アイフォン ストレージ その他 削除。 iPhoneのストレージにある「その他」とは?その他のデータを削除して残り容量を増やす方法を解説!

iPhoneの容量を圧迫する「その他」の削除方法!空き容量が増える?

アイフォン ストレージ その他 削除

どうも、NINO()です。 Macを使っている人が1回は必ず経験するであろう、 ストレージの空き容量不足。 特にMacとiPhoneを連携していると音楽・写真・動画ファイルなど結構容量を使ってしまいます。 そもそもMacBookやMacBook Air,MacBook Proなどラップトップにおいてはフラッシュストレージなので、容量がそこまで多いワケでもない。 その上、iPhoneの写真や動画は機種が新しくなるたび高画質化されていくので1枚あたりの容量は増える一方。 我がMacBook Proも空き容量が少なくなってきた事に気付き、ストレージをチェック。 すると「 その他」という項目がストレージを結構占領していました! 今回はこの Macストレージの「その他」を削除して整理する方法を紹介します。 ストレージ使用の内訳を確認 使用しているMacのストレージ内訳はどうなってんの?ってことをまず把握します。 タスクバー左上にあるアップルロゴをクリック。 続いて「このMacについて」を選択。 その後「ストレージ」を選択するとMacの使用領域の内訳が表示されます。 やはり「その他」って邪魔ですね〜。 できるものなら削除したい!ってなりますよね。 ストレージを圧迫する「その他」って? 写真や動画やらであれば、不要なファイルを削除したり、普段みないファイルを外付けHDDなど移動させれば解決するんですが、「その他」っていうのは一体何者? Appleによれば以下のように定義されています。 「この Mac について」ウインドウの「その他」のカテゴリーが大きいと思える場合があります。 「この Mac について」のこのカテゴリーには、リストにあるほかのファイルタイプ オーディオ、ムービー、写真、アプリ、バックアップ に当てはまらないファイルがすべて含まれます。 「その他」として計算されるファイルは、たとえば次のようなものです。 「システム」フォルダやキャッシュなど、OS X のフォルダに入っている項目• 書類、連絡先、カレンダーデータなどの個人情報• App のプラグインまたは機能拡張• パッケージの内部にあるために、Spotlight でメディアファイルに分類できないメディアファイル• Spotlight で認識されないファイルタイプ 要は、音楽ファイルでも写真でも動画でもないような分類できないものが、「その他」として扱われるんですね。 「その他」を削除する方法 それではぼくが実際にやった「その他」の削除方法を紹介します。 「その他」の削除方法はいくつかあるのですが、人によって違うのが現状。 今回は具体的に言うと、 iTunesにとってある古いバックアップを削除するやり方です。 iTunesバックアップフォルダの容量サイズを確認 まずはFinderを表示させて、タスクバーの「移動」をクリック。 ドロップダウンメニューを表示させます。 キーボードのOptionキーを押すと「ライブラリ」という項目が出てくるのでコレを選択。 表示されたフォルダの中から「Application Support」を開きます。 続いて「Mobile Sync」というフォルダを開きます。 その中にあるBack Upというフォルダを選択し、右クリックメニューからサイズを確認します。 ぼくのMacでは、なんと 208. 7GBもありました。 あまりのファイルサイズの大きさに、思わず吐きそうになりました。 実はこのフォルダの中身の正体はiTunesでとったiPhoneやiPadのバックアップデータが格納されているんです。 コレの中身をちょっといじくってスッキリ整理していきます。 そして、環境設定メニューの上部の「デバイス」タブをクリック。 するとiPhoneやiPadのバックアップデータ一覧が表示されます。 不要なバックアップデータを削除します。 右側の日付はバックアップした日付。 これが古いものは不要な可能性大! 以前使っていた機種のバックアップもあったりするので、それを削除すると良いでしょう。 分からないときはマウスを少しのせておくと電話番号やシリアルIDといった詳細情報が表示されます。 今使用している機種と違ったら、それが不要ファイルです! 不要ファイルを選択したら、「バックアップを削除」をクリック。 確認メッセージがでるので、「削除」をクリックします。 これで完了です。 約100GBも空き容量が増えた! 削除した結果、208GBから108GBに減り、なんと 100GBも容量が増えました! 後からわかったのですが、ぼくの場合iPhone6からiPhone6s、iPhone6 PlusからiPhone6s Plusに2台とも機種変更したときのバックアップデータが残っていました。 両方とも128GBモデルだったので、容量を相当圧迫していたみたい。 iPhoneやiPadをMacと一緒に使っている人はぜひ試してみてください!かなり有効な手段だと思いますよ! ただし、ファイル削除をするときは慎重に行ってください!何のファイルかよくわからない場合はむやみに削除しない方がよいです。

