お なら 臭い 原因。 「おならが臭い」原因に病気の可能性も!おならが臭くなる3つの原因と今日からできる改善法とは

体臭の症状・原因|くすりと健康の情報局

お なら 臭い 原因

ツンと鼻を刺激する臭い、気になりますよね。 ここでは、足が臭う原因について説明します。 足にもともと潜んでいる常在菌が、汗と混ざった皮脂や古い角質、垢などの汚れを分解すると、臭いの元となる物質ができます。 その物質は、納豆にも含まれている「イソ吉草酸」と、酢っぱい臭いがする「酢酸」の二つです。 以下、雑菌が繁殖してしまう元となるものを紹介します。 それもそのはず、足の裏には汗腺が集中して存在しており、その量は背中の5~10倍ほどであると言われています。 そのため、足は1日でコップ1杯分もの汗をかく部分なんだとか。 しかし、足の裏の汗腺である「エクリン腺」から出る汗は本来無臭です。 上述のように、汗が皮膚常在菌の餌となり分解されて、臭うようになります。 足は全身を支える部分のため、他の部位に比べて角質が厚く、かたくなっています。 そのため、垢となって剥がれ落ちる角質が多くなります。 特にパンプスや革靴など、足全体を覆う靴の場合、通気性が悪いため汗が溜まりやすく、雑菌が繁殖しやすくなります。 常在菌は高温多湿を好むため、湿気がこもりすぎないようにしましょう。 疲労が体に蓄積されると、肝臓や腎臓の働きが弱るため、本来尿として出てくるはずのアンモニアが血液によって全身を巡り、皮膚から出てくるようになります。 特に立ち仕事などで疲れた足は血行が悪くなり、下半身に血液と老廃物が溜まりやすくなります。 そのため、毒素のアンモニアが老廃物として排出され、疲労臭が発生します。 これを放置してしまうと、強烈な臭いを発しはじめます。 特に親指の爪にはカスが溜まりやすいので要注意。 こまめに爪を切ったり、ブラシで汚れを落としたりして対策をとりましょう。 「精神性発汗」といい、緊張する局面になると汗の分泌量が増え、結果的に臭くなります。 また、ストレスが溜まることで上述の疲労臭の原因にもなります。

