込まれる形でのようにギャグを繰り出したり、イジられ役に回る事もある。 素の状態やフリートークの場面でも度々同様のやり取りを展開し、原田・堀内の天然性、名倉の常識人的バランスと面倒見の良い、ある意味お人好しな面などが垣間見られる [ ]。 『』出演時代、ネプチューンは泰造とホリケンの強烈な個性で一際存在感を放っており、と並んで、番組内での人気も視聴率を大きく左右するほど絶大なものであった。 その中において名倉の存在がやや薄く、共演者から「名倉はいらない」などと番組内でネタにされる事もあったが、名倉の的確なツッコミは2人のボケを纏めるためになくてはならない人物であり、また「人」「に似ている」「似」等、あえて弄られ役として前に出ることで、次第に3人揃った形でキャラを定着させた [ ]。 現在の出演番組 [ ] レギュラー• 月曜 (2003年4月 - 、)• 月曜 (2008年7月 - 、)• 水曜 (2016年4月 - 、)• 土曜 (2013年2月 - 、)• 日曜 2008年1月 - 2016年3月16日、2018年10月 - 、テレビ朝日 - レギュラー放送、その間にも特番放送 特番• (2001年5月16日 - 、フジテレビ)• (2009年5月3日 - 、日本テレビ)• (2010年4月24日 - 、日本テレビ)• (2011年12月30日 - 、フジテレビ) 過去の出演番組 [ ] テレビ番組 [ ] バラエティ [ ]• (1998年1月29日、3月12日)• ・(、1998年10月 - 1999年9月)• ZZZ・(広島テレビ制作、1999年10月 - 2000年3月)• (2000年4月 - 2001年3月• (2001年4月 - 9月)• (2011年10月 - 2016年3月)• (2002年4月 - 2003年3月)• (2005年10月 - 2006年9月)• (2006年10月 - 2007年9月)• (2010年11月 - 2011年7月)• (2011年10月 - 2012年9月)• (2012年10月 - 2013年1月)• シリーズ(キャッチフレーズは電光石火の三重殺(トリプルプレイ))(1995年10月 - 1998年9月)• - 準レギュラー• (1997年4月 - 9月)• CHACHAKEN TV(1997年10月 - 1998年3月)• ごごいち(1998年4月 - 9月)• (1996年10月 - 1997年9月)• (1997年10月 - 1998年9月)• (、1997年10月 - 12月)• シリーズ(1998年10月 - 2003年12月)• ネプやり(1998年4月 - 9月)• (1998年10月 - 1999年3月)• (1999年4月 - 9月)• (1999年10月 - 2002年9月)• (2002年10月 - 2003年3月)• (2004年11月 - 2008年3月)• (1998年10月 - 1999年9月)• (1999年10月 - 2001年3月)• (2001年4月 - 2002年9月)• (2002年10月 - 2007年12月) 単発・スペシャル [ ]• (1998年12月5日、NHK総合) - 歌手として出演。 「君を探して」歌唱• (1999年12月7日、フジテレビ)• (1999年 - 2000年、フジテレビ)• チームとして出場• (2001年5月16日 - 、フジテレビ)• (2005年3月31日、フジテレビ) - 堀内のみ• 絶対に遭遇したくない危険生物 COUNT DOWN 50(1月29日、日本テレビ)• (2009年5月3日 - 、日本テレビ)• (2009年8月29日・30日、日本テレビ)• (2009年11月1日、日本テレビ)• 芸能界プライドバトル ガチマッチ(2010年1月3日、関西テレビ)• (2010年4月、日本テレビ)• (2010年4月24日 - 、日本テレビ)• (2010年8月3日 - 、フジテレビ)• (2011年2月25日 - 、日本テレビ)• 人間分類バラエティーTHEカテゴライザー(2011年3月23日、日本テレビ)• 世界超ド級!! まるわかりスクープ社(2011年6月10日、日本テレビ)• (2011年10月2日 - 、TBS)• ネプチューンの超体験! タイムワープ旅行社〜時間旅行で江戸時代へ〜(2012年6月5日、日本テレビ) ラジオ番組 [ ]• (ニッポン放送) - 堀内のみ• ネプチューン in どつきどつかれ(1998年8月1日公開) - 主演• (2001年11月2日、フジテレビ) - ネプチューン初主演• (2010年4月26日、日本テレビ) - 『しゃべくり007』のスピンオフ企画であり、ネプチューン含め『しゃべくり007』に出演しているレギュラーメンバー(くりぃむしちゅー、チュートリアル)がメインキャストとなっている(ドラマ自体の主演はチュートリアル・徳井義実)。 (2017年2月、) 書籍 [ ]• ネプチューングラフィティ・於「どつきどつかれ」 -• ネプチューンの4コマライブ メキシカンスマッシュ 歌手としての活動 [ ] ネプチューン 別名 Tokyo ジャンル J-POP コーラス(ハモネプも参照) 活動期間 1998年 - 2002年 事務所 渡辺プロダクション に所属。 現在アルバム1枚、ミニアルバム1枚、シングル4枚をリリース。 1st Single(8 cm)『』(1998年11月)• 2nd Single(8 cm)『』(1999年3月)• 3rd Single『』(2000年6月)• 1st Album『君とケツカッチン! 』(2000年9月)• 4th Single『』(2001年11月)• 1st Mini Album『ネプランド! 』(2002年8月) また、「」としてSingle CD・Single DVD『YATTA』を、「」名義でSingle CD をリリース。 ゲーム [ ]• ネプリーグDS• ネプリーグDS CM [ ]• 「エストロング」• (2010年3月 - )• ネプリーグDS 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の

ネプチューン (お笑いトリオ)

お笑い 芸人 トリオ

メンバー [ ] 名前(ふりがな) 生年月日(年齢) 出身 愛称 担当 (なぐら じゅん) 1968-11-04 (51歳) ・ 潤ちゃん、リーダー (はらだ たいぞう) 1970-03-24 (50歳) ・ タイゾー、泰ちゃん (ほりうち けん) 1969-11-28 (50歳) ・ ホリケン、健ちゃん 大ボケ担当 来歴・人物 [ ] 当初、泰造は出身地が同じ友人とコンビ「パープルン」を結成し、活動していた(コンビ名の由来はその当時2人共居酒屋「」でアルバイトをしていたから )。 しかし、相方が多額の借金を作り地元に帰ってしまったために解散。 泰造が新しい相方を探していたところ、オーディション時に一緒で当時ピンで活動していた堀内に目が止まり、原田から声をかけてに「フローレンス」を結成。 コンビ名はたまたま見かけたの名に由来する。 しかし、泰造とホリケンは共にボケでツッコミがいなかったため、コントがグダグダになってしまうという問題が多発した。 この問題を解決するため、当時「ジュンカッツ」を解散したばかりで普段から世話になっていた先輩の名倉を泰造・ホリケンの2人が頼む形で引き入れ、にネプチューンを結成。 ちなみに結成当初のトリオ名は「フローレンスZ」で、数ある候補の中に「」もあった。 トリオ名の由来は漫画『』の登場人物・。 コンビ別れを繰り返して結成したグループのため、3人には芸歴に差があり、その上ネプチューンとしての活動期間はさらに短い。 そのため、先輩後輩が個人によって違うので、ややこしいとメンバーは発言している(芸歴は名倉・堀内・原田の順)。 関西の芸人や初めて共演する芸人や芸能人で芸歴の長い人がゲストで来た場合、相手の芸歴を考えてそれぞれの話し方を決めなくてはならないため、「不便だ」とこぼしている。 名倉はとほぼ同期、原田と堀内は1期下で、やなどと同期となる。 しかし、後輩に当たるの2人から、名倉は『 潤ちゃん』と呼ばれ、原田は『 泰造』堀内は『 健ちゃん』と呼ばれている(たまに堀内のことを『 健』と呼び捨てにすることもある)など、後輩であっても付き合いが長かったり、仲が良い芸人などはメンバーのことを呼び捨てで呼ぶこともある。 プライベートでの付き合いがほとんどない芸人グループが多い中、3人はプライベートでもとても仲が良く、楽屋は常に一緒である。 楽屋では、原田と堀内がよくふざけあい、それを名倉が一歩引いて見守る、というのが常であるという。 堀内曰く、番組の収録後に名倉から説教されるらしい。 2009年1月の『』で、芸人仲間からもその仲の良さが「青春ドラマのよう」と絶賛された。 3人はそれぞれ「潤ちゃん」「泰造」「健」と呼び合っている。 ネプチューン結成初期の頃は名倉が一番先輩ということもあり、原田と堀内は「名倉さん」と「さん」付けで呼んでいたがある時、名倉が「同じグループなのに「さん」付けで呼ぶのはおかしいし周りも気を遣うから「さん」付けしなくていい」と原田と堀内に言ってから「潤ちゃん」と呼ぶようになった。 