次の

Macのストレージを占領する「その他」を削除する方法

アイフォン ストレージ その他 削除

要約: iPhoneを長く使うと、「その他」データがいっぱいになってストレージを圧迫したことがよく発生しますから、どのように削除して容量を増やせますか?この記事はiPhoneストレージの「その他」を削除する方法を3つまとめて紹介しますから、参考にしてください。 iPhoneを使用していると、様々なアプリをインストールしたり、写真や音楽をたくさん保存したりして、つい容量を圧迫して空きストレージが不足になりました。 iPhoneやiTunesで容量をチェックすると、写真や動画の他に、「その他」データが溜まってiPhoneストレージを圧迫しています。 その場合に、どのようにその他データを削除して空き容量を増やしますか?従って、今回の記事では、iPhoneストレージ「その他」を削除する方法を3つまとめてご紹介します。 iPhoneストレージの「その他」とは アップルの公式サイトより、「その他」データはシステムファイル、ソフトウェアアップデート、Siri の音声、キャッシュ済みのファイル、ログなど、その他すべてのデータの総合です。 なので、iPhoneを長く使うと、このようなiPhoneの中に見えないゴミが溜まっていきます。 そして、「その他」データの詳しい情報を確認したいなら、iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続した後、iTunesで をクリックして下部の黄色の帯で確認してください。 方法一: iPhone本体を再起動してストレージの「その他」を削除する iPhoneの「その他」を削除したいなら、最も手軽な方法はiPhone本体を再起動することです。 異なる機種で再起動する方法が違いますから、次の記事でiPhoneの再起動方法をまとめて紹介します: 方法二: iPhoneを初期化してストレージの「その他」を削除する iPhone「その他」を削除することについて、一番確実な方法は、iPhoneを初期化して復元することですから、ここで、具体的な操作手順をご紹介します。 Step 1: iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続 > iTunesを起動して をクリック > 「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れてパスワードを設定 > 「今すぐバックアップ」をクリックしてiPhoneをバックアップします。 iPhoneの「その他」を削除 追加Tip: iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法 しかし、iTunesでデータを完全復元する際に、「その他」内の一部データも復元しましたから、ここで、iTunesバックアップからデータを個別に復元する方法を紹介したいです。 それは、iOSデバイス向け専用の復元ソフト-を利用してiTunesバックアップからデータを個別に復元します。 そして、このソフトは次のようなメリットやデメリットがあります: メリット: 1. iTunesバックアップ内のデータを17種類に分けれて、個別に復元することができる。 連絡先、メッセージ、通話履歴、写真など大切なデータだけをiPhoneに復元する際に、「その他」データを完全に削除できる。 バックアップ内のデータが展示されてプレビューできるので、復元したいデータだけを選択できる。 データをそのままにデバイスに復元して、アプリ内で再確認することができる。 デメリット: 1. 一時的にLINEやAppドキュメント、App画像のデータをデバイスにに復元することが支持していない。 iPhoneの設定を復元することもできない。 もし「その他」データを徹底的に削除したいなら、BackupNinjaでの復元をおすすめしますが、復元する際のデメリットも十分に注意してください。 とりあえず、次では、BackupNinjaでの復元方法を画像付きでご紹介します。 Step 1: iPhoneを初期化した後、USBケーブルでパソコンと接続 > BackupNinjaをダウンロードして起動 > ホーム画面の中の「復元」ボタンをクリックします。 iPhoneの「その他」を削除 簡単な操作でiTunesバックアップを復元できますから、初心者でもすぐに使えます。 それでは、さっそく体験しませんか。 方法三: iPhone内のアプリを整理してストレージの「その他」を削除する iPhoneを初期化して復元する方法は確実に「その他」を削除できますが、かなり時間がかかっています。 実は、インストールされている各アプリ内に溜まっている不要ファイルも「その他」に含まれているから、iPhoneで各アプリの使用容量を確認して整理することもおすすめします。 手順: お使いのiPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」という順でタップして、各アプリのストレージ使用状況を確認します。 iPhoneの「その他」を削除 不自然に容量の多いアプリを削除して再インストールしたり、使っていないアプリをアンインストールしたりして、アプリごとのデータを消去して「その他」も削除できます。 だが、多くのアプリがあったら、一つずつでアプリを削除するのは面倒ですから、ここで、パソコンでiPhone上のアプリをまとめて管理できるソフト-をおすすめします。 そして、このソフトは次のようにメリットがあります: 1. 複数のアプリを選択して一括に削除することができる。 検索ボタンがあるので、アプリが多いでも迅速に探せる。 削除したアプリの再インストールも支持している。 数クリックでできるから、初心者やパソコンに苦手な方も使える。 なので、お使いのiPhoneでアプリストレージ使用状況を確認する際に、パソコンのAppSitterでアプリを削除や再インストールすることをおすすめします。 それでは、さっそく使ってみてください。 具体的な使用方法は以下の部分をご参考ください。 Step 1: パソコンでAppSitterをダウンロードして起動 > iPhoneをUSBケーブルでパソコンと接続します。 iPhoneの「その他」を削除 削除したアプリの再インストールは2つの方法があって、App管理の「このデバイスで購入済みApp」で、または、Appライブラリの「App Store」検索でアプリをライブラリにダウンロードした後再インストールすることもできます。 なので、もしiPhone内のアプリを整理して「その他」を削除したいなら、今すぐパソコンでアプリをまとめて管理しましょう! 最後に 以上はiPhoneストレージの「その他」を削除する3つの方法です。 どうでしょうか?もし「その他」データがiPhoneの容量を圧迫しているので、削除したいなら、ぜひ上記の方法を利用してみてください。 最後まで読んでありがとうございました。 この記事がお役に立ったら、シェアしてくれると嬉しいです。