次の

困ったおならの悩みに!日常生活でできる予防と対策|からだカイゼン委員会|株式会社 明治

お なら 臭い 原因

部屋の臭いの原因ってなに? 一般的な部屋の臭いの原因は、以下の5つが考えられます。 いずれも気がつけば臭いが溜まっている箇所なので、臭いがするときはこれらを疑ってみるようにしましょう。 ・玄関の靴 「自分の靴を嗅いでみると、とんでもなく嫌な臭いがした」という経験のある方がいるのではないでしょうか?人間の足は汗をかきやすく、その汗が溜まりやすい靴では嫌な臭いがこもりがちです。 この靴の臭いを放置しておくと玄関がとても臭くなってしまいます。 ・生活臭 汗の臭いや加齢臭、タバコの臭いなどが該当します。 生活臭にはトイレで顕著なアンモニア臭なども含まれており、いずれも刺激が強いのが特徴となっています。 刺激が強いにもかかわらず、自分では気づきにくいので要注意です。 ・食べ物 日々の食生活も、臭いとして蓄積されていきます。 また食材をゴミ箱に捨てることで蓄積しやすい臭いです。 特に魚や肉などの生ゴミは放置していると部屋中に臭いが充満し、ひどい場合は近隣の住宅にも被害を及ぼす恐れがあります。 ・エアコン エアコン内部のカビが臭いの原因となります。 カビが溜まっていると、エアコンを使う度にカビの臭いとカビの胞子が部屋中に撒くことになってしまいます。 エアコンのカビ掃除については、当サイトの過去記事、「」を参考にしてみてください。 ・排水溝 浴室やキッチンの排水溝には、食べかすや皮脂などが溜まりやすい箇所となっています。 これらが溜まっていくことで、悪臭の原因となる場合があるのです。 洗剤などを使って定期的に排水溝を掃除して、溜まった汚れを除去するようにしましょう。 それでも部屋の臭いの原因がわからないときは 上記で紹介した5つの原因が当てはまらず、部屋の臭いが原因不明の人は、もしかしたら次のことが原因になっているかもしれません。 ・洗濯物 ふつうは洗剤の効果によっていい香りが漂うので、見逃しやすい臭いの原因です。 部屋干しなどによって生乾きの状態が続いてしまうと、悪臭の原因となってしまいます。 天気のいい日はできるだけ外で干すようにしましょう。 ・カーテンや寝具 カーテンや寝具といった布類には、部屋の臭いを吸いやすいという特徴があります。 特にカーテンは寝具と違ってなかなか洗濯することが少ないため、悪臭の原因になりがちです。 ・ペット ペットを室内で飼っている場合は、ペットの体臭や排泄物の臭いも原因となります。 飼い主はいつも一緒に生活しているため、自分では臭いに気づかないこともあるでしょう。 ペットが臭いと思わなくても、定期的なシャンプーや掃除を心がけてください。 ・畳 洗濯物と同じように、いい香りがするという認識によって気づきにくい原因の1つです。 畳はカビが生えやすく、そのカビが原因で臭くなってしまいます。 畳の素材の進化によってカビは発生しにくくなってきていますが、油断は禁物です。 畳の定期的な交換やカビの除去をおこなうのがいいでしょう。 すぐにでもできる消臭法【換気・濡れタオル】 まずは、すぐにでもできる簡単な消臭法を紹介していきましょう。 部屋の臭いが気になる場合は、まず以下の2つの消臭法を試してみるのをおすすめします。 まずは換気をしよう 部屋の臭いを消臭する方法として、最初に思いつくのは部屋の換気ではないでしょうか?「換気ぐらいしている」と思う人がいるかもしれませんが、ただ窓を開けているだけでは換気しているとはいえないのです。 換気が部屋の消臭に繋がるのは、空気の循環によって嫌な臭いが部屋から外に出ていくからです。 逆にいえば、空気が循環していない部分は換気ができていません。 つまり、窓から遠い場所や窓の位置が悪く風が入ってこない場所では、消臭効果がほとんどないのです。 そこで換気方法としてオススメなのが、扇風機を使った方法です。 窓を開けながら、普段風が流れていない天井や壁、部屋の隅に扇風機の風を送りましょう。 サーキュレーターという風を真っすぐ送り出す装置を持っている人は、そちらを使うとより効果的です。 濡れタオルで消臭が可能!? 水で濡らしたタオルを部屋で振り回すというとても簡単な方法で、部屋の消臭をすることが可能となっています。 換気している状態で数分ほど濡れタオルを振ると、タオルに含まれた水分が臭いを吸収してくれるのです。 こんな方法で臭いが取れるのかと疑問を覚える方もいるかもしれませんが、臭いが水に溶ける性質を利用した部屋の臭いの消臭として定番の方法です。 濡らしたタオルにアロマや酢を少量垂らしておくと、さらに効果的でしょう。 また、悪臭のする衣服やカーテンに濡れタオルを当て、そこより少し離れたところからスチームアイロンをかけると、臭いを取ることができるでしょう。 手に入れやすいアイテムで簡単脱臭!【炭・お茶の葉・重曹】 換気や濡れタオルで消臭ができなかった場合は、道具に頼ってみましょう。 ご家庭で簡単に手に入る、あるいはすでにご家庭にある道具を使うことで、部屋の臭いを消すことも可能なのです。 炭の脱臭効果 部屋の臭いに有効とされているアイテムの1つが「炭」です。 炭の表面には目に見えない穴が大量に空いており、この穴が悪臭を吸い込んでくれるのです。 また、炭を1ヶ月おきに天日干ししておくと、消臭効果が長持ちするとされています。 ただし、炭の種類によって消臭できる臭いは変わってきます。 白炭の場合は酸性の、黒炭の場合はアルカリ性の臭いに効果があるため、臭いによって使い分けるようにしましょう。 たとえば、白炭はトイレの臭いに、黒炭はタバコの臭いに有効となっています。 お茶の葉 使い終わったお茶の葉をすぐ捨ててはいませんか?じつはお茶の葉に含まれているカテキンには、消臭効果があるとされています。 まだ使用していないお茶の葉にはもちろん、使い終わった出がらしを活用することでも消臭が可能となっているのです。 たとえば、臭いの強い料理をした後で、お茶の葉の出がらしを弱火で炒めてみましょう。 