2000年代、特に名倉がと結婚した頃から、名倉は司会・コメンテーターや雑誌の執筆活動に、原田はCM出演を含めた業に、堀内は個性派俳優業に加え・バラエティー番組に単独で出演するなど、それぞれの特性を活かし、ピンでも活躍している。 笑う犬でははっぱ隊としてアメリカのテレビ番組に出演するなど、 海外でも人気を博した [ ]。 近年、2008年7月から後輩のくりぃむしちゅー、チュートリアルと一緒に出演したしゃべくり007をきっかけに、系番組の出演が増えており、2009年8月放送の「」のパーソナリティを務めるなど、活動の幅を広めている。 また、24時間テレビの中で放送された「」スペシャルでは、テレビで滅多にやらなくなったコントを久々に披露した。 メンバー3人とも酒を嗜む習慣がなく、と呼んで差し障りがないほど苦手としている。 名倉と堀内は付き合い程度に口にすることが出来るが、原田は少量でも飲むとほぼ吐いてしまうほど体に合わないという。 や、、、、らと共に、ウンナンファミリーと呼ばれている。 芸風 [ ] ネタ作りは主にホリケンが担当しているが、ホリケン独自のや歌のテイストが使用されているものが多い独特なもので、実際に堀内自身が演じて説明しないと、メンバーに伝わらないものがほとんどである。 それをひとつのちゃんとしたコントに直すのは、名倉の役割であるという。 では、泰造・ホリケンのボケ(2人でやオリジナルのミュージカル風の歌を唄う事もある)に対し名倉が突っ込むも、更にボケ続けるという「ボケ倒し」「ツッコミすかし」のスタイル。 名倉のツッコミはで声を張り上げるものの、頭を叩く・体を蹴るなどの強烈なものではなく、 むしろ常識人から見た的確な指摘というスタイルである。 時に名倉は、2人に巻き込まれる形でのようにギャグを繰り出したり、イジられ役に回る事もある。 素の状態やフリートークの場面でも度々同様のやり取りを展開し、原田・堀内の天然性、名倉の常識人的バランスと面倒見の良い、ある意味お人好しな面などが垣間見られる [ ]。 『』出演時代、ネプチューンは泰造とホリケンの強烈な個性で一際存在感を放っており、と並んで、番組内での人気も視聴率を大きく左右するほど絶大なものであった。 その中において名倉の存在がやや薄く、共演者から「名倉はいらない」などと番組内でネタにされる事もあったが、名倉の的確なツッコミは2人のボケを纏めるためになくてはならない人物であり、また「人」「に似ている」「似」等、あえて弄られ役として前に出ることで、次第に3人揃った形でキャラを定着させた [ ]。 現在の出演番組 [ ] レギュラー• 月曜 (2003年4月 - 、)• 月曜 (2008年7月 - 、)• 水曜 (2016年4月 - 、)• 土曜 (2013年2月 - 、)• 日曜 2008年1月 - 2016年3月16日、2018年10月 - 、テレビ朝日 - レギュラー放送、その間にも特番放送 特番• (2001年5月16日 - 、フジテレビ)• (2009年5月3日 - 、日本テレビ)• (2010年4月24日 - 、日本テレビ)• (2011年12月30日 - 、フジテレビ) 過去の出演番組 [ ] テレビ番組 [ ] バラエティ [ ]• (1998年1月29日、3月12日)• ・(、1998年10月 - 1999年9月)• ZZZ・(広島テレビ制作、1999年10月 - 2000年3月)• (2000年4月 - 2001年3月• (2001年4月 - 9月)• (2011年10月 - 2016年3月)• (2002年4月 - 2003年3月)• (2005年10月 - 2006年9月)• (2006年10月 - 2007年9月)• (2010年11月 - 2011年7月)• (2011年10月 - 2012年9月)• (2012年10月 - 2013年1月)• シリーズ(キャッチフレーズは電光石火の三重殺(トリプルプレイ))(1995年10月 - 1998年9月)• - 準レギュラー• (1997年4月 - 9月)• CHACHAKEN TV(1997年10月 - 1998年3月)• ごごいち(1998年4月 - 9月)• (1996年10月 - 1997年9月)• (1997年10月 - 1998年9月)• (、1997年10月 - 12月)• シリーズ(1998年10月 - 2003年12月)• ネプやり(1998年4月 - 9月)• (1998年10月 - 1999年3月)• (1999年4月 - 9月)• (1999年10月 - 2002年9月)• (2002年10月 - 2003年3月)• (2004年11月 - 2008年3月)• (1998年10月 - 1999年9月)• (1999年10月 - 2001年3月)• (2001年4月 - 2002年9月)• (2002年10月 - 2007年12月) 単発・スペシャル [ ]• (1998年12月5日、NHK総合) - 歌手として出演。 