次の

iPhoneストレージ内の「その他」を削除する方法

アイフォン ストレージ その他 削除

解決方法はiTunesで復元 この問題は、トラブル解決方法としてよく使われる「強制再起動」や「リセット」では改善しません。 iPhoneやiPadを初期化して復元する必要があります。 初期化というと怖い感じがするかもしれませんが、作業自体は簡単です。 ちょっと時間がかかるかもですが。 初期化・復元の手順 復元を行って快適な環境を取り戻す作業の手順は、iPhoneでもiPadでも同じです。 この記事のスクリーンショットはあいほんのものとiPadのものが混ざっていますが、細けぇ事は気にするな。 ケーブルでパソコンに接続 本体に付属してきたケーブルでパソコンに接続します。 市販品のケーブルは、充電はできるけどデータ通信ができないものもあるので、データ通信ができるものを使います。 使うパソコンはMacでもWindowsでも大丈夫です。 最新版のiTunesがインストールしてあれば。 購入直後と同じ、完全にまっさらな状態です。 新規のiPhoneとして登録するか、バックアップから復元するかを選択します。 普通はバックアップからの復元でしょうね。 アプリが全部ダウンロードされるまでとなると、結構な時間がかかります。 ここで新規の登録を選ぶと、ソフトウエア的なトラブルがあった場合でも解決するので、まちがいなく快適になります。 アプリの再イントールとか全部手動になりますが、本当に必要なものだけに厳選されるという効果もあります。 それでも、iCloudに保存してある写真などはそのままですので、データ的には困らないのではないでしょうか。 LINEとかのメッセージは消えますが、古い会話を読み返すことなんてないでしょ? 空き容量が回復してスッキリ! それまでどんな使い方をしていたかにもよりますが、大抵の場合はストレージの空き容量が大きく増えると思います。 iPhoneもiPadも、ストレージの空き容量が足りなくなると全体に動作が遅くなったり、アプリの切り替えがもっさりしたり、操作の快適さが低下することがあります。 全て終わるまで小一時間ほどかかるので気軽にできる作業ではありませんが、時々復元すると快適な状態をキープできます。

次の