そうすると、臭いが消えるだけでなく、緑茶の香りが部屋に広がるはずです。 また、使用済みのお茶の葉を乾燥させ、空の瓶などに入れておけば消臭剤として活躍してくれるでしょう。 重曹 汗の臭いや生ごみの腐敗臭は酸性の臭いに分類されるので、アルカリ性の重曹で中和させることが可能となっています。 また、尿のようなアルカリ性の臭いを緩衝作用という特殊な作用によって中性に近づけることもできるため、さまざまな臭いの消臭に有効なのです。 重曹による消臭の中で特におすすめしたい方法が重曹スプレーです。 これは水200gに対し10gの重曹を混ぜるだけで作ることができる簡単なもので、臭いが気になる場所に散布しておけば消臭効果を発揮してくれるでしょう。 部屋の臭いを消臭する方法その3【脱臭機】 炭やお茶の葉などを使っても部屋の臭いへの効果が感じられないという人は、機械の力に頼れば臭いの問題を解決できるかもしれません。 脱臭機は臭い除去の秘密兵器! 脱臭機とは、その名の通り臭いを取り除く機械を指しています。 一見すると空気清浄機とよく似ていますが、空気清浄機は花粉やホコリを吸い取り、脱臭機は臭いの原因になる菌を分解するという違いがあるのです。 また、脱臭機は大きく2種類に分類することができます。 ・吸引タイプ 吸引タイプの脱臭機は、臭いを吸い取ることで消臭します。 具体的な例としては、ゴミ箱やトイレ、ペットのケージなどの場所で臭いが発生した瞬間に消臭してくれるのです。 特定の部分の脱臭をしたい場合には、吸引タイプを使うのがいいでしょう。 ・放出タイプ 放出タイプは、脱臭効果のある分子を放出することによって脱臭します。 広い部屋の臭いをどうにかしたい場合には、このタイプの脱臭機を使うのがおすすめです。 また、換気をしたり扇風機を回したりすることで、より効果的な消臭が可能です。 臭いのタイプで脱臭機を選ぼう 脱臭機を使う上で重要なのが、消臭に活用する素材の種類です。 素材によって消臭しやすい臭いが変わってくるため、どういった臭いを消したいのかも脱臭機を選ぶポイントになるでしょう。 ・活性炭 先ほども述べた通り、消臭には炭が効果的となっています。 脱臭機の中には、そんな炭を活用したものが存在します。 炭を使った脱臭機はタバコやペット、冷蔵庫や靴箱の臭いに有効ですが、劣化が早いので定期的な交換が必要となります。 ・オゾン 酸化分解によって臭いを取り除くオゾンは、酸素を原料とする関係上かかる費用が少ないのが魅力です。 タバコや食品に体臭など、さまざまな臭いに対処できるのも利点となっています。 ただし、アンモニアや化学薬品の臭いには効果が薄いのが弱点といえるでしょう。 ・フィトンチッド フィトンチッドとは、植物が発生させる香り成分のことを指しています。 微生物の繁殖を抑える効果があるとされており、排水溝や生ごみなどの不快臭に有効です。 天然由来の成分なので安全性が高い一方、フィトンチッド自体に香りがあるため、完全な無臭にしたい方にはおすすめできません。 急に友人が来たら?臭いをごまかす方法【アロマ・消臭剤】 「いきなり家に友達が来ることになった……」「今日友達が家に来るけど準備していなくて臭いが気になる……」こんなときに、すぐに部屋の臭いをごまかせるような方法が欲しいと思います。 アロマオイルで部屋を彩ろう アロマオイルを焚いておくことで、部屋の臭いをある程度ごまかせるだけでなく、アロマの匂いでリラックス効果を得ることもできます。 部屋をアロマの香りで満たしておけば、ご友人も快適な気分になってくれるでしょう。 また、重曹と組み合わせることでより強力な消臭効果を発揮できます。 やり方は簡単で、40gの重曹に精油を4滴ほど垂らしてよく混ぜ合わせ、容器に入れておくだけです。 これを靴箱など臭いが気になる場所に置けば、消臭に期待できるでしょう。 アロマオイルによる消臭についてより詳しく知りたい場合は、「」を参考にしてみてください。 消臭に有効なアロマの種類や、アロマを使用する際の注意点について解説してあります。 消臭剤で急いで消臭! 急いで臭いをなんとかしたい場合におすすめできるのが、消臭剤となります。 市販されている消臭剤は無臭タイプのものから柑橘系やミントなどの香りが含まれているものまでさまざまなので、好みのものを選びましょう。 なお、消臭剤には置くタイプとスプレータイプの2つがありますが、即効性を考えるならスプレータイプがおすすめです。 部屋の臭いが気になる部分に吹きかけるだけで、効果がすぐに出てくれます。 ただし、スプレータイプのものは効果が長持ちしにくいです。 長期間臭い対策をしたい場合には、置くタイプのものを使ってみるのがいいでしょう。 ドでか無香空間 1500g 置くタイプの脱臭剤を採用する場合、「ドでか無香空間」を使ってみるのをおすすめします。 もちろん、効果が出なくなったときのための詰め替え用も販売されています。 まとめ 部屋の臭いの原因は、主に玄関の靴・生活臭・食べ物・エアコン・排水溝の可能性が高いです。 それでも部屋の臭いが原因不明の場合は、洗濯物やペットなどを疑ってみましょう。 また、臭いの中には自分では気づきにくい種類もあるため、日ごろから臭いへの対策をすることがポイントです。 消臭法の中でまずやるべきことは、換気や濡れタオルを使った方法です。 お金もかからず臭い対策をすることができるので、最初にやってみるのをおすすめします。 それでも臭いが気になるという人や、臭い対策を徹底したい人は、脱臭機を試してみるといいかもしれません。 また、消臭・脱臭をおこなっている業者に依頼するのも1つの手段でしょう。 どうしても臭いが取れない場合には、業者に依頼すればがんこな臭いも完璧に取ってくれるはずです。 消臭・脱臭の相談や依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。 (この記事は2018年09月20日に加筆・修正しています).