「君を探して」歌唱• (1999年12月7日、フジテレビ)• (1999年 - 2000年、フジテレビ)• チームとして出場• (2001年5月16日 - 、フジテレビ)• (2005年3月31日、フジテレビ) - 堀内のみ• 絶対に遭遇したくない危険生物 COUNT DOWN 50(1月29日、日本テレビ)• (2009年5月3日 - 、日本テレビ)• (2009年8月29日・30日、日本テレビ)• (2009年11月1日、日本テレビ)• 芸能界プライドバトル ガチマッチ(2010年1月3日、関西テレビ)• (2010年4月、日本テレビ)• (2010年4月24日 - 、日本テレビ)• (2010年8月3日 - 、フジテレビ)• (2011年2月25日 - 、日本テレビ)• 人間分類バラエティーTHEカテゴライザー(2011年3月23日、日本テレビ)• 世界超ド級!! まるわかりスクープ社(2011年6月10日、日本テレビ)• (2011年10月2日 - 、TBS)• ネプチューンの超体験! タイムワープ旅行社〜時間旅行で江戸時代へ〜(2012年6月5日、日本テレビ) ラジオ番組 [ ]• (ニッポン放送) - 堀内のみ• ネプチューン in どつきどつかれ(1998年8月1日公開) - 主演• (2001年11月2日、フジテレビ) - ネプチューン初主演• (2010年4月26日、日本テレビ) - 『しゃべくり007』のスピンオフ企画であり、ネプチューン含め『しゃべくり007』に出演しているレギュラーメンバー(くりぃむしちゅー、チュートリアル)がメインキャストとなっている(ドラマ自体の主演はチュートリアル・徳井義実)。 (2017年2月、) 書籍 [ ]• ネプチューングラフィティ・於「どつきどつかれ」 -• ネプチューンの4コマライブ メキシカンスマッシュ 歌手としての活動 [ ] ネプチューン 別名 Tokyo ジャンル J-POP コーラス(ハモネプも参照) 活動期間 1998年 - 2002年 事務所 渡辺プロダクション に所属。 現在アルバム1枚、ミニアルバム1枚、シングル4枚をリリース。 1st Single(8 cm)『』(1998年11月)• 2nd Single(8 cm)『』(1999年3月)• 3rd Single『』(2000年6月)• 1st Album『君とケツカッチン! 』(2000年9月)• 4th Single『』(2001年11月)• 1st Mini Album『ネプランド! 』(2002年8月) また、「」としてSingle CD・Single DVD『YATTA』を、「」名義でSingle CD をリリース。 ゲーム [ ]• ネプリーグDS• ネプリーグDS CM [ ]• 「エストロング」• (2010年3月 - )• ネプリーグDS 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 山口いく• 小澤優人• 菊地秀規• 山田一成• 杉浦元• 戸川創太• 入江真潮• 山下正行• たっぷり藤原• ヤマト• 池田57CRAZY• 池田レイラ• ななえ• ワタリ119• 小野まじめ• せんちゃん• 佐藤大樹• 長谷川俊輔• 上田雅史• 嘉数正• レフト鈴木• 加藤歩• 松尾陽介• 星野光樹• 柴田基• 野村辰二• 藤田隼人• 溝上たんぼ• イーグル溝神• タイガー福田• えとう窓口• チャンカワイ• イーグル溝神• サンキュー安富• タイガー福田• ブー藤原• トシボーイ• 町田康介• 跡部舞• 菊原由香利• ミナコ• あいこ• アンゴラ村長• スーパー3助• 内田英輔• 芦沢統人• 須田拓也• 松谷ヒロキ• 秋山寛貴• 岡部大• 菊田竜大• 杵渕はな• 山田しょうこ• 斉藤優• 矢野ペペ• 石井勇気• 菊地英之• 藤田崇之• 﨑山祐• ハジメ• 加賀谷秀明• 横井かりこる• みんなのたかみち• 青木淳也• 川原豪介• 坪倉良太• 平山洋祐• 石井康太• 中村豪• 石橋遼大• 後藤拓実• 都築拓紀• 都留拓也• 尾身智志• 北澤仁• 山崎ノボル• 長尾丈史• 長峰正典• ミュージシャン.

次の