次の

車のエアコンの臭いの原因と対策・修理|車検や修理の情報満載グーネットピット

お なら 臭い 原因

気になる我が家の臭いは?その原因と対策を知っておく 家の臭いはどこからやってくるのでしょう? 誰かの家を訪問した時にまず最初に感じるものと言えば、その家の臭いです。 玄関を一歩入るとほのかに漂ってきて、芳香剤を置いても混じり合って、やはりその家ならではの独特の臭いがします。 やっかいなのは、自分の家の臭いは住んでいる人には分からないところです。 今回は、臭いを溜め込むモノ達の正体、その原因と対策をご紹介します。 <目次>• 家の臭いの原因は1つだけではない 家の臭いの原因は1つだけではありません。 様々な臭いが入り混じり家に染みついたものです。 例えばキッチンだけでも調理の際の臭いはもちろん、生ごみ、排水口など臭いの元となるものがいくつか存在しています。 体臭がついた衣類や寝具も、家の臭いの原因のひとつです。 ガイドYuuは今までたくさんの住まいへお邪魔してきましたが、家族の出入りがあった後に伺うと、家の臭いが微妙に変わっていることもありました。 家の臭い対策をするために、まずはその原因となっているものを知っておきましょう。 【臭いの原因となっているものの例】• 食品類• 調理の臭い• 生ごみ• 排水口• 浴室、洗面など水まわりの汚れ• トイレの汚れ• 湿気によるカビ• 体臭がついた衣類や寝具• 足の臭いがついた靴• ペット• たばこ など これらが混じり合い、その家ならではの独特の臭いとなっています。 自分の家の臭いは普段は慣れてしまって分かりにくいのですが、旅行などで数日留守にすると、家に入る際に感じることができますので確認してみて下さい。 では、それぞれの臭いの原因と対策についてご紹介します。 キッチンの臭い対策、換気扇にも要注意 キッチンには、ストック食品、生ごみ、排水口、調理中の鍋、コンロまわりの油汚れなど、家の臭いの原因となるものが数多くあります。 まず臭いのする食品はできるだけ冷蔵庫にしまいましょう。 排水口、コンロはもちろん、壁面もこまめな掃除を行い、除菌用のアルコールで拭きとりをしておくとスッキリします。 キッチンの臭い対策では、換気扇も要チェックです。 フィルター汚れや経年劣化によって吸い込みが悪くなると、油煙が広がり、室内の壁や天井、照明に汚れが付いて臭いの原因になります。 家の臭いの軽減には換気扇は必須。 油煙を排気するために調理中はしっかりまわして。 調理中は必ず換気扇を回し、フィルターや内部の羽が汚れていたらていねいに掃除をしておきましょう。 10年以上使用した換気扇はそろそろ交換を考えてもいい時期です。 新しい高機能な換気扇に交換するのも臭い対策に効果があります。 キッチンだけでなく、洗面所や浴室、トイレも湿気が多く、臭いが強く感じられる場所です。 まずは排水口の汚れをチェック。 掃除をしても排水の臭いがする場合は、排水管の掃除をしましょう。 業者に依頼して高圧洗浄をすると、奥の方までスッキリきれいになります。 洗面所やトイレは壁面のカビもチェックしましょう。 特に洗濯機の裏側はカビやすいので注意が必要です。 トイレの臭いは、便座と便器のスキマ、便器と床のスキマに汚れが溜まりやすく、臭いの原因となっていることも。 これらの臭いが入り混じって家の臭いに繋がっていますので、丁寧に掃除をして対策をしておきましょう。 ペットの臭い対策、犬は体臭、猫はトイレが原因に ペットが家の臭いの原因になっていることがあります。 動物を飼っている人の家は臭いでわかります。 それがネコなのか犬なのか、ウサギなのかハムスターなのかの区別もだいたいつきます。 爬虫類の場合は、水槽の前に立つまで気がつきませんでした。 猫の臭いはトイレの臭いが原因となっていることが多い。 マメな掃除を心がけて。 ペットたちのハウスや水槽、カゴはマメな掃除が大切です。 ペットの臭いは、一緒に暮らしていると気付きにくいのですが、外から来た人には、強い臭いとして感じられることが少なくありません。 犬の場合は体臭が原因となっていることが多いので、犬がよくいる場所や犬用クッション、毛布などはこまめに掃除と洗濯をして対策しましょう。 犬のおもちゃも要注意です。 臭いの原因のひとつとなっていることがあるので、いつも清潔を心がけましょう。 猫は多くの場合、トイレの臭いが原因になっています。 猫のトイレはマメな掃除をし、周囲の換気にも気を配りましょう。 ペットの居る部屋に換気扇を設置する、壁面に消臭機能を持ったタイル状の壁材を張る、同じく消臭機能を持つ塗り壁材を塗るのも、臭い対策に効果があります。 これらは今あるビニールクロス壁紙の上から簡単に工事ができ、DIYリフォームでも可能です。 消臭機能を持つ壁材を使えば、ペットだけでなく様々な家の臭いが軽減できます。 玄関で靴の臭い対策として、寝室で寝具の臭い対策として、ダイニングやキッチンで食事の臭い対策として、上手に活用しましょう。 床下収納庫から床下が確認できる。 マンションの場合は北側の壁面を要チェック。 マンションの場合は、結露や漏水による湿気が、臭いとカビの原因となっていることがあります。 特に外壁に面した北側の壁面は結露しやすいので注意しましょう。 家の中の湿気を防ぐと、自然に臭いは軽減し、家のカビも防ぐことができるようになります。 見えにくい部屋のカビの発見方法と対策は下記でご紹介していますのであわせてご覧ください。 家具の接着剤や塗料の臭い、シックハウスに注意 リフォームや新築して間もなかったり、新しい家具を購入した時、使われた接着剤や塗料の臭いが抜けておらず、その臭いを家の中で感じることがあります。 建築基準法により住宅建築に使用される化学物質には制限がありますが、それでも完全にゼロというわけではありません。 特にホルムアルデヒドは、シックハウスの原因になることもあり、気分が悪くなったりアレルギーの原因となったりすることがありますので、リフォーム後や新しい家具を購入した時には、こまめな換気を心がけましょう。 リフォーム後や新しい家具を購入した時には、こまめな換気を心がけて。 消臭機能を持つタイル状建材エコカラットは、空気中の有害物質を吸着してくれる効果もあります。 詳しい使い方は、下記で詳しくご紹介していますのであわせてご覧下さい。 家の臭いの原因となっている布、古い畳 たくさんのお宅を訪問して気付いたことは、ファブリック、つまり布類を多用している家ほど臭いが強く感じられたことです。 インテリアでファブリックを使うのは効果的で、ドラマチックな演出ができるので写真集などでもよく使われています。 しかし布類は臭いを吸着しやすく、家の臭いの原因となることも多いので注意が必要です。 寝室で臭いが強いのも、体臭が寝具に染みついているからです。 カーテンやクッション、ラグはもちろんのこと、寝具類や衣類なども臭いのチェックをしておきましょう。 布の臭い対策は、消臭機能が付加された布製品を選ぶ方法もありますが、手っ取り早いのはウォッシャブルタイプを選んでこまめに洗濯をすることです。 寝室は臭いが強い部屋。 体臭が寝具に染みついている。 古い畳も臭いを強く感じることがあります。 そんな時は、畳をいったんあげて天日干しを行い、丁寧に掃除機を掛けて、消毒用アルコールなどで拭き掃除をするだけでも臭いを軽減することができます。 その後、畳の下に墨シートなどを敷いておくのもいいでしょう。 また以前は、水切りしたお茶殻を畳に撒いて、ホウキを使って掃除をしていました。 ほこりが舞うことなく掃除ができ、お茶の香りが畳の消臭にもなる、昔の人の生活の知恵です。 また畳のお手入れ時期は、畳表がイグサの場合は7~8年で表替え、新床への交換は10年程度が目安です。 そろそろ交換時期であれば、思い切ってリフレッシュするのもいいでしょう。 家の臭い対策は、まずは臭いの原因となっているものを取り除き、臭いを倍増させてしまう湿気を防ぐ工夫をしておくことが大切です。 手軽にできる部屋の湿気対策リフォームについては、下記でご紹介していますので、ご覧になってみて下さい。 【関連記事】• Copyright c 2017 ,All rights reserved.

次の